カードローンで即日お金を借りたい!審査通過に必要なコツとおすすめカードローンを紹介

更新日:2022/03/30

カードローン_即日

「すぐにお金が必要になった」
「即日融資のカードローンを利用したい」

カードローンで即日融資を希望するなら、消費者金融カードローンに申し込みましょう。

カードローンの中でも消費者金融カードローンは、即日融資に対応しています。

急ぎでお金を用意しなくてはならない場合、消費者金融カードローンは利便性の高いサービスです。

しかし即日融資で借りる条件や、審査について疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

当記事では、即日融資でカードローンを利用したい方に向けて、以下の内容を解説します。

  • ●カードローンで即日融資できる条件
  • ●カードローンの即日融資を実現するために取り入れたいコツ
  • ●カードローンの即日融資を利用できない人に見られる傾向
  • ●即日融資可能なカードローンの審査に落ちたときの対処法
  • ●申し込みをした即日に融資可能なカードローン
この記事の執筆
編集長タナカコウイチロウ 氏
2級FP技能士。利用中のカードローンはアコム→楽天銀行。過去には父の借金で一家離散を経験するも、奨学金のおかげで大学進学。借金の酸いも甘いも知るアトムくんの編集長。

カードローンで即日融資できる条件

カードローンで即日融資できる条件は以下の2つです。

  • ●即日融資できるカードローンを選ぶ
  • ●即日融資できるカードローンの貸付条件を満たし審査に通過する

カードローンは大きく以下の3種類に分かれ、それぞれ貸付条件や特徴が異なります。

  • ●消費者金融カードローン
  • ●銀行カードローン
  • ●信販カードローン

すべてのカードローンが即日融資に対応しているわけではありません。

あらかじめ即日融資が可能なカードローンを選び、そのカードローン会社所定の審査に通過する必要があります。

審査なしで即日融資可能なカードローンは存在しない

カードローンを利用する場合、申し込み後に審査を受ける必要があります。

これは即日融資できる・できないに関係なく共通する点です。

たとえば貸金業法が適用される消費者金融カードローンでは、貸金業法第十三条によって審査を行ったうえでお金を貸すことが定められています。

その他のカードローンも、貸したお金を確実に返してもらえるかどうか、審査を実施して判断します。

「審査なしでお金を貸しますよ」
「どんな方でもお金を借りられるカードローンです」

上記のように謳うカードローンを見つけたとしても、絶対に利用しないでください。

なぜなら審査をしないカードローンは、法律を無視した違法業者のカードローンだからです。

違法業者を利用すると、短い返済期間で高額な利息を請求されたり、厳しい取り立てが行われたりする可能性もあります。

どんなに魅力を感じたとしても、しっかりと審査を実施して貸し出しを行うカードローン会社を利用しましょう。

銀行カードローンは即日融資に対応しない

即日融資に対応する銀行カードローンは一つもありません。

理由は以下の2点です。

  • ●2017年頃に銀行による貸し過ぎ問題を理由に調査が入った
  • ●2018年1月以降、審査時に警察庁のデータベースにアクセスすることが義務化

銀行カードローンは低金利で、貸金業法で適用される総量規制の対象外です。

総量規制とは年収の3分の1を超える貸し出しをしてはいけないという決まりで、貸金業者にのみ適用されます。

そして銀行カードローンに貸金業法が適用されないことで、債務者にお金を貸し過ぎている事実が問題化されました。

その結果、現在はほとんどの銀行で以下の自主規制が設けられています。

  • ●年収債務比率を元に年収の1/3を超えない貸し出しを行う
  • ●貸し過ぎが再び発生しないように審査内容を見直す

上記に加えて、銀行は反社会勢力との関係を断ち切るために、2018年1月以降からカードローン申込者の情報を警視庁のデータベースと照合しています。

これは義務化された作業で、警察庁の管理する情報にアクセスすることが必須です。

照合には少なくとも24時間以上の時間がかかるため、銀行カードローンは事実上、即日融資できません

