りそな銀行カードローン

実質年率 3.5%~13.5%(金利優遇あり)
限度額 10万円~最高800万円
審査時間 3~4日
  • 来店は不要
  • お試し診断
  • おまとめ・借り換え
  • 最短即日融資も可能
  • 土日祝も対応
  • スマホ対応
  • 収入証明が不要
  • 審査が不安な方
今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

りそなカードローンのサイト画面""

りそな銀行が展開しているカードローン(商品名:りそなカードローン)は、金利年3.5%~年13.5%と銀行カードローンの中ではトップクラスの低金利に加え、住宅ローンや給料振込口座に指定することで金利引き下げ優遇があることでも人気の商品です。

利用限度額は最大800万円のため、少額融資を希望する人から、高額融資を希望する人まで幅広い要望に応えることができます。

また、キャッシュカードにローンカードの機能を付与することができ、融資はATMで行えるなどの手軽さも魅力です。

さらに「りそなクラブ」に入会することで、利用残高に応じてポイントが貯まり、パートナー企業のポイントに交換できるなどサービスもあります。

サービスいっぱいの「りそなカードローン」に関して、詳しく説明していきます。

今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

りそな銀行カードローンのおすすめポイント

「りそなカードローン」7つのメリット

「りそなカードローン」には、なんと7つものメリットがあります。

  1. 銀行カードローンの中でも屈指の低金利
  2. 住宅ローンか給与振込の利用で金利優遇あり
  3. 申込や契約がWEB完結
  4. キャッシュカードとローンカードを兼用
  5. アプリで残高や借入状況を確認
  6. 利用残高に応じてポイントが貯まる
  7. 残高不足の際に便利な自動融資機能あり

それぞれに関して詳しく説明していきます。

銀行カードローンの中でも屈指の低金利

りそなカードローンの金利を表したグラフ

担保や保証人が必要なく、限度額までであれば何回でも引き出して利用できると人気のカードローン。

特に銀行カードローンは金利の低さで人気がありますが、りそなカードローンは上限金利年13.5%と、金利の低さで群を抜いています

金利は契約限度額(当座貸越限度額)により決められます。

りそなカードローンの契約限度額は10万円~800万円になり、13のコースが設定されています。

りそなカードローンの利用限度額と金利一覧

契約限度額 金利(実質年率)
10万円 年13.5%
30万円 年13.5%
50万円 年13.5%
70万円 年13.5%
100万円 年13.5%
150万円 年10.0%
200万円 年10.0%
300万円 年7.0%
400万円 年5.5%
500万円 年4.9%
600万円 年4.5%
700万円 年4.0%
800万円 年3.5%

※金利引き下げなしの場合

申込時の希望や返済能力などに合わせ、審査の結果により上記の13種類の中から契約限度額が決められます。
自分の希望額と、銀行からの決定額が一致しないこともあります。

カードローンを初めて利用する人や年収が低い人などは、初回の契約時には上限金利での適用が多いです。

そのため、契約限度額も最大100万円程度の人が多いと予測できます。

大手銀行カードローンとの金利比較

りそなカードローンが低いと伝えても、他の銀行カードローンの金利がどのくらいなのかが分からないと、比較はできませんよね?

りそな銀行のカードローンと、他の銀行のカードローンの金利や契約限度額を一覧にしました。

銀行カードローン名 金利(実質年率) 契約限度額
りそなカードローン 年3.5%~13.5% 10万円~最大800万円
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~14.6% 最大500万円
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 最大800万円
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8% 最大800万円

上記でもお伝えしましたが、カードローンを選ぶ際に大事なのは、下限(最小)金利ではなく上限(最大)金利です。

りそな銀行のカードローンは、他の銀行のカードローンと比べても低金利であると分かります。

住宅ローンか給与振込の利用で金利優遇あり

りそなカードローンには、2つの条件のどちらかに当てはまれば金利を0.5%引き下げてもらえる優遇制度があります

「りそなカードローン」の金利引き下げ条件
  • 住宅ローンの利用
  • 給与振込の利用

どちらにも当てはまったとしても、金利の引き下げは年0.5%が上限です。

これにはそれぞれに多少の条件があります。
たとえば住宅ローンの利用であれば、りそなカードローンと同じ口座を利用し、インターネットバンキング「マイゲート」を契約する必要があります。

