三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

実質年率 1.8%~14.6%
限度額 最高500万円
審査時間 -
  • 来店は不要
  • お試し診断
  • おまとめ・借り換え
  • 即日融資も可能
  • 土日祝も対応
  • スマホ対応
  • 収入証明が不要
  • 審査が不安な方
今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

メガバンクでもある三菱UFJ銀行のカードローンの「バンクイック」。

無人契約機でもある「テレビ窓口」は三菱UFJ銀行ATMコーナーなどに設置されており、テレビ越しにオペレーターと話しながらその場で契約とカード発行ができます。
※発行されたカードは、発効日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能

銀行カードローンながら土日祝も利用することができるので、忙しい方にもオススメ。

更に予め、ネット申込をし、申込受付シートを公式サイトからダウンロードして記入しておくことで「テレビ窓口」での手続きを更にスムーズに行えます。

スピード審査の秘密の一つに保証会社が消費者金融アコムであることが考えられます。

アコムは業界でもトップクラスのスピード審査と貸付実績を誇る大手消費者金融会社であり、三菱UFJ銀行カードローンから委託を受けるほど信頼性の高い貸金業者です。

今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

バンクイックのおすすめポイント

テレビ窓口から申込みできる!ネット併用も便利

銀行の手続きは時間がかかるという印象を払拭したのが、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

テレビ窓口という無人契約機を銀行支店内などに設置し、申込したその場で審査からカード発行までが可能。
※発行されたカードは発効日の翌営業日以降、審査の結果により利用できる

無人契約機の特徴は店舗窓口と異なり電話で専属オペレーターと手続きを進められるため、土日祝日も営業しているのが大きな魅力です。

テレビ窓口

テレビ窓口でのカード受取には、運転免許証が必須。また、利用限度額が50万円を超える場合には、収入証明書類の提出も求められているので、テレビ窓口から手続きをする場合は、どちらも忘れずに持っていくようにして下さい。

テレビ窓口は支店内のATMコーナーに設置されているのが気になるかもしれませんが、バンクイックの申込み手続き以外もテレビ窓口が利用できるため、「口座開設に来た」などの理由で回避できます。

なお、テレビ窓口の受付時間は設置場所によって若干異なります。

ATMコーナーに設置
営業時間
平日(月曜~金曜) 9:00~20:00
土曜、祝日 10:00~18:00
日曜 10:00~17:00

テレビ窓口は三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」以外の利用も可能ですが、平日の18時から20時と日曜日の全日はバンクイックのみの受付となっているので、新規口座の開設も合わせて考えている場合は営業時間に注意。
また、土曜祝日は海外送金を中止しています。

ロビーに設置
営業時間
平日(月曜~金曜) 9:00~15:00
土曜、日曜、祝日 受付不可

ロビーに設置されているテレビ窓口は、支店の営業時間に準じるため平日は15時まで、土日祝日は受付ができないようになっています。

利用したいと考えているテレビ窓口の設置場所を確認してから足を運ぶのがおすすめです。

インターネットからの事前申込で時間短縮

三菱UFJ銀行「バンクイック」の無人契約機「テレビ窓口」の営業時間はわかりましたが、他の申込方法の受付時間はどうなっているのでしょうか?

営業時間
WEB(PC、スマホなど) 24時間365日
※ただしメンテナンス時などを除く
電話 平日 9:00~20:00
土曜、祝日 10:00~18:00
日曜 10:00~17:00
窓口 平日 10:00~15:00

ほかにも郵送という方法がありますが、窓口や郵送はWEBと電話に比較して審査結果の通知まで時間がかかることもあります。
テレビ窓口だけで申込からカードの発行まで終わらすことができますが、事前にWEBや電話から申し込んでカード受取りをするのも可能。

WEBからの申込であれば24時間365日いつでも好きなタイミングでできるので、例えば休みの前日に申込だけを済まし、テレビ窓口が利用可能な10時に店舗へ足を運び、ササッとカード発行を済ませるなんてことができます。

なお、カードを受取るだけだといっても運転免許証の提出は必須となっているので、WEBから手続きをおこなったとしても必要書類などは忘れずに持っていくようにしてください。

テレビ窓口で必要な書類
本人確認書類 ・運転免許証
※健康保険証やパスポートなどではテレビ窓口でカード受取れず、後日郵送になる
収入証明書類 ・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書その1、その2(個人事業者の方)
・確定申告書第1表、第2表
※希望限度額が50万円を超える場合、上記いずれか1点が必要

