三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

実質年率 1.8%~14.6%
限度額 最高500万円
審査時間 -
  • 来店は不要
  • お試し診断
  • おまとめ・借り換え
  • 最短即日融資も可能
  • 土日祝も対応
  • スマホ対応
  • 収入証明が不要
  • 審査が不安な方
今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、日本最大の銀行である三菱UFJ銀行が取り扱うカードローンです。

2007年の誕生以降、長年、俳優の阿部寛さんがCMキャラクターを務めているバンクイック。

一般的にも知名度が高く、安心して利用できるカードローンと考えて間違いないでしょう。

この記事では、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の利用を考えている方に向けて、バンクイックの審査のポイントから借入・返済方法にいたるまでまとめて解説。

「バンクイックに申込もうと思ってるけど、本当に大丈夫?」
「自分が選ぶべきカードローンはバンクイックであっているの?」

そんな疑問を解決していきます。

まずは、バンクイックの利用条件を確認しておきましょう。

今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

バンクイックのポイント

バンクイックの利用条件からわかる審査の傾向

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の利用条件は以下のとおり。

  1. 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。
  2. 原則安定した収入があるお客さま。

※外国人のお客様は永住許可を受けている方が対象となります。

これらの利用条件から、どんな人物がバンクイックの審査を通過できるのか予想が立ててみました。

以下の条件を満たしている人がバンクイックの審査に通りやすい人です

  • 30代・40代の安定した収入のある会社員
  • アコムの審査に通過し計画的に利用していた人

なぜそう言えるのか、具体的な理由を説明します。

バンクイックを利用しているのは働き盛りの30代・40代がメイン

バンクイックの公式サイトには、バンクイックを利用している方の24.8%が30代、28.2%が40代だということが掲載されています。

バンクイックを利用している年代の構成比(バンクイック公式サイトより)
20代 13.8%
rank2_mini30代 24.8%
rank1_mini40代 28.2%
rank3_mini50代 23.6%
60代 9.6%

実はこの数字、銀行カードローン全体でも同じことが言えるんです。

全国銀行協会の資料によれば、銀行カードローン利用者の中心は男性30代(27.1%)や男性40代(22.9%)とのこと。

これらの数字を見ると、20代の方や60代の方よりも、30代・40代で今まさに働き盛りな方のほうが、バンクイックを利用できる可能性が高いです。

 

さて続いては、アコムが保証会社をしているという点に注目です。

アコムの審査に通過したことのある人はバンクイックを利用できる可能性が高い

銀行カードローンを利用するには、保証会社になっている消費者金融の審査を通過する必要があります。

銀行と保証会社の関係性

三菱UFJ銀行カードローンの保証会社は大手消費者金融のアコム

つまり、アコムの審査に通過したことのある方なら、アコムの保証を受けてバンクイックを利用できる可能性も高いということです。

銀行カードローン利用者の58.4%はカードローンを複数利用

「アコムも使っているのにバンクイックからも借りれるの?」

こんな心配をされる方もいるかもしれませんね。

ですが安心してください。

さきほど紹介した全国銀行協会の資料によると、銀行カードローン利用者の58.4%はカードローンを2枚以上利用していることがわかりました。

アコムで計画的に借入・返済してきた方なら、「既にアコムを利用しているからバンクイックから借りるのは無理だろうな・・・」なんて思う必要はないですよ。

ポイント

ただし、アコムから年収の3分の1と同じ額のお金を借りている方や、アコムの返済を滞納したことのある方は、アコムの保証をもらうことは難しいでしょう。
「この人はすでに借りすぎている、返済する余力がもうない」とアコムに判断されるからです。

