おすすめカードローンランキング【2023年最新版】人気の20社を徹底比較

更新日:2023/01/27

「とにかくすぐにお金を借りたい!」
「誰にもバレることなくお金を借りたい・・・」
「カードローン審査に通過できるか不安・・・」
「金利をおさえてお得にカードローンを利用したい!」

カードローンに対する要望は、上記のとおり様々。

カードローンを利用したいと思っても、どのカードローンを選べばいいのか悩みますよね。

そこでこの記事では、人気の高い20種類のカードローンを、ランキング形式で紹介していきます。

田中
20種類のカードローンの特徴と、アトムくん編集部に寄せられたカードローン満足度の点数を元に作成したランキングです。

この記事を読んでもらえれば、もうカードローン選びで迷うことはなくなりますよ。

まずはアトムくん編集部で調査した、おすすめカードローンランキングTOP20を見ていきましょう。

この記事の監修
編集長タナカコウイチロウ 氏
2級FP技能士。利用中のカードローンはアコム→楽天銀行・アイフル。過去には父の借金で一家離散を経験するも、奨学金のおかげで大学進学。借金の酸いも甘いも知るアトムくんの編集長。

【2023年最新版】おすすめカードローンランキング

カードローンおすすめランキングトップ20は以下のとおりです。

  1. プロミス
  2. アイフル
  3. アコム
  4. 三井住友カード カードローン
  5. レイク
  6. SMBCモビット
  7. J.Score
  8. LINEポケットマネー
  9. ORIX MONEY(オリックスマネー)
  10. dスマホローン
  11. au Pay スマートローン
  12. 三井住友銀行カードローン
  13. ファミペイローン
  14. 楽天銀行スーパーローン
  15. PayPay銀行カードローン
  16. セブン銀行カードローン
  17. ベルーナノーティス
  18. 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  19. みずほ銀行カードローン
  20. オリックス銀行カードローン

※上記のランキングはアトムくん編集部に寄せられたユーザーの満足度と、各カードローンの公式情報を数値化し比較した結果です。

ではランキング1位のプロミスから、順番に解説していきます。

最短15秒事前審査&最短25分融資のプロミス

プロミスの事前審査は最短15秒回答 プロミスの事前審査は最短15秒回答

プロミスは、大手消費者金融カードローンの中でも最速の、最短15秒事前審査と最短25分融資を明言しているカードローン。

大手消費者金融カードローンの審査スピードと、融資スピードを比較した結果が以下の通りです。

大手消費者カードローンの審査スピード比較表

大手消費者金融カードローンの融資スピード_2022年最新

高山
アトムくん編集部の高山です。当時はアルバイト歴2ヶ月のライターだったので即日融資できるとは思っておらず、本当にありがたかったです。

プロミスなら電話連絡なし・郵送物なし

またプロミスは、電話連絡なしを明言するカードローンです。

Web完結申込すれば、自宅に郵送物が届く心配もないため、プロミスはバレないカードローンと言っても過言ではありません。

無利息期間は初回借入時からスタート

プロミスの無利息期間は、はじめてプロミスを利用してお金を借りた翌日からスタートします。

初回契約日の翌日からスタートするわけではないので、「契約はしたけどすぐに利用しない」という方でも、無利息期間が無駄に経過しません。

転ばぬ先の杖として契約しておく使い方もできるカードローンです。

プロミスバナー

審査スピード 融資スピード 審査対応時間 在籍確認の方法
最短15秒事前審査 最短25分 平日・土日祝 9時~21時 原則として電話連絡なし
自宅郵送物 即日融資 保証会社の審査 無利息期間サービス
なし なし
金利(実質年率) 借入限度額 WEB完結 ユーザー満足度
年4.5%~17.8% 最大500万円 78.8点
  • プロミス
    がおすすめな方
  • プロミス
    が不向きな方
  • お金を借りる以外にも特典が欲しい方
  • 勤務先に電話連絡されたくない方
  • 最短25分で借りたい方
  • 本審査前にいくら借りられるか知りたい方
  • 万が一に備えて無利息期間のあるカードローンと契約したい方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 まずはお借入れシミュレーションをお試しください。

※お申し込み時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須です。 高校生(定時制高校生含む)はお申し込みできません。
※18歳、19歳の方は契約にいたりづらい可能性があります。

最短25分&電話連絡なしで借りられるアイフル

アイフルなら原則、電話連絡なし!

