今日中にお金を借りたい!即日融資を受けられる借り方と審査通過のコツを紹介

更新日:2021/01/12

この記事では、今日中にお金を借りる最適な方法を解説していきます。

お金がない!どうしよう!?今日中に借りたい!

早速、お金を借りる方法と今日中に借りられるかどうかを以下の表にまとめてみました。

借入方法 即日融資 おすすめ度
大手消費者金融カードローン ★★★★★
クレジットカードのキャッシング枠 ★★★★☆
ショッピングローン ★★★★☆
質屋から借りる ★★★☆☆
ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付 手続き済なら可 ★★★☆☆
生命保険の契約者貸付 一部生命保険で可 ★★★☆☆
家族や友達に借りる ★★☆☆☆
交番から借りる ★☆☆☆☆
銀行カードローンから借りる 不可 ☆☆☆☆☆
生活福祉資金貸付制度を利用して借りる 不可 ☆☆☆☆☆
日本政策金融公庫から借りる 不可 ☆☆☆☆☆
会社から借りる
(従業員貸付制度)
不可 ☆☆☆☆☆

上記のように、今日中にお金を借りる方法は限られています。

「どうしても今日中にお金を借りたい!」なら大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

なぜなら、WEBからの申し込みで最短60分融資をアピールしているカードローンもあるほど、スピード融資が自慢のカードローンばかりだからです。

とはいえ、「他の借入方法と比較検討したい」という人もいらっしゃいますよね。

まずは今日中にお金を借りる方法について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

この記事の執筆
高山 てつや 氏
カードローン借入経験あり。
金融ライター歴3年。

今日中にお金を借りる方法

今日中にお金を借りる方法は、以下の6つです。

  1. 大手消費者金融カードローン
  2. クレジットカードのキャッシング枠
  3. 目的ローンを利用する
  4. 質屋でお金を借りる
  5. ゆうちょ銀行の貯金自動貸付で借りる
  6. 生命保険の契約者貸付で借りる
  7. 交番からお金を借りる
  8. 家族や友達からお金を借りる

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

大手消費者金融カードローン

急ぎならCMでも見かける大手消費者金融がおすすめだよ

大手消費者金融カードローンは、基本的に即日融資が可能です。

大手消費者金融4社の融資スピードを表にまとめました。

消費者金融名 融資スピード
プロミス 最短1時間で融資可能
アコム 最短1時間で融資可能
レイクALSA 最短1時間で融資可能
SMBCモビット 3時間を目安に融資可能

中には、申込から最短1時間で融資が可能なカードローンも。

カードローンは最短1時間のスピード融資

なぜカードローンの融資スピードが早いのかというと、担保や保証人を用意する必要がないからです。

また、スマホやパソコンから申し込めるので、場所も選びません

さらに大手消費者金融は、大手銀行の傘下で運営しているため、安心感も抜群です。

大手消費者金融は大手銀行の傘下で運営している

大手消費者金融は、安心して利用できる金融機関です。

それぞれの大手消費者金融は、以下の通り大手銀行グループの傘下に入り営業しています。

消費者金融名 親会社
プロミス SMBCグループ
SMBCモビット SMBCグループ
アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ
レイクALSA 新生銀行グループ

今日中にお金を借りたいとはいえ、怪しい会社からお金を借りたくないですよね。

自分が利用している銀行傘下の大手消費者金融を選ぶのも良いかもしれません。

クレジットカードのキャッシング

自分が使っているクレジットカードのキャッシング枠を使えるのであれば、その枠を使って即日融資が受けられます。

クレジットカードがあればキャッシングの利用もできるよ

ただし、キャッシング枠をつけられるクレジットカードであっても、キャッシング枠を使えるようにしていなければ、即日融資は受けられません。

キャッシング枠を使えるようにするためには審査を受ける必要がある上に、その審査に2週間程度かかるからです。

即日発行・即日キャッシング可能なクレジットカード

申込んだその日の内に発行できて、さらにその日の内にキャッシングが利用できるクレジットカードは主に以下の3つです。

  • ・アコムACマスターカード
  • ・セゾンカード
  • ・エポスカード

中でもおすすめはアコムACマスターカード

審査は最短30分で即日発行可能と、今日中にお金を借りたい人にとってピッタリなクレジットカードです。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

