クレジットカード延滞によるペナルティとその対処法

更新日:2020/03/16

クレジットカードで利用した金額を支払えない場合、遅延損害金という手数料がかかる上に、自分の信用に傷がついてしまうかもしれません。

この記事では、クレジットカードの支払い日にお金が支払えなかった時に何が起こるかを解説。

どうしても支払えない時の対処法も合わせて紹介していきます。

気軽に後払いができるクレジットカードは、その便利さゆえに使い過ぎてしまいがちです。

僕も支払いが確定した請求額を見て驚いた経験が何度もあります・・・。

ただし、クレジットカードの支払いを延滞するのだけは絶対に回避してください!

まずは、もしクレジットカードを延滞してしまったらどうなるのか、そのときの流れを見てみましょう。

この記事の執筆
高山 てつや 氏
カードローンと契約したことのある僕だからこそ、みなさんに伝えられることがあるはず!
そんな思い込めて、アトムくんの記事を執筆しています。

クレジットカードを延滞した時の流れ

では、実際にクレジットカードの支払いを延滞してしまった場合は、どういう流れで請求されるのでしょうか。

カード会社によって違いはありますが、まずは催促状が送られてくるはずです。 そして、催促状を無視していると、クレジット会社から催促の電話がかかってくるように・・・。 では、この2つの流れを詳しく解説します。

督促状が送られてくる

まずは、支払いが滞っているという旨を知らせる督促状が郵便で届きます。

督促状の中には、再引き落とし日が書いてあったり、利用金額の振込先が書いてあったりします。

うっかり入金を忘れていた場合などで、ちゃんと支払えるならすぐに対応しましょう。

クレジット会社から電話で連絡が来る

督促状を放置していると、クレジット会社の担当者から支払い催促の電話がかかってきます。

催促と言っても担当者の口調は丁寧なので、怖がることはありません。

ただ、担当者が穏やかな口調で話すからと言って放っておくと、大きなペナルティが待っています。

では、延滞を放置していると、どういったことが起こるのか見ていきましょう。

クレジットカード延滞するとどうなる?

決められた支払い日に、締め日までの利用金額が指定の口座から引き落とされる。 これが一般的なクレジットカードの仕組みです。

しかし引き落とし日にも関わらず、指定口座にお金が入っていなかった場合、支払いを延滞したことになります。

クレジットカードの支払いを延滞したときのペナルティは以下3つです。

  1. クレジットカードが利用停止になる
  2. 遅延損害金を支払わなければいけない
  3. 信用情報に傷がつく

では、それぞれ詳しく解説していきます。

クレジットカード利用停止になる

クレジットカード利用金額の支払いを延滞すると、ほとんどの場合その翌日からクレジットカードが利用できなくなります。

滞納してしまった利用金額を支払えば、再び使えるようになるので安心してください。

気を付けなければいけないのが、利用停止になったクレジットカードで家賃や携帯電話の利用料金を支払っていた場合。

クレジットカードが利用停止している間に家賃や携帯電話料金の請求日が重なると、それらすべて滞納してしまいます。

遅延損害金を支払わなければいけない

クレジットカードの支払いを延滞すると、本来の利用金額引き落とし日の翌日から、遅延損害金がかかります。

遅延損害金とは、本来の支払い日の翌日からちゃんと支払うまでの間にかかる、罰金のようなもの。

遅延損害金は、クレジットカードの利用金額と延滞した日数に応じて金額が決められます。

実際のクレジットカード遅延損害金利率

遅延損害金は利用金額に対して、年利14.6%が上限と消費者契約法で決められています。

そのため、遅延損害金の年利が14.6%を超えることはありません。

以下の表に主なクレジットカードと、遅延損害金の年利をまとめました。

クレジットカード名 遅延損害金年利
dカード 14.50%
MUFGカード 14.55%
三井住友VISAカード 14.60%
楽天カード 14.60%
JCBカード 14.60%
Oricoカード 14.60%
エポスカード 14.60%

