三菱UFJ銀行バンクイックのキャッシングってどうなの?特長・使い方・口コミまとめ

更新日:2019/06/06

銀行カードローンの『バンクイック』は、国内最大規模を誇るメガバンクの三菱UFJ銀行が提供するだけあって、知名度と人気ともに抜群の地位を築いています。

安心感や信頼性の面では他社の追随を許さないバンクイック。

しかし、金利の低さや申し込みの手軽さ、借り入れと返済の利便性といった商品内容は他行と比べてどの程度優れているのでしょうか?

今回はバンクイックの特長、使い方、口コミの評判などについて徹底的にまとめていきます。

バンクイックの3つの特長

メリットのイメージ

一般的な銀行カードローンと比べて、バンクイックには次のような特長があります。

バンクイックの3つの特長

  1. 金利の低さは「並」だけど借入・返済の手数料が安い
  2. 土日祝日も審査が受けられる
  3. テレビ窓口でカード発行できる

1. 金利は「並」だけど借入・返済の手数料が安い

カードローン名 店頭金利※
りそな銀行カードローン 年12.475%
みずほ銀行カードローン 年14.0%
三菱UFJ銀行バンクイック 年14.6%
オリックス銀行カードローン 年17.8%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 年18.0%

※初回融資では上限金利が適用されることが多いため、ここでは上限金利のみを表示しています。

銀行カードローン全体で比べると、バンクイックは特別に低金利なカードローンではありません。

仮に10万円を30日間借りたとすると、バンクイックよりも低金利なりそな銀行やみずほ銀行のカードローンのほうが100円ほど安い利息でキャッシングできます。

どうせ借りるなら安い利息で借りたいと思うのは当たり前なので、一見すると他行のほうが魅力的に思えますよね。

しかし、実は「金利が低い」という理由だけで借入先を選ぶのはとても危険です!

というのも、低金利な銀行カードローンのなかには利息負担が少ない代わりにATM利用手数料や銀行振込手数料の負担が多い商品が多いからです。

せっかく利息が安くても、借り入れと返済のたびに100円~400円程度の手数料をとられて結果的に利息よりも高い手数料を支払わされてしまっては本末転倒ではないでしょうか。

低金利な銀行カードローンの一般的な借入・返済手数料
ATM・提携ATM(取引額1万円以下) 108円
ATM・提携ATM(取引額1万円超) 216円
ATM・提携ATMの時間外手数料 有料
銀行振込 400円前後
バンクイックの借入・返済手数料
ATM・提携ATM(取引額1万円以下) 終日0円
ATM・提携ATM(取引額1万円超) 終日0円
ATM・提携ATMの時間外手数料 終日0円
銀行振込(借入時) 終日0円
銀行振込(返済時) 三菱UFJダイレクト経由:終日0円
その他の媒体:400円前後

その点、バンクイックなら三菱UFJ銀行ATMも提携ATMもすべて手数料無料で使えます。

銀行振込手数料も借入時は完全無料、返済時はインターネットバンキングの三菱UFJダイレクト経由であれば完全無料なので、他行と違って利息以外の余計な手数料をとられることはありません。

単純計算でいえば、月に1回~2回以上ATMや銀行振込で借り入れと返済の手続きをする場合は、りそな銀行カードローンやみずほ銀行カードローンよりもバンクイックのほうがお得にキャッシングできます。

2. 土日祝日も審査してくれる

バンクイックは平日はもちろん、銀行窓口の休業日である土日祝日も朝9時から夕方17時まで審査を実施しています。

申し込みから融資までにかかる日数は最短で23日程度。

即日融資には対応できませんが、週末の急な入り用にも比較的スピーディーに対応できるので心強いです。

銀行カードローンの審査実施時間
三菱UFJ銀行バンクイック 平日9:00~21:00
土日祝日9:00~17:00
その他の都市銀行カードローン 平日9:00~18:00ごろまで
土日祝日は休み
ネット銀行カードローン 平日9:00~18:00ごろまで
土日祝日は休み

