アコムから即日振込で融資を受ける方法

更新日:2019/12/12

2018年の109日、全銀システムと呼ばれる全国の金融機関が利用する振込サービスが稼働時間を24時間に拡大しました。

それにより、以前までは銀行の窓口営業時間内でした即日振込ができなかったアコムの振込融資も、大幅に対応時間が拡大したのです。

アコムなら、楽天銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、いずれかの口座を持っているなら、土日祝日でも即日振込でお金を借りることができます。

振込融資で即日お金を借りることができるなら、契約機に行く必要もありませんし、「カードローンからお金を借りるところを誰かに見られたら・・・」と心配する必要もありません。

この記事では、アコムに申込んだその日の内に振込融資を完了させるための方法を紹介します。

アコムの即日振込は、金融機関によって対応時間が違うので、この記事を通じてアコムの即日振込をマスターしておきましょう。

アコムに申込んだその日の内にお金を借りる方法

アコムに申込んだその日の内にお金を借りる方法は以下の2つです。

  1. アコムの即時振込に対応した金融機関の口座に振込キャッシング
  2. アコムの自動契約機(むじんくん)でカード発行

2つの方法を比較してみました。

即日融資の方法 メリット デメリット
振込キャッシング
  1. スマホ1台で完結する
  2. 契約機に出入りしているところを見られない
  3. 楽天銀行口座なら原則24時間365日振込対応
  1. 自分の口座を登録しなければならない
  2. 口座によっては即時振込に対応していない
  3. 自動契約機に行かない場合ローンカードが自宅に郵送される
自動契約機(むじんくん)
  1. 土日祝日でも8時~22時まで営業している(一部店舗は異なる)
  2. ローンカードをその場で発行できる
  1. 自動契約機に出入りしているところを誰かに見られる可能性がある
  2. 24時間は営業していない

それぞれの方法を比較すると、即日融資のほかに何を優先したいのかによって、振込キャッシングにするか自動契約機(むじんくん)でカード発行にするか、最良の選択肢が変わることがわかりました。

この記事では、スマホ1台で申込から借入までを完了させることができる即日振込融資について詳しく解説していきます。

アコムの審査対応時間は9時~21時

アコムは平日だけでなく、土日祝日でもカードローンの審査を行っています。

審査回答時間 9時~21時
自動契約機(むじんくん) 8時~22時
※一部店舗は異なる
※年中無休(年末年始除く)
店頭窓口 9時30分~18時(土日祝日は休業・19時まで延長の店舗もあり)

ただし、審査対応時間は9時から21時までの12時間。この間に審査結果がわからなければ、申込んだ日の内にアコムからお金を借りることができません

アコムの審査は最短30分。しかし、これはあくまでも最短の数字。

実際にアコムを利用した人の口コミを調査したところ、30分ほどだったという人もいれば、1時間ほどかかったという人も多かったのです。

アコムの審査時間口コミ統計

そのため、遅くとも20時までにはアコムへの申込を完了させておくことが、アコムで即日融資を受けるための最低条件になります。

ではいよいよ、アコムで即日振込融資を受けるための方法を紹介します。

即時振込融資に対応するアコム

アコムは、振込先の金融機関によって、原則24時間365日の振込融資にも対応しています。

アコムの振込融資実行時間をまとめました。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜~日曜・祝日 0:10~23:49 受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
月曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜 0:10~23:49 受付完了から1分程度
土・日・祝日 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~19:59 受付完了から1分程度
20:00~23:49 翌日9:30頃
振込実施時間拡大
(モアタイム)
金融機関
月曜~金曜 0:10分~8:59 当日9:30頃
9:00~17:29 受付完了から1分程度
17:30~23:49 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃
その他金融機関
(コアタイム)
月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~14:29 受付完了から1分程度
14:30~23:49 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃

この表を見てお変わりいただけるとおり、楽天銀行ユーザーなら、原則24時間365日、アコムから即時振込でお金を借りることができます

では次に、アコムの振込融資に申込む方法をまとめて紹介します。

アコムの即時振込に申込む方法

アコムの即時振込に申込むための方法はこの3つです。

  1. インターネット申込
  2. アコムプッシュホンサービス
  3. 担当者受付の電話申込

では、1つずつ申込方法の詳細を見ていきましょう。

会員ページから気軽に申し込めるインターネット申込

アコムと契約後、会員ページから即時振込キャッシングの申し込みができるようになります。

会員ページから振込融資を申込む流れは以下の通りです。

  1. 会員ページにログインして、【振込によるお借入れ】をタップする。
  2. 利用可能額と登録口座情報を確認し、【振込による借入を申込む】をタップ。
  3. 希望借入額を入力し【確認】をタップすれば完了。

