アルバイトがカードローン申込する前に知りたい審査ポイント

更新日:2020/01/20

「アルバイトで生計を立てている僕でもカードローンの審査に通るのだろうか・・・」

結論から言うと、アルバイト歴3ヶ月の僕でも、プロミスのカードローンと契約できたんです。

正規雇用の人も、アルバイトやパートといった非正規雇用の人も、借りたお金を返せるだけの安定した収入があれば、カードローンでお金を借りられます。

この記事では、アルバイト歴3ヶ月の僕がカードローンの審査に通過したときの実体験から、アルバイトがカードローンの審査に通過するためのポイントを解説していきます。

この記事の執筆
高山 てつや 氏
京都市在住のフリーライター。
ライターとしてプラスワンにアルバイト勤務しながらフリーライターとしても活動中。
前職は楽器専門店での接客と音楽教室の受付、ウクレレとギターの講師。
自分の現在の属性(低年収、低居住年数、低勤続年数)でもカードローンの審査に通るのか試してみました!
体当たりな取材でみなさんのカードローンに対する不安や悩みを解決します!

アルバイト歴3ヶ月の僕がプロミスからお金を借りた流れ

当時アルバイト歴3ヶ月だった僕が、プロミスのカードローンと契約したときの流れを、かんたんに紹介しておきます。

手順 内容 詳細
1 公式サイトから申込み プロミスの公式サイトにアクセスして申込み
2 本人確認書類の提出 本人確認書類をスマホで撮影してアップロード
3 在籍確認の電話 勤務先に個人名で在籍確認の電話がかかる
4 審査結果の通知 審査結果と借入限度額を伝えるURLの書かれたメールが届く
5 借入方法の選択 口座振込かスマホATM、プロミスカードのいずれかを選択
6 契約 キャッシングができる状態に

公式サイトにアクセスしてプロミスに申込んでから、契約が成立するまでにかかった時間は、約1時間40分でした。

当時僕の状況はご覧の通り。

雇用形態 アルバイト
勤続年数 3ヶ月
年収 96万円
居住区分 賃貸
居住年数 1ヶ月

どちらかと言えば、安心してお金を貸せる相手ではなさそうですよね・・・。

しかし、それでも僕は、プロミスのカードローン審査に通過することができたんです。

もしこの記事を読んでいるアルバイトの方が、どこのカードローンを使うか迷っているのなら、アルバイト歴3ヶ月の僕でも借入できたプロミスをおすすめします。

プロミスと初めて契約する方なら、借入から30日間の無利息特典があるので、プロミスからお金を借りた翌日から30日以内に完済できれば利息は一切かかりません。

無利息期間を有効活用して、計画的にカードローンを利用しましょう。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    約200の銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
プロミスが初めての方は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

