アコムの借り方を徹底解説!はじめての人でも安心して借りる方法を紹介

更新日:2021/07/16

「はじめてのアコム♪」で有名な大手消費者金融のアコム。

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属するカードローンで、名前を知っている人は多いのではないでしょうか?

ただ「アコムの名前は知っていてお金を借りたいけど、具体的な申込方法がわからない」と悩んでいる人もいますよね。

そこでこの記事では、アコムの利用がはじめての人でも、安心して借りる手順や方法を紹介します。

借りる際の注意点や誰にもバレずに借りる方法についても紹介するので、アコムの利用を考えている人は参考にしてください。

アコムの特徴

アコムは大手消費者金融の中でも、非常に高い知名度を誇ります。

テレビのCMやインターネット広告などで見つけて、「お金が足りないし、アコムに申し込もうかな?」と考えた人もいるかも知れません。

しかしアコムの名前は知っていても、実際にどのような特徴があるのか知らない人は多いと思います。

そこでまずは、アコムの特徴から紹介します。

アコムの特徴には、下記のようなものがあります。

借入限度額 800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・返済回数 最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
遅延損害金(年率) 20.00%
申込条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する人でアコムの基準を満たす人
担保・連帯保証人 不要

アコムならではのメリットは、以下のようなものがあります。

  • ●累計利用者数が一番多い
  • ●楽天銀行口座あてに最短1分で振込融資できる
  • ●クレジットカードでキャッシングができる

アコムならではのメリットについて、以下で詳しく紹介します。

累計利用者数が一番多い

はじめてカードローンを利用する人は「信用できる消費者金融かどうか」という点が気になると思います。

消費者金融に対して不安を持っている人にこそ、アコムがおすすめです。

なぜならアコムは大手消費者金融の中で、利用者数が最も多いからです。

アコムの公式発表によると、アコムのカードローン利用者は、2021年3月末時点で150万人を超えています。

アコム以外の大手消費者金融の利用者数は以下のとおりです。

プロミス アイフル レイクALSA SMBCモビット
146万人 138万人 84万人 50万人

カードローンをはじめて利用する人にとって、多くの人が使っているアコムは安心して利用できるカードローンだといえるでしょう。

最短1分で借入可能

アコムでは、楽天銀行口座あての振込を希望した場合、24時間いつでも最短1分で振込を受けられます

日時や曜日に関係なく、入金してもらえるため、土日祝や深夜に借り入れが必要になったときにも、安心です。

クレジットカードでキャッシングができる

アコムはカードローン機能がついたクレジットカードを、自社で提供しています。

アコム以外の大手消費者金融の中で、自社のクレジットカード提供しているところはありません。

クレジットカードの名称はACマスターカードです。ACマスターカードは、キャッシング枠とショッピング枠をそれぞれ設定できます。

ACマスターカードの詳細を知りたい方は、後ほど解説する『上級者はACマスターカードを使う』の目次をご覧ください。

アコムの申込方法は5種類

アコムの申込方法は以下の5種類です。

  • ●インターネット申込
  • ●自動契約機(むじんくん)
  • ●店舗窓口
  • ●電話
  • ●郵送

「申込方法が多いのはありがたいけど、どの申込方法がどんな特徴があるのかわからない!」人もいますよね。

自分に合った方法で申し込みができるように、それぞれの特徴や注意点をまとめました。

申込方法 受付時間 特徴や注意点
インターネット 24時間365日
  • ●パソコンやスマホからいつでも申し込みができる。(外出不要、外出先でも可能)
  • ●不明点や疑問点がある場合は、問い合わせする必要がある。
自動契約機(むじんくん) 9:00~21:00
  • ●備え付けの電話があるので、不明点もすぐに対応可能。
  • ●利用状況によっては、借り入れまでに時間がかかる。
店頭窓口 9:30~18:00
  • ●担当者と一緒に手続きができる。
  • ●店舗数が少ない(4店舗)うえ、営業時間が短い。
電話 24時間365日
  • ●相談しながら借り入れ可能。
  • ●18時以降の申し込みは審査結果の通知が翌日になる。
郵送
  • ●自宅で落ち着いて検討できる。
  • ●借り入れまで1週間程度かかる。

