レイクは収入証明書の提出不要で借りれるカードローン

更新日:2017/04/26

カードローン申込の際に収入証明書の提出が必要になる場合があります。

新生銀行カードローンのレイクであれば、希望額が一定額に満たなければ収入証明書不要で契約することができ、必要書類は本人確認書類のみとなり、スムーズな契約手続きが可能となります。

レイクの本人確認書類

レイクに提出する本人確認書類としては運転免許証を優先されています。

しかし、免許証の交付を受けていない場合であっても健康保険証やパスポートを利用することができますし、外国籍の方も特別永住者証明書(または在留カード)があれば問題ありません。

新生銀行カードローンでもあるレイクの大きな魅力は、元消費者金融ということもあり、全国各地に758台(※15年11月末時点)の無人契約機を設置していることです。

レイク無人契約機

つまり、収入証明書の提出なく契約できるレイクであれば財布に運転免許証などが入っていれば、外出中にお金が必要になった場合でも契約手続きすることができるのです。

ここでは収入証明書不要で契約できるレイクについて紹介していきます。


レイクと契約なら収入証明書が不要


冒頭でも述べましたが、レイクに申し込みする際、収入証明書の提出が不要です。

しかし、注意しておかなければならないことは、申込条件に限らず、絶対に書類が不要になるという意味ではありません。

あくまで、一定基準の契約であれば、収入証明書が不要になるということです。

レイクの収入証明書類の提出条件を確認してみると公式ホームページには以下のように記載されています。

・契約額が100万円を超える場合

つまり、レイクで100万円以上の借入を希望するのであれば、契約時には収入証明書類の提出が必要となります。

収入証明書類

レイクは銀行カードローンなので銀行法が適応されますが、消費者金融などの貸金業者では、貸金業法という法律に基づいて貸付業務を行っています。

この貸金業法には、一定以上の貸付を行う際、貸金業者に収入証明書類の取得義務が設けられています。

・1社からの利用限度額が50万円を超える場合
・複数社から借入合計額が100万円を超える場合

あくまで他社からの借入残高がなく、消費者金融会社から50万円以上の借り入れを新規にする場合は収入証明書類の提出が必須になります。

その点、レイクでは契約額100万円までは収入証明書類が要らないことを考えると用意すべき書類が少なくことが分かりますね。

銀行 収入証明書の提出条件
レイク(新生銀行カードローン) 100万円以上の借り入れの場合
三菱東京UFJ銀行カードローン 200万円以上の借り入れの場合
三井住友銀行カードローン 300万円以上の借り入れの場合
みずほ銀行カードローン 200万円以上の借り入れの場合

上記の表を見ていただければ分かるように、融資額が随分と大きくならない限り、銀行カードローンでは収入証明書不要で契約手続きができます。

レイクでは契約額100万円で収入証明書の提出条件になるので、他社銀行の提出条件と比較してみるとメリットが少ないようにも感じます。

しかし、カードローンの利用実績のない状態では、銀行側も借入限度額設定には慎重になるのは当然であり、初回契約では数十万円程度の限度額設定がほとんどと言われています。

そういう意味ではレイクの契約額100万円以上という収入証明書の提出条件は十分なゆとりと考えられ、あまり収入証明書の提出条件は気にしなくて良いのではないでしょうか。


収入証明になる書類


レイクで収入証明書として扱いしてもらえる書類は以下の通りです。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書/納税通知書
・所得証明書/課税証明書

全て、前年度のものが有効となります。つまり、直近分の書類を用意しなくてはなりません。

源泉徴収票においては、会社にお勤めの方であれば年末にもらえます。

しかし、時期やタイミング的に源泉徴収票の用意がしにくいのであれば、申請すれば市町村役場で発行してもらえる「所得証明書」の利用もおすすめです。

woman_nayamu1

レイクでは、できるだけ上記の3点のいずれかを収入証明書類として提出することを求められますが、その他の収入証明書類として給与所得者であれば給与明細書も利用することができます。