では次に、もうひとつの利用条件、安定した収入のあるお客様とはどんなお客様なのかを解説します。

安定した収入とは継続収入のこと

アトムくん編集部では、安定した収入のことを、同じ勤務先から継続していただいている収入と考えています。

安定した収入と言われると高収入をイメージするかもしれませんね。

でも実際は、高収入の方しかバンクイックを利用できないわけではありません。

事実、銀行カードローン利用者の個人収入でもっとも多いのが、年収201万円から400万円(28.4%)なんです。

国税庁発表の統計では、平成30年の一人当たり平均給与が432万円(正規非正規含む)でした。

銀行カードローンの主な利用者が高収入の人ではないことがわかります。

また、アトムくん編集部のライター高山がプロミスのカードローンと契約したとき、まさに2ヶ月目のお給料をもらったばかりでした。

プロミスもバンクイックと同じく、利用条件のひとつに安定した収入をあげています。

銀行カードローンと消費者金融カードローンという違いはあるものの、安定した収入=高収入ではないことは間違いないはずです。

高山と同じように、同じ勤務先から2ヶ月以上継続してお給料をもらっているのなら、安定した収入があるんだと胸を張って、バンクイックに申込んでみてください。

 

パート・アルバイトでも安定した収入があればOK

バンクイックは、パートやアルバイトで生計を立てているかたも、安定した収入があれば利用できます。

ただし、会社員として働いている方と比べると、厳しく審査をされるかもしれません。

実は、銀行カードローンを利用している人の中で、パート・アルバイトの方は7%ほどなんです。

いっぽう、貸金業者に分類される消費者金融などのカードローンは、利用者の11%がパート・アルバイトで生計を立てています。

「金利が気になるから銀行カードローンで借りたいけど、審査が不安・・・」というパート・アルバイトの方は、無利息期間のあるカードローンを利用するのも方法ですよ。

あなたにおすすめ

プロミスなら、アトムくん編集部で2ヶ月目のお給料をもらったばかりのアルバイトライター高山も契約することができました。
初回の借入から30日間無利息で利用できるので、金利を気にしている方にもおすすめです。

さてここまでは、バンクイックの利用条件や銀行カードローン利用者のデータから、バンクイックの審査について解説しました。

続いては、「よし、バンクイックに申込むぞ!」となったみなさんのために、バンクイックに申込む方法を紹介します。

バンクイックの申込方法は3種類

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込方法は以下の3つです。

  1. インターネット申込
  2. テレビ窓口
  3. 電話申込

    ここからひとつずつ、3つの申込方法を解説していきます。

    WEBで24時間申込み可能なインターネット申込

    今この記事を読んでいる瞬間でも申込できるのが、インターネット申込です。

    しかもバンクイックのインターネット申込は、申込から契約までの手続きがWEB上で完結!

    申込手順は以下の通りです。

    スマホ・パソコンから申込

    書類をWEBでアップロード

    審査がスタート

    審査結果がメールで到着

    契約成立

    バンクイックの審査に通過し、契約が完了したのなら、バンクイックでお金を借りることができます。

    口座の有無で借入方法は異なる

    三菱UFJ銀行の口座がある方は、自身の口座に振込キャッシングを依頼しましょう。

    いっぽう三菱UFJ銀行の口座がない場合やカードを使ってお金を借りたい場合は、カードを郵送してもらうか、三菱UFJ銀行のテレビ窓口を利用してカードを発行します。

    すぐにでもバンクイックを利用したい方は、審査結果通知後にテレビ窓口でカードを発行してください。

    ただしテレビ窓口でカードを発行するためには、現住所の書かれた運転免許証が必要です。

    現住所の書かれた運転免許証のない方は、後日カードが郵送されるので、郵送されるのを待ちましょう。

     

    また、三菱UFJ銀行のテレビ窓口では、バンクイックのカードを発行するだけでなく、直接バンクイックに申込むこともできます。

    続いては、テレビ窓口を使ったバンクイックの申込方法を紹介します。

    テレビ窓口を使った申込方法

    三菱UFJ銀行のテレビ窓口は、銀行営業時間外の平日15時以降や、土日祝日でも利用できる便利な契約機です。

    テレビ窓口の営業時間は以下の通り。

    平日 9:00~20:00
    土曜・祝日 10:00~18:00
    日曜 10:00~17:00

    なお、テレビ窓口の混み合う時間帯がバンクイックの公式サイトで公表されています。

    混雑時間をさけて、バンクイックの申込手続きを行ってください。

      比較的余裕あり やや混雑 混雑
    平日 10:00~11:00
    15:30~17:30
    9:00~10:00
    11:00~12:00
    15:00~15:30
    17:30~18:00
    12:00~15:00
    18:00~20:00
    土曜・祝日 11:00~12:30
    16:00~17:30
    10:30~11:00
    12:30~13:00
    14:30~16:00
    17:30~18:00
    10:00~10:30
    13:00~14:30
    日曜 11:00~12:30
    15:30~17:00
    10:30~11:00
    12:30~13:00
    14:30~15:30
    16:30~17:00
    10:00~10:30
    13:00~14:30

    (オレンジ色の時間に申込むのがおすすめ!)