また、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」ではテレビ窓口の利用が混雑する時間の目安を公開してくれています。
これによると平日なら10時台と15時30分から17時30分の間で、土日祝日だとお昼前と夕方くらいが比較的余裕あることがわかります。
ただしあくまで目安ですので、利用予定のテレビ窓口は1つに絞るのではなく幾つか候補を持っていることも大切かもしれません。

銀行カードローンの中でもトップクラスの低金利

低金利の銀行カードローンの中でも三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の金利がさらに低金利。

2016年7月25日から最低金利が年率4.6%から1.8%まで引き下げが行われたことにより、限度額でもある500万円を年率1.8%の低金利で借入できます。

利用限度額 借入利率
400万円超500万円以下 年1.8%~6.1%
300万円超400万円以下 年6.1%~7.6%
200万円超300万円以下 年7.6%~10.6%
100万円超200万円以下 年10.6%~13.6%
10万円超100万円以下 年13.6%~14.6%

しかし、これを見ても本当に低いのかどうかは判断がつかないと思います。

そこで他行や消費者金融と比較してみました。

限度額 金利(年率)
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 最高500万円 年1.8%~年14.6%
みずほ銀行カードローン 最高800万円 年2.0%~年14.0%
オリックス銀行カードローン 最高800万円 年1.7%~年17.8%
楽天銀行カードローン 最高800万円 年1.9%~年14.5%
じぶん銀行カードローン 最高800万円 年2.2%~年17.5%
横浜銀行カードローン 最高1,000万円 年1.9%~年14.6%
プロミス 最高500万円 年4.5%~年17.8%
アコム 最高800万円 年3.0%~年18.0%
レイクALSA(レイクアルサ) 最高500万円 年4.5%~年18.0%
SMBCモビット 最高800万円 年3.0%~年18.0%
アイフル 最高500万円 年3.0%~年18.0%

みずほ銀行カードローンでは年率2.0%~14.0%(限度額800万円)、オリックス銀行カードローンでは年率1.7%~17.8%(最高800万円)と最低金利が低い銀行カードローンもありますが、最低金利は限度額に近しい借入額でなければ適用されることはありません。

限度額ごとの適用金利を公開してい銀行カードローン4行で500万円までの金利について比較します。

三菱UFJ銀行
カードローン
「バンクイック」
みずほ銀行
カードローン
楽天銀行
カードローン
オリックス銀行
カードローン
100万円未満 年13.6%~年14.6% 年14.0% 年14.5% 年12.0%~年17.8%
100万円超 200万円未満 年10.6%~年13.6% 年12.0% 年9.6%~年14.5% 年6.0%~年14.8%
(100万円超 150万円未満)
200万円超 300万円未満 年7.6%~年10.6% 年9.0% 年6.9%~年14.5% 年5.0%~年12.8%
(150万円超 300万円未満)
300万円超 400万円未満 年6.1%~年7.6% 年7.0% 年4.9%~年12.5%
(300万円超 350万円未満)
年4.5%~年8.8%
400万円超 500万円以下 年1.8%~年6.1% 年6.0% 年4.9%~年8.9%
(350万円超 500万円未満)
年4.5%~年8.8%

例えば、みずほ銀行カードローンで400万円以上500万円以下の場合は年率6.0%が適用されます。

同じ借入額での適用金利を比較した場合、三菱UFJ銀行カードローンでは年率1.8%が適用される可能性もあるため、非常に低金利であることが分かります。

金利幅をもって設定されていますが、これは審査内容によって実質年率を決定。そのため同じ限度額であっても利用内容によっては、低い金利に付け替えられるということもあります。

バンクイックは三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できる!

銀行カードローンを利用するには、その銀行の口座を持っていないと契約ができないというイメージがあるかもしれませんが、実際にはどうなっているのでしょうか。

メガバンクが提供する銀行カードローンで比較しました。

口座開設の有無
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 なし
みずほ銀行カードローン 必要
三井住友銀行カードローン なし
りそな銀行カードローン「プレミアムカードローン」 必要

バンクイックは三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できます。大手メガバンクでは同様に三井住友銀行カードローンも、三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても契約できるようになっています。

三菱UFJ銀行口座がないことのメリットとデメリット

バンクイックを利用するのに必ずしも三菱UFJ銀行の口座は必要じゃないことはわかりましたが、銀行口座がないことでのメリットとデメリットはどのようになっているのでしょうか?