実質年率 10.0%~14.6%※ショッピング利用時
限度額 最高300万円(ショッピング枠)
審査時間 最短30分
  • クレジットカード審査が不安な方でも、クレジットカードが持てる?!
  • 審査申し込みから最短30分で審査可能
  • フリーターや学生、アルバイトなど収入が安定しない方でも申し込み可能

ショッピングローンを利用する

お金が必要な理由によっては、ショッピングローンを利用できます。

例えば、楽器の購入や家具の購入など、販売店の商品が欲しい時です。

販売店が提携しているショッピングローンなら、その場で申込、即日利用できる場合もあります。

ショッピングローンの仕組みとしては、信販会社に立て替えて商品の金額を全額支払ってもらい、返済していくというものです。

商品購入のためにお金が借りたいのであれば、販売店にショッピングローンがないかを確認してみましょう。

質屋から借りる

質屋とは、自分が所持しているブランド品などの物を担保にお金を借りる方法で、最短15分ほどで借入できます。

過去のローン実績などが一切影響せずにお金を借りられるため、利用自体はしやすいでしょう。

ただし、借りられる金額は自分が所持している物の価値に比例するため、そもそも価値のある物を持っている場合しか利用できません。

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付は、ゆうちょ銀行の定期貯金または定額貯金の口座を持っている人が利用できる借入方法です。

自動貸付の手続きが完了しているなら、定期貯金または定額貯金の残高を担保に即日でお金を借りることができます。

借入の方法は、通常貯金の残高以上の金額を引き出すだけ。

例えば残高5万円の通常貯金の口座から10万円を引き出そうとすると、普通なら残高不足で引き出せませんよね?

自動貸付の手続きをしている場合は、不足分の5万円を定額貯金または定額貯金を担保に借入できるんです。

手続きさえ完了していれば審査が必要ないため、今日中にお金を借りられます。

生命保険の契約者貸付

生命保険の契約者貸付とは、生命保険の解約返戻金を担保にしてお金を借りる方法です。

解約返戻金とは、終身保険や養老保険など、毎月支払う保険料の中に生存保険料が含まれている積立型の生命保険を解約したときに支払われるお金のこと。

自分が積み立てたお金を担保にしてお金を借りる仕組みなので、借入のための審査はありません。

保険会社によっては、インターネットから申込むことで、申込んだその日の内にお金を借りることもできます。

【即日で契約者貸付が利用できる保険会社】

  • 明治安田生命
  • 大樹清明
  • 大同生命
  • 住友生命
  • 第一生命
  • 朝日生命

    上記の生命保険に加入している方は、契約者貸付を検討してください。

    交番から借りる

    以下の条件を満たした場合は公衆接遇弁消費という制度を利用して、交番でもお金を借りられます。

    1. 財布をなくしたなどによって発生する必要な交通費
    2. 行方不明者や急病人の保護・交通事故による負傷御社の救護などで一時的に必要な経費
    3. その他公衆接遇のために必要な経費