また、給与明細書を提出するのであれば、過去1年以内の賞与明細書もあれば合わせて提出する必要があります。

大前提として、本人の氏名、発行年月、発行元(会社名)、給与(月収)が明記されていることが条件となるので注意しておきましょう。

稀にアルバイトやパートで所得を得ている場合、給与明細書の記載内容が手書きの場合もあります。

その場合は、発行元の社印か社判が入っていることが条件になります。

詳しい情報を見る


提出すると有利になる書類


レイクでは、100万円以上の希望額でなければ収入証明書の提出は不要ですが、提出しておいて審査にマイナスになるようなものではありません。

収入証明書は自分に安定した所得があることを貸付業者に伝える役割を果たします。

実際に貸付する側の立場であれば、相手の収入額を確認できれば安心して貸付することができますよね。

収入証明書類の提出方法

・メールで送付(源泉徴収票のみ)
・送付用封筒での郵送
・FAXで送信(FAX専用送付状あり)
・自動契約コーナーで原本持参

なお、新規申込の方や既にレイクを利用している方で提出方法が異なってきます。

レイク 無人契約機

無人契約機での手続きであれば、収入証明書の原本を契約機のスキャナで読み込みさせることでレイク側に提示することができます。

また、レイクのアプリ・メール・FAXでの手続きであれば、原本をカメラで写して送信することになります。

書類の読み込み時に気をつけなければならないのは、スマートフォンやカメラでのスキャン時の画質です。

ぼやけたり、ブレがあるような不鮮明な画像であれば、内容確認もままならず、審査に影響が出てくる可能性もあります。

キチンと内容が確認できるものになっているか、送信前に入念に確認しておきましょう。

また、郵送での書類送付であれば原本ではなく、写し(コピー)で大丈夫です。

限度額設定に欠かせない収入証明書

いきなり初回契約で希望限度額を融資してもらえるとは限らないこともあり、長くキャッシングのサービスを使って利用実績を積み上げることによって増額してもらうことが可能です。

インターネット【会員ページ】だけでなく、無人契約機やレイクATM、専用フリーダイヤルへの電話で増額審査の申込が可能です。

その際には、利用実績に合わせて収入証明書を提出することで安定した所得をアピールできれば、審査を有利に進めることが出来るかもしれません。


専業主婦も借りれるレイク


レイクは銀行カードローンなので総量規制対象外となります。

総量規制は貸金業法に含まれることから消費者金融などの貸金業者を対象としており、本人年収の1/3までしか借入できない制限です。

つまり、最低でもアルバイトやパート、契約社員などでも、契約者ご本人に収入がなければ消費者金融から借入することはできません。

しかし、総量規制対象外となるレイクであれば、配偶者に安定した所得があれば専業主婦の方でも申込が可能で、審査通過すればキャッシングも利用することができます。

配偶者の収入証明書類の提出もなく申告額を元に審査を進めてもらうことができ、配偶者ご本人や職場への在籍確認の電話も行われる事がありません。

レイクであれば、契約者のプライバシーも守られるので、夫や妻に内緒で借りることが可能になります。

lakelady2

サービス内容に違いはないものの、女性スタッフが全て対応してくれるレディースレイクも主婦の方や女性の方には嬉しい配慮と言えます。

また、レイクにははじめてレイクを利用する方を対象にした選べる2つの無利息サービスもあります。

借入額が5万円以下なら最長180日間の無利息期間となります。

レイクが申込者の返済負担を軽減するために用意してくれているローンサービスなので有効的に活用したいところです。

新生銀行カードローン レイク

lake125
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 最高500万円
審査時間 申込後、画面に表示
  • ATMの利用手数料0円
  • 選べる2つの無利息ローン
  • 収入証明書不要
    借入額100万円以下は提出なし
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

このエントリーをはてなブックマークに追加