マイゲートは手数料など一切かからないうえに便利なので、登録しておいても損はありません。

給与振込に関してもりそなカードローンと同じ口座でなければなりません

金利の優遇を受ける場合には、先に銀行口座を開設して給与振込口座にしておくか、カードローン申し込みと同時進行で口座開設を進めておく必要があります。

WEB完結が可能

カードローンの申し込みはWEBで行えても、契約時には店舗へ行かなくてはならなかったり、書類を郵送しなくてはならなかったりという場面も多々あります。

しかし、りそなカードローンは24時間365日いつでもWEBで申し込みができ、契約まですべてインターネット上で完結する「WEB完結」に対応しています。

また、基本的に銀行は土日がお休みのため、審査の回答や契約も営業日に限ることが多いのですが、WEB完結で契約を選択した場合に限り土日での対応もしてくれます

ただし、申込の時点でりそな銀行の普通預金口座を持っている人に限られます。
本審査の結果が出てからりそな銀行の口座開設を考えている人は、土日の対応はありません。

キャッシュカードとローンカードを1枚で兼用できる

りそなカードローンとキャッシュカードを兼用できるカードの券面
一般的なカードローンは、専用のローンカードを利用し、ATMなどでキャッシングを行います。つまり、通常のキャッシュカードとの2枚のカードが必要です。

しかし、りそなカードローンはキャッシュカードにローンカード機能を付与し、兼用カードとして利用することができます

また、家族や恋人に財布の中のローン専用カードを見られてしまい、バレてしまった…という人も少なくありません。
誰にもバレることなくキャッシングしたいという人におすすめです。

アプリで借り入れ状況や口座残高を一緒に確認できる

多くの銀行でインターネットバンキングに対応し、専用のアプリも登場しています。しかし、その使い勝手はさまざまです。

もちろん、りそな銀行もインターネットバンキングや専用アプリに対応していますが、その使いやすさに定評があります。

基本的な取引内容としては、りそな銀行のインターネットバンキングサービス「マイゲート」に登録します。

マイゲートではカードローンの借入・返済のほか、預金残高の確認や明細チェック、他銀行への振込などを行うことが可能です。

もちろん、カードローンの口座からの振込にも対応しています。

アプリであれば、借入額はいくらかなのか、口座の残高はどれぐらいなのかを一度に見ることができるので便利です。

また、第三者への情報流出を防ぐ「ワンタイムパスワード」にも対応しているので、セキュリティも万全です。

りそな銀行のアプリはグッドデザイン賞を受賞

グッドデザイン賞と言えば、国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として知られています。

実はりそな銀行の「スマート口座アプリ」が、2018年度のスマートフォン向けアプリケーションでグッドデザイン賞を受賞しています!

りそなスマート口座の画面

「銀行そのものが手のひらの上にあるような体験」がデザインや開発のコンセプト。

振込、口座残高や入出金明細確認などはもちろん、AIが自動で顧客の口座状況や取引を分析し、無駄な出費や貯金についてアドバイスを受け取ることもできるそう。

カードローンを利用している時には、残高などでアプリを利用する場面は多々あります。
快適なアプリであれば、ストレスフリーで利用もスムーズに行えます。

「りそなクラブ」に入会で利用残高に応じてポイントも貯まる

りそなクラブの仕組み

「りそなクラブ」とは、りそな銀行と取引を行うことでポイントが貯まり、ATM手数料無料などの優待やパートナー企業のポイントへ交換を行えるなど、サービスが受けられるものです。

