コンビニの提携ATMでプロミスからお金を借りるときの注意点を体験談で紹介

更新日:2021/05/28

カードローンの大きなメリットは、お金が必要になった時にコンビニなどに設置された提携ATMからすぐに借入ができることです。

24時間空いているコンビニで借入と返済が行えると便利ですよね。
ですが、その際にこんなことが気になるのではないでしょうか。

「提携ATMって手数料はかかるの?営業時間は?」
「コンビニのATMを使ったら周りの人に借入のことはバレるんじゃ?」

そんな不安を解決するために、今回僕自身が、実際にプロミスと契約してコンビニの提携ATMで借入を行ってみました。

この記事では、僕の実体験を交えつつコンビニで利用できる借入返済方法や、便利なサービスを詳しく解説していきます。

この記事では以下5つのことがわかります。

  1. コンビニなどの提携ATMで借入と返済をする方法
  2. 提携ATM利用にかかる手数料
  3. 提携ATMの営業時間
  4. 提携ATM利用手数料を無料にする方法
  5. カードローンのことが周囲の人にバレないか?

プロミスの利用を検討している方にも、すでに利用している方にも役立つ内容となっているので、ぜひお役立てください!

この記事の執筆
高山 てつや 氏
カードローン借入経験あり。
金融ライター歴3年。

セブンイレブンの借入・返済方法

セブンイレブンでは、店内設置の「セブン銀行ATM」でプロミスの借り入れと返済ができます。

プロミスカードをお持ちの方は、ATMにカードを挿入後、画面の案内に従って手続きを進めてください。

実際にセブン銀行ATMで借入れと返済を行った写真と一緒に紹介します。

■セブン銀行ATMの操作方法

出金(借入)の場合

  • 1. ATMのカードを挿入
  • 2. 「出金」を選択

この画面は借入時も返済時も同じです。

 

  • 3. 暗証番号を入力
  • 4. 出金希望借入額を入力
  • 5. 入金:返済金を投入
  • 6. 「確認」をタッチ

以上の手順で借入は完了します。
実際にやってみると、普通にキャッシュカードを使ってお金をおろす流れとほとんど変わりません。

入金(返済)の場合

  • 1. ATMのカードを挿入
  • 2. 「出金」を選択
  • 3. 返済する金額を投入
  • 4. 「次へ」をタッチ
  • 5. 「確認」を押して返済完了

返済も、普通にキャッシュカードを使って預け入れをしたのとほとんど変わらない簡単さです。

借入、返済共にスムーズに完了できるため周りから見てカードローンを利用していると思われることはないでしょう。

ローンカードを忘れてしまった場合

「カードを自宅に忘れた」
Web完結で契約したからカードを持っていない」
という方は、「スマホATMサービス」を使って借入と返済を済ませましょう。

スマホATMサービスとは、スマートフォンのQRコードを使ってATMが操作できるセブン銀行ATM特有の機能です。

利用にはプロミス公式アプリのダウンロードが必要ですが、カードなしで取り引きできるのでとても便利です。

スマホATMのイメージ

 

営業時間

プロミスカードやスマホATM取引で借入・返済できるのは、次の時間帯です。

月曜 7:00-23:50
火曜-金曜・土日祝日 0:10-23:50
年末年始 1/1は終日サービス停止

※うち毎週月曜0:00-7:00はプロミス定期メンテナンス時間帯
※GW等の長期休暇には臨時メンテナンスが入る可能性があります

基本的にはほぼ24時間365日利用できますが、メンテナンスにより深夜帯は一時利用できなくなるのでご注意ください。

借入単位と1日の利用限度額

融資の借り入れは1万円以上1万円単位でできます。
返済は1,000円単位で可能です。

1日の利用限度額は出金50万円、入金200万円まで。
これを超えるまとまった取り引きには、限度額なしに使えるプロミスATMか、銀行振込を利用しましょう。

提携ATM利用手数料

セブン銀行ATMの利用手数料は、入出金ともに1回につき次のとおりです。

取引額1万円以下 110円
取引額1万円超 220円

ローソンの借入・返済方法

ローソン銀行ATMキャプチャ

ローソンでは、「ローソンATM」かマルチメディア端末の「Loppi(ロッピー)」にてプロミスカードが利用できます。

借入にはローソンATMしか利用できませんが、返済にはローソンATMと「Loppi(ロッピー)」の両方が利用できるので、お好きな機器をご利用ください。

■ローソンATMの操作方法

  1. アトム数字
  2. ATMのカードを挿入
  3. 「出金」「入金」のどちらかを選択
  4. 暗証番号を入力
  5. 出金:希望借入額を入力
  6. 入金:返済金を投入
  7. 「確認」をタッチ
■「Loppi(ロッピー)」の操作方法

