カードローンで自動契約機のある事業者を比較!今日借りるならどこがいい?

更新日:2018/11/20

大手消費者金融で借入をするときに便利なのが、自動契約機や無人契約機と呼ばれる機械の存在です。

自動契約機を利用すると申込みしたその日のうちにカードローンが発行され、即日で融資が可能となります。

今回は自動契約機を利用して即日融資を受ける効率の良い方法を紹介するとともに、自動契約機が利用できる消費者金融の比較もおこないます。

そもそも自動契約機って一体どういうこと?

一般的に「自動契約機」という名称だと、自動で申し込みを受け付けて審査、契約、ローンカードを発行するというイメージがあるのではないでしょうか。

実際はどういったものなのかを、まずは自動契約機の仕組みからご紹介します。

自動契約機は対面ではないだけで、有人店でのサービスとほぼ同等

自動契約機が普及したのは、消費者金融の利用者が誰にも会うことなく、カードローンを受取ることができるからです。

消費者金融会社としても、無人店舗はスペースが狭くてもいいので店舗展開に資金がかからず、人件費も節約できるというメリットがありました。

自動契約機は有人店舗にいる社員が、複数の無人店舗の対応をすることで運営しています。

無人店舗に設置してある自動契約機は無人であることは間違いありませんが、電話によって消費者金融の担当者と会話をしながら契約を進めていきます。

本人確認書類はスキャナーを利用してコピーするので、有人店舗での契約方法と基本的に変わるところないため、ただ目の前に担当者がいないだけで、手続きの流れや利便性などについては、ほぼ同じといえます。

自動契約機での手続きの流れ

一般的な自動契約機での手続きの流れは以下のとおりです。

1.自動契約機のブースに入ると、自動音声が申込の流れを説明
2.タッチパネルから、申し込みに必要な申込者情報を入力
3.運転免許証等の身分証明書、収入証明書類などをスキャン
4.設置してある電話から、担当者が入力内容を確認
5.審査と在籍確認が終わるまでブース内で待機
6.備え付けの電話で、審査結果を通知
7.担当者が借入れや、返済方法について説明
8.契約書にサインをしスキャン
9.ローンカードの発行

自動契約機は申込からカード発行まで最短で30分~1時間程度で済みます。
ただし、繁忙期や土日祝日は申込者の数も多くなり、それにともない審査時間もかかるため、数時間かかることも。

契約完了まではブースから出ることはできないため、ある程度時間に余裕があるときに利用するのがおすすめです。

また、必要書類は予め準備しておく必要もあります。

自動化されている面もありますが、想像していたよりも人の手によるものが多く、驚かれた方もいるのではないでしょうか。

自動契約機で契約をするメリットとデメリット

自動契約機を申込みする際には、以下のようなメリットとデメリットが考えられます。

自動契約機のメリット
・わからないことは電話で相談することができる
・利用しているところは外からは見えない
・その場でカード発行まで可能
自動契約機のデメリット
・自動契約機まで出かける必要がある
・契約終了まで自動契約機のブースから出られない

基本的には自動契約機まで出かける必要があり、また24時間対応ではないので利用時間に制限があります。

特に休日等は他にも利用者が多いことも考えられ、スムーズに申込から契約さらにカード発行までをおこなうには、平日に時間を作って行く必要もありそうです。

自動契約機の賢い利用方法

カードローンの申込方法には自動契約以外にインターネットによるWEB申込があります。

自宅のPCやスマートフォンで24時間365日申込ができるので、ネット接続さえできれば時間や場所の制限なく申込み可能。WEB契約で契約書作成まで完了することも可能ですが、事業者によってはローンカードが郵送で自宅などへ送ってくることもあります。

なお、ローンカードが手元になくても振込キャッシングを利用することで即日融資も可能ですが、こちらは利用できる銀行や、振込してくれる時間が限られている場合もあります。

そのためローンカードを作っておけば契約した事業者のATMと、提携する事業者のATMを利用できて便利です。

カードローンに申込みする方法としておすすめなのは、申込みサイトやアプリを使って契約までを済ませ、自動契約機からローンカードを発行する方法です。

24時間いつでも申込ができるWEB契約と、その場でローンカードの発行が可能な自動契約機を上手く活用したこの方法は、審査結果がわかった時点で自動契約機のある無人店舗に向かえばいいので時間を無駄にしません。

自動契約機が利用できるカードローン発行会社の比較

自動契約機を利用できる大手消費者金融会社はどれくらいあるか、また、営業時間に違いがあるかを比較してみました。

消費者金融の自動契約機一覧

項目名 営業時間 台数
プロミス 9:0022:00
※ただし年末年始、一部店舗を除く
990台
アコム 8:0022:00
※ただし年末年始、一部店舗を除く
1,071台
レイクALSA