りそなクラブにはステータスがあり、そのステータスごとにサービス内容は異なります。

また、りそなクラブを経由して買い物をすることでもポイントが貯まるので、いつもの買い物をさらにお得にすることも可能です。

りそなクラブポイントで交換可能なポイント例

りそなクラブのポイントを交換できるパートナ企業は全24社あります(2022年5月現在)。

業種も携帯電話や通信、ネット通販、家電、マイレージ、電子マネー、交通・旅行など多岐に渡ります。その一例はこちらです。

  • マイレージ
    ANA、JAL
  • ポイント
    WAON、nanaco、楽天Edy、dポイント、au WALLETポイント、タカシマヤ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、楽天、LINE、スターバックス

残高不足の際に便利な自動融資機能あり

りそなカードローンの自動融資機能について説明した画像

りそなカードローンには、自動融資機能が付加されています。

これは銀行カードローンならではのサービスであり、口座振替の残高不足時にはカードローンから自動的に口座へ融資(貸越)してくれるため、公共料金やクレジットカード代金などの引き落としの際、支払いの遅延を防ぐことができます

また、コンビニATMなどでキャッシングを行った時、希望金額に比べて普通預金口座の残高が少なかった際には、契約限度額の範囲内であれば自動的に融資を行ってくれます。

ただし、このサービスは自分の預金残高だったのかカードローンからの融資だったのか、わからなくなる可能性もあります

キャッシングをする際には、しっかりと残高を確認して計画的に利用するようにしましょう。

りそなカードローンの申込条件と申込方法

りそなカードローンの申込条件を満たしていなければ、申込をしたとしても審査に通過することはできません。

りそなカードローンの申込み条件は、国内に居住し、以下の条件をすべて満たしていることです

  • 申込受付時の年齢が満20歳以上、満66歳未満の人
    (利用限度額300万円型~800万円型の場合は満60歳未満の人)
  • 継続して安定した収入のある人
  • 保証会社の保証が受けられる人

申込時の年齢が満60歳以上の場合、契約限度額(当座貸越極度額)は200万円以下となります。

継続して安定した収入があれば、パートやアルバイトの申込みも可能としています。

ただし、専業主婦や学生は対象外です。

保証会社の保証とは、「オリックス・クレジット株式会社」または「りそなカード株式会社」です。どちらか一方の保証を受けられれば、融資可能となります。

りそなカードローン申し込み方法

りそなカードローンへの申込み方法は3種類です。

  • WEB申込み
  • メールオーダーサービスにて郵送もしくはFAX
  • ローン受付センターへ電話(0120-55-3989)

カードローン申込み時点では、りそな銀行の口座を持っていなくても大丈夫ですが、本契約に進むと口座開設は必須です。

WEB申込は時間や曜日を気にすることなく、24時間365日、好きなタイミングで申し込みができるので便利です。

WEB申込以外は、申込書に記載して郵送する必要が出てきますので、タイムラグと手間が生じます。

ここでは、インターネット申し込みの場合のスケジュールを記載していきます。

融資まで最短2週間、口座がなければ1か月必要

りそなカードローンの申込みから、融資までの流れについて説明します。

まずは、りそな銀行の口座を持っていた場合です。

りそなカードローンの融資までのスケジュール(りそな銀行の口座ありの場合)
所要日数 状況
0日 公式サイトからWeb申込
3~4日後 仮審査の結果連絡。契約限度額などが伝えられる
本人確認書などをアップロードし送付
1週間後 本審査の結果連絡。融資可能な旨を伝えられる
銀行口座やキャッシュカードの登録。キャッシュカードにローンカード機能を付与してもらう申請を行う
2週間後 ローン機能付与の連絡
融資スタート。ATMを利用してのキャッシングが可能

