楽天銀行カードローン

実質年率 1.9%~14.5%
限度額 最高800万円
審査時間 最短翌日
  • 来店は不要
  • お試し診断
  • おまとめ・借り換え
  • 即日融資も可能
  • 土日祝も対応
  • スマホ対応
  • 収入証明が不要
  • 審査が不安な方
今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

楽天銀行カードローンは、ネットショップモールやクレジットカードでも人気の楽天グループでもある楽天銀行が提供するカードローンサービスです。

限度額は最大800万円までと高く、金利は年14.5%が上限だから返済負担を抑えながら、さまざまな用途に活用できます。

入会するだけで楽天グループでお得に使える楽天スーパーポイントがもらえるなど特典も様々。独自のポイントサービスで借入からショッピングまでトータルで活用できるカードローンです。

今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

楽天銀行カードローンのおすすめポイント

楽天銀行カードローンなら口座開設の必要なし

銀行カードローンの多くは、利用に際して当行の口座開設を強制されることが多いです。

しかし、楽天銀行カードローンであれば契約の際にも利用の際にも楽天銀行の口座は不要です。

キャッシングカードやポイントカードで財布がパンパンという方も少なくないでしょうから、新たに引き落としカードを作らなくても良いのはありがたいですね。

woman_smile

一方で、楽天銀行口座をお持ちの方には利用に際して楽天スーパーポイントが付与されるという嬉しい特典もあります。

もし、カードローン契約を急がないのであれば、先に口座を開設してから楽天銀行カードローンに申し込むことのはいかがでしょうか?

年率1.9%~14.5%だから借りやすい

ネットバンクである楽天銀行でも一般銀行の相場と変わらない金利で貸付を行っています。

とは言っても、初期契約時には利用実績が無いことから限度額は控えめに設定される可能性が高いため、注目すべきは適用頻度の高い上限金利。

それでも楽天銀行カードローンなら上限金利も14%台と他の銀行カードローンの一般基準の金利設定と同等クラスです。

ネット銀行には、消費者金融並に上限金利が高いところも多いので、年14.5%以下で借りやすいことは楽天銀行カードローンの強みです。

楽天銀行カードローン 年率1.9%~14.5%
オリックス銀行カードローン 年率1.7%~17.8%
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 年率1.89%~14.79%
じぶん銀行カードローン 年率2.2%~17.5%
(通常コース)
イオン銀行カードローン 年率3.8%~13.8%

しかし、気をつけておかなくてはならないのは、原則、金利の比較は上限金利で行いますが、正確には適応金利での比較がポイントとなります。

楽天銀行カードローンの借入利率

ご利用限度額 お借入利率
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
100万円未満 14.5%

例えば、楽天カードローンで利用限度額が100万円未満の場合は年率14.5%が固定金利として設定されています。

しかし、一見、上限金利が高くみえるオリックス銀行カードローンも、100万円未満コースでは【年率12.0%~17.8%】の金利幅を持っています。

100万円未満であっても年率12.0%になる可能性が高いという点では十分に比較できる材料になってくると言えるでしょう。

コンビニATMの手数料無料

楽天銀行カードローンはネットバンクの特徴を活かし、パソコンやスマートフォンから24時間融資の受付。

店舗を持たない銀行ということもあり、提携するコンビニに設置されたATMを活用して入出金を行いますが、提携コンビニATMなら入金時のATM手数料は全て無料で、対応時間もほぼ24時間なので外出ついでの借入も容易です。

rakuten_atm

また、楽天銀行カードローンでは、自行である楽天銀行口座への入金であれば、24時間365日の即時振込サービスを利用することができます。
公共料金やスマートフォンの引き落とし期日に夜暗くなってから気付いても、パソコンから融資の振込申請をすれば解決するので便利です。

月々2,000円~の返済プラン

便利なカードローンでの借入ですが、返済に苦しんでいては元も子もありません。

銀行カードローンの月々の最低返済額は高めに設定されているケースが多いため、予算が苦しい月には返済が大変です。

しかし、楽天銀行カードローンなら月々2,000円からのゆとり返済が可能なので無理のない返済プランを立てることができます。

三菱UFJ銀行バンクイック 毎月1,000円から
楽天銀行カードローン 毎月2,000円から
みずほ銀行カードローン 毎月10,000円から
オリックス銀行カードローン 毎月7,000円から
※借入残高が30万円以下のとき