即日融資を希望するならば消費者金融一択

カードローンで即日融資を受けたいときは、消費者金融カードローンの利用がおすすめです。

なぜなら最短30分融資を謳うプロミスなど、融資スピードが自慢のカードローンがそろっているからです。

ただし消費者金融カードローンを利用する場合、申込者本人に安定収入があることが利用条件です。

安定収入があればパート・アルバイトなど雇用形態は関係ありませんが、無職の場合は利用条件を満たさないことになります。

カードローンの即日融資を実現するために取り入れたいコツ

即日融資可能なカードローンに申し込みをしても、場合によっては借入れまで数日~数週間待たされるケースもあります。

即日融資を実現するには、審査がスムーズに実施されることが最大の条件です。

もし審査が止まったり、長引くようなことがあったりすれば、その分だけ融資開始が先延ばしになります。

そこで即日融資を叶えるためのコツを6つ紹介します。

  • ●早い時間帯(午前中)に申し込む
  • ●申し込み内容に不備や間違いがないようにする
  • ●借入希望額を低めに申請する
  • ●WEB申し込みをする
  • ●他社借入金額や件数は少なくしておく
  • ●複数のカードローンに同時申し込みをしない

どれも難しいコツではないので、必ず実践してください。

早い時間帯(午前中)に申し込む

カードローンで即日融資を受けるためには、申し込み手続きが完了する時間が重要です。

申し込み手続きから審査、契約成立までには、最短でも30分から1時間程度かかります。

審査では勤務先への在籍確認を行ったり、提出書類の内容によって時間がかかったりする場合があるからです。

お金を借りられるまでの所要時間は申込者それぞれに異なりますが、少しでも早い時間に余裕を持って申し込むようにしてください。

申し込み内容に不備や間違いがないようにする

カードローンの申し込みは、申込者の個人情報などを入力、もしくは記載して申請します。

その際に入力箇所に不備がないか、内容が間違っていないかを必ずチェックしてください。

たとえば勤務先の電話番号が間違っていた場合、在籍確認が完了しません。

また入力した年収と提出した収入証明書の内容に相違があれば、申込者に事実確認をする時間が必要です。

審査が完了しなければ融資開始の時間がどんどん遅れます。場合によっては即日融資が不可能となる可能性もあるので注意しましょう。

虚偽の申請は絶対にNG

「審査に通過する自信がない」などの理由で、申し込み内容に事実と異なる情報を申請しないでください。

正確な内容ではなく虚偽を申請すれば、審査が有利になるどころか悪影響を与えるだけです。

以下のような虚偽の申請は絶対に避けましょう。

  • ●実際よりも高い年収を申請する
  • ●借入金額と件数を少なく申請する
  • ●勤務実態のない職場を勤務先と申請する

これらの情報を偽っても、審査の際にバレてしまうので意味がありません。

審査時間が長引くだけでなく、悪質な虚偽申告と判断されれば審査に落ちるだけです。

借入希望額を低めに申請する

今すぐに必要なお金がそれほど多くなければ、借入希望額は少なめに申請しましょう。

多額の借入金額を希望すると、審査が円滑に進まない可能性があるからです。

カードローン会社が貸し出す金額が高いほど、返済不能に陥るリスクも大きくなります。

そのため高いお金を借りたがる相手に対し、審査を厳しく行う傾向にあるのです。

とにかくスピード重視でお金を借りたい方は、なるべく少ない金額を希望してカードローンに申し込みましょう。

どうしても利用限度額が足りない場合、改めて増額申請も可能です。

WEB申し込みをする

無駄な時間をかけずにカードローン契約をしたい場合、WEB申し込みをするのがおすすめです。

WEB申し込みでタイムロスを省ける主な理由は以下の4つです。

  • ●書類を郵送する時間がかからない
  • ●電話の待ち時間がない
  • ●店舗や無人契約機に移動する手間がかからない
  • ●深夜や早朝でも自身の都合で申し込みが可能

郵送で申し込み手続きを行うと、どうしても郵便物のやりとりなどで日数がかかります。電話もすぐにコールセンターに繋がれば問題ありませんが、混雑状況によっては待ち時間が長くなるでしょう。

