JCBカードローンFAITHを徹底解説

更新日:2019/11/11

カードローンを利用したい!と思っても、「消費者金融」という言葉に不安を感じる人は多いのではないでしょうか。

「融資を受けたいけど、消費者金融を利用するのはちょっと・・・」と思うこともあるでしょう。

実際は、大手消費者金融であれば安心して利用できることは間違いありません

僕自身、消費者金融カードローンと契約してみたところ、審査も早く、オペレーターの対応からも、安心して利用できると感じました。(詳しくは「勤続期間3ヵ月でフリーターの僕がプロミスの審査に通った話」をご覧ください)

ただし、即日融資が受けられる消費者金融には金利が高いというデメリットもあります。

今回の記事で紹介するのは、「金利が高いのは嫌だ」、「消費者金融は怖い」という方にぴったりな、クレジットカードの国際ブランド「JCB」のカードローン。

JCBのカードローンは、審査には消費者金融カードローンよりも時間はかかりますが、低金利で、キャッシング1回払いを利用できるのも特徴です。

JCBカードローンの特徴やメリット、デメリットなどを徹底解説していきますので、JCBカードローンが気になっている方は是非最後まで読んでください。

この記事の執筆
高山 てつや 氏
京都市在住のフリーライター。
ライターとしてプラスワンにアルバイト勤務しながらフリーライターとしても活動中。
前職は楽器専門店での接客と音楽教室の受付、ウクレレとギターの講師。
自分の現在の属性(低年収、低居住年数、低勤続年数)でもカードローンの審査に通るのか試してみました!
体当たりな取材でみなさんのカードローンに対する不安や悩みを解決します!

2つのJCBのカードローンFAITHとEXCELLENCE

JCBのカードローンには2つの種類があります。それはJCBカードローンFAITH(フェイス)とJCBカードローンEXCELLENCE(エクセレンス)です。

JCBカードローンEXCELLENCEはJCBカード所持者に送られる案内状からしか申し込めないカードローンのため、この記事ではFAITHを中心に紹介していきます。

JCBカードローンFAITH

まずはJCBカードローンFAITHの基本情報から見ていきましょう。

年会費 無料
年利 キャッシングリボ払い:4.40%~12.50% キャッシング1回払い:5.00%
利用可能枠 キャッシングリボ払い:50万円~500万円 キャッシング1回払い:5万円
返済方式 キャッシングリボ払いの場合 ・残高スライド元金定額払い ・毎月元金定額払い ・ボーナス併用払い の中から選択可能 キャッシング1回払いの場合 ・元利一括払い
約定返済 毎月10日に支払い口座から自動振替
担保・保証人 不要
審査時間 最短即日
即日融資 不可
申込条件
  • ・20歳以上58歳以下で、ご本人がお勤めで毎月安定した収入のある方。
  • ・個人の給与収入を示す書類をお持ちでない方(個人事業主の方など)は対象となりません。
  • ・学生、パート・アルバイトの方は対象となりません。
  • ・現在のお借入合計残高(住宅・自動車ローンは除く)が年収の3分の1を超えている方は対象となりません。
資金用途 自由(ただし、事業資金は除く)

