派遣社員がカードローンを利用するための在籍確認攻略法

更新日:2020/12/03

「派遣社員でもカードローンを利用できるの?」

「職場に電話連絡があるって聞いたけど、電話が入るのは派遣元?派遣先?」

派遣社員の方がカードローンの利用を検討するとき、多くの悩みや不安を抱えていることと思います。

中でも在籍確認でお悩みの方が多いのではないでしょうか。

この記事では、派遣社員さんがカードローンを利用する前に知っておきたい知識を、在籍確認中心にまとめました。

ではまず、派遣社員ならではの在籍確認に関する注意点を確認しておきましょう。

この記事の監修
編集長タナカコウイチロウ 氏
2級FP技能士
借金の酸いも甘いも知る男。

在籍確認の攻略法

在籍確認の電話は、カードローンの会社名ではなく、審査担当者の個人名でかかってきます。

カードローンに関することは一切言わず「○○さん(カードローンの申込者)いらっしゃいますか?」と聞いてくるだけです。

さて、派遣社員だからこそ気を付けるべき在籍確認の3つのポイントを確認しておきましょう。

  • 本人が出なくても在籍が確認されればOK
  • 在籍確認が入るのは派遣元
  • 在籍確認が困難な場合はあらかじめ相談しておく

それぞれのポイントを解説していきます。

在籍確認は本人が出なくてもOK

必ずしも、申込者本人が在籍確認の電話に出る必要はありません。
申込者本人がその場にいなくても、本人が在籍しているのが確認できれば在籍確認は終了するからです。

たとえ電話に出た人が、「今席を外しています」「本日はお休みをいただいています」でも在籍確認は完了です。

在籍確認が入るのは派遣元

在籍確認の電話をかけてもらう先は、原則派遣元の会社になります。
派遣社員が在籍しているのは、派遣先ではなく派遣会社だからです。

あらかじめ、派遣元の会社に在籍確認があることを伝えておきましょう。

電話に出たスタッフが、あなたが派遣登録されていることに気付かずに「○○はいません」と答えると、審査に落ちてしまうからです。

派遣元には在籍確認を伝えておく

派遣元の会社へ事前に在籍確認があるのを伝えておけば、登録スタッフが多くてもスムーズに在籍確認が完了します。

とはいえ、「カードローンの在籍確認があります」とは言いたくないですよね。

そういうときは、「クレジットカードの在籍確認があります」と伝えてください。

事実、クレジットカードに申込んだときも在籍確認される場合があるため、それ以上怪しまれることはないはずです。

「在籍確認について伝えたくない!」という方もいると思いますが、実際問題、最近は派遣元が在籍確認に応じないケースが増えているんです。

派遣元が在籍確認に応じないケースとは

最近は個人情報保護の観点から、派遣元が在籍確認に応じてくれない場合も多くなっているんです。

もしも電話での在籍確認が難しいようなら、申込後すぐにカードローン会社に連絡しましょう。

在籍確認が困難な場合はカードローン会社に相談

申込後すぐにカードローン会社に連絡すれば、在籍確認について相談できる可能性があります。

たとえば、アコムなら相談を受ければ電話の代わりに書類で在籍確認してくれる可能性があるんです。

派遣元が在籍確認に応じてくれない場合でも、あらかじめカードローン会社に連絡しておけば、安心して申込めますよね。

では次に、派遣社員がカードローンに申込むときに気を付けたい審査について解説していきます。

派遣社員も共通!カードローン審査の内容とは

カードローンの審査でチェックされるのは、安定した収入と信用情報の2点です。

カードローンの審査は安定した収入と信用情報がポイント
それに加えてカードローン会社ごとの利用条件を満たしているのが必須条件です。

まずはカードローン会社の利用条件を確認しておきましょう。

カードローン会社の利用条件を確認

大手消費者金融カードローンの利用条件を以下にまとめました。

消費者金融名 利用条件
アコム 20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有する人でアコムの基準を満たす方。
SMBCコンシューマーファイナンス/プロミス 20歳~69歳の本人に安定した収入のある方。
※主婦や学生でもパート、アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。
新生フィナンシャル/レイクALSA(アルサ) 新規で申し込む方、満20歳~70歳以下の国内居住の方、かつ原則安定した収入がある方。
※パート、アルバイトで収入のある方も可。
SMBCモビット 満20歳~69歳以下の安定した定期収入のある方。
※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方もSMBCモビットの基準を満たす方であれば利用可能です。
アイフル 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。
※お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資は停止となりますのでご注意ください。

いずれの大手消費者金融カードローンでも、派遣社員は借入不可、とは記載されていません。
派遣社員でもカードローンの利用が可能です。

金融機関のいう安定した収入とは

審査通過のポイントとなる安定した収入とは、毎月同じくらいの金額の収入を得ている状態を指します。


収入の多さではなく、金額に変動がないことや継続性が重視されるのを覚えておきましょう。

また安定した収入を得ている状態かを確かめるために行われるのが、在籍確認です。

在籍確認は、職場にカードローン会社から電話がかかってきて行われます。
申込者が申請した勤務先にきちんと在籍していて、実際に毎月収入を得ているのかどうかを確認するために、電話連絡で在籍確認をするのです。