それぞれの申込方法について、以下で詳しく解説していきます。

インターネット

インターネットから申し込む場合、24時間365日申し込みが可能です。

お手持ちのスマホ、もしくはパソコンから外出することなく申し込みできますよ

インターネットの申込方法は以下のとおりです。

アコムの公式サイトにアクセスする

まずはアコム公式サイトにアクセスし、インターネット申込を開始しましょう。

お客様情報・勤務先情報・他社の借入状況などを入力する

アコムのインターネット申込では、以下3つの内容を入力します。

  • ●お客様情報(申込者本人の情報)
  • ●勤務先情報
  • ●他社の借入状況

入力に誤りがないかどうか、必ずチェックしてくださいね。

仮審査結果と一緒に送られてきたURLにアクセスする

申し込みが終わると、すぐに仮審査回答がメールで届きます。

仮審査回答のメールに記載された仮の会員ページにアクセスしてください。

仮の会員ページから本人確認書類をアップロードする

仮の会員ページにアクセスすると、本人確認書類を提出する項目があります。

書類提出は写真を撮ってアップロードするだけなので、とても簡単ですよ。

なお本人確認書類は、アコムの会員ページのほか公式アプリからも提出できます。

(FAXや郵送での提出も可能です。)

また下記の利用を考えている人は、本人確認書類のほかに収入証明書も必要です。

  • ●アコムから50万円を超える契約を行う人
  • ●他社を含めた借入総額が100万円を超える人

審査完了の連絡を受ける

アコムの審査は最短30分で完了します。

提出書類や在籍確認のあと、審査完了の連絡が届きます。

審査完了後には、「契約手続きのお願い」というメールが送られてきますので、確認してください。

契約完了

アコムから届いた「契約手続きのお願い」メールに記載された契約内容を確認し、申込者が同意すると契約完了です。

メール送信日の22:00までに手続きをしてください。

ローンカードの受け取り

ローンカードは”自宅への郵送”で受け取ることもできますし、”店頭窓口・自動契約機(むじんくん)で直接受取”も可能です。

自宅に郵送物が届かないようにしたい方は、自動契約機でカードを受け取ってください。

また振込融資のみで利用する場合は、カードを発行しなくてもです。

自動契約機(むじんくん)

自動契約機の場合、対面でのやり取りがなくスムーズに申し込みができることが特徴です。

自動契約機の申込方法は、以下のとおりです。

本人確認書類を用意し、近くのアコム自動契約機(むじんくん)へ行く

アコム自動契約機(むじんくん)から申し込みをする場合、あらかじめ本人確認書類は持っていきます

またインターネットで申し込む場合と同様、下記の利用を考えている人は、本人確認書類のほかに収入証明書も必要です。

  • ●アコムから50万円を超える契約を行う人
  • ●他社を含めた借入総額が100万円を超える人

本人確認書類や収入証明書については『お申し込みに必要な書類』確認ください。

アコム自動契約機(むじんくん)の店舗は、下記で探せます。

申し込みをして、審査結果を待つ

アコム自動契約機(むじんくん)に本人確認書類などの必要書類を提出したら、審査結果を待ちます。

契約の手続きを行い、ローンカードを発行する

アコムの審査が完了し、通過していたら自動契約機(むじんくん)で契約の手続きを行います。

契約の手続き完了後、ローンカードを発行してくれます。

自動契約機(むじんくん)は年中無休(年末年始を除く)なので、いつでも申し込みが可能です。

ただし24時間営業ではなく、9:00~21:00の営業なので、即日融資を受けたい人は20時までに申し込みを行いましょう
※一部店舗は営業時間が違うことがあります。