    三菱UFJ銀行のテレビ窓口は、全国637ヶ所の三菱UFJ銀行店舗またはATMに設置されています。

    銀行口座を開設するためにも利用される機械なので、テレビ窓口に入ったからといって、周囲の人から「あの人カードローンに申込むんだ」と思われる心配はありません。

    また、申込に必要なシートをあらかじめ記入しておくと、スムーズに申込めますよ。

     

    テレビ窓口で申込む注意点

    テレビ窓口でバンクイックに申込むときに注意しておいてほしいことが1点。

    それは、審査結果の連絡が電話になることです。

    知らない電話番号から電話がかかってきていたら、それはバンクイックの審査結果を知らせる電話かもしれません。

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」に関する連絡は、三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店から入ってきます。

    以下に電話番号を記しておくので、この番号から電話が合った場合は、電話に出るようにしてください。

    三菱UFJ銀行 第二リテールアカウント支店

    電話番号:03-3206-2003

    または0120-959-555、0120-76-5919

    電話申込は三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店にTEL

    ちなみに、上記の電話番号に連絡すれば、バンクイックに電話申込も可能です。

    担当者の案内を聞きながら申込みたい方は、三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店(0120-959-555)に電話をかけ、バンクイックに申込んでください。

     

    さて、バンクイックに申込む3つの方法の中から、自分に合った申込方法は見つかったでしょうか?

    次の章では、申込んでから審査結果がわかるまでどれくらいの時間がかかるのかを解説します。

    申込後の審査回答は最短翌営業日

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査結果がわかるのは、申込んだ日の翌営業日が最短です。

    つまり、申込んだその日の内にバンクイックからお金を借りることはできません。

    「どうしても今日中にお金を借りたい」と言う人は、申込んだその日の内にお金を借りることができる消費者金融のカードローンに申込んでください。

    あなたにおすすめ

    三菱UFJ銀行と同じ三菱UFJフィナンシャルグループのアコムなら、申込んだその日の内にお金を借りることができます。
    初回契約日の翌日から最大30日間の無利息期間があるので、次の給料日までのつなぎで現金が欲しいという方にはぴったりのカードローンですよ。

    審査結果がすぐにわからない理由

    同じ三菱UFJフィナンシャルグループのアコムの審査結果はすぐにわかるのに、バンクイックの審査結果がすぐにわからないのには理由があります。

    銀行カードローンの審査では、申込んだ人のデータを警視庁のデータベースと照合する必要があるからです。

    2018年から始まったこの取り組みは、反社会的勢力の資金源を断つために運用がスタートしました。

     

    最短翌営業日の数え方

    なお、バンクイックの審査結果がわかるまでの時間を、最短翌日ではなく最短翌営業日としているのは、銀行休業日の土日は審査を行っていないからです。

    そのため、例えば金曜日に申込んだ場合、審査結果がわかるのは最短で月曜日ということになります。

    ただしバンクイックは、審査結果の連絡を土日にも行っています。

    なので金曜日の時点で審査結果が明らかになっているのなら、土曜・日曜・祝日でも審査結果がわかることもあるようです。

    土日の審査回答時間は9:00~17:00。

    「平日に申込んだのに、金曜までに審査回答がなかった・・・」という方も、土日に審査結果が届く可能性があることを忘れないでください。

     