派遣会社に登録しているだけはNG

派遣社員でも、派遣会社に登録しているだけでは審査落ちします。
登録だけで実際に派遣されて働いていないと無収入のため、安定した収入を得ている状態ではないからです。

派遣先で勤務している状態なら問題ありません。

信用情報とは

カードローンの審査では、信用情報もチェックされるポイントのひとつです。

信用情報とは、過去に金融取引したデータの記録のことで、個人信用情報機関に保管されています。

信用情報機関の保管情報のイメージ

申込者に貸し倒れのリスクがないかどうかを確認するために、過去の取引履歴である信用情報がチェックされるのです。
延滞や債務整理などの金融事故などが信用情報にあれば、審査落ちの可能性が高いでしょう。

信用情報上で問題がなければ、派遣社員でも審査に通ります。

派遣社員がカードローンに申込むときの注意点

申込時、以下のポイントに注意しておきましょう。

  • 金額は少な目で申込む
  • 収入証明書が必要な場合がある
  • 大手消費者金融カードローンを選ぶ

金額は少なめで申込む

借入希望金額は少なめで申込みをしましょう。
というのもカードローンの審査は、支払い能力があるか、計画的に返済できるかを重視して行われるからです。

派遣社員は正社員よりも雇止めや契約満了などのリスクがあるため、借入希望金額を少なくすることで、計画的な返済ができることをアピールできます。

銀行カードローンの場合、中には派遣社員の契約額を一律10万円としている地方銀行のカードローンもあるくらいです。

収入証明書が必要な場合も

派遣社員がカードローンに申込む場合、収入証明書が必要な場合があるので準備しておきましょう。

派遣社員は勤続年数が長くても派遣先によって収入のばらつきがあるので、直近の収入を確認するために収入証明書が求められる可能性があるからです。

収入証明書の例

収入証明書となる書類は以下の通りです。

  • ・源泉徴収票
  • ・市民税、県民税額決定通知書
  • ・所得証明書
  • ・直近2ヶ月分の給料明細書
  • ・確定申告書、青色申告書、収支内訳書 など

書類に不備がないのも、スムーズな審査通過の重要なポイントです。
事前に収入証明書となる書類を用意しておくと安心ですね。

どうしても借りたいなら大手消費者金融カードローンがおすすめ

銀行カードローンの方が消費者金融に比べて金利も低く魅力的ですが、その分だけ貸倒のリスクが高く審査通過は厳しくなっています。

とくに2017年以降、銀行カードローンの審査が厳しくなっていて、地方銀行のカードローンの中には派遣社員が利用できない銀行カードローンもあります

一方、大手消費者金融は審査通過率40%を超えるカードローンもあるのが魅力
大手消費者金融のカードローンは銀行カードローンよりも金利は高いですが、すぐに完済すれば大きなリスクはありません。

だからこそ審査通過の可能性が高い、大手消費者金融のカードローンをおすすめします。

まとめ

派遣社員でも、安定した収入があり信用情報に傷がなければ、カードローンの借入は可能です。
審査に確実に通過するためには、在籍確認の対応が重要になります。
必要に応じて派遣元に連絡しておいたり、カードローン会社に相談したりといった対策をしておきましょう。

ほかにも、借入希望額は低めにする、収入証明書を用意しておく、大手消費者金融のカードローンにする、などの対策をしておけば、派遣社員でもカードローン審査通過は十分可能です。

在籍確認に関する相談ができるアコムなど、派遣社員でも利用しやすいカードローンを上手に活用しましょう。

監修者からのコメント

タナカコウイチロウ

派遣社員の在籍確認は、基本的に派遣元に電話が入ります。

ただ、派遣登録はしていても、派遣先が決まっていない場合も考えられるため、審査の内容によっては派遣先にも電話が入る場合があるようです。

電話連絡が不安な方は、あらかじめ在籍確認の相談ができるアコムの利用がおすすめですよ。

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 審査次第では書類による在籍確認も相談可能

  • 申込から最短30分で審査回答
  • 全国各地に設置された自動契約機(むじんくん)で契約OK
  • 初回契約から最大30日間無利息
  • 楽天銀行口座に24時間365日最短1分の振込融資

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 在籍確認の要望を相談OK!

  • 最短30分融資で借りられる
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    約200の銀行に即日キャッシング!
  • 初回契約なら 借入から30日間無利息
    契約だけでも無利息期間が無駄にならない

  • 2020年 オリコン顧客満足度調査
    ノンバンクカードローン 第1位
プロミスが初めての方は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

SMBCグループ SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 10秒簡易審査
※ネット申込の場合
  • WEB完結申込なら郵送物・電話連絡なし!
    だから誰にも内緒で借入できる!

  • WEB申込なら10秒簡易審査
  • カードローンとクレジットカードとTカード
    3つが1つになったTカードプラス!
  • ローン申込機なら最短即日でカード発行
  • 安心のSMBCグループのカードローン会社