ただし、月々の返済負担が少ないと返済期間が長期化するリスクが高まり、利息総額が増える可能性もあるので計画的な返済プランを立てておくことが重要となります。

メガバンクの三菱UFJ銀行バンクイックも返済負担はかなり軽減されていますし、貸金業を専門とするアコムプロミスでも月々3、4,000円~の返済負担で利用することができます。

月々の返済負担を少しでも軽減したいのか、少しでも早く元金の返済を済ませたいのかで選択することが望ましいと言えますね。

申込手続きはすべてネット上で

楽天銀行カードローンの申し込みには、便利なネット申込がおすすめです。

審査申込がネットでできるのはもちろん、必要書類の提出も専用アプリから行えるため郵送の必要なし

ただし、楽天銀行カードローンの返済方法は口座振替式のみ。

現在当行口座をお持ちでない方、あるいは口座振替に当行口座以外を選択される方は、契約完了後に「口座振替依頼書」の返送を忘れないで下さい。

口座振替なら毎月自動返済だからうっかり忘れを防ぐことができて安心です。

楽天グループのサービス利用で審査優遇

楽天と聞けば楽天市場(オンラインショップモール)の印象を持たれる方や、楽天カード株式会社が提供するクレジットカード「楽天カード」などをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

楽天銀行も同じ楽天グループとして申し込みすれば楽天スーパーポイントを受け取られるなどの特典を紹介してきましたが、もう一つ大きな優遇が受けられるようになっています。

それはカードローン申し込みに最も気になる審査での優遇です。

楽天会員となり、様々なサービスを活用していると会員ランクが付くことになりますが、このランクに応じて審査優遇が受けられるというものです。

これは多くの事業を手掛けるグループ企業ならではの優遇であり、関連企業でのサービス利用実績をカードローン審査においても参考にしてくれるというものです。

日頃から楽天会員のサービスを利用している方にとって、初めてカードローンを利用するのであれば楽天銀行カードローンが審査有利になる可能性があります。
※必ずしも優遇を受けられるとは限りません

楽天銀行カードローンの保証会社は2つ

カードローンの”保証会社”の役割とは…
「審査」「債務保証」です。
審査では個人信用情報機関に登録されている取引履歴に加えて、蓄積された豊富な審査ノウハウをもとに、「十分な収入や返済能力があるのか?」「信頼に値するのか?」などを調査します。

債務保証は万が一の場合に保証会社が利用者に代わって銀行に債務を返済する役割を担うことを言います。

カードローンの利用者のなかには、自己破産などの理由で返済ができなくなる人もいます。
利用者が返済不能に陥ると、銀行にとっては顧客の返済額がそのまま損失になってしまいます。

だからこそ、保証会社がしっかりと保証をするという太鼓判を押された人だけが、審査に通過し、融資を受けられるというワケです。

銀行と保証会社の関係性

通常、銀行はカードローンの融資をする際に、独自の審査のほか、保証会社によるダブルチェックをしています。

楽天銀行カードローンの保証会社は「楽天カード株式会社」と「株式会社セディナ」の2社

楽天銀行カードローンが利用している保証会社は「楽天カード株式会社」と「株式会社セディナ」の2社です。

楽天カード株式会社が保証会社を務めているのは、下記の自社サービスです。

楽天カード株式会社が保証審査を行っているサービス

  • 楽天銀行スーパーローン
  • 楽天銀行 教育ローン
  • 楽天銀行 目的別ローントラベル
  • 楽天銀行 目的別ローンブライダル

一方、株式会社セディナは、三井住友フィナンシャルグループの大手クレジットカード事業・信販事業を行っている会社です。

セディナでは、下記のようなカードを発行しています。

株式会社セディナが発行しているクレジットカード

  • エディオンカード
  • JR東海エクスプレス・カード
  • ジャパネットカード

審査会社が2社あるメリットとデメリット

資本の系列が異なっている2社の保証会社を持つことは、申込者にとってメリットでもありデメリットでもあります。

いったいどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

審査会社が2社あるメリット

カードローンの審査を行うのは保証会社のため、楽天銀行カードローンは1社の審査に通過しなくても、もう1社の審査を通過する可能性があります。
そのため、審査のチャンスが、他のカードローンに比べて多くなることがメリットです。