アイフルは業界最速の融資スピード(Web申込なら最短25分融資)を誇るカードローンです。

筆者がアイフルに申し込んだ際も、審査結果が24分でわかり、申し込みから31分後にはアイフルと契約が完了しました。

アイフルのWeb申込は手続きがスムーズ

なお筆者がアイフルへの申し込みにかかった時間は、わずか9分。

申し込み自体もスムーズに完了するので、最速で借りられるカードローンといっても過言ではありません。

実際に筆者が利用したことのあるカードローン(アイフル・アコム・楽天銀行スーパーローン)のなかでは、アイフルが最もスピーディーに借り入れできました。

アイフルなら電話連絡なし

またアイフルは公式サイトにて、「自宅・勤務先にご連絡いたしません」と宣言してます。

原則として電話連絡されないアイフルの在籍確認なら、職場の人にカードローンの利用がバレる心配はありません

実際に筆者がアイフルに申し込んだときも、勤務先に電話連絡されることなく、アイフルからお金を借りられました。

田中
筆者のタナカです。私がアイフルに申し込んだときは、勤務先に電話連絡されることなく借り入れできました。自宅に郵送物が届いたこともありません。

アイフル_WEB申込なら最短25分融資も可能

審査スピード 融資スピード 審査対応時間 在籍確認の方法
最短25分 最短25分 平日・土日祝 9時~21時 原則として電話連絡なし
自宅郵送物 即日融資 保証会社の審査 無利息期間サービス
なし なし
金利(実質年率) 借入限度額 WEB完結 ユーザー満足度
年3.0%~18.0% 最大800万円 79.6点
  • アイフル
    がおすすめな方
  • アイフル
    が不向きな方
  • 無利息期間を活用したい方
  • 最短25分でお金を借りたい方
  • 職場に電話連絡されたくない方
  • 自宅に郵送物が届かないようにしたい方
  • 大手銀行グループの消費者金融を利用したい方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • 提携ATMの手数料を節約したい方

※当社のご利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要。

審査通過率ナンバーワンのアコム

アコムは審査通過率ナンバーワン

「カードローンの審査に通過できるか不安だ・・・」という方は、審査通過率が高いアコムに申し込むのがおすすめ。

アコムは審査通過率が43.6%と、他のカードローンと比較して、審査通過した人が圧倒的に多いカードローンです。

商品名 審査通過率 新規契約者数 新規申込数
アコム 43.6% 261,873人 601,192人
プロミス 38.8% 216,300人 557,521人
レイク 36.0% 147,400人 409,173人
アイフル 32.9%< 210,014人 637,877人

※2021年4月〜2022年3月までの情報です。

「はじめての♪アコム♪」でおなじみのアコムは、はじめてカードローンを利用する人に選ばれているため、審査通過率が高いようです。

アコムはユーザー満足度が高いカードローン

なおアコムは、アトムくん編集部に寄せられたカードローン満足度において、唯一の80点台をマークしています。

アコムの累計利用者数は150万人以上で、カードローン業界のトップ

その人気ぶりにも頷ける結果となりました。

アコムの在籍確認は柔軟な対応が可能

またアコムの在籍確認は、原則として電話連絡なしを明言しています。

電話連絡が必要な場合でも、柔軟な対応をしてくれる場合が多く、筆者自身も書類で在籍確認してもらえました。

田中
私がアコムに申し込んだときは、給与明細の写真をアップロードして、在籍確認としてもらいました

審査や在籍確認に不安がある方は、まずはアコムに申し込んでみてください。

アコム最短30分融資可能

 