その点、WEB申し込みであればデータを送るだけで手続きができます。

本人確認書類もアップロードして提出するので、コピーを用意する必要もありません

他社借入金額や件数は少なくしておく

現在、他社からも借入れがある場合、他社から借入れがない人よりも審査に時間がかかる可能性があります。

返済能力をより慎重に判断する必要があるからです。

他社で借入れを行っている場合、審査を通して利用状況のすべてを確認されます。

自己申告ではなく、信用情報機関で管理する個人信用情報を参照するためウソは通用しません。

収入に対する借入残高や返済状況に問題がなければ、審査に通過するでしょう。

しかし明らかに収入と借入金額のバランスが取れなければ、審査に落ちてしまいます。

カードローンの新規申し込みをする前に他社借入金額や件数を少しでも減らすようにしてください。

複数のカードローンに同時申し込みをしない

即日融資可能なカードローンは複数ありますが、それらに同時申し込みをすることは避けてください。

また短期間で複数の申し込みをすることも避けましょう。

カードローンに新規申込をした情報は、個人信用情報に履歴として残ります。

個人信用情報とは、過去のクレジットカードやカードローンの利用履歴を記録した情報です。

そしてカードローンの審査では、申込者の個人信用情報を必ず確認します。

個人信用情報の内容は加盟業者で共有されているため、新規申し込みの事実を隠すことはできません。複数のカードローンに同時申し込みをすると、以下のように判断される可能性が高いです。

  • ●お金に困っている
  • ●収入に対する返済能力がない
  • ●融資契約をしても貸し倒れになる可能性が高い

返済できるか分からない相手にカードローン会社はお金を貸しません

ただし個人信用情報に新規申し込みの履歴が残るのは半年間です。

1社に申し込みをしたら、審査の結果に関係なく、半年が経過した後に新規申込をするようにしてください。

カードローンで即日融資できない人に見られる傾向

カードローンで即日融資できない人には、一定の傾向があります。

  • ●安定収入がない
  • ●他社からの借金件数や残高が多い
  • ●個人信用情報の内容に問題がある
  • ●個人信用情報に一切の情報登録がない

申込者に返済能力がないと審査通過の可能性が下がります

事前に状況を改善してから、カードローンに申し込んでください。

では上記「即日融資できない人の4つの傾向」について順番に解説します。

安定収入がない

消費者金融カードローン、銀行カードローンにかかわらず、大半のカードローンは利用条件に安定収入をあげています。

もし申込者自身に安定収入がない場合、審査通過は難しくなるでしょう。

  • ●勤続年数が1年を超えていない方
  • ●日雇いや短期間のアルバイトをしている方
  • ●フリーランスで収入が一定しない方
  • ●転職を繰り返している方