店頭窓口

審査方法や必要な書類は自動契約機(むじんくん)と同じですが、アコムの店頭窓口に行くと、申し込みからカード発行まで担当者と進められます。

ただしアコムの店頭窓口は東京、神奈川、大阪にしかなく、営業時間も平日の9:30~18:00までと他の申込方法と比較しても短いです。

即日融資を希望している場合、審査時間なども考慮して17:00ごろまでには来店するようにしましょう。

アコムの店頭窓口は以下オレンジ色のボタンからを確認ください。

電話

電話で申し込む場合には、オペレーターに相談しながら申込手続きができます

一人で申し込むのは不安だけど、店頭には行けない人におすすめです。

以下で、電話の申込方法を紹介します。

フリーダイヤル(0120-07-1000)に電話をかけて申し込む

まずはアコムに電話をかけて申し込みを行います。

この電話で、融資可能かどうかの判断(簡易審査)をしてもらえます。

アコムの電話申込は、24時間365日対応となっているので、いつ電話をかけても問題ありません

しかし18時以降に電話をかけると、簡易審査の回答が翌日となりますので、注意してください。

契約の手続きを行う

電話で申し込んだ場合、インターネット/来店/郵送/FAXの4種類から選んで、契約手続きを行います。

以下で、それぞれの契約方法について解説するので、申込者に合った方法で手続きをしてください。

インターネット契約の場合

携帯番号へショートメッセージが届きますので、メールアドレスを登録します。

登録完了後、本人確認書類をインターネット上でアップロードしてください。

ローンカードは自宅に郵送もしくは、店舗・自動契約機(むじんくん)に来店し、発行されます。

来店契約の場合

本人確認書類を用意し、アコムの店頭または自動契約機(むじんくん)に行きます。

ローンカードはその場で発行してもらえます。

郵送の場合

アコムから申込書類が自宅に郵送されます。

必要事項を記入し、本人確認書類と一緒に返送してください。

アコム側が内容を確認すると手続きが完了し、ローンカードが自宅に郵送されます。

FAX送信の場合

FAX契約専用書類一式をダウンロード・印刷して記入します。

記入完了後、0120-91-7246へまで送付してください。

なお平日14時までに必要書類をFAXで提出すると、即日借入が可能です。

郵送

最後に紹介するのは、郵送での申込手順です。

郵送での申込手順は以下のとおりです。

フリーダイヤル(0120-07-1000)に電話をする

必要事項を記入し、必要書類とともに返送する

審査結果の連絡がくる

契約手続きを行う

ではそれぞれの手順の詳細について解説します。

フリーダイヤル(0120-07-1000)に電話をする

まずは電話をかけ、申込書類を取り寄せましょう。

必要事項を記入し、必要書類とともに返送する

アコムから送られてきた申込書類を作成し、本人確認書類などの必要書類とともに返送します。

審査結果の連絡がくる

返送した書類を元に、審査が行われます。

審査結果はアコムから電話で連絡が来ます。

契約手続きを行う

アコムから契約書類とローンカードが最短翌日に郵送されます。

ローンカードを受け取ったら、会員サイトにログインするか、アコムに電話をかけてください。

受け取りの連絡後、ローンカードが利用可能となり、お金を借りられます。

ここまでがアコムに申し込む5つの方法です。

次は、アコムに申し込む際の注意点について確認していきましょう。

アコムに申し込む際の注意点

アコムに申し込む際の注意点は、下記のとおりです。

  • 借入希望額は年収の3分の1以下にする
  • 虚偽の情報で申し込まない
  • 短期間に複数のカードローンへ申し込まない

それぞれの注意点について、以下で詳しく解説していきます。

借入希望額は年収の3分の1以下にする

カードローンでは、年収の3分の1を超える貸付が原則禁止されています。

これを”総量規制”といいます。

総量規制をする理由は、過度な借り入れをして申込者が返済できなくなることを防ぐためです。

例えば年収が600万円だった場合、借り入れできる金額は最大200万円です。

この場合200万円を超える金額を借入希望額として、申請すると審査に通らない可能性があります。

返済不可能な金額を借りようとしていると判断されるからです。