JCBカードローンFAITHの申込条件には、個人事業主や学生、パート・アルバイトの方は利用できないと書いてあります。

では、次項で実際に借入を行う際の方法をみていきましょう。

JCBカードローンFAITHの借入方法

まずはJCBカードローンFAITHの借入方法が自分に合っているのか確認しておきましょう。

JCBカードローンFAITHの借入方法は以下の2つです。

  1. 全国15万台以上のCD・ATMから借入
  2. キャッシング振り込みサービスを利用して借入

では、それぞれ詳しく解説していきます。

全国15万台以上のCD・ATMから借入

JCBカードローンFAITHは全国15万台のCD・ATMから借入を行うことができます

各銀行ATMやゆうちょATM、コンビニATMを利用可能です。

また、ATMの利用手数料は3回目まで無料。

3回目以降は、1回の引き出す金額が1万円以下の場合は100円(税別)、1万円を超える場合は200円(税別)の利用手数料がかかります。

キャッシング振り込みサービスを利用して借入れ

JCBカードローンFAITHでは、契約した利用可能額の範囲内でインターネットまたは電話で希望金額を申し込むと、登録した支払い口座に最短数十秒で振込が行われます

インターネットの環境があれば動かずにどこでも借入ができるというのは便利ですね。

JCBカードローンFAITHの返済方法

借入をしたら次は返済です。
JCBカードローンFAITHの返済方法は以下の2つです。

  1. 約定返済
  2. 繰り上げ返済

では、それぞれ詳しく解説していきます。

約定返済

約定返済とは、決まったタイミングで決まった金額を返済する返済方法です。

JCBカードローンFAITHは、毎月10日に登録した支払い口座から自動で約定返済額が引き落とされます

約定返済が滞ると、遅れた日数分の遅延損害金がかかるようになる上に、利用者の信用情報に傷がついてしまう可能性もあります。
約定返済は必ず滞らないように注意しましょう。

繰り上げ返済

繰り上げ返済は、お金に余裕がある時に約定返済とは別で返済を行う返済方法です。

全国のATM、MyJCBを利用した引き落とし、振込の3種類で返済することができます。

また、返済にATMを利用する場合、ATM利用手数料はかかりません。

基本的な借入と返済の方法がわかったところで、次はJCBカードローンFAITHの特徴をみてみましょう。

JCBカードローンFAITHの特徴

JCBカードローンのFAITHの特徴は以下の3つです。

  1. 金利
  2. 返済方式が選べる
  3. キャッシング1回払い

では、それぞれ詳しく解説していきます。

金利

JCBカードローンFAITHの利用可能枠に応じた金利をみてみましょう。

利用可能枠 年利
500万円 4.40%
400万円から499万円 6.20%
350万円から399万円 6.90%
250万円から349万円 8.00%
150万円から249万円 10.50%
50万円から149万円 12.50%

JCBカードローンFAITHの金利は他のカードローンと比べても低めに設定されています。

他のカードローンとの比較は後程していますので、このまま読み進めてください。

返済方式が選べる

JCBカードローンでは、返済方式を選ぶことができます。選ぶことのできる返済方式は以下の3つです。

  1. 残高スライド元金定額払い
  2. 毎月元金定額払い
  3. ボーナス併用払い

では、それぞれの返済方式を詳しく説明していきます。

残高スライド元金定額払い

残高スライド元金定額払いとは毎月の返済額が利用金額によって決められている返済方式です。

利用金額によって返済額が決められているので、借入を増やしたり、随時返済をしたりするとその月の返済額が変動することがあります。

毎月元金定額払い

毎月元金定額払いとは、毎月一定額の元金を支払う返済方式です。
利用可能枠によって毎月返済する元金を設定できます。

この返済方式だと、自分で毎月返済する金額を決められるため、自分に合った返済額で返済を続けていくことができます。
残高スライド元金定額払いだと、月の返済額が多いという方には毎月元金定額払いがおすすめです。

ただし、毎月の返済額を少なくし過ぎると、返済に時間がかかって利息が多くかかります

ボーナス併用払い

ボーナス併用払いは、借入額を毎月返済する分とボーナス月に返済する分とで分けて返済する返済方式です。

ボーナス月の支払いが多くなる分、毎月の支払金額を少なく抑えることができます。

ただし、ボーナスの金額が予想以上に少なかった場合には返済が滞ってしまう可能性があるため、ボーナスの額が安定しない方は避けた方が良い返済方式です。

返済方式毎の返済シミュレーション比較

では、主な返済方式となる残高スライド元金定額払いと毎月元金定額払いの毎月の返済金額の違いを表で見てみましょう。

  • ・残高定額スライド方式
利用残高 支払い元金
450万1千~500万円 8万5千円
400万1千~450万円 7万5千円
350万1千~400万円 7万円
300万1千~350万円 6万円
250万1千~300万円 5万円
200万1千~250万円 4万円
150万1千~200万円 3万円
100万1千~150万円 2万5千円
50万1千~100万円 2万円
~50万円 1万5千円
  • ・毎月元金定額払い
  • 利用可能枠 最低返済元金
    421万~500万円 7万円
    361万~420万円 6万円
    301万~360万円 5万5千円
    241万~300万円 5万円
    181万~240万円 4万円
    121万~180万円 3万円
    61万~120万円 2万円
    19万~60万円 1万円
    ~18万円 5千円

