兼業主婦と専業主婦で変わる消費者金融の使い方

更新日:2018/06/01

「消費者金融カードローンを使いたいけれど、主婦の私でも融資してもらえるのかな?」

生活費や冠婚葬祭などの臨時支出のために消費者金融を使いたいけど、主婦の自分でも借入できるのかどうか・・・という点は、多くの主婦/主夫が抱くお悩みです。

この疑問にお答えするにあたり非常に重要なことは、あなたが兼業主婦なのか、専業主婦なのか、ということ。
なぜなら、消費者金融カードローンの使い勝手は、あなたに本人収入が有るのか無いのかによって大きく変わってくるからです。

そこで今回は、兼業主婦、専業主婦の方が消費者金融を使うにあたってチェックしていただきたいことをまとめました。
申し込み前に読まれた方は、ぜひ借入先選びにお役立てください。

所得があれば主婦でも借りられる消費者金融

消費者金融でお金を借りるときの大前提として、忘れてはいけないのが総量規制。

総量規制とは貸金業法という法律の一部で、その内容を分かりやすく説明すると、貸金業者が個人にお金を貸すときには、借り手本人の年収の1/3を超える融資はしてはいけませんよ、というもの。

貸金業者とは、個人や事業者向けにお金を貸すことを専業としてる業者のことで、今回取り上げる消費者金融もその一つです。
※銀行や信用金庫などは貸金業を専業としているわけではないので、貸金業者には含みません。

なぜ、このような決まりができたのかというと、その目的は貸金業者の無責任な高額融資により、自己破産者や自殺者をこれ以上増やさないことにありました。

kibisii_man

総量規制のある消費者金融で、果たして主婦はお金を借りることができるのでしょうか?

結論から言うと、あなたが兼業主婦なら、たとえ正社員であろうと、パート・アルバイト、派遣社員、契約社員などの非正社員であろうと関係なく、消費者金融からお金が借りられます。

ただし、総量規制の範囲内での借入となるため、例えば、あなたがパート主婦で年間収入が90万円あるなら、消費者金融から受けられる融資は最高30万円までとなります。

一方で、あなたが本人収入のない専業主婦の場合は、残念ながら利用できる消費者金融はかなり限られてきます。
このことについては次項で詳しくご説明しますので、専業主婦の方は次項をご参照下さいね。

大手消費者金融4社の利用対象者

ここで、消費者金融のうち、大手として有名なプロミス、アコム、SMBCモビット、アイフル4社の利用対象者を見てみましょう。

プロミス 満20~69歳以下で本人に安定収入のある方
アコム 満20~69歳以下で安定した収入と返済能力を有する方
SMBCモビット 満20~69歳の安定した収入のある方
アイフル 満20~70歳未満で定期的な収入と返済能力を有する方

いずれのカードローンも、利用対象者は満20~69歳までの方で、かつ、本人に安定収入と返済能力のある方となっています。

本人に安定収入と返済能力があるのかどうか、という細かい点は審査によって判断されますが、申し込み資格としては、年齢制限を満たし、かつ、本人収入がある方が対象となっています。

主婦が消費者金融に申し込むならレディースローンから

大手消費者金融の中でも、プロミス、アコム、アイフルの3社は、女性専用のカードローンを提供しています。

女性専用ローンは女性の為に作られたカードローンなので、主婦のあなたにも嬉しいサービスが充実。
例えば、レディースローンの女性専用ダイヤルを使えば担当のオペレータースタッフが全て女性なので、女性特有のお悩みにも親身になって対応してもらえます。

大手消費者金融3社の女性専用ローン

融資限度額
プロミス レディースキャッシング 最大500万円
アコム 働く女性のカードローン 最大800万円
アイフル SuLaLi 最大10万円

専業主婦に貸付を行っている消費者金融はごく一部

本人収入のある兼業主婦なら、誰でも消費者金融に申し込むことができます。
一方で、本人収入のない専業主婦の方は、一部の消費者金融でしか申し込むことができません。

そもそも、消費者金融は総量規制により、原則本人収入のある方しか借入できないルールとなっています。
そのため本来であれば、専業主婦はすべての消費者金融を利用できないはずです。

そこで、専業主婦の方が消費者金融からお金を借りるには、総量規制の例外を使う必要があります。

総量規制の例外とは?