銀行カードローンはどこも即日融資はできません

しかし、りそな銀行の口座を持っていても、融資スタートまでに2週間かかってしまいます。
そのため融資スピードはかなり遅めであると言えます。

りそなカードローンの融資までのスケジュール(口座なし・ネット完結の場合)
所要日数 状況
0日 公式サイトからWeb申込
3~4日後 仮審査の結果連絡。契約限度額などが伝えられる
本人確認書などをアップロードし送付
1週間後 本審査の結果連絡。融資可能な旨を伝えられる
りそな銀行の口座開設申込(ネット通帳にて申込)
3~4週間後 キャッシュカードが郵送で到着
銀行口座やキャッシュカードの登録。キャッシュカードにローンカード機能を付与してもらう申請を行う
5~6週間後 ローン機能付与の連絡
融資スタート。ATMを利用してのキャッシングが可能

りそな銀行のカードローン申し込み窓口である「クレジットセンター」へ問い合わせをしたみたところ、融資が確定してからの銀行口座開設をすすめられました。

新規口座の開設は店頭で行うと即日でキャッシュカードなどを発行してもらえます。

しかし、それからキャッシュカードにローンカードの機能を付与してもらうことは変わらないため、最短で2週間、ネット完結であれば6週間程度の日数が必要です。

急ぎで融資を行いたいのであれば、銀行カードローンの中でも仮審査の結果を最短翌営業日と謳っている楽天銀行スーパーローンや、本審査の結果後に即時振込融資に対応するオリックス銀行カードローンを選択したほうがいいでしょう。

また、即日融資に対応してくれる大手消費者金融カードローンのプロミスアコムも検討してください。

りそなカードローンの審査は厳しめと予想

カードローンの申込み条件に「保証会社の保証を受けられる人」という項目があります。

これは、保証人や担保が必要ない代わりに、保証会社が審査を行い、融資をしても大丈夫と判断し、“後ろ盾になってあげますよ”ということです。

りそなカードローンの保証会社は「オリックス・クレジット株式会社」と「りそなカード株式会社」です。

2社あるから審査に通過しやすいと記載しているサイトもありますが、

一般的な銀行カードローンよりも日数を要していることから、審査はかなり慎重に行われていると想像できます。

しかし、過去に携帯電話やクレジットカードの料金、他社のカードローンを延滞するなど、信用情報にキズがなければ、そう恐れることはありません。

りそなカードローンの借入方法

借り入れが可能なATM

りそなカードローンから融資を受ける方法は「ATMから借入」の一択です。

利用できるATMは、りそなグループATM、セブン・イレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニATM、ゆうちょ銀行や提携金融機関のATMなど多彩です。

ただし、ATMや利用時間により利用手数料が発生します。

金融機関のATM利用手数料
利用時間 りそな銀行
埼玉りそな銀行
関西みらい銀行
みなと銀行
バンクタイムATM
コンビニATM
(セブン銀行
ローソン銀行
イーネット)
その他の金融機関ATM
平日 8時45分~18時 無料 110円
上記以外の時間帯 110円 220円
土日祝 終日 110円 220円

ゆうちょ銀行ATMのみ料金システムが変則的なので別途に表を作成しました。

ゆうちょ銀行ATMの利用手数料
利用時間 利用手数料
平日 7時~8時45分 220円
8時45分~18時 110円
18時~23時55分 220円
0時5分~9時 220円
9時~14時 110円
14時~23時55分 220円
日祝 0時5分~21時 220円

※毎月第二土曜日23時~翌日8時は休止
※貸越時の借入・返済金額が1万円以下となる場合の利用手数料は終日110円

ATMの利用手数料など、無駄な料金はできる限りかからないようにしましょう。

りそなカードローンの返済方法

りそなカードローンの返済イメージ

りそなカードローンの返済日は毎月5日です。
土日祝の場合は、その翌営業日が返済日となります。

返済はりそな銀行口座から自動引き落としです。
臨時返済を行ったとしても、必ず毎月5日には引き落としが発生します。
そのとき口座に返済額が入っていないと延滞となってしまうので注意しましょう。