    上2つの表を見ると、毎月元金定額払いの方が月の返済額を低く抑えることができることがわかります。
    残高スライド元金定額払いに設定された支払い元金だと生活が厳しい場合や、もっと多く返済したい場合は、毎月元利定額払いで自分の好きな金額を設定しましょう。

    キャッシング1回払い

    JCBカードローンFAITHは、キャッシング1回払いが利用できます。

    キャッシング1回払いとは、毎月5万円までを年利5%で借入できるシステムです。

    キャッシング1回払いとして借りたお金は、金額に関わらず翌月の10日に元金と金利を一括で返済しなければなりません。

    クレジットカード決済の支払い額が現金で出てくるというイメージですね。

    クレジットカードが利用できない現金払いのみのお店や施設でも、このキャッシング1回払いを利用すれば支払い金額を来月に持ち越すことができます。

    また、国内での利用であればキャッシング1回払いを利用後にリボ払いに変更することも可能です。

    では、このような特徴を持っているJCBカードローンFAITHのメリットはなんでしょうか。

JCBカードローンFAITHのメリット

メリットのイメージ

JCBカードローンFAITHのメリットは以下の3つです。

  1. キャッシング1回払いが利用できる
  2. 金利が低い
  3. 金利の計算がしやすい

では、それぞれ詳しく解説していきます。

キャッシング1回払いが利用できる

JCBカードローンFAITHではキャッシング1回払いが利用可能です。

他のカードローンでも、借りたお金を翌月一括で返済すればJCBカードローンFAITHのキャッシング1回払いと同じような使い方はできます。

ただし、JCBカードローンFAITHの場合はキャッシング1回払い利用時には月に最大5万円までで、年利は5.0%という特別な条件が適用されます

キャッシング1回払いの月に5万円までという制限が、借り過ぎを防止する効果にもなりそうですね。

カードローンと契約すると必要以上に借りてしまいそうで不安だという方は、キャッシング1回払いのみを利用するという使い方もできます。

金利が低い

JCBカードローンの金利は消費者金融と比べると、低いです。

例えば大手消費者金融の「アコム」と銀行系カードローンの三菱UFJ銀行カードローンバンクイック、JCBカードローンの金利を比べてみましょう。

利用可能枠 JCBカードローン「FAITH」の年利 アコムの年利 三菱UFJカードローンバンクイック
500万円 4.4% 4.7%~7.7% 1.8%~6.1%
400万円 6.2% 4.7%~7.7% 1.8%~6.1%
350万円 6.9% 4.7%~7.7% 6.1%~7.6%
300万円 8.0% 7.7%~15.0% 6.1%~7.6%
200万円 10.5% 7.7%~15.0% 7.6%~10.6%
150万円 10.5% 7.7%~15.0% 10.6%~13.6%
100万円 12.5% 7.7%~15.0% 10.6%~13.6%
50万円 12.5% 7.7%~15.0% 13.6%~14.6%

アコムと三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの場合の初回借入れ時は基本的に表の中の数字右側の高い方の金利が適用されます。

そう考えると、JCBカードローンの金利は大手消費者金融カードローンや銀行系カードローンと比べても低く設定されていることがわかります。

金利が低いと返済総額も少なくなりますので、借主にとっては大きなメリットです。

また、利用可能枠に応じて金利が明確に決まっているため、利用前から利息の計算も行いやすいというのもメリットですね。

金利の計算がしやすい

他のカードローンとJCBカードローンFAITHの比較表を見ると、JCBカードローンFAITHの金利は、利用可能枠によって決まっていて、他のカードローンのように〇%~〇%という幅がありません。