  1. 「各種サービスメニュー」を選択
  2. 「各種代金・料金お支払い・クレジット等のお支払い」を選択
  3. 「カードローン・キャッシングのご返済」を選択
  4. 「プロミス」を選択
  5. 「休止時間のご案内」画面でカードリーダーにプロミスカードを通す
  6. 「暗証番号」と「返済金額」を入力
  7. 取引内容を確認して、「各種収納代行申込券」を発行
  8. レジにて返済金額を支払う
  9. お客様控えをもらう

マルチメディア端末での映画やライブのチケットの購入経験がある方なら、迷わず操作できると思いますよ。

ただし、「Loppi(ロッピー)」での返済に必要な「各種収納代行申込券」には「プロミス」の会社名が大胆に印字されています。

プロミス会員であることをコンビニ店員に知られたくない方は、ローソンATMを活用してくださいね。

営業時間

ローソンATMおよび「Loppi(ロッピー)」でプロミスの取り引きができる時間外は、次のとおりです。

ローソン銀行ATM Loppi(ロッピー)」
月曜 7:00-2350 24時間
火曜金曜
土日祝日
0:10-2350 24時間
年末年始 1/1は終日サービス停止 通常営業

※うち毎週月曜0:00-7:00はプロミス定期メンテナンス時間帯
※GW等の長期休暇には不定期メンテナンスが入る可能性があります

Loppi(ロッピー)」は年末年始や夜間もめったにメンテナンスに入らないので、24時間365日いつでも利用できます。

借入単位と1日の利用限度額

ローソンATMでは、1万円以上1万円単位で融資が借り入れできます。
返済は1,000円単位で可能。
1日の利用限度額は、出金20万円、入金50万円までです。

 Loppi(ロッピー)」を利用する場合は、利用限度額なしで1円単位で返済額が調整できます。

提携ATM手数料と「Loppi(ロッピー)」利用手数料

「Loppi(ロッピー)」は返済手数料無料です。
お得に返済したいのなら、「Loppi(ロッピー)」の活用がおすすめです。

ローソンATMの利用時には、1回の入出金につき以下の提携ATM手数料が発生します。

取引額1万円以下 110円
取引額1万円超 220円

ファミリーマートの借入・返済方法

イーネットATMキャプチャ

ローソンとおなじく、ファミリーマートでもコンビニATMとマルチメディア端末の両方からプロミスの取り引きができます。

設置ATMは「E-netATM(以下、イーネットATM)」、マルチメディア端末は「Famiポート」です。

ただし、こちらもマルチメディア端末は返済にのみ対応しています。

 ■イーネットATMの操作方法

  1. アトム数字
  2. ATMのカードを挿入
  3. 「出金」「入金」のどちらかを選択
  4. 暗証番号を入力
  5. 出金:希望借入額を入力
  6. 入金:返済金を投入
  7. 「確認」をタッチ
■「Famiポート」の操作方法

  1. 「金融サービス[借入金のご返済]」を選択
  2. 「プロミス」を選択
  3. Famiポートにプロミスカードを挿入
  4. 暗証番号と返済金額を入力
  5. 取引内容を確認して「申込券」を発行
  6. レジにて返済金額を支払う
  7. お客様控えをもらう

Famiポートの申込券にも、プロミスの会社名が印字されています。

内緒で返済したい人はイーネットATMを利用しましょう。

なお、ファミリーマートにはイーネットATMではなくゆうちょ銀行ATMが設置されているケースも少なくありませんが、ゆうちょ銀行ATMでも問題なく借入返済ができます。