りそなカードローンの延滞損害金の金利は年14.0%。
実は他の銀行カードローンに比べて延滞損害金が低めです。

銀行カードローンの延滞損害金
銀行カードローン名 延滞損害金の金利(利率)
りそな銀行カードローン年 14.0%
三井住友銀行カードローン 年19.94%
三菱UFJ銀行「バンクイック」 契約時と同じ金利を上乗せ
みずほ銀行カードローン 年19.9%
楽天銀行スーパーローン 年19.9%
auじぶん銀行カードローン 年18.0%

年14.0%と低めに設定されていても安心はできません。

カードローンの返済を延滞すると、追加融資が受けられなかったり、信用情報に延滞履歴が記録され他のローンを組めなくなったりします。

延滞情報が記録されてしまった信用情報の回復には、5年から10年という長い年月がかかります。 きちんと返済できるよう、約定返済日を忘れないようにしてください。

りそなカードローンの最低返済額は1万円から

りそなカードローンの返済額は、借入残高で決まります。

りそなカードローンの場合、最低返済額(約定返済額)は1万円であり、臨時返済(追加返済・随時返済)でない限り、この金額を下回っての返済はできません。

借入残高 毎月の返済額(約定返済額)
1万円未満 借入残高の全額
1万円以上~50万円 1万円
50万円超~100万円 2万円
100万円超~200万円 3万円
200万円超~300万円 4万円
300万円超~400万円 5万円
400万円超~500万円 6万円
500万円超~600万円 7万円
600万円超~700万円 8万円
700万円超~800万円 9万円

りそなカードローンの返済方式は「残高スライド方式」です。

元利均等定額残高スライドリボルビング方式の解説画像

返済期間を短くすることで、支払い利息(総返済額)を減らすことができるので、積極的に臨時返済を行うことをおすすめします。

臨時返済はATMまたはインターネットバンキング(マイゲート)、店頭窓口で行うことができます。

今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

りそなカードローンの詳細

基本情報

商品名 りそなカードローン
実質年率 3.5%~13.5%(金利優遇あり)
借入限度額 10万円~最高800万円
審査時間 3~4日
融資スピード 申込から最短2週間程度
お試し審査 -
対応コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート サンクス イーネット
※その他 提携ATM設置のコンビニ
申込方法 WEB 電話 郵送

申込条件

申込資格
  • 年齢満20歳以上66歳未満の方
  • (利用限度額300万円型~800万円型の場合は満60歳未満まで)
  • 継続して安定した収入のある方
  • 保証会社の保証が受けられる方※パート・アルバイトの申込可能
    ※専業主婦・学生の利用不可
必要書類
【申込限度額50万円以下の場合】
  • 本人確認書類
【申込限度額50万円以上の場合】
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
    ※本人確認書類は運転免許証や運転経歴証明書、パスポートなど名前、住所、生年月日が記載されているものに限る
    ※2012年3月31日以前の物は不可
    ※収入証明書類は源泉徴収票や住民税決定通知書など年収額が分かるもの
担保・保証人 不要

利用方法

借入方法 ATM、提携ATM(自動融資あり)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済日 毎月5日
返済方法 口座引落し、ATM、銀行振込、店頭窓口

会社概要

会社名 株式会社りそな銀行
設立 1918年5月15日
所在地 大阪市中央区備後町2丁目2番1号(本社)
今すぐカンタン申込み
WEBなら24時間受付中

このページをチェックした人はこんなページもチェックしています

  • 楽天銀行スーパーローン
    楽天会員だけの4つのメリット
    実質年率 限度額 審査時間
    1.9%~14.5% 最高800万円 最短翌日
  • 三井住友銀行カードローン
    申込時、三井住友銀行の口座開設は不要
    実質年率 限度額 審査時間
    年1.5~14.5% 10万円~800万円
  • みずほ銀行カードローン
    来店不要のWEB完結申込
    実質年率 限度額 審査時間
    年2.0%~14.0% 最高800万円 -