そのため、契約する前から利息の計算がしやすく、長く利用して金利を下げてもらうことを意識する必要もありません。

JCBカードローンのデメリット

デメリットのイメージ

JCBカードローンFAITHの借入限度額は、500万円までです。

そのため、500万円を超える借入が必要な方は他のカードローンを利用するしかありません

また、カードローン全般のデメリットではありますが、気軽に借入れができてしまう分、借り癖がついて多重債務者になってしまうリスクもあります。

利用する際はしっかりと返済計画を立ててからにしましょう。

次項では、その返済計画の立て方について解説していきます。

JCBカードローンFAITHの返済計画の立て方

JCBカードローンFAITHの公式サイトには返済シミュレーションが用意されています。
シミュレーションに利用予定年月日と利用予定金額、利率、返済方式を入力すると毎月の支払額と総返済額が表示されます。
毎月の返済額が無理のない範囲であることを確認してから借入をするようにしましょう。
また、JCBローンカードデスクは返済方式や月々の支払金額の変更などの相談や申込前の相談も受け付けています。
返済計画の立て方がわからない人は、JCBローンカードデスクに相談してから利用するようにしてください。

JCBローンカードデスク
電話番号:0120-16-5140
受付時間:AM9:00~PM5:00
土日祝・年末年始休

返済計画も立てられて、JCBカードローンFAITHを利用しようと思ったら、次は申込方法を確認しておきましょう。

JCBカードローンFAITHの申込方法

JCBカードローンFAITHの申込方法を紹介します。
まずは、JCBカードローンFAITHの申込に必要な書類を用意しましょう。

JCBカードローンFAITHに申し込むための必要書類

JCBカードローンFAITHに申し込むために提出する必要書類は以下の3つです。

必要確認書類 必要書類の例
本人確認書類

運転免許証
パスポート
在留カード
マイナンバーカード
住民票の写し

収入証明書類 源泉徴収票の写し
課税証明書の写し
給与明細(直近2~3ヵ月分)の写し
支払い口座を確認できる書類 キャッシュカードの写し
預金通帳の写し

必要な書類が用意できたら申込に進みます。

JCBカードローンFAITHへの申込手順

JCBカードローンFAITHに申し込むには、まずは公式サイト下部の「カードを申し込む」を押します。

その後に必要事項を入力します。

始めに入力する項目は以下の8項目です。

  • ・名前
  • ・生年月日
  • ・性別
  • ・住所
  • ・電話番号
  • ・職業
  • ・年収
  • ・メールアドレス

上記の項目を入力したら

  • ・利用目的
  • ・希望の利用可能枠
  • ・運転免許証の保有有無
  • ・勤め先と勤め先の電話番号
  • ・家族について
  • ・他社借入の有無と金額

を入力します。

必要事項を入力し終わると、郵送で必要書類を送付するか必要書類の写真を撮ってインターネット上でアップロードして審査を受けます。

審査に通過したら

審査自体は、最短即日に完了すると公式サイトに書いてあります。

ただし、審査完了しても借入れ専用のローンカードは郵送で送られてくるため実際に融資を受けるまでに最低でも3日はかかります

そのため即日融資は受けられません。

即日融資が必要な方は消費者金融のカードローンの利用を検討してください。

審査に落ちてしまったら

審査基準は公開されていないためなぜ審査に落ちてしまったのかをJCBカードローン側に九九ことはできません。
それでも、審査に落ちてしまったら落ちた原因を考えましょう。

