カードローンの無利息期間は短期返済の強い味方!賢い使い方を解説

更新日:2020/08/03

カードローンをお得に使いたいなら、大手消費者金融カードロ-ンの無利息期間を活用しましょう。

大手消費者金融カードローンは、金利は高めに設定されている代わりに、お得な無利息期間が利用できます。

特に短い期間で返済する計画を立てているのなら、必ず活用したいサービスです。

この記事では、それぞれの消費者金融が行っている無利息期間と、上手な使い方について解説します。

無利息期間のあるカードローンを探している人や、その上手な使い方を知りたい人は是非最後まで読んでください。

この記事の執筆
高山 てつや 氏
カードローンと契約したことのある僕だからこそ、みなさんに伝えられることがあるはず!
そんな思い込めて、アトムくんの記事を執筆しています。
この記事の監修
編集長:タナカコウイチロウ 氏
3級FP技能士。
親の借金で一家離散した後、奨学金で大学進学。
借金の酸いも甘いも知るオトコ。

半年以内の返済計画なら30日の無利息期間を使わなきゃ損

はっきりとお伝えさせていただきます。

半年以内に借入金を完済する予定があるのなら、無利息期間を利用しない手はありません。

なんなら、消費者金融と比較して低金利と言われている銀行カードローンを利用するよりも、無利息期間のある消費者金融のカードローンを利用する方がお得なケースもあるんです。

10万円を2万円ずつ返済するシミュレーションで比較

銀行カードローンの中でも上限金利の低いみずほ銀行カードローンと、初回借入日の翌日から最大30日間の無利息期間があるプロミスで比較してみましょう。

両者とも、上限金利借りた10万円を、2万円ずつ返済していく返済計画でシミュレーションします。

返済回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 合計
プロミス
(実質年率17.8%)
返済額 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000 3,098 103,098
利息 0 1,186 907 624 336 45 3,098
残高 80,000 61,186 42,093 22,717 3,053 0 0
みずほ銀行カードローン
(実質年率14.0%)
返済額 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000 3,649 103,649
利息 1,166 946 724 499 272 42 3,649
残高 81,166 62,112 42,836 23,335 3,607 0 0

単位:円

ご覧いただければわかるように、半年間かけて10万円を返済する場合、金利14.0%のみずほ銀行カードローンよりも、金利17.8%で無利息期間のあるプロミスの方が、支払う利息は少なくなりました。

半年以内で返済できる場合、無利息期間を使わなければ損をしてしまうのです。

では、次の項目では便利な無利息期間があるカードローンの中から、おすすめカードローンを6つ紹介します。

無利息期間のあるカードローン【おすすめ6選】

無利息期間があるカードローンの中でも、おすすめのカードローンを6つご紹介します。

  1. プロミス
  2. アコム
  3. レイクALSA
  4. アイフル
  5. ジャパンネット銀行カードローン
  6. ノーローン

では、それぞれ詳しく解説していきます。

プロミス

金利 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
申込条件 年齢20~69歳の本人に安定した収入のある人。
主婦・学生やパート・アルバイトの人でも安定した収入があれば利用可能。
無利息期間 初回借入日の翌日から30日間無利息。

大手消費者金融のプロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供する人気の金融商品。

無利息期間は初回借入日の翌日から30日間となっているので、利用開始まで特典がなくなることはありません。

僕が実際にプロミスで借入をしてみた際には、ちゃんと借入翌日から無利息期間が始まっていました。

また、申込から契約完了までが約1時間40分ほどで、即日融資も可能。

借入を急いでいる人にもおすすめのカードローンです。

アコム

金利 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
申込条件 年齢20歳以上の安定した収入と返済能力を有する人で、アコムの基準を満たす人。
無利息期間 初回契約日の翌日から無利息。