    審査の内容によって審査回答は遅れる

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は、必ず翌営業日に結果がわかるわけではありません。

    審査の内容によっては、審査回答までの時間が長期化することもあるでしょう。

    審査回答が長引く原因としては、以下の理由が考えられます。

    1. 金曜日の夕方以降に申込んだ
    2. 在籍確認がとれていない
    3. 提出書類に不備があった
    4. 信用情報に傷があった

      では、それぞれの理由を順に解説していきます。

      金曜日の夕方以降に申込むと審査回答が火曜日以降に

      三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店に、バンクイックの審査結果がわかる最短の時間を聞いてみたところ、「金曜日の夕方以降に申込んだ場合は、最短で火曜日が審査回答の時間になる」との回答が得られました。

      さきほどもお伝えしたように、バンクイックでは銀行休業日に審査を行っていません。

      そのため、金曜日に申込んだ場合は翌営業日にあたる月曜日が、最短で審査結果のわかる日となります。

      ただし、申込時間によっては、審査の開始自体が翌営業日以降になることが、アトムくん編集部の電話取材で明らかになったのです。

      ちなみに、上記の電話取材を行ったのは、まさに金曜日の18時ごろ。

      三菱UFJ銀行第二リテールアカウントの方は、「この時間に申込まれた場合、お客様の審査が順調に進めば、最短で火曜日に審査結果をお伝えできます」とおっしゃっていました。

      よって、金曜日の18時以降に申込んだ場合、審査結果がわかるまで丸3日以上は待つことになります。

      在籍確認がとれなければ審査は進まない

      在籍確認とは、バンクイックに申込んだ人が、記入した勤務地で本当に働いているかどうかを確かめる審査のこと。

      この在籍確認は、原則、申込んだ人の勤務地に直接電話をかけて行われます。

      ということは、申込んだその日が会社の休業日だった場合、在籍確認がとれないのが原因で審査回答が遅くなっていることも考えられるのです。

      三菱UFJ銀行第二リテールアカウントに問い合わせると、「バンクイックの在籍確認は、原則電話連絡以外で行わない」とのことでした。

      在籍確認がとれないタイミングで申込んでしまうと、審査結果がでるまで時間がかかるのは避けられません。

      あなたにおすすめ

      SMBCモビットのWEB完結申込なら、会社に在籍していることがわかる書類を提出することで在籍確認をしてくれます。
      三菱UFJ銀行の口座を持っていて、社会保険に加入している方なら申込できますよ。

      バンクイックの在籍確認について詳しく知りたい方は、以下の記事も読んでみてください。

      三菱UFJ銀行バンクイック在籍確認の完全ガイド

      提出書類に不備がないかは要チェック

      三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」に申込む際には、提出しなければならない書類が2種類あります。

      それが以下の本人確認書類と収入証明書類です。

      本人確認書類
      (いずれかの2点)
      1. 運転免許証
      2. 健康保険証
      3. パスポート
      4. 個人番号カード(マイナンバーを隠して提出)
      5. 在留カード
      6. 特別永住者証明書
      収入証明書類
      (いずれかの1点)
      1. 源泉徴収票
      2. 住民税決定通知書
      3. 納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
      4. 確定申告書第1表・第2表

      このうち収入証明書類は、50万円を超える限度額を希望した場合に必要となります。

      ただ、50万円を超える限度額を希望していない場合でも、収入証明書類の提出を求められるケースがあることも覚えておいてください。

      バンクイック収入証明書FV画像

       

      例えば消費者金融のカードローンでは、希望する限度額が50万円を超える場合だけでなく、他社の借入限度額と自社の借入限度額を合計して100万円を超える場合も、収入証明書類の提出が必須です。

      なぜなら消費者金融は、申込者の年収3分の1を超える額の貸付を、総量規制というルールによって禁止されているから。

      そこで消費者金融は、年収の3分の1以上の金額を貸してしまわないように、2つの基準で収入証明書類の提出を厳格化しているわけです。

      収入証明書の提出条件

      バンクイックは銀行のカードローンとはいえ、消費者金融と同様に年収による貸付額の制限をしている可能性は大いにあります。

      事実、金融庁の『銀行のカードローンフォローアップ調査』では、銀行のカードローンを取り扱う銀行の95%が、年収による貸付額の制限を行っていると回答しているんです。

      自分の年収と照らし合わせて、3分の1以上の金額を希望している場合は、たとえ希望額が50万円以下でも、収入証明書類を求められるかもしれません。

      その判断をするために、審査回答が遅れている可能性もあるでしょう。

       