    上記の通り、使えるタイミングがかなり限られる上に、貸してもらえる金額は1人につき1,000円が限度です。

    本当に財布をなくしてしまった時など以外は、利用できないでしょう。

    家族や友達から借りる

    家族や友達からお金を借りるのは、できれば避けたい借入方法です。

    そもそも「他人に迷惑をかけたくない」という想いで、今すぐお金を借りられる手段を探している人がほとんどではないでしょうか。

    家族や知人には借りにくい

    まだ数千円であれば気軽に相談できるかも知れませんが、数万円から数十万円になると知人でもスグに用意できるとは限りません。

    それに、お金の貸し借りで友情が壊れてしまったという話も良くあります・・・。

    それでも家族や友達にお金を貸してくれないか頼んでみるという人は、必ず借用書を作っておきましょう

    借用書を作ることで、正式な契約となり貸す側の安心感にも繋がります。

    以下の記事では、友達を不快にせずお金を借りるコツを紹介していますので、良かったら参考にしてください。

    続いて、今日中に借りられない借り方について解説します。

    今日中に借りられない借り方

    利用できたら便利だけど今日中に借りられない借り方と、その理由を紹介します。

    1. 銀行カードローン
    2. 生活福祉資金貸付制度
    3. 日本政策金融公庫
    4. 会社から借りる従業員貸付制度

    では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

    銀行カードローン

    銀行カードローンからは、今日中に借りられません。

    銀行カードローンは反社会勢力への融資を防ぐために、審査の際に申込者の情報を、警視庁のデータベースに照会することが義務付けられています。

    この作業に最低でも1日はかかるため、銀行カードローンで即日融資を受けるのは不可能なのです。

    今日中にお金を借りたいのであれば、銀行カードローンの利用はきっぱり諦めましょう。

    生活福祉金貸付制度を利用して借りる

    生活福祉資金貸付制度は国からお金を借りる方法で、生活費や事業資金など多岐にわたる融資を無金利か低金利で借入できます。

    ただし、今日中に借りられる生活福祉資金は今のところありません。

    実際に福祉協議会に問い合わせてみた結果、一番早く借りられる緊急小口資金でも融資までに1週間かかってしまうとのことです。

    日本政策金融公庫から借りる

    日本政策金融公庫は国が運営する金融機関で、会社経営者などの事業者向け融資を行っています。

    こちらも審査に1ヶ月程度かかるため、今日中には借りられません

    会社から借りる

    社内貸付制度を利用して勤務している会社からお金を借りる方法もあります。

    ただし、こちらも今日中にお金を借りるのは不可能。

    審査が必要となっており、融資まで1週間以上かかることがほとんどです。


    さて、ここまでは今日中に借りる方法と、今日中に借りられない方法について解説しました。

    ここからは、今日中にお金を借りたい人に一番おすすめの大手消費者金融について解説していきます。

    まずは今日中に大手消費者金融からお金を借りるための流れを見ていきましょう。

    大手消費者金融から今日中にお金を借りる流れ

    大手消費者金融から今日中にお金を借りるためには、申込方法と申込時間に気を配る必要があります。

    今日中に大手消費者金融からお金を借りるための申込方法と、申込時間を見ていきましょう。

    今日中にお金を借りられる申込方法

    大手消費者金融から今日中にお金を借りる方法は、ローンカードを発行するかしないかで少し変わります。

    ローンカードを利用する場合
    1. WEBから申し込んで無人契約機でローンカード発行
    2. 申込からローンカード発行まで無人契約機で完了
    ローンカードを利用しない場合 WEBから申し込んで、振込融資を受ける

    大手消費者金融での申込からカードを使った借入までの流れは以下の通りです。

    ネット申込

    審査回答

    近場の無人契約機で契約手続き

    無人契約機でカード発行

    ATMでキャッシング

    また大手消費者金融は、カードローンとはいえローンカードを使わなければお金を借りられないわけではありません

    昨今のカードローンでは、インターネットの会員ページから手続きをすれば指定する銀行口座への振込融資(振込キャッシング)にも対応してもらえます。

    さらに、2018年10月からモアタイムシステムが導入されたことにより、モアタイムシステムに対応した銀行口座なら原則24時間即時振込が可能になりました。

    大手消費者金融での申込から振込融資までの流れは以下の通りです。

    ネット申込

    審査回答

    振込先口座を指定して契約手続き

    振込融資を依頼

    また、自動契約機(無人契約機)で最後の契約を完了させれば、その場でローンカードが発行されるためすぐにお金を借入れられます

    大手消費者金融から今日中にお金を借りたいときは、振込キャッシングを依頼するか自動契約機でローンカードを発行してATMからお金を借りるようにしましょう。

    今日中に借りるなら申込時間もチェック

    大手消費者金融は、24時間365日申込の受付はしているものの、審査に対応できる時間とできない時間があります

    そのため今日中にお金を借りるためには、大手消費者金融の審査対応時間をチェックしておくのは必須です。

    大手消費者金融カードローンの審査対応時間を表にまとめましたので、大手消費者金融に申し込む前には審査に対応している時間内かどうか確認してください。

    消費者金融名 審査対応時間
    プロミス 9時~21時
    アコム 9時~21時
    レイクALSA 当日20時まで(日曜日は18時まで)の審査と必要書類の確認および契約手続きの完了で、即日融資可能
    SMBCモビット 9時~21時
    ※日曜日は18時50分までに借入手続きをしなければ融資は翌日となります。