総量規制の対象とならないことが法律で認められている貸付のこと。
例えば借り手が医療費のためにどうしても高額融資を必要としているときなどは、貸金業者が借り手の年収の1/3を超えて融資をすることが認められている。

この総量規制の例外の中に、配偶者貸付と呼ばれるものがあります。

配偶者貸付とは、借り手に配偶者がいる場合、貸金業者は借り手と借り手の配偶者の年収を合算した1/3の金額まで融資することができる、というものです。

専業主婦がこの配偶者貸付を利用すれば、最高で夫の年収の1/3の融資を受けることができます。

スマホで申込

しかし残念ながら、この配偶者貸付を実施している消費者金融は極一部のみとなり、専業主婦が消費者金融から融資を受けるのは難しいというのが現状です。

実際、大手消費者金融4社はどこも配偶者貸付を行っていません。

大手消費者金融4社の配偶者貸付の有無

配偶者貸付の実施 専業主婦の申し込み
プロミス × 不可
アコム × 不可
SMBCモビット × 不可
アイフル × 不可

配偶者貸付は、中小消費者金融が主に行っている貸付のようです。

配偶者貸付を行っている中小消費者金融をひとつピックアップするとするならば、主婦の多くの方にピンと着ていただけるのはベルーナノーティスローンではないでしょうか。

ベルーナノーティスローンはベルーナグループの事業の一つで、株式会社ベルーナいえば、ファッション通販で有名な「RyuRyu」の運営会社です。

「RyuRyuは知ってるけど、ベルーナノーティスローンは初めて知った」と思われた方も多いと思いますが、そのくらい、配偶者貸付を実施している消費者金融は今のところ限られているのです。

専業主婦には銀行カードローンのほうが手軽

大手消費者金融が配偶者貸付を行わない理由の1つには、あくまで筆者の推測の範囲ですが、配偶者貸付の手続きの面倒さがあると思います。

配偶者貸付をするには、貸金業者は必ず下記の3つの書類をチェックしなければなりません。

配偶者貸付を受けるための必要書類3つ

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係が証明できる書類
  • 配偶者の収入証明書※借入額によっては不要

一方で、消費者金融ではなく銀行カードローンであれば、適用される法律が異なるので、専業主婦でも上記のような面倒な手続きなしで審査を受けられます。

専業主婦へのキャッシングローンを実施している大手銀行は下記のとおり。
仮に大手消費者金融が配偶者貸付を実施したところで、多くの専業主婦は、ネームバリューも手続きの手軽さにも勝る大手銀行に流れていくでしょう。

この点が、大手消費者金融が配偶者貸付に積極的でない理由なのではないかと筆者は考えています。

専業主婦 家事

レイクなら銀行カードローンながら女性専用ダイヤルを完備しているので、パート・アルバイトで本人所得のある主婦の方も安心して問い合わせることができます。

さらに、レイクは銀行カードローンの中でも唯一無利息サービスを用意しているので、レイクを新規利用する方であれば最大180日間は無利息でお金を借りることができます。

ただし、レイクは他の銀行カードローンと比べると金利が高め!
無利息期間内、あるいは短期間で完済する予定の、小額融資をご希望の方におすすめしたいカードローンです。

契約時の郵送物を避けたいときは無人契約機を活用

カードローン利用を考えている主婦の方の中には、訳あって夫に黙ってお金を借りたいという人もいるでしょう。
そんな方にとって厄介なのは、消費者金融からの郵送物だと思います。

申込時に送られてくる消費者金融の郵送物といえば、ローンカード。
消費者金融では借り手のプライバシーに配慮して、郵送物の差出人名にはスタッフの個人名などが使われる傾向にありますが、それでも万が一夫が封を開けてしまったら・・・。

そんな事態を避けるためにも、ローンカードの受け取り方法は郵送での受け取りではなく無人契約機での発行を選ぶようにしてください。

ローンカードを無人契約機で受け取るにあたって申込手順は、①WEBで事前申し込み②審査③無人契約機にて契約手続き、の3ステップがオススメです。

ローンカード不要のカードレスカードローン

ローンカードは便利ですが、夫に見つかる心配があるから持ち歩きたくないという人も中にはいるでしょう。
そんな方にはカードレスカードローンのWEB完結もオススメ。
WEB完結なら、ローンカードの発行手続きが不要なので、申し込み~契約まで全手続きがWEB上で済ませられます。
WEB完結は大手消費者金融の中ではプロミスとSMBCモビットが提供中。

兼業主婦と専業主婦で勝手が違う在籍確認

カードローン申し込みの際に誰もが気にするポイントは、勤務先への在籍確認です。
主婦の方がカードローンに申し込んだ場合は、在籍確認はどうやって行われるのでしょうか。

まず、会社員やパートなどで働く兼業主婦がカードローンに申し込んだ場合、在籍確認は本人の勤め先に対し実施されます。
会社員であればお勤めのオフィス宛に、飲食店などでパート従業員をしている方であれば、お勤めの支店宛に、それぞれ在籍確認が行われます。

woman_office_tel

一方で気になるのは専業主婦への在籍確認ですが、配偶者貸付を利用して消費者金融カードローンに申し込むケースでも、銀行カードローンに申し込むケースでも、勤務先が無い専業主婦への在籍確認は原則ありません。