      信用情報に傷がある場合は審査が長引く

      カードローンの審査は、安定した収入と信用情報のチェックが大きな要素です。

      カードローンの審査は安定した収入と信用情報がポイント

      安定した収入に関しては、序盤で説明した通り。

      もう一方の信用情報とは、過去に行ったローンやクレジットカードなどの申込、返済・支払の状況(信用取引)が記録された情報のことです。

      つまり信用情報に傷があるとは、ローン返済やクレジット支払いを怠ってしまった時のことを言います。

      これらの情報は、隠していればバレないというものではありません。

      個人信用情報機関とよばれる機関に保存されていて、カードローン審査では必ずチェックされるんです。

      信用情報機関の保管情報のイメージ

      例えば、過去6ヶ月以内にいろんなカードローンに申込んでいたりすると、「この人はお金を返す当てがないのに手あたり次第申込んでいる」と判断され、審査が長引くことも・・・。

      その他、スマホ本体を分割購入している場合の携帯料金の払い忘れにも要注意です。

      スマホ本体を分割で購入している場合、月々の携帯料金にスマホの本体代金が含まれていますよね。

      それを払い忘れたということは、本体代金の支払いを滞納したということになり、信用情報に傷がつきます。

       

      みなさんの信用情報はきれいなままですか?

      自分の信用情報は、以下の個人信用情報機関で開示してもらうことが可能なので、不安な方は申込む前にチェックするのもいいでしょう(手数料:500円~1,000円程度)。

      ちなみにバンクイックの場合、三菱UFJ銀行がKSCに情報開示を、保証会社のアコムはCICとJICCに情報開示を行っています。

      CIC

      スマートフォンで開示する

      パソコンで開示する

      JICC

      スマートフォンで開示する

      KSC

      本人開示手続きの方法を見る

       

      さて、記事をここまで読んでいただいた方なら、バンクイックに申込んでから、審査結果がわかるまでの大まかな流れをつかめたのではないでしょうか。

      あとは実際にバンクイックを利用する方法をマスターすれば、もう怖いものはありませんよね!

      続いて紹介するのは、バンクイックからお金を借りるための方法です。

      バンクイックの借入方法は2種類

      先にちらっとお伝えしたように、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」には2種類の借入方法があります。

      それが振込融資とATMからの借入です。

      カードローンで借り入れるアトムくん

      ただし、振込融資は三菱UFJ銀行の口座を持っていなければ利用できない方法

      よって三菱UFJ銀行の口座を持っていない方は、ATMから借入れることしかできません。

      バンクイックのATM利用手数料は無料

      とはいえバンクイックは、ATMの利用手数料も時間外手数料もすべて無料で利用できるので安心してください。

      利用できるATMと時間帯は以下の通り。

      利用可能ATM 利用可能時間
      三菱UFJ銀行ATM 0:10~23:50
      ※毎週月曜日の1:00~5:00、
      毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く
      セブン銀行ATM
      ローソン銀行ATM
      E-net ATM

      有名コンビニに設置されたATMが、すべて手数料無料で利用できるのは嬉しいですね。

      振込融資は時間によって翌営業日振込になる

      いっぽうの振込融資も、振込手数料はいっさいかかりません。

      ただし、振込を依頼する時間によって、借りたいお金の振り込まれる時間が翌営業日になってしまうことがあります。

      三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の振込時間を表にまとめました。

      振込サービスの初回利用
      振込指定口座変更後の初回利用
      平日 当日中
      翌営業日中
      土・日・祝 翌営業日中
      2回目以降の利用 平日 当日9時ごろ
      当日約30分以内
      翌営業日9時ごろ
      土・日・祝 翌営業日9時ごろ

      なお振込依頼の方法は、会員ページから振込サービスを依頼する方法と、以下の電話番号に電話をして振込依頼をする方法があります。

      振込キャッシングの電話依頼

      0120-76-5919

      【受付時間】
      平日9:00~21:00
      土・日・祝9:00~17:00(12/31~1/3を除く)