    審査対応時間外に申し込むと、翌日の朝一から審査開始となります。

    即日融資が必要なら、余裕を持って審査対応が終わる1時間半前には申し込んでおきましょう

    審査に時間がかかって翌日に回されてしまうと、借入できるのは翌日になりますからね。

    「まだ審査に対応してもらえる!」とわかれば、次は申し込むために必要な書類を事前に用意しておきましょう。

    必要な書類もあらかじめ用意しておく

    大手消費者金融カードローンの申込に必要な書類は、本人確認書類のみ。

    ただし、50万円を超える契約、または他社も含めて借入総額が100万円を超える場合には収入証明書類が必要になります。

    スムーズに審査を進めるためには、上記の書類はあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

    続いて、大手消費者金融の審査に通って、今日中にお金を借りられる人と借りられない人の違いについて解説していきます。

    今日中にお金を借りられる人と借りられない人の違い

    カードローン審査基準アイキャッチ

    大手消費者金融の審査に通る人と落ちる人の違いは以下の通りです。

    審査に通る人 審査に通らない人
    1. 信用情報に問題がない
    2. 安定した収入がある
    3. 在籍確認がとれる
    1. 信用情報に傷がある
    2. 安定した収入がない
    3. 在籍確認がとれない
    4. 年収3分の1以上の借入がある

    では、上記審査の重要項目について詳しく解説していきます。

    信用情報に傷があれば審査通過は難しい

    信用情報とは、これまでローンやクレジットカードを利用してきた実績のことです。

    個人の信用情報はすべて個人信用情報機関に保管されており、審査担当者は申込者の信用情報を信用情報機関で必ずチェックします。

    信用情報機関の保管情報のイメージ

    その際に、過去にローン延滞した記録や、返済しなかった記録があると「この人はちゃんと返してくれない人だ」と判断されてしまい、審査落ちの原因となるのです。

    信用情報機関に悪い記録が残っていることを「信用情報に傷がある」と言います。

    ただ信用情報機関に保管されている情報は永遠に残るものではありません。

    延滞などの情報なら延滞解消から2年間、債務整理などの情報なら5年間から10年間で記録が抹消されます。

    反対に、これまでのローン利用実績が良好であれば、審査に悪影響を及ぼすことはありません。

    自分の信用情報が気になるという人は開示して確認ができるので、以下の記事を参考に開示してみてください。

    もし、自分の信用情報に傷があったら、その傷が抹消されてから申し込むしかありません。

    申込ブラック状態にも注意

    短期間で複数社へ申し込んでいると、申込ブラックという状態になりカードローンの審査に通過できなくなってしまう場合があります。

    短期間に複数のカードローンに申し込んでいる履歴があると、「返すあてがないまま借りようとしている」と判断されてしまうからです。

    カードローンに申し込んだ記録も、信用情報機関に6ヶ月間保管されます。

    一度カードローンの審査に落ちてしまったら、できるだけ6ヵ月は期間を空けて申し込んでください。

    安定した収入がなければ審査に通過できない

    安定した収入がなければ、借りたお金を返済する目処が立たないため、カードローンの審査に通過できません。

    カードローンの審査は安定した収入と信用情報がポイント

    安定した収入と信用情報は必要葺欠けるな要素です。

    安定した収入の基準は同じ勤務先から月1回以上の給料を2ヶ月分もらっているかどうか。

    というのも僕がアルバイトを始めて2回目の給料を貰った後に、大手消費者金融プロミスに申し込んで、審査に通過したという実績があるからです。

    そのため、「働き出したばかりだから無理か・・・」と不安に感じている人も、充分に審査通過の可能性はありますよ。

    在籍確認がとれないと審査に通過できない

    在籍確認とは、申込者が申告した勤務先で本当に働いているかを確かめる審査項目です。

    基本的に申込者の勤務先へ審査担当者が電話連絡をするという形で行われます。

    原則、カードローンに申込むと職場に電話連絡が入る

    申込者が申告した勤務先で在籍確認がとれない場合も、審査に落ちてしまいます。

    在籍確認がとれないと、申込者は申告した勤務先で働いていないと判断されてしまうからです。

    ただ在籍確認は、必ずしも本人が電話に出る必要はありません。

    他のスタッフが、自分が在籍していることを伝えてくれれば、それで在籍確認は完了します。

    電話に出る人が、自分の名前を把握していない場合などは、あらかじめ「○○部署の〇〇と申します。本日在籍確認の電話があるので対応お願いします」と伝えておきましょう。

    年収3分の1以上の借入があると審査に通過できない

    すでに年収3分の1を超える借入がある場合は、大手消費者金融の審査には通過できません。

    というのも、大手消費者金融が守っている貸金業法という法律に、申込者の年収3分の1を超える貸付を禁じる総量規制というルールがあるからです。

    初めてカードローンに申し込むときは、年収3分の1を超えない金額を希望して申し込むようにしてくださいね。

    審査通過がどうしても不安なら

    今日中にお金を借りたい人におすすめの大手消費者金融カードローンですが、審査通過がどうしても不安なら、以下3つの方法でお金を借りれないか確認してください。

    1. 質屋
    2. ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付
    3. 生命保険の契約者貸付