それに対して、バンクイック以外の銀行カードローンでは土日祝日は審査がお休みとなっています。

審査は平日しか進められないため、土日祝日のあいだの融資には対応できません。

3. テレビ窓口でカード発行できる

一般的な銀行カードローンに申し込むと、契約後にローンカードが自宅郵送されてしまいます。

家族や恋人に内緒でキャッシングしたい人にとっては、カードの自宅郵送は結構な不安材料ではないでしょうか。

そんな悩みも、バンクイックなら解消できます。

バンクイックでは『テレビ窓口』という無人契約機で直接カード発行ができるので、契約後の自宅郵送物を回避できるからです。

一般的な銀行カードローン カードは郵送で受け取る
三菱UFJ銀行バンクイック

カードは郵送のほか、テレビ窓口でも受け取れる

※ただし、運転免許証の持参が必要です。

発行されたローンカードは、バンクイックの審査結果を踏まえて発行日の翌営業日から有効になります。

テレビ窓口は平日は朝9時~夜20時まで、土曜日と祝日は朝10時~夜18時まで、日曜日は朝10時~夜17時まで営業していて仕事終わりや休日でも利用しやすいです。
※テレビ窓口の営業時間は曜日・支店により異なります。

申し込みから契約の手順

カードローンに申し込む金田くん

バンクイックの申し込みから契約までの手続きはほとんどインターネットで済ませられます。

これなら自宅や外出先からもスマートフォンやタブレット、パソコンなどで手短に手続きできるので、急ぎで融資を受けたい人や仕事や家事に忙しい人も助かりますよね。

「インターネットは苦手…」という方に向けてはテレビ窓口や電話による申し込み方法も用意されています。

申し込み方法は次の3

  1. インターネット(PC・スマートフォン・モバイル)
  2. テレビ窓口
  3. 電話

それぞれのくわしい手順をみていきましょう。

手順インターネット申し込みの場合

インターネット申し込みの手順

  1. バンクイック公式サイトから申し込む
  2. 仮審査回答
  3. 必要書類を提出(ネット/郵送/FAX
  4. 本審査回答
  5. 契約手続き
  6. カードの受け取り(テレビ窓口/郵送)
  7. 契約完了!あとは自由にキャッシング

バンクイック公式サイトから申し込む

まずはバンクイック公式サイトから申し込みをします。

申し込みフォームの入力項目はおおむね次のような内容です。

5分~10分程度で入力できます。

申し込みフォームの入力項目

  • 氏名や生年月日などの基本情報
  • 家族構成
  • 居住形態
  • 年収
  • 他社借入状況
  • 希望する返済方法と返済期日
  • 希望するカードの受取方法
  • 勤務先情報
  • 申し込みのきっかけ(アンケート)

仮審査、必要書類の提出(ネット/郵送/FAX

本審査の前に、まずは申込内容を踏まえて簡単な仮審査がおこなわれます。

すぐに仮審査回答とともに本審査の必要書類が案内されるので、専用URLへのアップロードか郵送、FAXのいずれかで書類提出を済ませましょう。

すべての人が共通して提出しなければならないのは本人確認書類のみです。

次の条件にあてはまる人は、収入証明書類の提出も求められます。

収入証明書類の提出要件

  • 希望限度額が50万円を超える場合
  • その他三菱UFJ銀行が必要とみなした場合
本人確認書類(いずれか1点)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
収入証明書類(いずれか1点)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2
  • 確定申告書第1表・第2

本審査、契約手続き

本審査はコンピュータと審査スタッフの手によって丸1日かけておこなわれます。

そのため、本審査回答が届くのは申込日の翌営業日以降となります。

バンクイックは土日祝日も営業していますが、1231日~13日はお休みなのでその場合は審査回答が遅れます。

利用限度額や適用金利などの契約条件に納得ができたら、インターネットで契約手続きを済ませましょう。

カード受け取り(テレビ窓口/郵送)

ローンカードはテレビ窓口か郵送で受け取ります。

テレビ窓口を選んだ場合は、運転免許証を持参してお近くの三菱UFJ銀行に向かいましょう。

次の時間帯にはテレビ窓口が混雑しやすいため、余裕がある人は時間をずらして向かうとスムーズです。

画像引用元:三菱UFJ銀行公式サイト

郵送を選んだ場合は、契約完了後に随時カードが発送されます。

契約完了!あとは自由にキャッシング

ここまで終われば、いよいよ契約完了!