       

      ところで、バンクイックから借りたお金を、借りっぱなしというわけにはいきませんよね。

      借りたお金は返すのが世の中の常識!というわけで、続いてはバンクイックの返済方法を紹介します。

      3種類の返済方法を使い分けて計画的に返済しよう

      三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」には、以下3種類の返済方法があります。

      カードローンの返済をするアトムくん

      返済方法 特長
      自動支払い(口座引落)
      • 三菱UFJ銀行の口座がある場合のみ利用可能
      • 自分で指定した返済日当日の19時までに入金すればOK
      ATM
      • 三菱UFJ銀行ATMと、提携するコンビニATMで利用可能
      • ATM利用手数料・時間外手数料が無料
      振込
      • 返済専用の振込口座に返済額を振込
      • 返済額の入金が15時以降の場合、よく平日窓口営業日扱いになる
      • 手数料が発生する場合がある※三菱UFJダイレクトなら手数料無料

      バンクイックを賢く利用していきたいなら、これらの返済方法を組み合わせて計画的に返済していきましょう。

      具体的には、毎月の決まった返済(毎回返済:まいかいへんさい)を自動支払いで行うだけでなく、余裕があるときは積極的に追加の返済(随時返済:ずいじへんさい)をATMで行う方法があります。

      そうすることで、毎月の返済にかかる利息が減り、最終的な返済総額もぐっと減らすことができますよ。

      毎回返済の期日は2パターン

      まず基本となる毎回返済の期日は、以下の2パターンから選ぶことができます。

      返済期日 特徴
      35日ごと
      • 初回借入日の翌日から35日以内に返済
      • 2回目以降は直近の返済翌日から35日以内

      ※自動支払いの場合は選択不可

      毎月指定日
      • 希望する日時を選んで返済
      • 指定日の14日前から指定日の間に返済すると、その月の毎月返済分に充当される

      続いて、随時返済のタイミングを解説します。

      随時返済のタイミングは毎回返済の期日によって異なる

      バンクイックの随時返済は、毎回返済の期日をどちらにしたかによって、その方法がことなります。

      35日ごと返済を選んだ場合

      35日ごと返済を選んだ場合、毎月返済の最低返済額以上の金額を返済することで、随時返済の扱いとなります。

      バンクイックの毎月返済における最低返済額は以下の通り。

      借入残高 適用金利8.1%超の最低返済額 適用金利8.1%以下の最低返済額
      10万円以下 2,000円 1,000円
      10万円超~20万円以下 4,000円 2,000円
      20万円超~30万円以下 6,000円 3,000円
      30万円超~40万円以下 8,000円 4,000円
      40万円超~50万円以下 10,000円 5,000円
      50万円超 借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加 借入残高が10万円増すごとに1,000円を追加

      借入残高と適用金利によって変化する仕組みです。

      例えば、30万円を金利14.6%で借りている場合、毎月の最低返済額は6,000円。

      このとき、毎月返済で10,000円を返済すれば、最低返済額6,000円との差額4,000円が、随時返済の扱いとなります。

      毎月返済額10,000円

      最低返済額6,000円
      =
      随時返済額4,000円

      つまり35日ごと返済では、毎回返済の返済額を増やせば増やすほど、随時返済で多くの金額を返済することができる仕組みになっています。

      毎月指定日返済を選んだ場合

      毎月指定日返済を選んだ場合、返済した日の翌日から指定日15日前までの返済が随時返済です。

      また35日返済と同様に、毎回返済のタイミングで最低返済額以上の返済を行った場合も、返済額と最低返済額との差額が随時返済として扱われます。

      随時返済額はすべて元金に充当

      随時返済扱いとなった返済額は、すべて元金の返済に充当されます。

      元金とは、実際に借りた金額のこと。

      毎回返済の最低返済額には利息が含まれているので、毎回返済で最低返済額を返済し続けても、なかなか借入残高が減っていかないのです。

      だからこそ、毎回返済だけでなく随時返済を組み合わせた計画的な返済でバンクイックを利用していきましょう。

      借りてすぐ一括返済できるなら消費者金融カードローンがおすすめ

      もしみなさんの中で、「バンクイックでお金を借りたとしても、次の給料日で一括返済するつもり」という方がいらっしゃるなら、消費者金融カードローンの方がおすすめです。

      なぜなら、大手消費者金融カードローンには、初回限定の無利息期間を設けているカードローンがあるから。

      利息の発生しない間に完済できれば、余計なコストをかけずにカードローンを利用できますよ!