営業時間

イーネットATMとゆうちょ銀行ATMでは、両機とも次の時間帯でプロミスに対応しています。

月曜 700-2355
火曜-金曜・土日祝日 005-2355
年末年始 1/1は終日サービス停止

※うち毎週月曜0:00-7:00はプロミス定期メンテナンス時間帯
※GW等の長期休暇には不定期メンテナンスが入る可能性があります

ただし、イーネットATMは毎日300500の間に約15分間のメンテナンスが入る場合があります。

Famiポートに関しては、ローソンとおなじく24時間いつでも利用できます。

借入単位と1日の利用限度額

イーネットATM、ゆうちょ銀行ATMでの借入は1万円以上1万円単位でできます。
返済は1,000円単位で可能です。

1日の利用限度額は次の表のとおりです。

イーネットATM 「Famiポート
出金 20万円 20万円
入金 50万円 200万円

ゆうちょ銀行ATMでは最大200万円まで返済できて、一括返済にも便利に活用できそうですね。

Famiポートには返済単位や利用限度額の制限はありません。

提携ATM手数料Famiポート利用手数料

提携ATM手数料はイーネットATM、ゆうちょ銀行ATMとも表のとおりです。

取引額1万円以下 110円
取引額1万円超 220円

Famiポードでの返済には手数料はかかりません。

その他に使える主なコンビニ・提携銀行ATM

プロミスは「イーネットATM」が設置されているその他のコンビニチェーンでも利用できます。
全国チェーンだけでなく、地域限定型のコンビニでも使えるのは便利ですよね。

なお、イーネットATMの営業時間や借入単位などはファミリーマートの場合とおなじです。

イーネットATM設置の主なコンビニ8社
(1)ミニストップ 東海、東北、関東、近畿、四国、福岡、佐賀、大分など
(2)デイリーヤマザキ 北海道、福井、三重、鳥取、高知、鹿児島、沖縄を除く全国
(3)ポプラ 関東、関西、中国、九州、富山、石川
(4)NEWDAYS JR東日本沿線
(5)アンスリー 滋賀~京都~大阪を結ぶ京阪沿線
(6)アズナス 大阪、京都、兵庫を結ぶ阪急・阪神沿線
(7)コミュニティ・ストア 関東、東海、関西
(8)生活彩家

関東、北陸、関西、九州

コンビニで使えるプロミス提携銀行ATM

コンビニチェーンのなかには、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATMではなく、都市銀行や地方銀行のATMが設置されていることも少なくありません。
この場合も設置ATMが以下のいずれかであれば、コンビニATMとおなじ容量でプロミスカードが利用できます。

(1)三井住友銀行ATM 借入・返済とも
(2)三菱UFJ銀行ATM 借入・返済とも
(3)西日本シティ銀行ATM 借入・返済とも
(4)イオン銀行ATM 借入・返済とも
(5)横浜銀行ATM 借入・返済とも
(6)東京スター銀行ATM 借入・返済とも
(7)第三銀行ATM 借入・返済とも
(8)福岡銀行ATM 借入・返済とも
(9)熊本銀行ATM 借入・返済とも
(10)ゆうちょ銀行ATM 借入・返済とも
(11)親和銀行ATM 借入のみ
(12)広島銀行ATM 借入のみ
(13)八十二銀行ATM 借入のみ

なかでも、ゆうちょ銀行ATMはファミリーマート、ローソン、デイリーヤマザキなどに設置されていることが多く、活用しやすいですよ。
※ゆうちょ銀行ATMでの借入・返済には「Web明細」の事前登録が必要です

千円単位の借入はプロミスATM・三井住友銀行ATMで

プロミスと三井住友銀行カードローンの無人契約機外観

上記の提携コンビニATM、提携銀行ATMでは、1,000円単位の借入や硬貨の返済ができません。
細かい取り引きがしたい方は、それに対応できるプロミスATMか三井住友銀行ATMを利用しましょう。

プロミスATMの概要

プロミスの自社ATMは各都道府県の国道沿いや主要駅前などに設置されています。
無人契約機と併設されている個室タイプの物が多く、磨りガラス加工などで中のプライバシーは守られています。

借入単位 1,000
営業時間 平日・土日祝日とも700-000※一部店舗を除く
ATM手数料 借入返済とも終日無料
三井住友銀行ATMの概要

プロミスでは、おなじSMBCグループの三井住友銀行ATMでも借入返済ができます。
「プロミスATMは周囲が気になって利用できない…」という方は、ぜひ三井住友銀行ATMを活用してくださいね。

借入単位 1,000
営業時間 設置場所の営業時間に準ずる
ATM手数料 借入返済とも終日無料

提携ATMでカードローンを利用していることはバレる?