そのため借入希望額は、年収の3分の1以下で申請しましょう。

なお年収とは、手取り金額ではなく、税金や社会保険料を含めた収入の総額をいいます。

源泉徴収票の左上にある【支払金額】に書かれている数字が年収です。

ちなみに年収の3分の1とは、これから申し込もうとしている業者1社だけでなく、現在借りている全ての貸金業者の額を合計したものなので、注意してください。

虚偽の情報で申し込まない

「審査に通りやすくしたい」
「多くの金額を借りたい」

このように考えて、実際もらっている年収よりも高い金額で申し込んだり、他社の借入状況について記載しなかったりする人もいるかも知れません。

しかし信用に関する情報は、JICC(日本信用情報機関)CIC(シー・アイ・シー)の2社が保有しています。

消費者金融では申し込みがあると、JICCやCICが管理している情報を確認します。

そのため、虚偽の記載をしてもすぐに見破られてしまうでしょう。

また故意に虚偽の記載をしてなくても、間違った情報で申請してしまうと審査落ちの原因になることもあります。

それは審査担当者から故意かどうかは判断できず、「審査に通るためにわざと違う情報を書いているのではないか?」と疑われてしまうためです。

申し込む際には、虚偽の情報で申し込むことは絶対にしないでください。

また入力内容に間違いがないか、何度も確認をして提出しましょう。

短期間に複数のカードローンへ申し込まない

短期間で複数の業者にカードローンを申し込んでいる人も、審査に通らないことがあります。

複数の業者に申し込んでいる=何らかの理由で他社の審査に通過できていないことになりますよね。

そうなると貸し出しを行うリスクが高いと判断されて、新しく申し込んだ業者の審査に通りづらくなるのです。

「でも他の業者に申し込んだことなんて、バレないのでは?」と考えた人もいるでしょう。

実はカードローンに申し込んだことは、信用情報機関に6ヶ月間記録されます

つまり申し込んでから6ヶ月経過するまでは、新しく申し込んでも、審査に通りにくい状況が続くでしょう。

そのため、短期間に複数のカードローンへ申し込むことはやめましょう。

ここまでは、アコムに申し込む際に注意すべき点について解説しました。

続いては申し込みが完了したあとに借り入れる方法について、紹介します。

アコムでお金を借りる方法

申し込みが完了すると、次は実際にアコムからお金を借ります。

アコムの借入方法は、3種類あります。

  • ●ATMを利用する
  • ●口座振り込みをする
  • ●店頭窓口へ行く

それぞれ詳しく解説します。

ATMを利用する

ATMを利用して借り入れる方法は、”アコムATM”と”提携ATM”を利用します。

以下でそれぞれの借入方法と特徴について、紹介します。

アコムATM

アコムATMは、全国のアコム店舗や自動契約機(むじんくん)に併設されています。

アコムATMから借り入れる操作手順を説明します。

カードをATMに入れる。

4桁の暗証番号を入力する。

「ご融資」を選択する。

ご利用金額を入力し、「円」を押す。

明細書とカードを受け取る。

紙幣を受け取る。

アコムATMから借り入れる場合、手数料はかかりません

自動契約機(むじんくん)とATMコーナーの営業時間は、以下のとおりです。

店舗種類 営業時間
自動契約機(むじんくん) 9:00~21:00(年中無休、ただし年末年始は除く)
ATMコーナー 24時間

一部店舗は営業時間が異なるため、事前に公式ホームページで調べておくことをおすすめします。

提携ATM

アコムと提携しているATMでも、お金を借りられます。

提携ATMは、セブン銀行やローソン銀行などのコンビニATM、三菱UFJ銀行や広島銀行といったメガバンクや地方銀行などが含まれます。

他にも提携しているATMはありますので、詳細を知りたい人は公式ホームページを参考にしてください。

提携ATMの借り方を、セブン銀行を例にとって紹介します。

カードをATMに入れる。

取引の中から「ご出金(借入)」を選択する。

4桁の暗証番号を入力する。

取引金額を入力する。

取引内容に問題がなければ、「確認」ボタンを押す。

明細票とカードを受け取る。

紙幣を受け取る。

アコムの提携ATMからお金を借りる場合、利用手数料がかかることに注意しましょう。

手数料の内容は以下のとおりです。