ただし、会員ページのシステムメンテナンスが行われている以下の時間は、インターネットからの振込依頼ができないので注意してください。

【会員ページのシステムメンテナンス時間】
毎日23:50~0:00
毎週月曜日1:00~5:00

アコムプッシュホンサービス(音声自動応答)

アコムには電話申し込みでも振込依頼ができ、事前に口座登録をしておけば、そのまま指定口座に融資してもらうことができます。

もちろん、振込口座の登録も音声案内にしたがっての操作で設定することができます。

アコムプッシュホンサービスの対応時間は、自動音声の強みを生かして0時10分~23時50分とほぼ24時間対応してもらえる特徴があります。

ただし、プッシュホンサービスで即時振込を実施してもらうためには、平日の14時までに振込キャッシングを申込むことが条件。

プッシュホンサービスの受付時間と振込実施時間は以下の通りです。

曜日 受付時間 振込実施時間
平日 0:10~9:00 当日 正午頃
9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~23:50 翌営業日 正午頃
土日祝日 0:10~23:50 翌営業日 正午頃

インターネット申込と異なり、土日祝日は即時振込ができないので、土日祝に即時振込を依頼したいならインターネット申込を利用してください。

担当者受付の電話申込

音声案内では不安だという場合にもアコムではスタッフと直接電話をしながら手続きを進めることもできます。

ただし、こちらもプッシュホンサービスと同じく、平日の14時までに振込申込をしなければ、当日中の即時振込に対応してもらえません。

担当者受付の電話申込対応時間と振込時間は以下の通りです。

曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~18:00 翌営業日 正午頃
土日祝日 9:00~18:00 翌営業日 正午頃

※営業日はアコムの営業日

アコムで即時振込を申込むなら、会員ページから申込む方法が一番便利だということがわかりました。

アコムから楽天銀行口座へは原則24時間365日即時振込に対応

大手消費者金融でもあるアコムは、楽天銀行と提携することで時間にとらわれない24時間対応の即時融資サービスを実現しています。

acom_hurikomi

アコムから楽天銀行口座への振込であれば、手続きが24時間受付ではなく、正真正銘、融資実行までもが24時間の即時反映となります。

申し込み完了後から最短1分程度で振込してもらえる驚きのスピード融資が実現できているのです。

例えば、出張や旅行などの外出先でも、ふと買いたいものができた、そのまま遊びに出かけることになった時に手持ち資金や口座残金が少なくてもアコムなら心配無用。
スマートフォンからアコムの会員ページにログインして融資依頼すれば、近くのコンビニなどの提携ATMからスグにお金を引き出すことができます。

アコム以外に即時振込サービスを提供している有名な金融機関でいうと、大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)とネットバンクのオリックス銀行カードローンの3社しかありません。

※オリックス銀行カードローンの即時振込条件
【1】契約後(カード発行後)
【2】登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能

即時振込サービスで深夜に振込融資をもらう図

プロミスならモアタイム対応銀行口座に原則24時間365日即時振込OK

アコムが土日も含めた即時振込に対応しているのは、楽天銀行と三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、そしてゆうちょ銀行です。

さらに、この中で24時間いつでも即時振込に対応しているのは楽天銀行のみ。

「上記5つの銀行口座をどれも持っていないけど即時振込でお金を借りたい・・・」そんなときはどうすればいいのでしょう。

楽天銀行や三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座がない場合は、プロミスに申込むことも検討してみてください。

プロミスなら、モアタイムに対応した全国約200の銀行口座の即時振込が可能だからです。

プロミス瞬フリFV画像

プロミスなら、アコム同様に、初回の申込なら30日間の無利息期間サービスがあります。

さらに、審査スピードも最短30分と、アコムに勝るとも劣らないスピード融資が可能なカードローンです。

「せっかく申込むなら、自分の口座に即時振込をしてくれるカードローンがいい」という方は、プロミスに申込んでみてはいかがでしょうか。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    約200の銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
プロミスが初めての方は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

まとめ

アコムは現在、楽天銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、いずれかの口座を持っているなら、土日祝日でも即日振込でお金を借りることができます。

ただし、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の場合は、24時間の即時振込に対応していないので、特に土日の申込の際には契約完了時間に注意してください。

また、即日振込を申込む方法にも注意が必要です。

電話で申込むこともできますが、平日14時までしか即時振込対応をしてもらえないので、振込依頼は会員ページから行うようにしてください。

 

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置の自動契約機(むじんくん)
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円