あとは三菱UFJ銀行ATMか提携コンビニATM、銀行振込などで自由にキャッシングしてください。

手順テレビ窓口の場合

無人契約機で契約する金田くん

テレビ窓口の申し込み手順

  1. テレビ窓口で申し込み
  2. その場で必要書類の提出
  3. 仮審査回答
  4. その場でカード発行
  5. 後日、本審査回答
  6. 契約完了!あとは自由にキャッシング

テレビ窓口で申し込む場合は、まず専用の「申込受付シート」に必要事項を書き込んで必要書類と一緒にテレビ窓口内の読み取り機にかざします。

運転免許証を持参すれば、簡単な仮審査の後にその場でローンカードが発行されます。

本人確認書類以外を提出する場合はカードは後日郵送での受け取りとなります。

申し込み、書類提出、カード発行が終わったら、テレビ窓口を後にして本審査結果を待ちましょう。

翌営業日に本審査結果がメールか電話で届いたら契約完了です。

あらかじめ発行したローンカードはこの時点から利用可能となります。

あとは提携ATMや銀行振込などで自由にキャッシングしましょう!

手順電話申し込みの場合

電話での申し込み手順

  1. フリーコールから申し込み
  2. 口頭質問による仮審査
  3. 書類提出(ネット/郵送/FAX
  4. 本審査回答
  5. 契約手続き
  6. カードの受け取り(テレビ窓口/郵送)
  7. 契約完了!あとは自由にキャッシング

電話申し込みでは、コールセンターのスタッフの案内に従って申し込みや契約を進めていきます。

初めに簡単な口頭質問による仮審査を受けたら、その後はインターネット申し込みと同じ流れで手続きをして契約完了です。

スタッフに相談や質問をしながら手続きを進めたい方には便利です。

ただし、平日のお昼時や週末にはコールセンターの回線が混み合うため、普段お仕事をされている方にとっては利用しづらいかも知れません。

三菱UFJ銀行バンクイックカスタマーセンター
電話番号 0120-959-555
平日 9:00~21:00
土日祝日 9:00~17:00
休業日 12月31日~1月3日

借入方法は「ATM」か「銀行振込」

カードローンで借り入れるアトムくん

契約が終わったら三菱UFJ銀行ATMか提携ATM、銀行振込のいずれかでキャッシングできます。

以下、各借り入れ方法の借り入れ単位や利用時間などをまとめました。

ATMでの借入方法

ATM利用時間外手数料 完全無料
提携ATM利用手数料 完全無料
借り入れ単位 1,000円単位
利用時間 平日0:10~23:50
土日祝日0:10~23:50
※毎週月曜日の1:00~5:00、毎回第2土曜日の21:00~翌朝7:00は休止
バンクイックカードが使えるATM・提携ATM

  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM(ローソン銀行ATMマークがある機器のみ)
  • E-netATM

三菱UFJ銀行ATM、提携コンビニATMともに融資は1,000円単位で出金できます。

1万円単位でしか借り入れできない銀行カードローンも少なくないなか、1,000円単位で出金額が調整できるバンクイックなら無駄に借り過ぎる心配がありません。

借入時のATMの操作方法は次のとおりです。

借入時のATM操作方法

  1. 「お引き出し」または「お借り入れ」をタップ
  2. バンクイックカードを挿入
  3. 暗証番号を入力
  4. 希望借入額を入力
  5. 「確認」をタップ
  6. 現金、利用明細、カードを受け取る

出金時に発行される利用明細書には利用残高(借入残高)、次回返済期日、次回返済額、利用可能額の残高などが記載されています。

これらの内容はインターネットの会員ページでも確認できすが、解約までは念のため保管しておいたほうが良いです。

ATMでの1日あたりの出金限度額は初期設定で「50万円」に設定されています。

出金限度額の増額は三菱UFJ銀行の第二リテールアカウント支店に問い合わせてください。

三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店
電話番号 0120-76-5919
平日 9:00~21:00
土日祝日 9:00~17:00
休業日 12月31日~1月3日

銀行振込での借入方法

銀行振込で借り入れる場合は、本人名義の三菱UFJ銀行の普通預金口座に「ゴホンニン」名義で融資が振り込まれます。

利用にあたっては、返済期日前のお知らせなどをメールで通知してくれる『Eメールサービス』の事前登録が必要です。

振り込み手数料 完全無料
借り入れ単位 1万円単位

▼利用時間(振込サービスの初回利用時、および振込指定口座変更後の初回利用時)