審査スピード 融資スピード 審査対応時間 在籍確認の方法
最短30分 最短30分 平日・土日祝 9時~21時 原則として電話連絡なし※</p
自宅郵送物 即日融資 保証会社の審査 無利息期間サービス
なし なし
金利(実質年率) 借入限度額 WEB完結 ユーザー満足度
年3.0%~18.0% 最大800万円 81.2点
  • アコム
    がおすすめな方
  • アコム
    が不向きな方
  • 審査通過率の高いカードローンを探している方※
  • 最短30分で借りたい方
  • 利用者数の多いカードローンを探している方
  • 会社に電話連絡されたくない方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • 三菱UFJフィナンシャルグループの商品の審査に落ちた方
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 まずはお借入れシミュレーションをお試しください。

※18歳、19歳の方は契約にいたりづらい可能性があります。また収入証明書の提出準備をお願いいたします。

最短5分融資も可能な三井住友カード カードローン

三井住友カードカードローンは、最短5分融資※も可能なカードローンです。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申し込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

最短5分融資は、文句なしで最速の融資スピード。

「とにかくすぐにお金が必要」という方は、まずは三井住友カード カードローンに申し込みましょう。

低めの金利で借り入れできる

また三井住友カード カードローンなら、即日融資できるカードローンのなかでは、最も低めの金利で借り入れができます。

即日融資が可能な他のカードローンと比較しても、金利の差は歴然。

カードローンの金利比較表

三井住友カード カードローンなら、10万円を借りるだけでも、銀行カードローンなみの金利で借り入れが可能です。

三井住友カードが提供するカードローンなので安心

三井住友カード カードローンはその名の通り、三井住友カードが提供するカードローンです。

「今すぐお金を借りたいけど、消費者金融で借りるのは抵抗がある・・・」という方でも、安心して利用できますよ。

三井住友カード カードローン

審査スピード 融資スピード 審査対応時間 在籍確認の方法
最短5分※ 最短5分※ 平日・土日祝 9時~19時30分※最短5分の会員番号発行は上記時間帯のみ受付 原則として電話連絡
自宅郵送物 即日融資 保証会社の審査 無利息期間サービス
なし なし
金利(実質年率) 借入限度額 WEB完結 ユーザー満足度
年1.5%~15.0% 最大800万円 74.7点
  • 三井住友カードカードローン
    がおすすめな方
  • 三井住友カードカードローン
    が不向きな方
  • 長期的に返済したい方
  • 最短5分でお金を借りたい方※
  • 高額融資を希望する方
  • 大手消費者以外から借りたい方
  • 三井住友カードを利用している方
  • 学生の方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 現在の年収や勤続年数によって、審査結果が異なる場合もあります。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申し込みみとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

無利息期間が選べるレイク

レイクは、選べる無利息期間があるカードローンです。

借入金額の5万円まで最大180日間無利息になるなど、少額融資の際の返済負担をグッと抑えられます。

大手消費者カードローンの無利息期間の比較表

レイクの選べる無利息は以下のとおりです。

無利息期間 条件 無利息になる金額 お得に利用できる人
WEB申込限定60日間無利息
  • 初回契約
  • WEB完結で申し込み
  • 借入限度額が1万円~200万円
  • 借入額全額
  • 借りたお金を60日以内に全額返済できる人
180日間無利息
  • 初回契約
  • 借入限度額が1万円~200万円
  • 借入額のうち5万円まで※5万円超えの借入額は通常金利が適用
  • 5万円までしか借りない人
  • 無理なく返済したい人
30日間無利息
  • 初回契約
  • 自動契約機または電話からの申し込
  • 借入額全額
  • 自動契約機、電話で申し込みたい人
  • 200万円以上借りる予定の人