      あなたにおすすめ

      バンクイックの保証会社でもあるアコムなら、初回契約日翌日から最大30日間無利息!
      将来的にはバンクイックでの借入も視野に入れておき、アコムで良好な利用実績を積んでおくのもいいかもしれませんね。

      返済が遅れてしまったらすぐに三菱UFJ銀行第二リテールアカウントに連絡

      万が一バンクイックの返済が遅れてしまったときは、三菱UFJ銀行第二リテールアカウントに連絡して、いつまでに返済するのかを伝えてください。

      返済が遅れてしまった時は、遅延損害金(年利20.0%)が発生するため、毎回返済の最低返済額以上の金額を返済しなければならない可能性もあります。

      いつまでに返済するのかを伝えるとともに、いくら返済しなければならないのかも確認しておきましょう。

       

      では最後に、バンクイックを返済するときにかかる利息がどのように決まるのかを解説します。

      適用金利はバンクイックで借りれる限度額によって1.8%~14.6%の間で決まる

      三菱UFJ銀行カードローンの金利は1.8%~14.6%

      なぜ金利に幅があるのかというと、バンクイックは借りれる限度額によって適用金利が異なるからです。

      バンクイックの借入限度額と適用金利

      バンクイックでは、借入限度額ごとに適用金利が以下のように変わります。

      利用限度額 借入利率
      10万円以上~100万円 年13.6%~年14.6%
      100万円超~200万円 年10.6%~年13.6%
      200万円超~300万円 年7.6%~年10.6%
      300万円超~400万円 年6.1%~年7.6%
      400万円超~500万円 年1.8%~年6.1%

      この表を見ると、バンクイックは、借りれる金額が高額になるほど低い金利で借りられることがわかります。

      ではバンクイックの金利は、他のカードローンと比較して高いのでしょうか低いのでしょうか。

      主なカードローン8社で、限度額30万円の場合に適用される金利を比較してみました。

      バンクイックの金利は比較的低めな設定

      バンクイックの金利を他社と比較すると、消費者金融カードローンと比べて低めな金利設定をしていることがわかります。

      カードローン名 限度額30万円の適用金利
      銀行カードローン
      三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年13.6%~年14.6%
      楽天銀行カードローン 年14.5%
      みずほ銀行カードローン 年14.0%
      三井住友銀行カードローン 年12.0%~年14.5%
      オリックス銀行カードローン 年12.0%~年17.8%
      消費者金融カードローン
      プロミス 年4.5%~年17.8%
      アコム 年3.0%~年18.0%
      レイクALSA 年4.5%~年18.0%

      「どのカードローンも金利に幅があるけど、どっちを見ればいいの?」という声が聞こえてきそうですね。

      初めてカードローンを利用する場合、基本的には数字の高い方(上限金利)が適用されると考えてください。

      初めての契約では、カードローン会社も利用者の返済能力を把握しきれないので、上限金利からのスタートになることが多いんです。

      利用実績を積めば金利を下げることができる

      とはいえ、初めての契約で適用された金利がずっと続くわけではありません。

      返済を怠ることなく、良好な利用実績を積んでいけば、適用金利を下げてもらえます。

      また、バンクイックから借りれる限度額を増額してもらうことで、金利が下がることもあります。

      例えば今まで80万円の限度額だった方が、バンクイックに増額依頼をして限度額100万円になった場合。

      年13.6%~年14.6%の間で決められていた金利が、年10.6%~年13.6%の間で決められることになります。

      ただし、増額には審査があり、審査通過のためには良好な利用実績が必要不可欠。

      借りたら返す。この基本を徹底して、できるだけ低めの金利で借りられるようにしてきたいですね。

      バンクイックの利息の決まり方

      バンクイックの返済時に支払う利息は、以下の計算式によって決まります。

      返済時点の借入残高
      ×
      適用金利
      ÷
      365
      ×
      借入日数
      =
      利息