月曜~土曜 8:00~24:00
日祝日 8:00~22:00
第3日曜 8:00~22:00
※ただし年末年始、一部店舗を除く

750台超
SMBCモビット 8:0021:00
※ただし年末年始、一部店舗を除く
400台超
※三井住友銀行内のローン契約機も利用可能
アイフル 8:0022:00
※ただし年末年始、一部店舗を除く
865台

※2018年11月自社調査時点

以前はほとんどの消費者金融の自動契約機には愛称がついていましたが、今ではほとんどなくなっています。

単独での設置台数ではアコムとプロミスが多いですが、SMBCモビットは三井住友銀行内にあるローン契約機(約700台)が使えるのでトータルで1,100台で、利用できる契約機の台数は最大規模です。

ただし、SMBCモビットの自動契約機の営業時間は、他社よりも1時間早く閉店するため、夜遅くまで仕事をする人にとってはやや利用しづらくなっているかもしれません。

営業時間では平日土曜日に2400まで営業しているレイクALSAが最も長いですが、曜日によって営業時間に差があるため、なるべく平日に利用するのが良さそうです。

なお、各社共通で年末年始や大型連休では、店舗が休みだったり、営業時間が変則的になっている可能性もあります。

そのため、お出かけ前には念の為HPなどで時間を調べてから利用するのがいいでしょう。

自動契約機が利用できる銀行カードローン

銀行カードローンで自動契約機が利用できるケースは少ないですが、以下の銀行カードローンでは自動契約機の利用が可能です。

ただしカードの発行までは当日でも可能ですが、即日融資はできずカードが発行されても利用できないということもあります。

消費者金融の自動契約機一覧

項目名 営業時間 台数
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
平日 9:00~20:00
土曜祝日 10:00~18:00
日曜 9:00~17:00
※ただし年末年始、一部店舗を除く
約700台
三井住友銀行カードローン 9:0021:00
※ただし年末年始、一部店舗を除く
約700台

2018年11月現在、自動契約機が利用できる銀行カードローンは上記ものとなっています。
消費金融と比較すると営業時間が短く、また銀行カードローンは自主規制によって即日審査や即日融資には対応していないため、上記の自動契約機を利用して申込みしてもその日のうちに結果を知ることはできません。

バンクイック、三井住友銀行カードローンともにWEB契約に対応しているので、インターネットから申込みを行い、結果通知後、カード発行のため自動契約機に向かうのがおすすめです。

自動契約機を利用する場合の注意点

どの自動契約機を利用する場合にも共通する注意点があるので、そのポイントをまとめてみました。
利用する際の参考にしてください。

自動契約機利用する場合の注意点
・自動契約機を利用しても、勤務先への在籍確認電話はある
・自動契約機で申込する場合は、事前に必要書類を揃えておく
・自動契約機では、お金の引き出しはできない
・自動契約機の営業時間は、一部店舗で違うため事前に調べておく

自動契約機でも在籍確認は省略できないので、どうしても電話しほしくない場合は担当者に相談してください。

本人確認書類は必ず必要になるため、申込みをする金融機関が指定する書類を用意してから向かいましょう。

なお、自動契約機はお金の引き出しはできませんが、無人店舗には必ずATMも設置されているので、お金はATMで引き出しましょう。

ビル内に設置されている自動契約機はビルの営業時間に合わせて営業するため、利用する前に必ず営業時間を確認sることをおすすめします。

営業時間内に申込をしてもその場で必ず審査結果が出るとは限らないので、22:00までの営業であれば遅くとも1時間前までに在籍確認を含めた申込みを完了させるようにしてください。時間的な余裕を持つことは、即日融資をしてもらう上でとっても大切です。

まとめ

自動契約機はカードローン発行会社にとっては、有人店舗を展開するよりもコストを抑えることができます。

利用者にとっても申込からカードの受取までその場で完了するというメリットがあります。

しかし今はスマートフォンの普及によってインターネットを利用して申込するほうが、24時間365日いつでもできるのでこちらを利用したほうが圧倒的に便利です。

消費者金融も自動契約機による申込よりも、WEB申込を積極的に展開していて、最近では自動契約機の数も減少方向にあるのが実情です。

そうはいっても、カードの受け取りに関してはWEBでは完結できないため、自動契約機も併用した賢いローンカード発行を活用してみてください。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    504銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置の自動契約機(むじんくん)
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円

新生フィナンシャル レイクALSA(レイクアルサ)

実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短即日審査
  • レイクアルサとは?レイクとの違い
  • レイクアルサの4つの利用条件
  • レイクアルサの金利は年4.5%~18.0%

三井住友銀行グループ SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 10秒簡易審査
※ネット申込の場合
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • ローン申込機なら最短即日でカード発行
  • 電話・郵送なしのWEB完結