では続いて、僕自身も借入前に最も心配していた、カードローン審査について見ていきます。

カードローン審査で最も大切なのは信用

カードローン審査で最も大切なのは信用です。

なぜなら、お金を貸してくれる消費者金融も銀行も、貸したお金を返してくれそうな信用のある人にしかお金を貸したくないから。

って、当然ですよね。

では、カードローンでお金を借りるために、どうやって自分の信用力を金融機関に伝えればいいのでしょうか。

その答えは、収入の安定性クレジットヒストリーです。

ポイント(1)収入の安定性

利用する金融機関に関わらず、カードローン審査の主な評価ポイントは申込者の収入の安定性です。

安定した継続収入があることは、返済能力の高さの証明となるからです。

安定収入とは、勤務先から定期的にもらう給与所得や、自営業や農林水産業などによる定期収入などを指します。

なお、収入が高いことと安定していることは別問題です。

プロミスと契約した当時の僕は、年収100万円を切っていたのですが、アルバイトとして3ヶ月間、毎月一定額の収入を得ていたことは間違いありません。

毎月一定額の収入を継続して得ているのなら、自信を持ってください。

収入の高さは借入限度額と関係する

たとえ高収入でなくても、安定して収入を得られているのなら、カードローンと契約できる可能性が高いです。

しかし、カードローンでいくら借入できるのかは、収入の安定性だけでなく、収入の高さも関係してきます。

なぜなら貸金業法という法律で、貸金業者が利用者に貸してもいい金額は利用者の年収1/3までと決められているからです。

実際に僕がプロミスと契約したときも、年収96万円の1/3にあたる32万円が借入限度額に設定されました。

なお、利用者が他社からもお金を借りている場合、その金額も含めて年収の1/3までと決まっています。

このルールを総量規制と言います。

総量規制のことを知らずに、年収の1/3以上の金額を希望してカードローンに申込むと、「無計画にカードローンを利用しようとしている人だ」と判断されてしまうでしょう。

なお貸金業者ではない銀行も、総量規制と同じレベルの限度額規制を行っていることが、全国銀行協会の調査で明らかになっています。

年収の1/3以上の金額を希望して申込むことは、信用を欠く行為になってしまうので、借入希望額は年収の1/3までにおさえておいてください。

無職とみなされる職業がある

次のような職業の方は、無職とみなされてしまうためカードローンの審査通過は難しくなります。

  • 学生
  • 専業主婦
  • 失業保険受給者
  • 生活保護受給者

※生活費が一生涯給付される年金受給者は、失業保険や生活保護受給者と違いほとんどのケースで安定収入があるとみなされます。

カードローン審査では、利用者自身に収入がなければ審査通過は厳しくなります。

例えばクレジットカードの場合、世帯収入があれば申込者本人が専業主婦や学生であっても契約できますが、カードローンは無職と判断される申込者は契約できないことが多いのです(一部のカードローンでは学生や専業主婦でも利用できるコトがあります)。

しかし、学生や専業主婦、失業保険受給者、生活保護受給者であっても、パートやアルバイトによる収入があればカードローン審査では無職とはみなされません。

勤務期間や年収によって利用限度額が減額されたり、適用金利が高くなったりする可能性はあるものの、なんらかの給与所得があれば審査通過が期待できるのがカードローンの特長なのです。

カードローンはパートやアルバイトでも申し込みできる

ポイント(2)良好なクレジットヒストリー

銀行や消費者金融が申込者を審査するときには、かならず申込者のクレジットヒストリーを照会して申込者の信用力を評価します。

クレジットヒストリーとは、簡単にいえばローンやクレジットの利用歴のこと。

わたし達のクレジットヒストリーは個人信用情報機関と呼ばれる場所に記録されていて、加盟金融機関がいつでも確認できるようになっているのです。

信用情報機関の保管情報のイメージ

記録された個人信用情報の中に、以下の5項目が記されてあれば、カードローンの審査に落ちる可能性が高いと考えてください。

  1. 他社で延滞経験がある
  2. ローンやクレジットの異動歴がある
  3. 他社の借入件数や残高が多い
  4. 直近の申込件数が多い
  5. クレジットヒストリーが白紙である

他社の借入件数や残高、直近の申込件数が多いコトは、「相当困窮している」「他社で十分な信用を得られていない」などのマイナスイメージに繋がります。

借入件数や申込件数などが多いからといって即刻審査を打ち切られてしまう危険性はないでしょう。

しかし、申し込みが立て続いている人は、審査通過率を上げるためにも6ヶ月以上間を空けて次のカードローンに申し込みましょう。

また、俗にスーパーホワイトと呼ばれるクレジットヒストリーが白紙の人も要注意です。

現金主義の方に多いスーパーホワイト。

実はこの現象、過去に自己破産や民事再生などをしたために金融商品が使えなくなっている人も同様に起こり得る現象なのです。

そのため金融機関は「スーパーホワイトの申込者=何か訳ありの申込者なんじゃないのか!?」と疑わざるを得ません。

皮肉ですが、過去に何らかのローンやクレジットを利用している人の方がカードローンの審査率は上がります。

ちなみに、クレジットヒストリーに記録される一番身近で手軽な取り引きは、携帯代金の分割払いです。

分割払いならクレジットカードやカードローンのように特別なカードを作らなくても利用できるので、現金主義の方でも取り入れやすいのではないでしょうか。

異動情報がある場合カードローン審査の通過は難しい

ローンやクレジットの滞納が61日あるいは3ヶ月以上続いているときや、申込者が自己破産したときには、それらの内容が異動情報という項目で記録されます。

金融事故のイメージ

異動情報に記録がある申込者は信用力が著しく欠如しているとみなされるため、カードローン審査に通過する可能性はまずありません。

反対に、クレジットヒストリーの内容が良好であれば、パート・アルバイトでもカードローン審査通過率がアップし、より有利な条件で契約内容を結べるようになります。

良好なクレジットヒストリーのポイントは、ローンやクレジットの未払がないことや、他社との契約額が年収に見合った金額であること、他社と長期間に渡って良好な契約を続けられていること、などです。