      上記の計算式にある借入日数とは、前回の返済日翌日から今回の返済日までの期間のことです。

      例えば、バンクイックから10万円を金利14.6%で借りていて、借入日数が30日の場合、利息は以下のように算出されます。

      借入残高:100,000円
      ×
      適用金利:14.6%
      ÷
      365
      ×
      借入日数:30日
      =
      利息:1,200円

      上記の場合、返済額のうち1,200円は利息に充てられるということですね。

      バンクイックから10万円を14.6%で借りているということは、毎回返済の最低返済額は2,000円。

      つまり最低返済額で返済すると、元金は800円しか減っていません

      このまま最低返済額のみで返済を続けていると、10万円を完済するまでに6年5ヶ月(77回)かかり、利息は総額54,952円になります(バンクイック返済シミュレーターより)。

      これは相当もったいないですよね・・・。

      先にも伝えた通り、バンクイックを賢く利用するなら、毎回返済と随時返済を組み合わせて計画的に返済していきましょう。

      【まとめ】バンクイックは日本最大の銀行が取り扱う安心のカードローン

      三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」について、その特長をまとめていきました。

      バンクイックは、日本最大の都市銀行である三菱UFJ銀行が取り扱っているだけあり、安心して利用できるカードローンであることは間違いありません。

      また、最大500万円までの金額を、年利1.8%~14.6%で借りられるバンクイックは、働き世代の30代・40代のみなさんに人気の高いカードローンです。

      バンクイックの主な利用者と同世代で、安定した収入のある方なら、迷わずバンクイックに申込んでみてください。

      ただし、借りたお金は計画的に返済していくことが鉄則!

      毎回返済と随時返済を組み合わせて、賢く利用することをこころがけましょう。

      そうすることで、適用金利をさげてもらったり、借りれる限度額を増やしてもらったりできるので、より使い勝手がよくなっていきますよ。

      今すぐカンタン申込み
      WEBなら24時間受付中

      無人契約機の時間

      平日 土曜 日曜 祝日
      9:00~20:00 10:00~18:00 10:00~17:00 10:00~18:00

      ※設置場所によっては、ご利用時間が異なる場合があります。
      ※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。

      三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのクチコミ

      男性 38歳
      土日にしか休みがなくてお金を借りれる業者も消費者金融にしようかと悩んでいたとき、バンクイックなら土日でも契約できると知りました。
      消費者金融よりも低金利で、借りれるとなると使わない理由がないという感じです。
      プロミスの24時間振込サービスの「瞬フリ」には魅力を感じましたが、カードローン初心者なのでメガバンクから使い始めました。
      ほとんどが月末の小額借入(短期間)なので、あまり低金利のメリットを得られているような気もしませんが、安心感には変えられません。
      次はプロミスの「瞬フリ」を活用も視野に、バンクイックとの使い分けをしていきたいと考えています。

      バンクイックの詳細

      基本情報

      商品名 バンクイック
      実質年率 1.8%~14.6%
      借入限度額 最高500万円
      審査時間 -
      融資スピード -
      お試し審査 あり
      対応コンビニ セブンイレブン ローソン イーネット
      申込方法 WEB 電話 契約機

      申込条件

      申込資格 年齢が満20歳以上65歳未満で、国内に居住し、原則安定した収入があり、保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方
      必要書類 本人確認書類(現住所の記載された運転免許証・健康保険証・パスポート等) 収入証明書(利用限度額が50万円超の場合)
      担保・保証人 不要

      利用方法

      借入方法 ATM、口座振込
      返済方式 残高スライドリボルビング方式
      返済日 35日ごとの返済・毎月指定日返済から選択
      返済方法 自動支払い、ATM、銀行振込

      会社概要

      会社名 株式会社三菱UFJ銀行
      設立 1919年(大正8年) 8月15日
      所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
      今すぐカンタン申込み
      WEBなら24時間受付中