アコムも自動契約機に行く前にネットで審査に申込みがおすすめ

更新日:2020/03/30

あなたは消費者金融と聞かれるとどの会社を思い浮かべますか?

こう聞かれると私なら「アコム」と答えます。

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは大手消費者金融であり、最近ではテレビCMもよく見かけますので、個人的には世間的にも一番よく知られている消費者金融のように思います。

そんなアコムはインターネットの数々のサイトを見ていても評価が高いカードローンであり、平日14時までに契約を済ませれば銀行口座に即日振込キャッシングも可能です。

また、自動契約機(むじんくん)を活用すれば、平日の夜や土日祝でも契約をすることができます。

自動契約機(むじんくん)は9時~21時まで年中無休(年末年始除く)で営業

自動契約機は自分一人で申し込みから契約、カード発行まで手続きができる契約機のことで、申込書や身分証明証などの書類提出も契約機のカメラでスキャンすれば提出できます。

自動契約機の操作方法も簡単で、銀行ATMと同様の画面をタッチパネルして手続きを進めることができます。

家族や知人の方に内緒で借入したい方には一番おすすめの契約方法。

ここでは、アコムのカードローン申込において、避けては通れない審査について紹介していきます。

キャッシングには審査通過が必須

アコムを利用するには、まずインターネットから申し込みされることをおすすめしています。

審査結果を事前に電話やメールで受け取ることができるので、自動契約機での手続き時間の短縮にも繋がります。

公式サイトにもあるようにアコムの審査回答は最短30分ですが、審査状況によっては延びる場合もあります。

審査時間を無駄にしない為にも、事前に審査回答を受け取ってから自動契約機でカード発行するのがスムーズな手続きです。

審査回答時間

ネット申込は24時間365日受付ですが、審査回答時間は9:00~21:00。

アコムの審査は土日祝も対応ですが、深夜に申し込みしてもスグに審査回答は得られません。

しかし、翌朝の早いタイミングで審査回答をもらえるように、融資が必要になった際は、少しでも早くネット申込を済ませておくことが重要です。

スマートフォン操作

金融機関によって審査基準は異なりますが、各社の審査では申込情報・信用情報は大きな要素となります。

貸金業者からすると、貸付したものの回収できなくなるリスクは避けなければならないため、少しでも信用力の高い利用者にお金を貸したいと思うのは当然のことなのです。

以下で、3つの重要な審査ポイントを紹介します。

属性スコアリング

ネット申込すると、まずは申込内容・個人情報を元にスコアリングと呼ばれる採点が行われます。

年齢、年収(収入)、職業、勤務先、勤続年数、居住形態などの属性に応じて点数化を行うを審査方式であり、金融機関が設けている基準値を超えることが貸付条件となります。

例えば、公務員・大手企業の方であれば、アルバイト・パートの方よりも安定収入が見込めるとして点数も高くなります。

アコムに限らず、キャッシング会社からすると貸付したお金をキチンと返済してもらえるかが重要なので、返済能力が高い方が評価が良いのは当然です。

自分自身も、過去に借金を沢山して返済していない知人から「お金を貸して」と言われても抵抗がありますよね。

信用情報

申込者の信用力を調べるため、信用情報機関の情報も照会されます。

信用情報とは個人のクレジットやローンなどの契約内容・取引履歴・借入状況(利用状況)などの情報のことで、過去の延滞・滞納などの事故情報(ブラック情報)まで確認することができます。

この際、債務整理や自己破産と言った金融事故の履歴があれば、審査通過はかなり厳しくなると言っても過言ではありません。

このような金融事故の情報は5年~10年は履歴が残ってしまうため、その間の新しいクレジットカード発行やローン契約は厳しいとされており、完済から5年以上経ってから改めて申し込みすることをおすすめします。

自身の信用情報の確認としては、千円ほどの費用がかかりますが、信用情報機関に申請すれば情報開示もしてもらえます。

アコムが加盟しているのはJICCとCICの2社ですが、CRIN(クリン)と呼ばれる交流ネットーワークで3社で延滞情報や申込情報を信用情報機関同士で共有化されています。

在籍確認

自動契約機で手続きが本審査となりますが、勤務先への在籍確認が行われます。

zaiseki_acom

申込用紙・申込フォームに記載したお勤め先の会社にアコムから所属確認の電話が入ります。

在籍確認の目的としては、申込者ご本人に安定した収入があるかの確認です。

あくまで在籍を確認するのが目的なので、本人が必ずしも電話に出る必要はありません。

また、確認電話はアコム担当者の個人名で行われるので、誰にもキャッシングの審査だとばれることはありません。

もし、不安であれば事前に「クレジットカードを作るから連絡がくるかも」と伝えておけば問題なく済ませることができます。

woman_office_tel

また、どうしても在籍確認の電話を避けたい場合などは、給与明細や健康保険証など社名の入った提出書類で在籍が認めてもらえる電話連絡を回避することが出来るケースもあります。

一度、コールセンターに相談してみましょう。

アコムは総量規制対象なので申込には本人所得が必須

消費者金融業者などの貸金業者は総量規制(貸金業法)によって、本人所得があるにしか貸付を行っておらず、利用者側としても利用限度額が年収1/3を超える借入ができなくなりました。

