住民票だけでは消費者金融から借りれない2つの理由と対処法

更新日:2019/03/22

「住民票では本人確認ができかねます。運転免許証はお持ちではないでしょうか。」

本人確認書類といえば、まず提示を求められるのが運転免許証。

銀行で口座開設するときも運転免許証、ライブでチケットの本人確認されるときも運転免許証、ビデオをレンタルするときも運転免許証・・・

もちろん消費者金融でお金を借りるときも例外ではありません。

運転免許証をお持ちでない人の中には、このドライバーファーストな風潮にストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

もし、誰もがすぐに発行できる住民票が、本人確認書類として消費者金融に認められたら楽なのに。

運転免許証を持っていない人が消費者金融からお金を借りるには、身分証として何を提示したら良いのでしょうか。

法改正により厳格化した本人確認ルール

金融機関が個人と取引をするとき、身分証明書をチェックして本人確認をするというルールは、犯罪収益防止法で決められています。

この法律は、「なりすまし」や「マネー・ロンダリング」などの可能性がある取引(以下、ハイリスク取引)において、不正行為を防ぐことなどを目的に作られました。

マネー・ロンダリングとは
麻薬取引や脱税などのやましい方法で資金を得たとき、その出所を分からなくするために、架空あるいは他人名義の口座から口座へと送金を繰り返す行為で、別名、資金洗浄とも呼ばれる。

近年パナマ文書で話題となったタックス・ヘイブンは、このマネー・ロンダリングの温床となっていた。

金融庁はマネー・ロンダリング対策強化のため、平成28年10月1日にこの犯罪収益移転防止法をさらに強化しました。

改正犯罪収益移転防止法で変わったことは、ハイリスク取引において本人確認書類を1つの書類で済ませる場合、必ず顔写真付きの身分証明書を提出しなければならないということ。

以前は顔写真のない健康保険証などでも本人確認をすることは可能でしたが、この度の法改正により、健康保険証のみの提示では本人確認ができなくなりました。

こんな法改正があったなんて知らなかった!
顔写真付きの身分証明書を持っていない人はどうすればいいのかな?
顔写真付きの身分証明書を持っていない人は、顔写真の無い身分証明書を2点提示することで本人確認が完了できるよ。
2点用意することは面倒だけど、これも犯罪防止のためなんだ。

こぼれ話:なぜ本人確認書類といえば運転免許証なの?
顔写真付きの身分証明書の中でも、運転免許証が本人確認書類として広く使われている理由は、顔写真、本籍、現住所、生年月日などの情報が揃っていて、交付元が国なので信用力があり、取得人口が平成28年時点で8,200万人超と多いからです。

住民票が本人確認に使えない2つの理由

消費者金融でお金を借りるとき、住民票だけでは本人確認がとれない理由は2つあります。

住民票が本人確認に使えない理由
【1】顔写真のない書類は本人確認書類として不十分だから
【2】住民票は第三者でも取得できるから

第1の理由は、先述した通り、改正犯罪収益移転防止法によるもの。

そして第2の理由は、あなたの住民票は第三者でも取得できるからです。

住民票のような大切な個人情報を、他人に除かれてしまう・・・これって、一見犯罪のようにも思えますが、実は住民基本台帳法の住民基本台帳第12条の3によると、次の3つのいずれかを満たす者には、あなたの住民票を取得する権利があります。

【1】自分の権利、あるいは義務を履行するために、アナタの住民票の内容を確認しなければならない者
【2】国や地方公共団体の機関に、アナタの住民票を提出しなければならない者
【3】あなたの住民票の記載事項を使用するに値する正統な理由がある者

例えば、あなたが消費者金融からお金を借りているとき、債権者である消費者金融には借金回収の権利(債権)があります。

この債権も、あなたの住民票の写しを貰うだけの十分な理由になります。

この他にも、例えばあなたに生き別れの家族がいて、その居場所を知りたいというのも、他人の住民票の写しを貰うだけの十分な理由になるでしょう。

このように、基本的にあなたの住民票というのは、いくつかの条件を満たせば第三者でも簡単に取得することができるんだ。

そのため、「あなたの住民票の写しを提示できる=あなたであることの証明」とはならないんだね。

顔写真付き住民基本台帳カードは本人確認書類として有効

住民票は本人確認書類として不十分ですが、一方で、顔写真付きの住民基本台帳カードは本人確認書類として有効なケースが多いです。

住民基本台帳カードと住民票の違い

住民票 市区町村が保管している、あなたの居住に関する情報が記録された帳票。原本を外に持ち出すことはできないので、取得する場合は役所に「写し」を発行してもらう。
住民基本台帳カード 住民票の情報をICチップに登録したカード。顔写真付きと顔写真なしの2種類から選べる。