全国の利用者数が一番多い大手消費者金融アコム。

契約の翌日から最大30日間無利息で利用できるのはもちろん、在籍確認の電話連絡を書類に切り替えてくれる点も嬉しいポイントです。

無利息期間は契約日の翌日からなので、契約と同時に融資を受ける場合でなければ、無利息期間を無駄にしてしまう可能性があるので注意が必要。

レイクALSA

金利 4.5%~18.0%
利用限度額 500万円
申込条件 満20歳~70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)
無利息期間 下記のいずれか(併用不可)

  1. 初回契約日翌日から30日間無利息
  2. ネットからの申込で初回契約日翌日から60日間無利息※
  3. 借入額のうち5万円まで180日間無利息※

※契約額1万円~200万円の方のみ対象

レイクALSAには選べる無利息期間があります(詳しくは以下の記事をご覧ください)。

60日間の無利息特典はWebからの申込み限定で選択可能なので、自動契約機や郵送で契約した場合は選択できません。

また、極度額が200万円を超える場合は、自動的に30日間無利息が適用されます。

30日、60日、180日いずれの無利息期間も、併用不可となっています。

豊富な無利息期間から自分に適したものを選んで利用できるのがレイクALSAならではのメリットです。

アイフル

金利 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
申込条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人で、アイフルの基準を満たす人
※アイフルと取引中、70歳になった時点で融資は停止されます。
無利息期間 初回契約日の翌日から30日間無利息

大手消費者金融のアイフルは、初回契約日から30日の無利息期間がある大手消費者金融カードローンです。

大手消費者金融の中では唯一、銀行のグループとならず、独立系消費者金融として経営を続けています。

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

金利 1.59%~18.0%
利用限度額 1,000万円
申込条件 次の条件をすべて満たす人

  1. 申込時の年齢が20歳以上70歳未満の人
  2. 仕事をしていて安定した収入のある人
  3. ジャパンネット銀行に普通預金口座を持っている個人
  4. 一定の基準を満たし、保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる人
無利息期間 初回借入日から30日間無利息

ジャパンネット銀行のカードローンには、初回借入日から30日間無利息になるサービスがあります。

「銀行カードローンなのに無利息期間があるなんてお得!」と思ったかもしれませんが、金利の基準に関しては、消費者金融とほとんど同じであることを見逃さないように。

特筆すべきは最大1,000万円という利用限度額の高さです。

また、ネットキャッシングと契約するにはジャパンネット銀行の口座開設をする必要があります(申込と同時に口座開設も可能)。

ノーローン

金利 4.9%~18.0%
利用限度額 300万円
申込条件 20歳から79歳までの安定した収入があり、ノーローンの基準を満たす人
(パート・アルバイト・主婦の人でも安定した収入がある場合申込可能です。)
無利息期間 借入した最初の1週間は無利息。全額返済した翌月以降も1週間無利息。

ノーローンは、何度でも1週間無利息というのが売りの新生銀行が提供する金融商品です。

金利は大手消費者金融と同基準ですが、利用限度額は300万円と少し低めに設定されています。

ノーローンはこれまで紹介した一時的に無利息期間があるカードローンとは違って、利用中は条件を満たせばずっと無利息期間があるカードローンです。

給料日や家賃の支払い日など、すぐには解決できない問題に関してはノーローンを活用しましょう。

6つ無利息サービスを比較してみた

先に紹介した無利息期間のあるカードローンでそれぞれの金利と、無利息期間の条件を比較する表を作ってみました。

カードローン名 無利息期間の条件 どんな人におすすめか
プロミス 初回借入日の翌日から30日間無利息
  • ・借入から30日以内に全額返済できる人
  • ・必要な時のために借入の手段を持っておきたい人
ジャパンネット銀行カードローン 初回借入日から30日間無利息
アコム 初回契約日の翌日から30日間無利息 借入から30日以内に全額返済できる人
アイフル 初回契約日の翌日から30日間無利息
レイクALSA 下記のいずれか(30日間・60日間・180日間の無利息期間は併用不可)