利用時間 振込実施時間
平日0:00~24:00 当日中
土日祝日0:00~24:00 翌営業日中

▼利用時間(2回目以降の利用時)

利用時間 振込実施時間
平日0:00~8:15 当日9時ごろ
平日8:15~14:00 当日約30分以内
平日14:00~24:00 翌営業日9時ごろ
土日祝日0:00~24:00 翌営業日9時ごろ

銀行振込での借り入れの手順は次のとおりです。

振り込みの完了時には通知などは特に来ないので、振り込みは普通預金口座の残高照会にて確認してください。

インターネットの場合

  1. バンクイック会員ページにログイン
  2. メニューから「振込サービス」を選択
  3. 画面の案内に従って手続き
  4. 「ゴホンニン」名義で融資が振り込まれる
電話の場合

  1. 第二リテールアカウント支店へ電話
  2. オペレーターの案内に従って手続き
  3. 「ゴホンニン」名義で融資が振り込まれる

返済は「リボ払い」か「一括返済」

カードローンの返済は、あらかじめ決められた返済期日までに最小返済額以上の金額を返済するのが基本のルールです。

返済期日は「指定日」か「35日ごと」

返済期日は「毎回指定日」か「35日ごと」のいずれかから選べます。

利息総額は返済期間が短いほうが安く抑えられるので、なるべく毎回指定日を選ぶことをおすすめします。

メリット デメリット
毎回指定日 給料日の後に返済日が設定できる
返済管理が楽
毎回一回必ず返済しなければならない
35日ごと 余裕をもった返済プランが組める 返済ペースが遅いため返済期間が長期化しやすい

最小返済額は会員ページか利用明細で確認

最小返済額はバンクイックの会員ページや利用明細書などで確認できます。

以下は年8.1%を超える金利で契約する場合の最小返済額の例です。

最小返済額の例(借入利率が年8.1%超の場合)
返済日時点の借入残高 最小返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 1万円
50万円超 借入残高が10万円増えるごとに2,000ずつ増加

返済方法

カードローンの返済をするアトムくん

返済方法は次の3つから選べます。

バンクイックの返済方法

  1. 自動支払い(自動引き落とし)
  2. ATM返済
  3. 振込返済

1. 自動支払い(自動引き落とし)

三菱UFJ銀行の本人名義の普通預金口座から口座振替で返済する方法です。

自動支払いなので、返済忘れの心配がなく、定例返済に最適です。

2. ATM返済

三菱UFJ銀行ATMか提携ATMから現金で返済する方法です。

自動返済ではないので、定例返済よりも臨時返済や一括返済に適しています。

基本は1,000円単位での返済となりますが、一部の三菱UFJ銀行ATMでは平日8451800の時間帯に限り硬貨による1,000円未満の返済にも対応しています。

ATM利用時間外手数料 完全無料
提携ATM利用手数料 完全無料
返済単位 1,000円単位
※一部1円単位も可
利用時間 平日0:10~23:50
土日祝日0:10~23:50
※毎週月曜日の1:00~5:00、毎回第2土曜日の21:00~翌朝7:00は休止
ATMでの返済手順

  1. 「お預け入れ」または「ご返済」をタップ
  2. バンクイックカードを挿入
  3. ATMに最小返済額以上の現金を投入
  4. 利用明細とカードを受け取る

3. 振込返済

三菱UFJ銀行ダイレクトのログイン画面

画像引用元:三菱UFJ銀行ダイレクト

三菱UFJダイレクトか提携外ATMから銀行振込で返済する方法です。

こちらも定例返済ではなく臨時返済や一括返済に活用するのがおすすめです。

平日1459分までに手続きされた額は当日返済分として処理されます。

平日15時以降の返済分の処理日は、三菱UFJ銀行の翌窓口営業日扱いとなります。

三菱UFJダイレクトの場合
振り込み手数料 完全無料
返済単位 1円単位
利用時間 24時間受け付け可能
三菱UFJダイレクトでの返済手順

  1. バンクイック会員ページへログイン
  2. メニューから「振込返済先口座照会」を選択
  3. 振込先情報をメモする
  4. 三菱UFJダイレクトにログイン
  5. 振込返済先口座に最小返済額以上の金額を振り込む
提携外ATMの場合
振り込み手数料 有料
提携外ATM利用手数料 有料
提携外ATM時間外手数料 有料
返済単位 1,000円単位
利用時間 提携外ATMによる