上記のような方は、カードローン会社に返済能力がないと判断されやすいです。

安定した収入があることを証明するために、給与明細などの収入証明書類を準備しておきましょう。

他社からの借金件数や残高が多い

他社からの借金の件数や残高が多いと、以下の理由で審査に落ちやすくなります。

  • ●収入に対する十分な返済能力がない
  • ●貸金業法の総量規制を理由に年収の3分の1を超える借入れができない

借金の件数や残高が多い場合、真っ先に返済能力を疑われるでしょう。

まずカードローンの審査では、申し込み時に申請した年収や現在の借金件数と残高を確認します。

そして新たに新規貸し出し分を加えても問題なく返済できるかどうかを判断します。

「返済する余力がありそう」カードローン会社が判断すれば、審査に通過できるでしょう。

しかし返済能力に欠けると判断されれば、審査に落ちてしまいます。

また十分な収入があったとしても、すでに他社借入れがある場合は総量規制に注意してください。

年収300万円の方の場合、総量規制の範囲内でお金を借りられるのが100万円です。

もし他社ですでに100万円の借入れがあれば、新規申込をしても審査に通過しません。

個人信用情報に内容に問題がある

カードローンの審査では、申込者の個人信用情報をチェックします。

個人信用情報に金融事故の履歴がある場合、審査通過は厳しいでしょう。

借金があることそのものに悪影響はありません。

ただし過去の借金で、以下のような金融事故を起こしている方は、状況を改善しない限り審査通過は難しいです。

  • ●延滞を繰り返している
  • ●滞納中の借金がある
  • ●クレジットカードやカードローンなどを強制解約されている
  • ●債務整理を行っている

また個人信用情報に履歴として登録されるのは、クレジットカードやカードローンだけではないので注意してください。

携帯電話の分割払い、奨学金の返済でトラブルを起こした場合も個人信用情報に履歴が残ります。

個人信用情報に一切の情報登録がない

個人信用情報に情報登録が一切ない状態でも審査に落ちるケースがあります

ホワイトやスーパーホワイトなどと呼ばれることもあり、主に以下のような状態を表します。

  • ●ホワイトの状態
    過去に長期間の延滞や債務整理、強制解約などといった金融事故を起こしている。しかし長期間クレジットカードやカードローンを利用できなかったため、個人信用情報のデータ保有期間が終了して白紙になった状態
  • ●スーパーホワイトの状態
    これまでにクレジットカードやカードローンなどを一度も利用したことがない状態。信用取引の経験がないことが理由で個人信用情報に履歴がない=白紙の状態になっている

個人信用情報に一切の履歴がない場合、過去に金融事故を起こした可能性を疑われやすいです。

実際に金融事故を起こしていないとしても、個人信用情報でそれらの事実は確認できません。

個人信用情報に履歴があり、かつ良好な内容であることが審査通過において有利になると思っていいでしょう。

即日融資可能なカードローンの審査に落ちたときの対処法

即日融資可能なカードローンの審査に落ちたけれど、どうしてもお金が必要なときはどうすればいいのでしょうか。

対処法として効果的なのが以下3つの方法です。

  • ●クレジットカードのキャッシング枠
  • ●質屋に品物を預ける
  • ●家族や知人から融資を受ける

それぞれに特徴を解説するので、都合の良い方法を選んで実行してみてください。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードを持っていて、かつキャッシング枠の設定があれば、審査なしですぐにお金を借りられます

対応する銀行ATMやコンビニATMから、設定された利用限度額の範囲内で借入れしてください。

便利で気軽に利用できるキャッシングですが、いくつかの注意点があります。

  • ●金利が年18.0%程度と高めの設定
  • ●1回払いでも利息の支払いが必要

ショッピング枠なら、支払い方法によって利息負担がありません。それに対しキャッシング枠の利用は、利息負担がデメリットです。

借入れが長期間になると高額な利息が発生し、返済不能に陥るリスクがあります。

キャッシング枠の利用は一時的な方法と考えて、計画的な利用と早期返済を目指した方がいいでしょう。

質屋に品物を預ける

カードローンの審査に通過できなかったら、換金価値のある品物を質屋に預ける検討をしましょう。

質屋ではブランドバッグやジュエリー、家電製品などの換金価値がある品物を持参し、担保として預けてお金を借りられます。

質屋に担保となる品物を預けて、お金を借りるまでの流れは以下のとおりです。

換金価値のある品物を持って質屋に来店する

質屋にて品物の査定・鑑定

査定額・融資可能金額の提示

提示金額に問題なければ融資契約

質屋にて融資契約の手続き

質屋に品物を渡す(質入れ)

質札と現金を受け取る

質屋は融資契約の手続きにあたり、本人確認書類が必要です。運転免許証などの顔写真付きの書類が必要なので用意してから来店してください。

また質屋から現金を受け取る際にもらう質札には、以下の内容が記載されています。

  • ●氏名
  • ●預かっている品物
  • ●質契約日
  • ●流出期限
  • ●金額
  • ●1か月の質料(利息)

質札は後日借りたお金と利息を用意して、品物を返却してもらう際に必要です。

紛失すると品物を返却してもらえない可能性があるので必ず保管しておきましょう。

もし査定をしてもらい、金額に納得できなければ質入れを断っても大丈夫です。

家族や知人から融資を受ける

可能であれば家族や知人から、一時的に融資を受けることも検討してください。

交渉次第で負担のない金利や返済期間で融資を受けられる可能性もあります。

ただし返済が遅れるようなことがあれば、関係性の悪化は避けられません

借用書を作成して必ず決めた内容どおりに返済を継続しましょう。

申し込みをした即日に融資可能なカードローン5選

カードローンで即日融資を受けることを決めたものの、どこに申し込みをしていいか分からない方も多いのではないでしょうか。

こちらでは申し込みをした即日に融資可能なおすすめカードローン5選を紹介します。

  • ●プロミス
  • ●アコム
  • ●SMBCモビット
  • ●レイクALSA
  • ●オリックスVIPローンカード

各社のカードローンの特徴について詳しく解説します。

プロミス

金利 年4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
審査スピード

最短15秒で事前審査回答
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

融資スピード 最短30分融資
無利息期間 初回借入の翌日から最大30日間無利息
その他の特徴
    • ●会員限定サービス「おとくらぶ」
    • ●プロミスポイントサービス