審査に落ちてしまう主な原因は以下の3つです。

  1. すでに年収の3分の1以上の借入がある
  2. 他社借入件数が多い
  3. 過去に金融事故を起こしている

では、それぞれ詳しく解説していきます。

すでに年収の3分の1以上の借入がある

貸金業者は債務者の年収の3分の1を超える金額を融資してはいけない総量規制という貸金業法のルールがあります。

JCBも貸金業者なので、申込者が他の貸金業者から年収の3分の1を超える融資を受けている場合は融資できません

他社借入件数が多い

他社借入件数が4件以上あると、「多重債務者」と認識されてしまいローンの審査に通ることは難しくなってしまいます。

多重債務者は、借金を借金で返済しているという状況に陥っていることが多く、最終的に金融事故を起こす可能性が高いと審査側から判断されてしまうためです。

過去に金融事故を起こしている

過去に金融事故を起こしている場合、金融事故の情報が抹消されてからでないとカードローンの審査通過は難しいです。

金融事故の情報は個人情報が保管されている信用情報機関に5年~10年の間保管されます。

金融事故歴がある場合は、自分の金融事故情報が抹消されるまで待つしかありません。

最後に、すでにJCBの会員だという方に向けて、JCBカードローンEXCELLENCEの情報も紹介します。

JCBカードローン EXCELLENCE

JCB会員に送られてくる案内状からのみ申し込めるJCBカードローンEXCELLENCEはJCBカードローンFAITHとどう違うのでしょうか。

JCBカードローン EXCELLENCEの基本情報と特徴を見ていきましょう。

基本情報

年会費 無料
年利 4.30%~12.50%
利用可能枠 50万円~500万円
返済方式 ・残高スライド元金定額払い
・毎月元金定額払い
・ボーナス併用払い
の中から選択可能 
約定返済 毎月10日に支払い口座から自動振替
担保・保証人 不要
即日融資 不可
申込条件
  • すでにJCBカード(個人)をお持ちの方(対象外のカードもある)

    20歳以上64歳以下の方

    ご本人がお勤めで毎月安定した収入のある方
    次の方は対象となりません。

    個人の給与収入を示す書類をお持ちでない方(個人事業主の方など)

    学生、パート・アルバイトの方

    現在のお借入合計残高(住宅・自動車ローンは除く)が年収の3分の1を超えている方

資金用途 自由(ただし、事業資金は除く)

申込条件と金利がFAITHとは少し異なっているのがわかります。

その差が顕著な金利について、さらに詳しく見ていきましょう。

JCBカードローン EXCELLENCEの金利

利用可能枠 EXCELLENCEの年利 FAITHの年利
500万円 4.3% 4.4%
400万円~ 5.5% 6.2%
350万円~ 5.7% 6.9%
250万円~ 6.0% 8.0%
200万円~ 8.0% 10.5%
150万円~ 10.4% 10.5%
100万円~ 11.5% 12.5%
50万円~ 12.5% 12.5%

FAITHと比べるとEXCELLENCEの方が金利は低く設定されています。

その代わり、EXCELLENCEではキャッシング1回払いが利用できません。

EXCELLENCEとFAITHの大きな違いはこの金利の差と、キャッシング1回払いの可否です

JCBカードローンEXCELLENCEの申込方法

JCBカードローンは、招待性のカードローンのためJCBの案内状を受け取らない限り申し込めません。

すでにJCBカードを利用している会員に案内状が届き、そこに同封されている申込用紙から申し込むことになります。

そのため、JCBの公式サイトにも申込ページがありません

JCBカード所持者でJCBカードローンEXCELLENCEを利用したいという方は直接JCBに電話して、JCBカードローンEXCELLENCEを利用できないかどうか聞いてみましょう。

まとめ

JCBカードローンは、消費者金融や銀行系カードローンと比べると金利が低めに設定されている便利なカードローンです。

また、消費者金融を利用することに不安や抵抗がある方でもJCBなら安心して利用できるのではないでしょうか。

とにかく金利の低いカードローンが利用したい!という方にJCBカードローンFAITHはおすすめのカードローンです。

消費者金融カードローンと比べると、申込条件も少し厳しめで融資を受けるまでに時間もかかりますが、一枚持っておくと便利なカードローンには間違いありません。

執筆者からのコメント

高山 てつや

JCBカードローンはいわゆる信販系カードローンです。

CMなどをやっているのもあまり見ないので、馴染みないかもしれませんが、JCBを知っている人は多いのではないでしょうか。

金利の低さと一括キャッシングという機能もあり、かなり使いやすそうなカードローンですね。