自分が借り入れしたい金額に応じて、最適な無利息期間を選んでください。

Web申込なら最短25分融資も可能

レイクはWeb申込で最短25分融資も可能なカードローン。

公式サイトからWeb申込すれば、60日間無利息の対象にもなるため、レイクをお得に利用するならWeb申込です。

レイクALSAバナー_Webなら最短25分融資

審査スピード 融資スピード 審査対応時間 在籍確認の方法
最短15秒 Web申込なら最短25分融資も可能 平日・土祝 9時~21時
日曜 9時~18時
原則として電話連絡
自宅郵送物 即日融資 保証会社の審査 無利息期間サービス
なし なし
金利(実質年率) 借入限度額 WEB完結 ユーザー満足度
年4.5%~18.0% 最大500万円 77.6点

書類で在籍確認できるSMBCモビット

SMBCモビットのWEB完結は電話連絡なし、自宅宛郵送物なしにできる

SMBCモビットのWEB完結申込は、書類提出で在籍確認すると明言している唯一のカードローンです。

商品名 在籍確認の方法
SMBCモビット WEB完結申込なら書類提出
プロミス 原則、申込者の職場に電話連絡なし
アイフル 原則、申込者の職場に電話連絡なし
アコム 原則、申込者の職場に電話連絡なし※
レイク 原則、申込者の職場に電話連絡

SMBCモビットのWEB完結申込なら、職場に電話連絡なし、自宅に郵送物なしで最短即日融資できますよ。

最短即日融資の方法が公式サイトに記載されている

SMBCモビットは公式サイトにて、最短即日融資を実現するための方法を公開しています。

その方法とは、SMBCモビットに申し込んだあとすぐ、モビットコールセンター(0120-03-5000)に電話連絡するという方法。

なおモビットコールセンターは、平日・土日祝問わず、9時〜21時まで営業しています。

SMBCモビットで即日融資を実現したいなら、申し込んだあとすぐ、モビットコールセンターに電話連絡してください。

審査スピード 融資スピード 審査対応時間 在籍確認の方法
最短10秒簡易審査 最短60分 平日・土祝 9時~21時
日曜 9時~18時
WEB完結申込なら書類提出
自宅郵送物 即日融資 保証会社の審査 無利息期間サービス
なし なし
金利(実質年率) 借入限度額 WEB完結 ユーザー満足度
年3.0%~18.0% 最大800万円 73.7点
  • SMBCモビット
    がおすすめな方
  • SMBCモビット
    が不向きな方
  • 30代~50代の方
  • カードローンの利用が会社や家族に知られたくない方
  • 簡易審査の結果を10秒で知りたい方
  • 自宅に郵送物なし・会社に電話連絡なしを希望する方
  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
  • 社会保険証・組合保険証をお持ちでない方(WEB完結が利用できないため)
  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座をお持ちでない方(WEB完結が利用できないため)
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 まずはお借入れシミュレーションをお試しください。

AIとビッグデータで独自の審査を行うJ.Score(ジェイスコア)

J.Score_トップ

J.Score(ジェイスコア)のAIスコアレンディングは、みずほ銀行とソフトバンクが共同開発した、個人向け融資サービスです。

スコアアップによって融資条件が変化するなど、従来のカードローン審査だけでなく、申込者のAIスコアによる審査を実施しています。

そのためJ.Scoreの審査は、その他の消費者金融カードローンの審査に通過できなかったかたでも、審査通過できるチャンスがあるのです。

低めの金利かつ高めの限度額で長期利用に最適

またJ.Scoreは、その他の消費者金融カードローンと比較すると、低めの金利かつ高めの限度額なので、長期的な利用に向いています。

最短即日融資も可能なため、「借り入れを急いでいるけど時間をかけて返済したい」という方におすすめです。

審査スピード 融資スピード 審査対応時間 在籍確認の方法
最短即日 最短即日 平日 9時~19時
土日 9時~18時
原則として電話連絡
自宅郵送物 即日融資 保証会社の審査 無利息期間サービス
なし なし
金利(実質年率) 借入限度額 WEB完結 ユーザー満足度
年0.8%〜15.0%※年率0.8%はみずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り 最大1,000万円 72.4点