審査会社が2社あるデメリット

デメリットはセディナや三井住友フィナンシャルグループで金融事故などを起こすと、楽天銀行カードローンの審査に通りづらくなることです。
また、楽天銀行カードローンで事故を起こした場合は、他の楽天サービスやセディナを保証会社としているサービスなどの審査が通りづらくなります。

楽天ユーザーはメリットが大きい!

メリットのイメージ

楽天銀行カードローンに申し込む場合は、あらかじめ楽天会員になっておくと便利です。

楽天会員であれば、主に以下の4つのメリットがあります。

  • 申込の手間が軽減
  • 会員ランクに応じた審査の優遇
  • ハッピープログラムの会員ステージアップ
  • 入会と利用額に応じて楽天スーパーポイントがもらえる

それぞれのメリットに関して、以下に詳しくご紹介します。

申込の手間が軽減

楽天銀行カードローンの申し込み時に、申込情報を入力する手間を省くことができます。

一般的なカードローンの場合、初回申し込みの際、必要事項の記入に15分程度かかります。その時間が省力できるのは嬉しいポイントです。

会員ランクに応じた審査の優遇

楽天会員は買い物状況などにより、会員ランクがダイヤモンド、プラチナ、ゴールド、シルバーに分かれています。

楽天銀行カードローンを利用する場合、楽天会員は会員ランクに応じて審査や金利が優遇される可能性があると、公式サイトにも記載されています。

ただし、どの程度の金利が優遇されるのかは審査次第となります。

ハッピープログラムの会員ステージアップ

ハッピープログラムには「ベーシック」「アドバンスト」「プレミアム」「VIP」「スーパーVIP」の5種類の会員ステージが設けられており、それぞれに特典があります。

例えば「スーパーVIP」なら、ATM手数料が月7回分無料、他行への振込手数料が月3回分無料、楽天スーパーポイントの獲得倍率が3倍などの特典を受けられます。

会員ステージは「毎月25日終了時点のお預かり資産残高」もしくは「前月26日~毎月25日の対象商品・サービスのお取引件数」で決定されます。

ローン関連商品の借入れがあり、返済口座を楽天銀行に設定すると、それだけで会員ステージが1ステージアップとなります。

入会と利用額に応じて楽天スーパーポイントがもらえる

楽天カードローンに入会するだけで、楽天スーパーポイントを1,000ポイントプレゼント、利用残高によっては最大3万ポイントプレゼントされる特典も受けられます。

楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として楽天のさまざまなサービスで利用することが可能なポイントです。

仮に3万ポイントプレゼントされた場合、3万円分のサービスが利用できるということになり大変お得です。

もし楽天会員なら楽天銀行カードローンも是非チェックしてみてくださいね!

今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

楽天銀行カードローンの詳細

基本情報

商品名 楽天銀行カードローン
実質年率 1.9%~14.5%
借入限度額 最高800万円
審査時間 最短翌日
融資スピード カード発行後
お試し審査 -
対応コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート
申込方法 WEB

申込条件

申込資格 ・満20歳以上62歳以下の方(パートは60歳以下)
・日本国内に居住している方(永住権か特別永住権がある方)
・安定した収入のある方、主婦の方
・楽天カード(株)、(株)セディナの保証が受けられる方
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書類
担保・保証人 不要

利用方法

借入方法 銀行振込、ATM
返済方式 残高スライドリボルビング方式、元利込定額リボルビング方式
返済日 1日、12日、20日、27日の中から選択
返済方法 口座引落し、口座振込、ATM

会社概要

会社名 楽天銀行株式会社
設立 2000年1月14日
所在地 東京都世田谷区玉川1-14-1 楽天クリムゾンハウス
今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中