専業主婦は夫のお給料でカードローンを返済していくわけだから、一見夫の勤務先へ在籍確認が行われるように思いがちですが、その心配もないので安心して下さい。

主婦の方には借入前に知ってほしい民法第761条

カードローンを利用する上で、絶対に避けたいのが返済の滞納です。

うっかり忘れによる数日程度の滞納は人間なので起こり得ることでしょうし、消費者金融側も目を瞑ってくれるでしょう。
しかし、滞納が常習化したり、何ヶ月も滞納が続いたりすると、あなたの信用情報に傷が付いてしまうことがあるのです。

この、信用情報に傷が付くことは、通称ブラックリスト入りと呼ばれています。

ブラックリスト入りすると住宅ローンが組めなくなったり、クレジットカードが作れなくなったりという弊害が生まれちゃうんだよね。
僕も延滞には注意しなきゃ。

しかし、主婦/主夫がカードローンを利用する場合には、ブラックリスト入りの他にもう1点注意すべきことがあります。
ズバリそれは、滞納分の配偶者への請求。

なぜ、主婦がカードローンを滞納してしまうとその返済請求が配偶者に及ぶのかというと、ここには日本の法律が関係しています。

民法第761条の日常家事債務

民法第761条では、夫婦の借金について以下のような定めがあります。

日常の家事に関する債務の連帯責任

夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は、この限りでない。
※民法第761条 条文引用

要約すれば、夫婦の共同生活を送るにあたって必要な借金(日常家事債務)は、夫名義で借りようと、妻名義で借りようと、借金の返済は連帯責任となりますよ、ということ。

シンプルに考えていただければ、例えば夫婦共同で使うガス代の支払いのために妻が借金したとして、その借金に夫婦で連帯責任を負うのはなんらおかしい話ではないと思います。

woman_peke

ただ、ここで線引きが難しいのが、何が日常家事で何が日常家事でないのかということ。
夫婦の共同生活において絶対に欠かせない物、というのは各家庭において異なるかと思いますが、実際に何が日常家事債務に当てはまるのかということは裁判によって判断されます。

また、カードローンは使用用途自由のフリーキャッシングですので、借りたお金が実際何に使われたのか、ということは記録されません。

これらのことを踏まえれば、カードローンで借りた借金に対して、どのくらい民法第761条が影響するのかというのは判断が難しいところですが、カードローン利用予定の主婦の皆さんには、このような法律があるのだということを頭の隅に置いていただきたいと思います。

毎月の返済額が低い消費者金融なら返済が楽ちん

大手消費者金融カードローンならどこも最低返済額が少なく、毎月の返済額が調整しやすいです。

大手消費者金融4社で最低返済額※5万円借入時

プロミス 2,000円~
アコム 3,000円~
SMBCモビット 4,000円~
アイフル 4,000円~

もちろん、最低返済額以上であればいくら返済してもOKなので、一括返済も可能。
あなたのライフスタイルに合わせて返済額が調整できる点が、消費者金融の魅力です。

一方で、専業主婦の皆さんなら銀行カードローンを利用する必要があります。

最近では楽天銀行や三井住友銀行のカードローンなど、最低返済額が低く便利な銀行カードローンも増えてきています。

カードローンを利用するときは、最低返済額の少ないカードローンを選んで無理なく返済しよう!
プロミス、アコム、アイフル、レイクの無利息サービスを活用して、利息を少しでも抑えてね。

まとめ

消費者金融は、兼業主婦なら誰でも利用できるカードローン。
なんといっても消費者金融の審査時間は短く、即日融資が受けられる可能性大な点が魅力的です。

夫に黙って融資を受けたい主婦のあなたには、WEB完結によるカードレスカードローンの活用もオススメ。
WEB完結を利用するときは、兼業主婦のあなたはプロミスから、専業主婦のあなたは銀行カードローンから申し込みましょう。

どちらも無利息サービスがある金融機関を探すことがポイントです。

ただし、主婦がカードローンを使うとき、気をつけたいのは長期滞納!
万が一夫に返済請求がいってしまうと、夫婦仲に影響を及ぼしかねません。

各カードローンの公式サイトでは返済シミュレーションをすることもできるので、借入前には一度試してみて、きちんと返済計画を立ててくださいね。

プロミス レディースキャッシング

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 最短30分のスピード審査
  • アルバイト・パートの方も借りれる
  • 簡単3秒で借入診断

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置の自動契約機(むじんくん)
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円