  • 1万円以下の借り入れ:110円
  • 1万円超の借り入れ:220円

またメンテナンスなどの影響により、利用できない時間帯もあります

詳しくは、各銀行のホームページでご確認してください。

口座振込

アコムでは、インターネットやお電話から24時間365日口座振込の申し込みが可能です。

口座振込にかかる手数料は無料なため、利便性が高いです。

また楽天銀行であれば、いつでも最短1分で、振込が行われます。

その他の金融期間に関しては、曜日や時間帯によって振込時間が異なるので、以下の表で確認してください。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
月曜~日曜・祝日 0:10 ~ 23:49 受付完了から1分程度
月曜 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜 0:10 ~ 23:49 受付完了から1分程度
土・日・祝日 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 19:59 受付完了から1分程度
20:00 ~ 23:49 翌日 9:30頃
振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関 月曜 ~ 金曜 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 17:29 受付完了から1分程度
17:30 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃
その他金融機関
(コアタイム)
月曜 ~ 金曜 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 14:29 受付完了から1分程度
14:30 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃

インターネットから振込融資を申し込む場合は、アコムの会員専用インターネットサイトから振込を指示してください

電話で申し込む場合は、フリーダイヤルに電話し、指定した口座に振込してもらいます。

電話での借り入れは、自動応答の”プッシュホンサービス”の場合で0:10~23:50、担当者受付の場合で9:00~18:00の時間帯で利用できます。

電話で申し込む場合、14時までに連絡をすると、最短で当日の15時までに振込が完了します。

14時をすぎると、翌日に振り込みされるので、当日にお金を借りたい人は、14時までに電話をかけましょう。

店頭窓口

アコムの店頭窓口へ直接出向いて、借り入れを行うこともできます。

店頭窓口では担当者に相談しながらお金を借りられるので、はじめて利用する人でも安心です。

手数料は無料ですが、借入可能時間は平日9:30~18:00で、土日祝は休業となっているので、注意してください。

借りたあとの返し方も知っておこう

アコムの返済方法は、以下の6つです。

  • ●インターネット返済
  • ●アコムATM
  • ●提携ATM
  • ●店頭窓口
  • ●口座振込
  • ●口座振替

借りるだけ借りて、いざ返済するときに慌てないようにするためにも、事前に確認しておきましょう。

それぞれのメリット・デメリットは下記のとおりです。

返済方法 メリット デメリット
インターネット
  • ●24時間いつでも返済可能
  • ●手数料無料
メンテナンス時間がある
アコム専用ATM
  • ●ATM決済カードがなくても返済可能
  • ●手数料無料

専用ATMなので、アコム利用者であることが周囲にバレる可能性がある

提携ATM コンビニでの返済が可能 手数料がかかる
店頭窓口
  • ●返済額の減額などを相談した上で返済を進められる
  • ●手数料無料
アコムの店舗数自体が少ない
口座振込 1,000円以下の少額の返済に対応
  • ●手数料がかかる
  • ●振込に行く手間がかかる
口座振替
  • ●自動引き落としなので手間がかからない
  • ●手数料無料
返済日が固定される

アコムの返済方法についてより詳しく知りたい人は、『アコムの返済方法はどれを選ぶべき?選び方のポイントや返済額を減らす方法を紹介』の記事を参考にしてください。

誰にもバレずにアコムから借りる方法はある?