  1. 初回契約日翌日から30日間無利息
  2. ネットからの申込で初回契約日翌日から60日間無利息※
  3. 借入額のうち5万円まで180日間無利息※

※契約額1万円~200万円の方のみ対象

  • ・借入から60日以内なら全額返済できる人
  • ・借り入れる金額が5万以内の人
ノーローン 借入した最初の1週間は無利息
全額返済した翌月以降も1週間無利息
毎月1週間借入が必要になる人

つづいて、この表を元にそれぞれの無利息期間の上手な使い方について解説していきます。

無利息期間が初回借入からだと自分のタイミングで利用できる

プロミスやジャパンネット銀行カードローンのように、無利息期間が初回借入日の翌日から適用される場合、予めカードローンと契約をしていても、借入をしない限り無利息期間が消費されません。

そのためすぐに借入をしない人は、初回借入日から無利息期間が適用されるプロミスを利用した方が良いでしょう。

例えば友人の結婚式がいくつも重なった月があれば、生活費が足りなくなる可能性がありますよね。

そんな時のために、面倒な審査や契約は先に済ませておけば、借入当日にバタバタしなくて良いわけです。

無利息期間が初回借入日に応じて決定される場合は、いつ契約するかを気にする必要はありませんからね。

無利息期間が長いと余裕を持って返済できる

「30日以内に借りた分を全部返済するのは難しい・・・」

30日以内に借入予定の金額の全額返済が厳しい場合は、レイクALSAの無利息期間を利用するのがおすすめです。

レイクALSAならネット申込から200万円以下の借入で、60日間無利息のサービスが利用可能。

60日の無利息期間の間にボーナスがあればそれを利用したり、2回分の給料を合わせて返済したりと柔軟な返済計画を立てられます。

給料日の直前に支払い日が重なる人ならノーローン

クレジットカードの引き落としが給料日の直前だったり、家賃の振込が給料日の1週間前だったりすると、支払い日にお金がない可能性もありますよね。

そんな状況の人には、毎月1週間無利息のノーローンがおすすめです。

借入から1週間は無利息で、完済すれば翌月以降も借入から最初の1週間は無利息となります。

毎月上記のような日程のズレで給料日前は生活が苦しいという人は、ノーローンを利用すれば抜け出せるかもしれません。

カードローン会社はなぜ無利息期間を設けているのか

無利息期間を上手く利用すれば、一切金利を支払わずにカードローンを利用できます。

しかし、そんな使い方ばかりされてはカードローン会社に利益はありません。

「じゃあカードローン会社は、なぜ無利息期間を設けているの?」と思いませんでしたか?

その答えは、”新規顧客を獲得するため”です。

実際に僕もプロミスを利用したことがあるのでわかるのですが、カードローンはお金を借りているという感覚がなくなるほど簡単に借入できます。

ローンカードを提携ATMに入れれば、自分の銀行からお金をおろすのと同じように、簡単にお金が出てくるのです。

そのため、初めは無利息期間だけ使うつもりでも、あまりの便利さに「無利息期間を過ぎても持っておこう」と思う人が多いはず・・・。

身近なサービスに例えると、Amazon PrimeやNetflix、Apple musicなどの配信サービスで30日間無料トライアルがあるのと同じ感覚ですね。

カードローンでも無利息期間が過ぎれば、当然通常の金利がかかります。

なので、無利息期間を過ぎた後も利用を続けてもらえれば、カードローン会社の利益となるのです。

次の項目では、無利息期間の上手な使い方について解説します。

無利息の上手な使い方を紹介

無利息期間を最大限活用するために一番大切なのは返済計画です。

返済計画がないとダラダラと利用を続けてしまって、多くの利息を支払うことになりかねないため注意が必要です。

借入金額を全額返済する目処をしっかり立ててから、自分が現在抱えているお金の問題を解決していきましょう。

「結婚式が重なって・・・」
「急に入院しちゃって・・・」

上記のような一時的な問題に関しては、30日間か60日間の無利息期間があるカードローンがおすすめ

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 在籍確認の要望を相談OK!