三菱UFJ銀行口座がないことのメリットとデメリット

三菱UFJ銀行口座がないメリット ・申込からカード発行までが非常にスムーズ
・口座がなくても融資返済時の提携ATM利用手数料が無料
三菱UFJ銀行口座がないデメリット ・登録した三菱UFJ銀行口座への振込み融資が不可
・WEB完結することが不可
・返済時の口座振替による自動引き落としが不可

口座がなくてもスピードをもってカードローン利用を開始することができますが、やはり三菱UFJ銀行口座を持っていることで得られるメリットのほうが多くなっています。

時間に余裕があるなら、あわせて口座を新規開設することをおすすめします。

最低返済額は月々2,000円から。余裕ある返済プランが組める

10万円を借入した場合でも、バンクイックでは毎回の返済額を2,000円~と余裕を持った返済プランを組むことができます。

もし、生活費に余裕がある場合は多めに返済することも可能で、むしろ、早期返済がカードローンを上手く活用する上でのポイントにもなります。

▼借入利率が年8.1%超えの方

借入残高額 月々の最低返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~ 残高10万円ごとに2,000円増加

また、限度額の増額などで借入利率が年率8.1%以下にまで引き下がると月々の最低返済額が更に低くなります。

▼借入利率が年8.1%以下の方

借入残高額 月々の最低返済額
10万円以下 1,000円
10万円超~20万円以下 2,000円
20万円超~30万円以下 3,000円
30万円超~40万円以下 4,000円
40万円超~50万円以下 5,000円
50万円超~ 残高10万円ごとに1,000円増加

ただ、適用金利を年率8.1%以下にするには、200万円超の利用限度額が必要になるので初回契約では難しいかも知れません。

メガバンクの安心カードローン

三菱UFJ銀行は日本屈指の大手銀行であることから、カードローン利用も安心です。

スピーディな審査を担っているのは、実は、消費者金融のアコムとなります。

banquic_jyoken
※三菱UFJ銀行カードローンHPより

同じ三菱UFJフィナンシャルグループでもあるので一部の業務はアコムに委託されています。

業界トップクラスのアコムの審査スピードがそのまま銀行カードローンでも適用。

三菱UFJ銀行カードローン

ただ、銀行の審査基準は高くなると言われており、一度、審査申し込みすると信用情報機関に履歴が残ります。

もし、早く借りたいけど審査が不安と言う場合には同グループのアコムに申し込むのも一つの方法です。

アコムなら初回30日の無利息期間も受けられるので利息の節約もでき、返済実績を積み上げてから銀行カードローンに申し込むのもおすすめです。

口座があればWEB完結で契約可能

三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できるバンクイックですが、口座振込や口座振替などでキャッシングをスムーズに行いたい場合は口座開設されてからの利用がおすすめ。

三菱UFJ銀行の口座があればWEB完結で申し込むのも1つの方法ですが、勤務先や自宅への連絡が行われます。

どうしても勤務先や自宅への電話連絡は避けたいという方であれば、三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があれば利用できるSMBCモビットのWEB完結なら電話・郵送物なしで契約することができます。

社会保険証または組合保険証が必要になりますが、社員で働かれている方であれば決してハードルは高くないと考えられます。

今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

無人契約機の時間

平日 土曜 日曜 祝日
9:00~20:00 10:00~18:00 10:00~17:00 10:00~18:00

※設置場所によっては、ご利用時間が異なる場合があります。
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのクチコミ

男性 38歳
土日にしか休みがなくてお金を借りれる業者も消費者金融にしようかと悩んでいたとき、バンクイックなら土日でも契約できると知りました。
消費者金融よりも低金利で、借りれるとなると使わない理由がないという感じです。
プロミスの24時間振込サービスの「瞬フリ」には魅力を感じましたが、カードローン初心者なのでメガバンクから使い始めました。
ほとんどが月末の小額借入(短期間)なので、あまり低金利のメリットを得られているような気もしませんが、安心感には変えられません。
次はプロミスの「瞬フリ」を活用も視野に、バンクイックとの使い分けをしていきたいと考えています。

バンクイックの詳細

基本情報

商品名 バンクイック
実質年率 1.8%~14.6%
借入限度額 最高500万円
審査時間 -
融資スピード -
お試し審査 あり
対応コンビニ セブンイレブン ローソン イーネット
申込方法 WEB 電話 契約機

申込条件

申込資格 年齢が満20歳以上65歳未満で、国内に居住し、原則安定した収入があり、保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方
必要書類 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポート等) 収入証明書(利用限度額が50万円超の場合)
担保・保証人 不要

利用方法

借入方法 ATM、口座振込
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済日 35日ごとの返済・毎月指定日返済から選択
返済方法 自動支払い、ATM、銀行振込

会社概要

会社名 株式会社三菱UFJ銀行
設立 1919年(大正8年) 8月15日
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中