消費者金融からお金を借りていることを、家族や職場にバレたくない人は多くいると思います。

そのような人は、まずどんなことが原因でバレるのか確認しておきましょう。

アコムの借り入れが他人にバレる原因は以下のとおりです。

  • ●在籍確認を電話
  • ●ローンカードを保有していることが見つかる
  • ●郵送物が送られてくる

それぞれ対処法がありますので、以下で紹介します。

在籍確認を書類提出にすればバレない

アコムに申し込むと必ず在籍確認が行われます

在籍確認は申込者が申告した勤務先で本当に働いているのか、確認するためのものなので、電話での連絡が正確で早いです。

そのためアコムの在籍確認は、基本的に職場への電話で行います。

しかし会社にはどうしても電話連絡されたくない人や、そもそも電話連絡では在籍確認は難しい人もいると思います。

そのようなときは、アコムのフリーコールに電話をして「在籍確認を電話で行うのは難しい」と相談すれば、書類を提出することで在籍確認してもらえる可能性もあります

提出する書類は、以下のものが必要なので前もって準備しておきましょう。

  • ●健康保険証
  • ●所得証明書
  • ●直近2ヶ月の給与明細書
  • ●源泉徴収票
  • ●社員証

書類で在籍確認されると、会社に電話連絡が来ないので、アコムと契約しても職場の人にバレません

ローンカードを使わずにお金を借りる

アコムからお金を借りていることを知られたくなければ、口座振込でお金を借りましょう

なぜならローンカードを使わずに、お金を借りられるからです。

友人や家族といるときに、ATMなどでアコムのローンカードを使っていると、カードを見られてしまう可能性があります。

しかし口座振込で借りるようにすれば、ローンカードを使わずに借りられるので、周りの人にバレる心配がありません。

アコムと契約したら、アコム会員ページで口座登録を行い、口座振込での借り入れを申し出ましょう。

返済を滞納せず期日通りに返済する

消費者金融からお金を借りていることを家族や職場に知られたくない人は、返済のしやすさも考慮することが大切です。

なぜなら期日通りに返済できなければ、カードローン会社から返済の連絡がきたり、督促状が自宅に届いたりして、家族にバレてしまうためです。

返済の連絡だけなら、カードローン会社名を名乗らないなどの対応をしてくれるので、家族にバレる可能性は低いでしょう。

しかし督促状は、差出人に債権者名が記載されているので、お金を借りていることがバレてしまいます。

また返済の連絡や督促状を無視していると、職場に電話されたり訪問されたりすることもあるので、会社の人にもバレてしまいます。

カードローンの利用がバレたくなければ、督促状が届く前、もっといえば期日に遅れることないように、返済しましょう

上級者はACマスターカードを使う

アコムではACマスターカードを作ることで、キャッシングとショッピングを1枚で利用できます。

アコムACマスターカードは、キャッシングとショッピングで、金利が異なります。

利用方法 金利(実質年率)
キャッシング(カードローン) 年3.0%~18.0%
ショッピング(クレジットカード) 年10.0%~14.6%

ショッピングのためにお金を引き下ろして使うのであれば、アコムACマスターカードで支払うほうがおとくです。

「え、最低金利が3.0%のカードローンのほうがいいのでは?」と思われて人もいると思います。

しかしはじめてアコムと契約する人が、いきなり最適金利である年率3.0%で借り入れできる可能性はほとんどなく、上限金利の適用が基本です。

上限金利が適応されるのは、まだお金を借りて返済した実績がないため。

そのため最大金利の低いクレジットカードでショッピングの支払いをするほうが、おとくとなるのです。

ちなみに通常のクレジットカードと同様に、アコムACマスターカードでも、期日(20日までの支払いを6日)に一括払いをすれば、手数料(利息)はかからないので安心してください。

金利や利息に関しては、『金利と利息・利子の違いを理解して賢くお金を借りる方法を解説』の記事を参考にしてください。

まとめ

この記事では、アコムの借り方について解説してきました。

申込方法からお金を借りる方法まで紹介しているので、この記事をしっかりと読んでいると、実際にお金を借りるときに迷わなくて済むでしょう。

ただしアコムは、あくまでもお金を借りるところにすぎないことを頭に入れてください。

お金に困っているのであれば、大きな助け舟となりますが、借りすぎてしまうと返済できなくなる可能性も出てきます。

実際にアコムからお金を借りる場合は、必要最低限のお金を借りて、本当に返済できる金額なのか考えてから借りましょう。