    上記の方法は、担保を用意してお金を借りる方法なので、申込者自身の審査が必要ありません。

    また、買取店を利用して物品を売却するという方法もあります。

    以下の記事を参考に、自宅に眠る意外と高値で売れるものを探してみてはいかがでしょうか。

       

      さて、「まだ自分が大手消費者金融カードローン審査に通るか落ちるかわからない!」という方は、大手消費者金融の公式サイトにある借入診断を利用してみてください。

      今日中にお金を借りられるか不安なら借入診断を利用

      大手消費者金融の審査に通過できるか、どうしても不安なら借入診断を利用してください。

      各大手消費者金融には、借入診断が用意されています。

      プロミスのサイトより、借入診断のページ

      借入診断というのは年齢や年収、他社借入状況などを入力すると、審査に通過する見込みがあるかを表示してくれるサービスのこと。

      必要項目を利用すれば数秒で結果を表示してくれるので、審査通過の目安として利用できますよ。

      プロミスの事前審査なら最短15秒で事前審査結果がわかります。

      スマホから申し込めば事前審査が受けられるので、ぜひ試してみてください。

      審査についての不安がなくなったら、どの大手消費者金融に申し込むかを決めましょう。

      次の項目では、大手消費者金融のおすすめランキングを紹介します。

      今日中にお金を借りられる!大手消費者金融おすすめランキング

      今日中にお金を借りたい人へおすすめの大手消費者金融をランキング形式でまとめました。

      おすすめ大手消費者金融ランキング 今日中にお金を借りるおすすめ度 おすすめポイント
      rank1_miniプロミス ★★★★★
      1. 無利息期間が初回借入の翌日からおとくらぶなどの会員特典を利用できる
      2. 最短1時間で借入
      rank2_miniアコム ★★★★★
      1. 大手消費者金融の中で利用者数No.1の安心感
      2. 最短1時間で借入
      rank3_miniレイクALSA ★★★★☆
      1. 無利息期間が大手消費者金融の中で最長
      2. 最短1時間で借入可能
      SMBCモビット ★★★☆☆ WEB完結申込なら電話連絡なしにできる

      では、それぞれ詳しく解説します。

      1位 特典が多く使い勝手の良いプロミス

      実質年率 4.5%~17.8%
      借入限度額 最高500万円
      審査時間 最短30分
      無利息サービス 初回借入日の翌日から30日間無利息

      今日中にお金が借りたい人に一番おすすめなのは、大手消費者金融のプロミスです。

      僕自身、申込から1時間40分でプロミスからお金を借りれた経験があり、自信を持っておすすめできます。

      さらに、充実した会員特典もプロミスの魅力。

      プロミスのおすすめポイントをまとめました。

      1. 国内外20万ヶ所以上の施設が割引価格になる優待サービス「おとくらぶ」
      2. プロミスポイントサービスを活用すると提携ATM利用手数料が0円に
      3. 初回契約時に最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドが貰える
      4. 大手消費者金融の中で金利が一番低い

      審査難易度に関しては、”年収96万円、勤続年数3ヶ月、居住年数1ヶ月”の僕でも、信用情報に傷がなければ審査通過したレベルです。

      すぐにお金が必要であれば、まずはプロミスに申し込むのがおすすめですよ。

      2位 利用者数No.1のアコム

      実質年率 3.0%~18.0%
      借入限度額 最高800万円
      審査時間 最短30分
      無利息サービス 初回契約日の翌日から30日間無利息