  • 最短60分融資で借りられる
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    約200の銀行に即日キャッシング!
  • 初回契約なら 借入から30日間無利息
    契約だけでも無利息期間が無駄にならない

  • 2020年 オリコン顧客満足度調査
    ノンバンクカードローン 第1位
プロミスが初めての方は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

新生フィナンシャル レイクALSA(レイクアルサ)

新生フィナンシャル レイクALSA(レイクアルサ)

実質年率 4.5%~18.0%
※遅延損害金(年率):20.0%
限度額 500万円
審査時間 申し込み後最短15秒
  • WEB申込で最短60分融資もOK
  • WEB申込で最短15秒審査回答
  • 全国の主要な200金融機関で24時間振込み融資可能
  • 初めての方ならWEB申込限定で60日間の無利息特典(契約額200万円まで)
  • カードレス契約なら契約時の郵送物なし!
「毎月給料日5日前に家賃の支払いがある」

などの長期的な問題に関してはノーローンの毎月1週間無利息がおすすめです。

無利息期間をうまく活用してカードローンを利用するなら、以下2つのことを心掛けてください。

  1. 返済の目処を立ててから借り入れる
  2. 借入は必要最小限に留める

また、それぞれの公式サイトにある返済シミュレーションを活用するのもおすすめです。

無利息期間を過ぎてしまった時にかかる返済金額を見ると、無利息期間中に返済するぞというモチベーションアップに繋がるかもしれません。

まとめ

無利息期間のあるカードローンだけでなく、無利息期間を常に受けられるノーローンのようなカードローンもあります。

長期的に利用するつもりの人は、ノーローンのような無利息期間を利用するのも良いかもしれません。

また、カードローン会社が行っている無利息期間を見る際は、適用期間をしっかり確認しましょう。

無利息の適用期間が初回契約日からなのか、初回借入日からなのかで大きく違いますからね。

執筆者からのコメント

高山 てつや

なんだか得した気分になる無利息キャンペーン。
ただ、無利息だからといって必要以上の借入はやめておきましょう。

無利息期間中に借りたお金でも、無利息期間を過ぎれば利息がつくのですから。

監修者からのコメント

タナカコウイチロウ

カードローンの無利息期間中に多めに返済すれば、それだけで利息負担を大きく減らすことができます。

無利息期間がスタートするタイミングが異なるので、実際にお金が必要になる直前までにプロミスと契約しておき、いざ必要なタイミングで借入をし、無利息期間をフル活用するのがおすすめです。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 在籍確認の要望を相談OK!

  • 最短60分融資で借りられる
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    約200の銀行に即日キャッシング!
  • 初回契約なら 借入から30日間無利息
    契約だけでも無利息期間が無駄にならない

  • 2020年 オリコン顧客満足度調査
    ノンバンクカードローン 第1位
プロミスが初めての方は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 審査次第では書類による在籍確認も相談可能

  • 申込から最短30分で審査回答
  • 全国各地に設置された自動契約機(むじんくん)で契約OK
  • 初回契約から最大30日間無利息
  • 楽天銀行口座に24時間365日最短1分の振込融資

新生フィナンシャル レイクALSA(レイクアルサ)

実質年率 4.5%~18.0%
※遅延損害金(年率):20.0%
限度額 500万円
審査時間 申し込み後最短15秒
  • WEB申込で最短60分融資もOK
  • WEB申込で最短15秒審査回答
  • 全国の主要な200金融機関で24時間振込み融資可能
  • 初めての方ならWEB申込限定で60日間の無利息特典(契約額200万円まで)
  • カードレス契約なら契約時の郵送物なし!
レイクALSAの貸付条件
ご融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方)で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数 最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等
※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要
発行会社 新生フィナンシャル株式会社
貸金業者登録番号 関東財務局長(9) 第01024号
日本貸金業協会会員第000003号