アコムでも年齢20歳以上の年齢制限に加え、本人の安定した収入が必須となります。

つまり、年齢制限をクリアしていても専業主婦や無職の方など自身に所得がない方は審査に落ちることになります。

銀行が提供するサービスは銀行法に基づいているため、配偶者所得などを元に審査を行ってくれる金融機関もあります。

収入がない場合は銀行カードローンの活用を検討してみると良いでしょう。

ポイント
事実とは異なる嘘の情報での申込や誤字・脱字には十分に気をつける必要があります。

アコムの利用は、担保・保証人が不要なので、申込者の信用力が大きな審査ポイントとなることから信用力を落とすような行為は避けなくてはなりません。

ネット申込みを済ませて自動契約機へ

自動契約機(むじんくん)外観

店舗にもよりますが、アコムの自動契約機の利用メリットは、年中無休(年末年始除く)で9:00~21:00の長い営業時間と誰にも会わずに契約ができることに尽きます。

アコムの店頭窓口は、平日9:30~18:00までしか営業しておらず、全国に39店舗しかないのも利用者が限られています。

その点、自動契約機は全国各地に豊富な設置数。

インターネットで事前申込みを済ませておくことで、契約機では約30分程度で手続き完了させることができます。

必要書類だけは必ず忘れないように用意して、お近くの自動契約機に向かいましょう。

本人確認書類

・運転免許証(なければ健康保険証)
※外国籍の場合は「在留カード」または「特別永住者証明所(外国人登録証明書)」を提出

アコムでの借入額が50万円を超える場合、またはアコムと他社との借入総額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。

収入証明書類

・源泉徴収票
・給与明細書
・市民税/県民税額 決定通知書
・所得証明書
※全て最新・直近のもの

収入証明書類

希望限度額にもよりますが、他社借入がない場合、アコムなら50万円以下であれば収入証明書不要で借りることができます。

借入希望を最低額にしておけば返済時の金利負担も軽減することができる上、利用限度額が低い分、貸付業者としても審査ハードルが低くなります。

自動契約機(むじんくん)なら誰にも会わずに契約可能

お住まいの近くの自動契約機が便利ですが、近所の知人などに入店する時に見られてしまう可能性もあります。

周囲が暗くなる夕方以降や、ビルなどの建物内にある契約機を使うことで人に会う確率も知り合いに見られる確率もかなり低くなります。

実は自動契約機(むじんくん)にはカメラが設置されている

自動契約機なので当然無人に変わりはないのですが、誰にも見られていない訳ではありません。

自動契約機(むじんくん)の内部にはATMのような機器が一台だけ設置されており、他にはアコムの利用に関する書類も用意されています。

  • AC会員ご入会の手引き
  • AC会員規約
  • こんな手口にご注意ください
  • 借換え専用ローン契約条項
  • 封筒(ACサービスセンター行)
  • お客様の声をお聞かせください

shorui_acom

契約時期によって設置されている紙面は異なると思いますが、アコムに申込む際の規約などが記載されています。

また、収入証明書(写し)などを後日郵送して提出する場合にはこちらに配置されている封筒を使うようです。

初めての契約時のタイミングで収入証明書を出さなくても、後日また郵送するのであれば封筒も一緒に持ち帰ることをおすすめします。

個室に契約機が1台だけ設置されていないのは、契約者のプライバシーを保護する目的もあります。

一度、中に入ってしまえば店舗の外部から見られる心配はありません。

アコム無人契約機

しかし、実は契約機の本体にはカメラが付いており、アコムのオペレーターの方に室内の行動を監視されています
※監視と言えば、言葉がキツイように感じますが、本人確認を行う為です。

審査にまで影響がでるかは不明ですが、あまり不審な動きをしていると担当者の方に悪い印象を持たれてしまう可能性もありますね。

私がアコムの自動契約機(むじんくん)で申し込みした際は、なんとなく不安だったので友人にも一緒に来てもらっていました。

しかし、契約の手続きを進めるにつれて

今そちらに一緒におられる方はどちら様でしょうか?

と女性オペレーターからの指摘を受けて、退席を促された経験が実際にあります。

理由としては契約機では最後の方に暗証番号などの設定もあるので、個人情報の扱いあるからのようでした。

よくよく考えてみれば当然のことですよね。

アコムなら即日キャッシング可能

審査通過をして契約内容の確認が終われば、いよいよローンカードの発行です。

契約内容通知書とカードを受け取れば手続きは全て完了。

アコムでは本当に申込みした当日中に提携ATMを利用して借り入れが可能となりました。

実際にコールセンターや契約に伴うスタッフの対応などを体験してみると、アコムには大手ゆえの「丁寧かつシッカリした対応」の印象があります。

申し込み確認時や審査での本人確認の電話でも、その都度、本人確認を徹底していました。

もちろん、本人確認とは言え、名前や生年月日など本人なら簡単に答えられる質問ばかりなので身構える必要はありません。

アコムは小さな確認も徹底しており、メガバンクのグループ企業だな・・・という安心感が申し込みの中でも感じられるものがありました。

初めての契約であれば契約日の翌日から30日間は無利息期間になるサービスがあるのも利用者にとって大きなメリット。

アコムは金利面だけでなく、三菱UFJ銀行カードローンの保証会社を務める信頼性もあり、カードローン利用が不安な初心者の方でもアコムなら大手消費者金融としておすすめです。

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 審査次第では書類による在籍確認も相談可能

  • 申込から最短30分で審査回答
  • 全国各地に設置された自動契約機(むじんくん)で契約OK
  • 初回契約から最大30日間無利息
  • 楽天銀行口座に24時間365日最短1分の振込融資