SMBCグループのプロミスでは、瞬フリという独自の振込キャッシングサービスを導入しています。

原則24時間365日土日・夜間でも申し込み可能なので、会員サービスにログインして振込口座を登録しましょう。

最短10秒で振込完了となるため、土日祝日に急いで融資を受けたい方にもおすすめです。

また初回利用日の翌日から有効になる30日間無利息サービスも利用できます。

期間内に返済できれば元金のみの支払いで済む点がメリットです。

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループに属する大手消費者金融のアコムは、最短30分で審査完了します。

その他にアコムで初めて契約する方は30日間金利が0円になります。

その他にインターネットやATMから24時間借入れや返済が可能です。

日中は忙しい方も安心して借入れができるでしょう。

アコムでは、店舗以外に自動契約機むじんくんが全国に設置されています。

店舗の営業時間は18時ですが、無人契約機は21時までのため仕事帰りに利用しやすいです。

また審査前に3秒診断を利用できます。

年齢と年収、アコム以外のカードローンの借入金額を入力すれば審査通過の可能性をすぐに判断可能です。

SMBCモビット

SMBCモビットは、WEB完結で申し込むと勤務先への電話確認が原則ありません

勤務先への連絡を避けたい方や休日に即日融資を受けたい方に利便性の高いカードローンです。

ただし電話確認の代わりに書類による在籍確認があります

書類提出の不備がないように、あらかじめ書類の用意をしてから申し込みをしましょう。

その他にローン用のカードを使わずにATMから借入れ可能なスマホATM取引、お借入診断サービスを提供しています。

お借入診断では、生年月日と年収、他社からの借入金額を入力して借入れが可能かを数秒で判断します。

注意点として他社カードローンのような無利息期間サービスがないので、その点に気を付けてください。

レイクALSA

新生銀行グループのレイクALSAは、申し込みから仮審査の結果表示まで最短15秒というスピード審査が特徴です。

またレイクALSAではお借入れ診断というサービスがあります。

レイクALSAのお借入診断

申込者の生年月日や年収、他社借入金額と借入件数を入力すると、借入可能かどうかの結果が表示されるのです。

無人契約機に出掛けたのに審査落ちすることは避けたいところでしょう。

特に急ぎの場合は時間を無駄にしてしまいます

そこでお借入れ診断をすれば、無駄な時間を省くことが可能です。

その他に初回契約日翌日から60日間利息0円、もしくは初回契約日翌日から借入金額のうち5万円まで180日間利息0円のサービスもぜひ活動してください。

オリックスVIPローンカード

これまでに紹介した消費者金融カードローンは銀行グループに属しています。

オリックスVIPローンカードは銀行グループに属していないものの、有名企業オリックスグル―プの消費者金融です。

審査は最短60分、平日14:30までに手続きが完了すると最短即日で借入れが可能です。

申し込み手続きはWEBから行うため来店する必要がありません。

本人確認も勤務先や自宅への電話をして行い、契約内容の確認や手続きもWEBから行うためスピーディーに融資開始できます

その他に会員限定サービスとして、宿泊施設やレストラン、レンタカーなどを優待価格で利用できるメリットもあります。

まとめ

すぐにお金が必要な方は、ぜひ即日融資を受けられるカードローンに申し込むのが効果的です。

最後に即日融資を受けられるカードローンの内容を振り返ります。

  • ●審査不要で借りられる即日融資のカードローンはない
  • ●即日融資で借りるために必要なのが審査を長引かせないこと
  • ●申し込みから融資までの流れがスムーズなのはWEB申し込み
  • ●即日融資可能なカードローンサービスを提供するのは消費者金融
  • ●融資開始を早めたいなら申し込み時間に注意する

カードローンでお金を借りる際に審査通過が必須です。

審査不要や審査基準がないカードローン会社は違法業者の可能性があるため、絶対に利用をしてはいけません。

そして記事内で紹介した情報を参考に即日融資可能なカードローンの審査に通過できるようにしていきましょう。