収入証明書が不要なカードローン

カードローンを申し込むのに必要書類の準備に手間や時間を取られたくはないものです。

身分証明書の準備は簡単にできても、スグに用意しにくいのが「収入証明書」です。

収入面・貯金を含めて手持ちが少ないから借りたいのに、イチイチ自分の収入証明なんてしたくありませんよね。

各社で収入証明書の提出条件は異なりますが、銀行カードローンなら比較的、収入証明書の提出条件が低くなります。

提出条件が低ければその分、手間もかけずに申込手続きができることにもなります。

また、銀行カードローンは総量規制(本人の年収額の1/3までしか借入できない規制)の対象外なので、利用限度額は年収に左右されません。

収入証明書の提出条件のヒミツ

多くの消費者金融では希望限度額50万円以上なら収入証明書の提出が必要になります。

その理由は、貸金業法で50万円以上の貸付、複数社からの借入総額100万円以上の場合、収入証明書の取得義務が設けられているためです。

総量規制対象にもなるので、大口での貸付には契約者の年収額を把握しておかなければ限度額の設定が難しいことも理由にあります。

収入証明書の提出条件

プロミス 50万円超の利用限度額を希望する場合
他社との利用残高が合計100万円超の場合
SMBCモビット 審査状況に応じて提出依頼をした場合

 

50万円以下なら収入証明書不要のプロミスとアコム

実際にはじめてカードローンを利用する際には、そんなに限度額は高くないと言えます。

カードローン利用前は、返済実績も何もないので当然のことだと言え、信用力を積み上げて徐々に利用限度額の引き上げもしてもらえます。

そのため、50万円を超えるような金額での契約はあまり考えられにくく、貸金業法に従って運営されているプロミスSMBCモビットも50万円以下の契約になると収入証明書の提出は不要で契約することになります。

ただし、SMBCモビットは貸金業法で定められた範囲ではなくても、審査状況に応じて提出をお願いされるケースも考えられます。

銀行カードローンも消費者金融と同クラス

過去には収入証明書類の提出条件が300万円以上に設定する銀行もあるなど、収入証明不要といえば、銀行カードローンの印象が強く残っていました。

%e5%8f%8e%e5%85%a5%e8%a8%bc%e6%98%8e

しかし、2016年あたりから自己破産者が増えてきており、銀行カードローンの過剰貸付が原因として考えられるようになってきました。

銀行は総量規制対象外ということで、本人所得のない専業主婦への貸付も行うことが可能だったことも理由として考えられます。

このことを受け、金融庁・全銀協などが各銀行の審査行程の見直しを進め、現在では即日融資への対応も不可能となり、利用条件の見直しも銀行側が行ったことで収入証明書類の提出条件も消費者金融と同じ50万円を基準とするところが増えてきました。

ただ、金利設定は低めのままを維持していることからも、銀行カードローンの審査基準がより高くなったという見方ができます。

収入証明書が不要なカードローン

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    504銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三井住友銀行グループ SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 10秒簡易審査
※ネット申込の場合
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • ローン申込機なら最短即日でカード発行
  • 電話・郵送なしのWEB完結
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む