※各種手数料や利用時間は提携外ATMにより異なります。

バンクイックの良い口コミ悪い口コミ

はてなマークの金田くんとアトムくんのイメージ

2013826日から2019419日までに価格ドットコムに集められた全478件の口コミをもとに、バンクイックで実際にお金を借りた人の率直な意見をまとめました。

良い口コミも悪い口コミもあるので、バンクイックでの借り入れを検討中の方はぜひ先行にしてください。

初回借り入れまでの所要時間について

ネットで申し込んで次の日にメールが来て、その後テレビ窓口でカードを受け取った。テレビ窓口では20分くらいでカードが受け取れた。(自営業 60歳以上 年収200万円~400万円)
在籍確認にすぐに対応できたので2日で借りられました。20時ごろにテレビ窓口でカード発行できて便利でした。(会社員 30代 年収200万円~400万円)
審査が早く、2日で借り入れできた。贅沢をいえば、在籍確認が電話じゃなくて収入証明書のみであればなおよかった。(パート・アルバイト 20代 200万円未満)
ネットとFAXで申し込みました~。田舎に住んでるのでうれしい。審査は早いです。2日後にコンビニで借りれました。(パート・アルバイト 20代 200万円未満)
3日以上かかりました。昔は即日で借り入れできたけど、今は昔ほど早くないみたいです。(会社員 30代 年収200万円~400万円)
審査回答は数日できましたが、借り入れには1週間くらいかかりました。(会社員 40代 年収600万円~800万円未満)

融資スピードに関しては口コミの9割が星4~星5の高評価で、イマイチな口コミを探すのが難しかったです。

サービス面について

契約後は必要なときに即日で振り込んでくれて便利だった。(会社員 30代 年収200万円~400万円未満)
クレカのリボ払いとか消費者金融よりも金利が低くて助かります。(会社員 30代 年収400万円~600万円未満)
提携コンビニATMでの取引が手数料無料なのが良いです。他のカードローン会社だとコンビニATM利用時には200円くらい手数料がかかるので、それに比べるとバンクイックはかなりお得です。(会社員 30代 200万円~400万円未満)
オペレーターの対応がめちゃくちゃ丁寧だった。初めてのカードローンなのでありがたかったです。(自営業 60歳以上 200万円~400万円以上)
テレビ窓口がATMの一角に設置されていて入りづらかった。壁はあるけど天井はないので、声が外に漏れていないか少し不安でした。(パート主婦 30代 年収200万円未満)
テレビ窓口のなかで20分~30分くらいの待ち時間があるとは知らず、トイレを我慢するのに大変でした。(自営業 40代 200万円未満)

サービス面では星4の評価が多く見られました。

提携ATMが手数料無料で使える点や、行き届いたオペレーターへの教育を称賛する声が多かったです。

不安材料としては、テレビ窓口への入りづらさを挙げている声が目立ちました。

平日の銀行窓口営業時間内だと周囲が人で混雑していて利用しづらかったという意見が多かったので、テレビ窓口を使う場合は土日祝日の窓口休業日に来店するのが良さそうですね。

返済面について

リボ払いだけじゃなくて一括返済もできたのでダラダラ返さずに済んだ。(会社員 30代 年収600万円~800万円未満)
三菱UFJ銀行ATMはもちろん、全国の提携ATMでも返済できるから便利でした。(会社員 30代 年収200万円~400万円未満)
随時返済としてネットやカードで即日入金(返済)できるのが良い。(会社員 40代 400万円~600万円未満)
指定日返済だから給料日にあわせて返済日が調整できました。完済まで一度も遅延しませんでした。(パート・アルバイト 30代 200万円未満)
使い勝手は良いんですが、もうちょっと金利が低いとうれしいかな…。(会社員 30代 400万円~600万円未満)