カードローンの審査システムは消費者金融も銀行も同じ仕組み

カードローンには、主に消費者金融カードローンと銀行カードローンの2種類があります。

いずれのカードローンでも主な審査基準は安定した収入があるかどうかなので、安定収入さえあれば正規雇用ではないアルバイトでもお金が借りられます。

銀行カードローンは銀行が単独で発行しているわけではなく、保証会社という名目でノンバンクの金融機関がバックに付いています。
保証会社とは、利用者が返済できなくなった場合に銀行に弁済してくれる会社のこと。
そのため、銀行カードローンでは審査の一部は銀行側で行われますが、審査通過の可否に関わる審査の大部分はノンバンクの保証会社によって実施されます。

カードローンにおける保証会社と銀行の関係

カードローンの審査はスコアリングシステム

消費者金融カードローンの審査と銀行カードローンの保証会社の審査は、いずれも「スコアリングシステム」と呼ばれる方式で進められます。
スコアリングシステムでは申込者の信用力をマニュアルに沿って点数化して審査結果を導き出すため、早ければ数分で審査結果が出せます。

審査基準にも大差はない

消費者金融と銀行のカードローン審査システムは、両者に大きな違いはありません。

では、審査基準についてはどうでしょうか?

銀行が直接審査をするプロパー融資の場合は、貸倒れの可能性があれば審査は通過しません。

しかし、保証会社付きのカードローンでは、利用者が3ヶ月以上延滞すると保証会社が保証履行(代位弁済)を実施してくれるため、貸倒れの心配がありません。

銀行にはまったくリスクがない銀行カードローンでは、保証会社の審査結果が契約するかどうかの要ということになります。
保証会社の審査基準は自社で直接融資するときと同じレベルなので、消費者金融と銀行とのカードローンの審査基準は実質的には同じといえるでしょう。

アルバイトも在籍確認は必須

消費者金融のカードローンも銀行カードローンも、審査の際に在籍確認は必須です。

在籍確認とは、申込者が本当に安定した収入を得ているのかどうかを確認するための審査項目。

金融機関が申込者の勤務先に電話連絡をして、申込者が本当に働いているのかどうかを確かめます。

在籍確認はプライバシーに配慮

在籍確認について知ると「カードローンでお金を借りることが周りにバレたらどうしよう・・・」と不安になりますよね。

でも安心してください。

カードローンの在籍確認は、申込者の不利益にならないよう、プライバシーに配慮することが徹底されています。

実際に僕あてにかかってきた在籍確認を記しておくので、参考にしてください。

プロミスの在籍確認の内容を見る

社員A
はい、こちら株式会社プラスワンです。

chat_promise

プロミスの田中さん
わたくし田中と申しますが、高山さんはいらっしゃいますか?

社員A
高山ですね。失礼ですがどういったご用件でしょうか?

chat_promise

プロミスの田中さん
どうしても高山さんと直接お話したいのですが?

社員A
承知いたしました。少々お待ちくださいませ。

お電話替わりました、高山です。

chat_promise

プロミスの田中さん
私、田中と申します。高山てつやさまでお間違いなかったですか?

はいそうです。

chat_promise

プロミスの田中さん
個人名で失礼しました。先ほどお申込みいただいたSMBCコンシューマーファイナンスプロミスの田中と申します。お勤め確認のお電話をさせていただきました。今1分程お時間よろしいですか?

はい。

chat_promise

プロミスの田中さん
運転免許証を送っていただいきたいのですが?

あ、今送りましたよ!

chat_promise

プロミスの田中さん
そうでしたか。運転免許のデータ反映に10分程時間がかかるようです。両面送っていただきましたか?

はい。

chat_promise

プロミスの田中さん
他にご不明な点はありませんか?

ありません。

chat_promise

プロミスの田中さん
ありがとうございます。では、審査の結果は指定の連絡方法でお伝えしますので、結果をお待ちください。

アルバイトを頑張るあなたにおすすめのカードローン

アルバイトの収入で生計を立てている方におすすめのカードローンは、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。

なぜなら、実際アルバイトの収入だけで生計を立てている僕も借入することができたから!