ただし、マイナンバーカード(個人番号カード)の登場により、住民基本台帳カードはすでに役割を終えようとしています。

そのため、住民基本台帳カードは平成27年12月時点で発行終了となっており、それ以前の発行分に関しても、マイナンバーカードを取得された時点で無効化されています。

現在すでにマイナンバーカードをお持ちの方は、住民基本台帳カードの代わりに、マイナンバーカードを本人確認書類としてお使い下さい。

過去に住民基本台帳カードを取得し、まだマイナンバーカードを取得していない方は、引き続き住民基本台帳カードを使うことができます。

外国の方は在留カードか特別永住者証明書が有効

現在日本国内にお住まいの外国籍の方、または留学や職業技能研修などのために、一時的に日本に滞在されている外国籍の方も、利用条件を満たせば消費者金融カードローンでお金を借りることができます。

外国籍の方が消費者金融からお金を借りる際には、在留カードか、特別永住者証明書のいずれかが本人確認書類として有効です。

ただし、在留カードも特別永住者証明書も顔写真付きの身分証明書ですが、消費者金融によってはさらにもう1点の身分証明書を提示しなければ、本人確認をしてもらえないケースがあるので注意してください。

平成24年7月に住民基本台帳法が改正されたことで、外国籍の方にも住民票が作成されるようになりました!
外国籍の方が消費者金融に申し込むときには、在留カードや特別永住者証明書と合わせて、念のために住民票の写しを用意しておくと安心だよ。

一覧で見る消費者金融4社の本人確認書類

ここまでは、法律上の本人確認のルールをメインに、ご説明してきました。

しかし、消費者金融でお金を借りるとき、実際にどの身分証が本人確認書類として認められるかは、金融機関ごとに少しずつ異なります。

そこで今回は、大手消費者金融4社がHP上で定める本人確認書類を一覧にしたいと思います。

▼大手消費者金融4社が定める本人確認書類

プロミス 運転免許証、パスポート、健康保険所+1点(例:住民票など)
アコム 運転免許証、マイナンバーカード、顔写真付きの健康保険所、顔写真なしの身分証+1点(住民票、公共料金の領収書、納税証明書のいずれか)
SMBCモビット 運転免許証、パスポート、健康保険証
アイフル 運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、顔写真付き住民基本台帳カード

※運転経歴証明書は運転免許証の代わりとしてお使いいただけます。
※身分証明書は有効期限にご注意下さい。

SMBCモビットについては、公式発表で健康保険証のみの提出でも可となっていますが、先述の法改正を考慮すると、実際には別の身分証明書の提示も合わせて求められるのではないかと思います。

いずれにせよ、各金融機関の定める顔写真付きの身分証明書を用意できない人は、対処法として身分証明書を2点以上持参されることをおすすめします。

プロミスとSMBCモビットのWEB完結は本人確認書類に注意

プロミスとSMBCモビットには、カードローンの申し込み~契約までがインターネットだけで済ませられる便利なWEB完結というサービスがあります。

しかしこのWEB完結は、ネット上ですべての取引が完結してしまうので、とうぜん金融機関の店舗にて直接契約するのと比べると「なりすまし」のリスクが高くなります。

そのため、WEB完結で本人確認をするときは、必ず運転免許証かパスポートの提出を求められます。

WEB完結においては、たとえ顔写真無しの身分証明書を2点提出したとしても、本人確認がクリアできないので注意しましょう。

プロミスやSMBCモビットのWEB完結は、運転免許証かパスポートを持っている人しか受けられないんだね。

住民票で本人確認するならアコムの自動契約機(むじんくん)が便利

顔写真無しの身分証明書しかお持ちでない方は、先述の通り消費者金融のWEB完結は利用できません。

一方、消費者金融の実店舗でなら、顔写真無しの身分証明書と住民票のセットで本人確認が受けられます。

とはいえ、消費者金融は有人店舗数が多くないので(各都道府県に1件ずつもない)、申し込みに利用する実店舗は無人契約機がメインとなります。

無人契約機の利便性で言えば、大手のアコムは、無人契約機というシステムを創り出した会社というだけあって、消費者金融の中で最も無人契約機の数が多いので、おすすめです。