返済面で多かったのは星5の評価です。

カードローンはあくまでも借金なので、返済面の評価が高いのは借り手として安心ですよね。

イマイチな評価では金利設定への不満を訴える声がちらほら見られました。

審査基準と審査通過のポイント

審査をするカードローンスタッフ

最後に、審査に不安がある方に向けてバンクイックの審査基準と審査通過のポイントをまとめておきます。 

バンクイックの審査基準となるのは、大きく分けて次の4つの事柄です。

バンクイックの審査基準

  1. 利用条件を満たしているか
  2. 信用情報に事故情報はないか
  3. 在籍確認はとれるか

1. 利用条件を満たしているか

バンクイックの利用条件は次の5つの条件です。

バンクイックの利用条件

  • 20歳以上65歳未満である
  • 国内に居住している
  • 外国籍の場合は永住許可を受けている
  • 原則安定した収入がある
  • 保証会社(アコム)の保証が受けられる

年齢制限や居住地、国籍については上記のとおりです。

「原則安定した収入がある」ことと「保証会社(アコム)の保証が受けられる」ことについて少し掘り下げてお話します。

「原則安定した収入がある」とみなされる基準

安定収入があるとみなされやすいのは、勤続年数が長く雇用が安定している人です。

勤続年数が1年未満の場合や短期アルバイトの人などは審査通過は難しくなります。

雇用が安定していれば、正社員だけでなくパート・アルバイトや派遣社員、契約社員の人も借りられます。

個人事業主の人も事業が安定していれば大丈夫です。

ただし、バンクイックでは銀行独自の自主規制により本人年収の3分の1以下しか融資できなくなっています。

年収が少ない方は審査に通過できても利用限度額が限られてしまうため、この点は注意してください。

なお、一見収入とは関係がない居住年数や家族構成などの情報も、 生活の安定性をはかる材料となり得るので最終的には収入の安定性を判断する材料とされます。

保証会社(アコム)の保証が受けられるか

アコムのロゴ

バンクイックは保証会社付きのカードローンなので、保証会社の審査にも通らないと借り入れできません。

バンクイックの保証会社はグループ関係にあるアコム株式会社です。

そのため、アコムで過去に延滞や強制解約などの履歴がある人はバンクイックの審査通過は厳しくなります。

2. 信用情報に事故情報はないか

金融事故のイメージ

信用情報機関に登録された他社利用状況の履歴(いわゆる信用情報)も審査に影響します。

信用情報に登録されている主な情報

  • クレジットカードのキャッシング枠の利用履歴
  • カードローンの利用履歴
  • クレジット決済の利用履歴(例:クレジットカードのショッピング枠、携帯電話やスマートフォンの本体価格の分割払いなど)

上記について61日以上または3か月以上の遅延、踏み倒し、保証履行、強制解約、債務整理などの心当たりがある方は、 いわゆるブラックリスト状態となっていてバンクイックでの審査通過は難しいです。

信用情報に不安がある人は、自分の信用情報を一度開示してブラックリストにあてはまるような事故情報がないか確認してみましょう。

開示請求についてくわしくはCICJICC、全銀協の3つの個人信用情報機関の公式ホームページで案内されています。

3. 在籍確認はとれるか

バンクイックの本審査では、電話による在籍確認がおこなわれます。

在籍確認とは、申込者が申告したとおりの勤務先で働いているかどうかの事実を調べるための確認作業です。

上記の条件をすべてクリアしていても、在籍確認がとれないとバンクイックの審査通過はできません。

在籍確認の内容に関するくわしい解説は別記事でまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

なるべく無駄な費用を払わずにカードローンを利用したいのなら、抑えるべきは利息よりも手数料です。

一般的な銀行カードローンの多くでは借り入れと返済のたびに100円~400円かかるので、毎月の利息額よりも手数料のほうが高くつくこともしばしば…。

その点、借り入れも返済も手数料無料でできるバンクイックなら、利息以外のキャッシング費用はかかりません。

その他にも、バンクイックには銀行カードローンのなかで唯一土日祝日も審査が受けられることや、テレビ窓口でもカード発行できることなど、メリットがたくさんあります。

価格ドットコムでも口コミ評価もメガバンクのカードローンのなかで一番高いので、銀行カードローンでお金を借りたいときにはぜひバンクイックを活用してみてください。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

実質年率 1.8%~14.6%
限度額 最高500万円
審査時間 -
  • テレビ窓口から申込みできる!ネット併用も便利
  • 銀行カードローンの中でもトップクラスの低金利
  • バンクイックは三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できる!