      アコムはカードローン会社の中でも利用者数No.1を誇るカードローンです。

      その利用者数はなんと150万人以上。

      アコムの特徴は、利用者数No.1という実績に裏付けされた使い勝手と、クレジットカードが発行できるという点です。

      アコムは、カードローンだけでなくキャッシング枠が付帯したクレジットカードの発行を唯一行っている大手消費者金融。

      キャッシング枠付帯のクレジットカードも即日発行できます。

      クレジットカードとキャッシング枠を同時に手に入れられるのは、アコムならではの強みです。

       

      3位 無利息期間が大手消費者金融の中で最長のレイクALSA

      実質年率 4.5%~18.0%
      借入限度額 最高500万円
      審査時間 最短30分
      無利息サービス 下記のいずれか (いずれも併用は不可)

      1. 初回契約日翌日から30日間無利息
      2. ネットからの申込限定で初回契約日翌日から60日間無利息※
      3. 借入額のうち5万円まで初回契約日翌日から180日間無利息
        ※ (30日・60日・180日無利息は併用不可)
        ※契約額1万円~200万円の方のみ対象

      レイクALSAは、大手消費者金融の中で最長の無利息サービスを提供しています。

      無利息サービスとは初めて契約する人限定で、決められた期間内は無利息で利用できるサービスのことです。

      そして、レイクALSAの場合はWEB契約限定で60日間の無利息期間が設定されます。

      他の大手消費者金融が設定する無利息期間は30日なので、「2ヶ月あれば今日借りたお金全額返済できる!」という人は、レイクALSAに申し込みましょう。

      利息を一切支払わずに借入ができるかもしれませんよ。

      4位 電話連絡なしにできるSMBCモビット

      実質年率 3.0%~18.0%
      借入限度額 最高800万円
      審査時間 3時間が目安
      無利息サービス なし

      SMBCモビットでWEB完結申込を利用すれば書類で在籍確認をしてもらえるため、勤務先への電話連絡なしで契約できます。

      ただし融資までにかかる時間の目安が3時間と、他の大手消費者金融と比べて長め

      どうしても勤務先への電話連絡に対応できない日などにはおすすめですが、電話連絡に対応できるのであれば、他の大手消費者金融を利用した方が早めに借入できますよ。

      最後に、今日中にお金が必要だからといってやってはいけないことを見ていきましょう

      今日中にお金が必要でもやってはいけないこと

      どうしても今日中にお金が必要だからといって、やってはいけないことを3つ紹介します。

      1. 闇金を利用する
      2. クレジットカードの現金化
      3. 個人間融資を利用する

      では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

      闇金の利用は避ける

      すぐにお金が必要だからと言って、違法な闇金を利用すると法外な利息と取り立てによって、生活が余計苦しくなってしまいます。

      闇金が申込者の返済能力を確認せず簡単にお金を貸すのは、申込者とその周りの人を利用して回収する自信があるから。

      ソフト闇金のイメージ

      そのため、闇金を利用すると申し込んだ人だけでなく、周囲の家族や友人にまで被害が拡大します。

      以下のサイトで利用しようとしている貸金業者が闇金か調べられますので、普段名前を聞かない貸金業者を利用する時は、必ず確認してください。

      クレジットカードの現金化は規約違反となる

      クレジットカードで購入した商品をそのまま買取店に持っていって、現金を得るなど、現金化を目的とした買い物はクレジットカードの規約違反となります。

      規約違反になると、強制的にクレジットカードを解約されて信用情報に傷がついてしまうのです。

      それに、売りたいものが購入した時と同じ金額で売れることは基本的にありえません。

      結局損してしまうことに間違いはありませんので、リスクしかない方法です。

      個人間融資は犯罪に巻き込まれる可能性もある

      SNSサイトで、お金がないなど発信していると、「お金貸しますよ」とメッセージを送ってくる人がいます。

      こういった得体の知れない人からお金を借りるのは、避けてください。

      お金を貸すことを条件に、何らかの要求をされたり、犯罪に巻き込まれたりするからです。

      詳しくは以下の記事を参考にしてください。

      まとめ

      今日中にお金を借りたいのであれば、大手消費者金融プロミスがおすすめです。

      他の大手消費者金融よりも金利が低い上に、審査スピードが最短30分と早いからです。

      以下4つの項目さえ満たしていれば、今日中に借りられる可能性は高いですよ。

      • 在籍確認の対応ができる
      • 本人確認書類が手元にある
      • 信用情報に問題がない
      • 安定した収入がある

      ただ、急ぐことに気を取られて申込内容を間違えたり、WEB契約時の書類の写真撮影でブレてしまったりしないように注意してください。

      申告内容を間違えることは、審査落ちに繋がる可能性もありますからね。

      それと、申し込む前に各消費者金融の公式サイトにある返済シミュレーションを使って、返済計画を立てることを忘れずに。

      カードローンを利用する時は、「計画的に」が鉄則ですからね。

      執筆者からのコメント

      高山 てつや