あまり周りにカードローンのことを知られたくはありませんよね。

コンビニATMでプロミスから借入れをしているというのは、周りから見るとどう見えているのでしょうか。

普通に利用していればバレることはない

僕が実際にプロミスと契約をしてセブン銀行ATMと三井住友銀行ATMから借入れをしてみる際に、会社の先輩も同行していました。

先輩は借入れをする場面を見ていたはずですが、普通にお金をおろしているだけだと思ったそうです。

社名が印刷されるローソンのLoppiやファミリーマートのFamiポートを利用した返済をしない限り、周囲の人にカードローンのことがバレる可能性は低いです。

また、たとえローンカードを見られたとしても、プロミスのカードは一目でローンカードだ!となるような見た目でもありません。

下の画像がプロミスのローンカードです。

むしろ、プロミスのカードを見られただけでカードローンだとわかる人がいれば、もしかしたらその人もカードローン利用者かもしれませんよ。

 

提携ATM手数料の清算はいつ?

提携ATM手数料は、その場で支払うのではなく、次回返済時に自動清算されます。

借入時の提携ATM手数料 次回返済時に清算
返済時の提携ATM手数料 返済とあわせて清算

自動清算だと負担している実感が持ちにくいですが、塵も積もれば山となるというので、くれぐれも無駄遣いはしないように気をつけてくださいね。

なお、約定返済の返済額は以下のとおり充当されます。

■返済額の充当順位

  1. ATM利用手数料などの費用
  2. 未払利息
  3. 遅延利息
  4. 通常利息
  5. 元金

※未払利息…前回の完済時に残った「無利息残高」などのこと
※遅延利息…延滞時に発生する「遅延損害金」のこと

元金の返済に充当されるのは返済額からATM利用手数料や利息などを差し引いた金額だけです。

元金を早く減らしたいのなら、借入・返済時には提携ATM手数料をなるべくおさえる努力をしましょう。

借入手数料・返済手数料
プロミスATM 無料
インターネット 無料
プロミスコール
(電話)
無料
店頭窓口 無料
提携コンビニATM 取引額1万円以下:110円
取引額1万円超:220円
提携銀行ATM 取引額1万円以下:110円
取引額1万円超:220円
提携ATM手数料はプロミスポイントで無料にできる

プロミスには、会員サービスへのログインや書類提出などでポイントが貯まる「プロミスポイントサービス」があります。

プロミスポイントの還元方法には提携ATM手数料が最大60日間無料になるというサービスもあるので、会員の方はぜひご活用くださいね。

 

提携ATM手数料はプロミスポイントサービスで無料にできる

プロミスには、会員サービスへのログインや書類提出などでポイントが貯まる「プロミスポイントサービス」があります。

プロミスポイントサービスで40ポイントを貯めれば、提携ATM利用手数料無料サービスを利用できます

提携ATM手数料無料サービスは、申し込んだ日から翌月末までの間提携ATMの利用にかかる手数料が無料になるというものです。
例えば、101日に提携ATM手数料無料サービスに申し込んだ場合、翌月の11月いっぱいまでは提携ATM利用手数料がかかりません。

上の画像は、実際にプロミスポイントサービスを利用して手数料を無料にした後の借入明細です。
普段は手数料のかかるセブン銀行から借入をしたのに、ちゃんと手数料の部分は0円となっています。

ただ、40プロミスポイントがどんなものかは、利用者でないとわからないでしょう。

次項ではプロミスポイントの貯め方を解説します。

プロミスポイントの貯め方

では、プロミスポイントはどうやったら貯まるのでしょうか。
プロミスポイントの貯め方を表にしてみました。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ、ポイント獲得となります。
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時のみ、ポイント獲得となります。
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント プロミスからのお知らせ内には、ポイント獲得対象となるものとならないものがあります。ポイント獲得対象となるお知らせにはお知らせ内に獲得ポイント数を記載します。
収入証明書類の提出 160ポイント 収入証明書類をご提出いただいた場合に、ポイント獲得となります。
ご返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスのご利用を登録している場合に、各サービスにつき1ポイント獲得となります。
取引確認メール
プロミスのホームページで書面(Web明細)の受取