▼大手消費者金融4社の実店舗数

無人契約機の数 有人店舗の数
アコム 1,019店舗 22店舗
プロミス 940店舗 18店舗
アイフル 875店舗 25店舗
SMBCモビット 362店舗 なし

※2018年6月時点(アトムくん調べ)

WEB申し込みが充実しているプロミス、SMBCモビットに対して、無人契約機の充実度で他社と差を付けているのがアコム、といったところでしょう。

金利の低さでいえば、アコムが年率18.0%~なのに対して、プロミスのほうが年率17.8%~と一歩上手ですが、年率0.2%の金利の差というのはよほど高額借入、長期借入を考えている方意外はあまり気にしなくて良いです。

例として、下にアコムとプロミスの小額融資の返済シミュレーション結果を用意しました。

表からわかる通り、両社で10万円を借りて、月々1万円ずつ返済したときの利息の差額は、わずか115円しかありません。

▼アコムとプロミスの返済シミュレーション比較

返済総額 利息総額 返済回数
アコム 109,158円 9,158円 11ヶ月
プロミス 109,043円 9,043円 11ヶ月

※借入額:10万円 毎月の返済額:1万円

アコムなら30日間の無利息サービスがあるから、初めのひと月はいくら借りても利息ゼロ円。
仮にお近くにアコムの無人契約機がなくても、アコムなら同グループ会社である三菱UFJ銀行の店舗でも契約ができるから便利です!

免許証と現住所が異なるときに役立つ住民票

実家を離れ、都会の賃貸で独り暮らしをしている学生や社会人の中には、運転免許証と住民票の住所情報が異なる方も多いのではないでしょうか。

そんなときには、現住所が登録された住民票を、運転免許証と合わせて提出しましょう。

もちろん、これは運転免許証に限らず、パスポートでもマイナンバーカードでも良いのですが、とにかく本人確認書類の住所が現住所が異なるときには、住民票の写しとセットで提出することで本人確認をパスすることができます。

住民票を現住所に移していない時の対処法
運転免許証にも住民票にも現住所が載っていないケースでは、住民票の代わりにに公共料金(例えば通信会社、電気会社、ガス会社、水道会社、NHK)の領収書を提示することで、現住所を証明できる可能性があります。

住民票が変わったら消費者金融へ申告しよう

消費者金融を利用中の方は、住民票が移ったときは必ずその旨をご利用中の消費者金融に申告するようにしてください。

というのも、消費者金融からあなた宛に重要な郵便物があったとき、前の住所宛に書類が届いても、あなたが確認することができないからです。

また、消費者金融に登録している住所とあなたの現住所に間違いがあれば、あなたが「なりすまし」なのではないかと、消費者金融から疑われる可能性もあるでしょう。

住民票の異動に限らず、転職や、携帯電話の買い替えなどでなんらかの異動情報があったときには、消費者金融に最新の情報を伝えておくことが、あなたの信用力に繋がります。

man_shinjin

あなたの住民票は、あなただけでなく消費者金融(債権者)も取得することができます。
事後報告にならないよう、異動があれば自主的に申告しようね。

まとめ

カードローン審査における本人確認は、住民票だけで済ませることはできません。

その第一の理由は、法改正によりハイリスク取引のルールが変わり、本人確認には原則顔写真付きの身分証明書を提出しなければいけなくなったから。

第二の理由は、住民票はあなた以外の第三者でも取得できるので、本人確認書類としては不十分だからです。

もし顔写真付きの身分証明書をお持ちでない人は、住民票と合わせて、健康保険証や年金手帳といった身分証明書を提出しましょう。

顔写真無しの身分証明書を提出するときは、WEBではなく無人契約機を活用してくださいね。
無人契約機の利用は、消費者金融の中で契約機台数NO.1のアコムがおすすめです。

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置の自動契約機(むじんくん)
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    504銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK

SMBCグループ SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 10秒簡易審査
※ネット申込の場合
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • ローン申込機なら最短即日でカード発行
  • 電話・郵送なしのWEB完結