      どうしても今すぐお金を借りる必要があるという場合は、即日融資が可能な大手消費者金融のカードローンに申込んでみてください。

      事実、僕自身がプロミスに申込んだときは、朝の10時45分に申込を開始して、お昼の12時14分には契約を完了させられました。

      時間にしてたったの1時間40分です。

      申込が完了した8分後には、会社に在籍確認の電話連絡があるなど、本当にスピーディーな対応だったことに驚きを隠せませんでした。

      ただ、手軽に借入できる分、ちゃんとした返済計画を立てておかないと、借クセがついてしまうのではないかと不安になったことも付け加えておきます。

      とはいえカードローンは、「無利息期間中に完済するぞ!」と具体的な返済時期を決めた上で利用するなら、本当に役に立つキャッシングサービスであることは間違いありません。

      カードローンを計画的に利用して、お金のピンチを乗り越えましょう。

      SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

      実質年率 4.5%~17.8%
      限度額 最高500万円
      限度額50万円以内なら収入証明書不要
      審査時間 最短30分
      • 在籍確認の要望を相談OK!

      • 最短60分融資で借りられる
      • 24時間対応の「瞬フリ」で
        約200の銀行に即日キャッシング!
      • 初回契約なら 借入から30日間無利息
        契約だけでも無利息期間が無駄にならない

      • 2020年 オリコン顧客満足度調査
        ノンバンクカードローン 第1位
      プロミスが初めての方は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

      三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

      実質年率 3.0%~18.0%
      限度額 最高800万円
      審査時間 最短30分
      • 審査次第では書類による在籍確認も相談可能

      • 申込から最短30分で審査回答
      • 全国各地に設置された自動契約機(むじんくん)で契約OK
      • 初回契約から最大30日間無利息
      • 楽天銀行口座に24時間365日最短1分の振込融資

      新生フィナンシャル レイクALSA(レイクアルサ)

      実質年率 4.5%~18.0%
      ※遅延損害金(年率):20.0%
      限度額 500万円
      審査時間 申し込み後最短15秒
      • WEB申込で最短60分融資もOK
      • WEB申込で最短15秒審査回答
      • 全国の主要な200金融機関で24時間振込み融資可能
      • 初めての方ならWEB申込限定で60日間の無利息特典(契約額200万円まで)
      • カードレス契約なら契約時の郵送物なし!

      SMBCグループ SMBCモビット

      実質年率 3.0%~18.0%
      限度額 最高800万円
      審査時間 10秒簡易審査
      ※ネット申込の場合
      • WEB完結申込なら郵送物・電話連絡なし!
        だから誰にも内緒で借入できる!

      • WEB申込なら10秒簡易審査
      • カードローンとクレジットカードとTカード
        3つが1つになったTカードプラス!
      • ローン申込機なら最短即日でカード発行
      • 安心のSMBCグループのカードローン会社

      レイクALSAの無利息サービス

      1. WEB申込限定で借入額全額が初回契約翌日から60日間無利息※契約額1~200万円まで
      2. 借入額5万円まで初回契約翌日から180日間無利息※契約額1~200万円まで
      3. 借入額全額が初回契約翌日から30日間無利息

      30日・60日・180日の無利息サービスは併用不可。
      また、どれも初めてレイクALSAを利用する方限定の特典であり、無利息期間は初回契約日翌日からスタートします。
      無利息期間が過ぎると、通常の金利が適用されることになるので、無利息期間を無駄にしないよう計画的に利用してください。

      レイクALSAの貸付条件
      ご融資額 1万円~500万円
      貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%
      ※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
      ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方)で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)
      遅延損害金(年率) 20.0%
      ご返済方式 残高スライドリボルビング方式
      元利定額リボルビング方式
      ご返済期間・回数 最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)
      ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
      必要書類 運転免許証等
      ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
      担保・保証人 不要
      発行会社 新生フィナンシャル株式会社
      貸金業者登録番号 関東財務局長(9) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号