表を見るとどこのクレジットカード会社も遅延損害金の利率には、大きな差はないようですね。

ではこの年利から、実際に支払う遅延損害金を計算するには、どうしたら良いのでしょうか。

遅延損害金の計算方法

遅延損害金の計算式は以下の通りです。

利用代金×遅延損害金利率÷365日×遅延日数=遅延損害金

試しに、クレジットカードの支払い20万円を20日間延滞した場合で計算してみましょう。
※遅延損害金の利率は14.6%とします。

200,000円×14.6%÷365日×20日=1,600円

上記の例だと、遅延損害金として支払う金額は1,600円。

余分に1,600円も支払わなければいけない上に、20日間も延滞すると、ほぼ確実に信用情報に傷がつきます。

信用情報に傷がつく

クレジットカードの支払いに遅延したという記録は、個人信用情報が保管されている信用情報機関に保管されます。

個人信用情報とは、今までのローン申込や返済、クレジットカードの支払い歴などが記録されている情報。

住宅ローンや他クレジットカード含むすべてのローン審査の際に参考にされるのです。

そのため、一度遅延したという情報が信用情報機関に登録されてしまえば、他のローンを利用する際に不利になってしまいます。

加えて、支払いの延滞が61日以上または3ヵ月以上続くと、金融事故として扱われます。

金融事故というのは、いわゆる”ブラックリスト入り”のこと。

よく聞く”ブラックリスト入り”は、信用情報機関では”異動情報”と呼ばれています。

クレジットカード延滞で起こる金融事故と保管される期間

金融事故はおおまかに以下4種類に分けられます。

金融事故の名称 内容 信用情報機関に登録される期間
債務整理 合法的に返済できない程の借金を減額したり、支払いを免除したりしてもらうこと。

  • ・任意整理
  • ・自己破産
  • ・特定調停
  • ・個人再生

任意整理・特定調停の場合は完済日から5年間

個人再生・自己破産の場合は決定日から5~10年間

代位返済 借主が支払いを延滞したことで、保証会社が支払いを肩代わりすること 代位返済実施日から5年間
長期滞納 2~3ヵ月にわたって支払いを延滞すること

  • ・クレジットカード
  • ・ローン
  • ・奨学金

など

延滞を解消してから1~5年間
強制解約 長期滞納や契約違反により、強制的に解約されること

  • ・クレジットカード
  • ・ケータイ会社

など

強制解約日から5年間

クレジットカードの支払いを延滞することで起こり得る事故は、どれでしょうか?

答えは全部です。

滞納を放置することで、長期滞納と強制解約が起こり、クレジットカード会社の保証会社が代位返済をする。

そして、それでも支払えなければ債務者の財産が差し押さえられ、自己破産などの債務整理をして支払うしかなくなってしまうのです。

これらの金融事故の情報は、最長で10年信用情報機関に保管されてしまいます。

さらに、金融事故の情報が信用情報機関に記録されているだけで、ほとんどのローンの審査に落ちてしまうのです。

また3ヵ月などの長期滞納だけでなく、3日遅れなどの短期間の延滞でも、繰り返していると強制解約されてしまう可能性もあります。

これらのことを知っておいて、クレジットカードの支払いを延滞しないように細心の注意を払っておきましょう。

それでも、どうしても延滞してしまいそうなタイミングがあるかもしれません。

続いては、そんな時の対処法を紹介していきます。

支払いを延滞してしまいそうな時の3つの対策

クレジットカードの支払いを滞納してしまうかもしれないということは、請求金額が確定した段階でほぼわかりますよね。

「思ったより使い過ぎていた・・・!」

「あ!今月他のことにお金を使っちゃった!」

絶対に期日に間に合わないとわかれば、まずは利用しているクレジットカード会社に電話しましょう。

その際に、必ずいつ支払えるかを伝えるようにしてください。

ただ支払いが遅れる旨を伝えても、遅延損害金がなくなったり、支払いに遅れたことが信用情報機関に登録されなかったりするわけではありません。

予めいつ支払うかを伝えておくのは、こちらが指定した期日まで返済の催促の電話や郵便を止めてもらうためと、返済意思があることを伝えるためです。

では、クレジットカードの支払いに延滞してしまいそう、または延滞してしまっている場合の対策を以下3つ紹介します。

  1. 分割・リボ払いに変更する
  2. 無利息期間のあるカードローンを利用する
  3. 短期バイトをして一時的に収入を増やす

では、それぞれ詳しく解説していきます。

分割・リボ払いに変更する

支払い日がまだ先なら、当月の支払いを分割に変更できる可能性があります。

例えば、三井住友VISAカードなら利用している銀行口座が三井住友銀行の場合、だいたい引き落とし日の2日~4日前まで分割払いに変更が可能。

ただし、分割払いにする場合は、金利がかかります。

「多少手間がかかってもいいから余計なお金を支払いたくない!」という人は次項で紹介する無利息期間のあるカードローンがおすすめ。

無利息期間のあるカードローンを利用する

クレジットカード利用金額の支払い日には支払えない。

でも、それから30日以内になら支払えるという状況の人は、大手消費者金融カードローンを利用して支払うのがおすすめ。

プロミスやアコム、レイクALSAなどの大手消費者金融は、初回利用特典として30日間無利息キャンペーンを行っています。

それぞれの無利息キャンペーン内容は以下の通り。

カードローン会社 無利息期間とその条件
プロミス 初回借入日の翌日から30日間無利息
アコム 初回契約日の翌日から無利息
レイクALSA 下記のいずれか(30日、60日、180日の無利息は併用不可)

  1. 初回契約日翌日から30日間無利息
  2. ネットからの申込で初回契約日翌日から60日間無利息※
  3. 借入額のうち5万円まで180日間無利息※
    ※契約額1万円~200万円の方のみ対象