初回登録時に100ポイントと、会員サービスにログインで初回に合計110プロミスポイントはもらえます。

それに加えて収入証明書類を提出すれば160プロミスポイント加算されて合計270プロミスポイント。
つまり初回に手に入れられる最大ポイントは270プロミスポイントですね。

270プロミスポイントあれば、40プロミスポイントで利用できる提携ATM手数料無料サービスを6回利用することができます。
つまり、毎月初めの日に提携ATM手数料無料サービスに申し込んでいれば初回手に入れられるプロミスポイントのみで12ヵ月はATM利用手数料を無料にできることになります。

また、提携ATM無料期間中もプロミスポイントは貯まるため、うまく貯めれば提携ATM手数料無料期間をどんどん伸ばせるでしょう。

利用開始には申込が必要

便利なプロミスポイントサービスの利用を開始するには申込が必要です。

プロミスポイントサービスは、プロミス会員になっただけで初めから利用できるわけではありません。
プロミス会員であれば会員ページの「各種お申込み」からプロミスポイントサービスの利用を開始できます。

「ポイント利用のお申込み」
を押して次に進みましょう。

ポイント利用に合意する

次は下の画像のページに繋がります。
ここで同意次項を読んで問題なければ
「同意して次に進む」を押しましょう。

ポイント利用申込完了

下の画像のページに繋がればプロミスポイントサービスへの申込完了です。

所持しているプロミスポイントは会員ページで確認することができます。
後はポイントを貯めて利用するだけです。

提携ATM利用手数料無料サービスは会員ページから申し込むことができます。

利用明細書の自宅郵送はある?

プロミスよくある質問キャプチャ

プロミス公式サイト「よくあるご質問・お問い合わせ」より引用

コンビニの提携ATMで借入返済をすると、ご自宅に利用明細書が郵送される場合があります。

家族や友人に内緒でプロミスを利用したい方は、事前に「Web明細」の登録を済ませておきましょう!
Web明細を登録しておけば、利用明細書が書面で自宅郵送される心配はありません。

Web明細の登録方法

これからプロミスに申し込む方は、プロミス公式サイトの申し込みフォームにてWeb明細の登録ができます。

既存会員の方は、以下の手順でWeb明細を登録してください。

  1. 会員サービスにログイン
  2. 「書面け取方法登録・変更」をクリック
  3. 「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

借入額を間違えた!こんな時どうする?

「1万円だけ借りたかったのに、ゼロを1コ間違えて10万円借り入れちゃった!」
こんなときには、その日のうちに借り過ぎた額を返済しましょう。

カードローンの利息は日割り計算なので、借入日の当日中に返済すれば利息は発生しません。
すぐに返せば高い利息が請求されることはありませんから、安心してくださいね。

まとめ

プロミスは全国のコンビニチェーンに設置された提携ATMから借入や返済ができる便利なカードローンです。

提携ATM利用にかかる手数料も、プロミスポイントサービスを利用すれば無料にできます。
このプロミスポイントサービスを知らないと提携ATMを利用する度に手数料を支払うことになります。

また、実際に提携ATMを利用してプロミスから借入と返済をしてみたところ、銀行のキャッシュカードを利用した引き出しと預け入れの流れとほとんど変わりませんでした。
利用明細を見られてしまうとさすがにバレてしまうでしょうが、よっぽど動きが怪しくない限り周りの人にプロミスのことがバレる可能性は低いです。

プロミスを利用する前に、プロミスのサービスや返済方法、借り入れ方法を詳しく知ってお得に安心して利用しましょう。

執筆者からのコメント

高山 てつや

お金が足りなくなったからカードローンを利用しているのに
借入手数料などで元々なかった出費が増えてしまったら元も子もないですよね。

自分が利用できるサービスについてはとことん調べておきましょう。

もちろん、返済計画についてもですよ。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 在籍確認の要望を相談OK!

  • 最短30分融資で借りられる
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    約200の銀行に即日キャッシング!
  • 初回契約なら 借入から30日間無利息
    契約だけでも無利息期間が無駄にならない

  • 2020年 オリコン顧客満足度調査
    ノンバンクカードローン 第1位
プロミスが初めての方は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!