・・・というのはもちろんなんですが、それだけが理由ではありません。

プロミスをおすすめする理由はこの3つです。

  1. 初めて借り入れした翌日から最大30日間無利息
  2. プロミスポイントでATM手数料無料
  3. 申込んだその日の内に借入できる

詳しく紹介します。

プロミスなら初回借入の翌日から最大30日間無利息

プロミスと初めて契約した人に限り、初回借入の翌日から最大30日間の無利息特典がついてきます。

プロミス金利アイキャッチ

プロミス以外にも、アコムレイクALSA、アイフルといった大手消費者金融が無利息特典を用意しています。

しかし、どれも契約日の翌日から無利息期間がスタートするため、契約してすぐにお金を借りなければ無利息期間が無駄に過ぎていってしまいます。

一方のプロミスは、初めてお金を借りた日の翌日から無利息期間がスタートするので、1円も無駄にすることなく無利息サービスを活用できます。

万が一に備えた、転ばぬ先の杖としてプロミスと契約しておくのもいいかもしれません。

プロミスポイントでATM手数料を無料にできる

プロミスなら、プロミス独自のポイントサービスでATM手数料を一定期間無料にできます。

カードローンといえば、ATMからキャッシングできるのが魅力の一つですよね。

しかし、カードローンによっては、ATMを利用するたびに手数料が発生することもあり、何度も利用するとなるとバカにできない出費になってしまいます。

そこで活躍するのがプロミスポイント!

プロミスポイントを40ポイント使えば、申込日から申込日の翌月末まで、ATM利用手数料が無料になります。

プロミスポイントは、プロミスポイントサービスに申込むだけで100ポイントを獲得できるので、プロミスと契約した人なら、誰でもすぐにATM手数料を無料にできますよ。

プロミスなら24時間365日の即時振込に対応

無利息期間やプロミスポイントだけでも魅力たっぷりなプロミス。

ですがなんといってもすごいのは、プロミスの融資スピード!

申込から最短30分で審査が完了し、早ければ1時間で借入できるんです。

プロミス瞬フリFV画像

そんなスピードキャッシングを叶えたのがプロミスの瞬フリ。

モアタイムに対応した、全国200の銀行口座のどれかを持っているなら、原則24時間365日即時振込でお金を借りることができます。

「どうしよう!なんとか今日中に支払いをしなければいけないのに・・・」という緊急事態でも頼りになるのが、プロミスのカードローンなんです。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    約200の銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
プロミスが初めての方は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

カードローンは計画的に使いたい諸刃の剣

カードローンは、アルバイトで収入を立てている方も利用することが可能ですが、計画的に使わなければ、まったく意味がありません。

お金を借りる手段には、家族や友達から借りたり、お給料を前借したりといった方法も考えられますよね。

けれど「誰かに迷惑をかけてくない」「自分ひとりで解決したい」という方にとっては、他人にお金を貸して欲しいと頼むよりも、カードローンでお金を借りる方が気が楽だと言う声をよく聞きます。

以前テレビ番組で、有吉弘行さんとマツコ・デラックスさんが、同様のお話をされていました。

ただし、カードローンを利用するなら、ちゃんと返済の計画を立ててから利用するようにしてください。

数万円くらいの借入なら、毎月の利息は1,000円ほどに収まるでしょう。

しかし、借入金額が10万円、15万円、30万円と膨れ上がっていくと、毎月の利息も数万円に跳ね上がっていきます。

すると、毎月返済しているつもりでも、利息の支払いがメインで元金は少ししか減っていないなんてことになりかねません。

そんな状況にならないよう、返済計画を立ててから、カードローンに申込んでもらえると嬉しいです。

まとめ

カードローンはアルバイトの方でも利用することができます。

事実、僕もアルバイト歴3ヶ月のときにプロミスと契約することができました。

毎月一定の収入を継続して得ていたこと、クレジットヒストリーにやましいことがなかったこと、この2つが、審査する金融機関からの評価につながったんだと思います。

もしカードローンを利用しようと考えているのなら、まずは返済計画を立ててから申込んでください。

 

執筆者からのコメント

高山 てつや

プロミスなら、初回借入日の翌日から30日の間利息が0円なので、返済計画も立てやすいと思います。

公式サイトには返済シミュレーションも用意されているので、活用してくださいね。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    約200の銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
プロミスが初めての方は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置の自動契約機(むじんくん)
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円

新生フィナンシャル レイクALSA(レイクアルサ)

実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 申し込み後最短15秒
  • レイクALSAの金利は年4.5%~18.0%
  • 初めての方ならWEB申込限定で60日間の無利息特典(契約額200万円まで)
  • 24時間振込み融資可能※対応銀行のみ