クレジットカードの支払いを延滞すると、遅延損害金がかかります。

ただし、無利息期間ありのカードローンを利用してクレジットカード利用金額を先に支払い、無利息期間内にカードローンにも返済した場合は手数料0円です。

大手消費者金融カードローンでは、即日融資を受けられるため思い立ったらすぐに申し込めます。

加えて、プロミスなら初めての利用で最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえます。

金利がかかるどころか、最大で2,000円もお金がもらえるのは嬉しいポイントですね。

あなたにおすすめ

無利息期間のある大手消費者金融はアコム、プロミス、レイクALSAなど。
この中でもとくにおすすめなのが、借入後から無利息が始まるプロミス!
僕が申込んだとき、契約完了までにかかった時間は1時間40分でした。

短期バイトをして一時的に収入を増やす

どうしても引き落とし日にお金が足りない場合は、一日限りの短期バイトなどで臨時収入を増やすというのも一つの手段です。

会社が休みの日などに、単発で働けるのが短期バイトの強み。

支払い期日にお金が足りないことがわかれば、短期バイトを入れて足りない分を補いましょう。

では、続いて延滞した情報がいつ登録されるのか、解説していきます。

もう使用しないと思う品物を売る

手元にあっても、もう使用しない洋服や小物などがある方はいませんか?

もう使用しない品物があるなら、リサイクルショップやフリマアプリ、オークションなどで売ってしまえば僅かでも収入を増やすことができます。

もしかしたら、家にある不用品が思わぬ収入になるかもしれませんよ。

延滞した情報はいつ登録されるかはわからない

クレジットカードの支払い金額を延滞した情報が、いつ信用情報機関に登録されるのか。

延滞した翌日に登録されるのか、それとも1週間後なのか。

ちょっと気になりますよね。

しかし、そういった基準は公表されていないためわかりません。

ネット上の口コミでは、延滞した翌日にはもう信用情報機関に延滞情報が登録されていたという人もいれば、1週間延滞したけど登録されてなかったという人もいます。

そのため、1日でもクレジットカード利用金額の支払いを延滞してしまったら、信用情報機関に保管されると考えておくべきでしょう。

また、延滞してしまう場合はあらかじめ電話をしておくなど、信用をなくさない行動が大切なのかもしれません。

自分の信用情報は、各信用情報機関で開示して確認できます。

そのため自分の信用情報に延滞記録があるのか、どうしても気になる人は信用情報機関に確認してみましょう。

ただ、信用情報に延滞情報が記録されていても、ガッカリしないでください。

真面目に利用を続けていれば、そのうち記録は抹消されます。

しかし、ネット上では一度延滞が記録されてしまって、返済する気がなくなってしまう人もいるようです。

実際に、「クレジットカードの返済に時効は通用しないの?」なんて質問をしている人も見られます。

実際のところ、時効は成立するのでしょうか?

時効は成立しないので要注意!

クレジットカードの支払いに時効はありません。

そのため、いつか支払い金額がなくなるなんてことはないんです。

法人から借りたお金に関しては、最終返済日から5年間で時効が成立します。

ただし貸したお金の時効が成立するまで債権者側が、放置するはずはありません。

成立するまでの間に法的な処置を取られ、財産を差し押さえられてしまう可能性が高いです。

まとめ

クレジットカードの支払いを延滞すると、最終的に金融事故に繋がってしまう可能性があります。

長期的な延滞だけでなく、数ヵ月連続で延滞してしまった場合でも金融事故に繋がることがあるというポイントにも注意が必要。

どうしても延滞してしまうとなった場合は、短期バイトで臨時収入を作るか、無利息期間のあるカードローンを一時的に利用すると良いでしょう。

執筆者からのコメント

高山 てつや

キャッシュレスの時代になりつつある現代だからこそ、クレジットカードを使い過ぎてしまうなんてこと、あり得そうですよね。

僕も請求金額に驚いたこと、何度もあります・・・。

クレジットカードの利用金額の支払いを延滞してしまうと、自分にどんなデメリットがあるのか。

これをしっかり知っておくことで、より注意して利用できるかもしれませんよ。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 在籍確認の要望を相談OK!

  • 最短60分融資で借りられる
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    約200の銀行に即日キャッシング!
  • 初回契約なら 借入から30日間無利息
    契約だけでも無利息期間が無駄にならない

  • 2020年 オリコン顧客満足度調査
    ノンバンクカードローン 第1位
プロミスが初めての方は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 審査次第では書類による在籍確認も相談可能

  • 申込から最短30分で審査回答
  • 全国各地に設置された自動契約機(むじんくん)で契約OK
  • 初回契約から最大30日間無利息
  • 楽天銀行口座に24時間365日最短1分の振込融資

新生フィナンシャル レイクALSA(レイクアルサ)

実質年率 4.5%~18.0%
※遅延損害金(年率):20.0%
限度額 500万円
審査時間 申し込み後最短15秒
  • WEB申込で最短60分融資もOK
  • WEB申込で最短15秒審査回答
  • 全国の主要な200金融機関で24時間振込み融資可能
  • 初めての方ならWEB申込限定で60日間の無利息特典(契約額200万円まで)
  • カードレス契約なら契約時の郵送物なし!