LINEでお金を借りられるLINEポケットマネー

LINEポケットマネーは、LINE株式会社の子会社であるLINE Credit株式会社が企画・運営している、無担保で利用可能なローンサービスです。

多くの人が普段から利用しているLINEのアプリからお金が借りられるのは、かなり便利ですよね。

LINEポケットマネーはLINE Payユーザー向けのローンサービス

LINEポケットマネーの特徴は以下のとおり。

LINEポケットマネーの特徴

LINEポケットマネーは、LINE Payユーザーが使いやすいように特化されており、普段からLINE Payを使っている方には使い勝手がいいローンです。

いっぽうで、現金で借り入れが必要な方にとっては、不便に感じることが多いかもしれません。

LINEを使った独自審査も実施

なおLINEポケットマネーの審査は、LINEの利用履歴も使用した独自の審査を実施しています。

つまり属性情報や信用情報だけでは与信審査に落ちてしまう人でも、LINEポケットマネーならお金を借りられる可能性があるのです。

実際にLINEポケットマネーの利用者層は、業界平均と比べて自営業・派遣・契約社員・パートアルバイトの方の比率が10%以上高くなっています。

LINEポケットマネーのユーザー層

ただし裏を返すと、LINEポケットマネーの与信の仕組みは、属性情報や信用情報だけなら審査通過できる可能性がある人でも、審査に落ちる場合があるということ。

LINEポケットマネーの審査が、他のカードローンより甘いというわけではありません

LINEポケットマネーの審査について詳しくは、以下の記事で解説しています。

審査スピード 融資スピード 審査対応時間 在籍確認の方法
最短即日 最短即日 平日・土日祝 9時~21時 原則として電話連絡
自宅郵送物 即日融資 保証会社の審査 無利息期間サービス
なし なし
金利(実質年率) 借入限度額 WEB完結 ユーザー満足度
年3.0%~18.0% 最大300万円 72.4点

スマホ完結ローンのORIX MONEY

オリックスマネーの申し込みから契約までの流れはすべてスマホで完結

ORIX MONEY(オリックスマネー)は、申し込みから借り入れ、返済にいたるまでの手続きがすべてWeb上で完結するローンです。

ATMを使った借り入れ・返済も、セブン銀行のスマホATMを利用すればできるため、わざわざ借入専用のカード(ローンカード)を発行する必要がないのです。

WEB完結で自宅郵送物なし&電話連絡なしも可能

オリックスマネーでは、利用明細などの書類が、自宅に届くことはありません。

またオリックスマネーの在籍確認は、勤務先への電話連絡が困難な場合、別の方法に切り替えてくれます。

つまりオリックスマネーからお金を借りている事実が、誰にもバレずに利用できるのです。

「お金を借りていることを誰にも知られたくない・・・」という方も、安心して利用できますよ。

オリックスグループのサービス優待がある

オリックスマネーと契約すると、お金を借りられるだけでなく、オリックスグループのサービスを優待価格で利用できます。

優待されるサービスは以下の通りです。

  • オリックスレンタカーの基本料金が優待価格に
  • オリックスカーシェアの新規入会でICカード発行手数料無料
  • オリックスカーシェアの新規入会で月額基本料2ヶ月無料
  • オリックスカーシェアの新規入会で2,200円分の時間料金無料×2ヶ月
  • 個人向けカーリース新規契約でAmazonギフト券2,000円分プレゼント
審査スピード 融資スピード 審査対応時間 在籍確認の方法
最短60分 最短即日 平日・土日祝 9時~19時 原則として電話連絡
自宅郵送物 即日融資 保証会社の審査 無利息期間サービス
なし なし
金利(実質年率) 借入限度額 WEB完結 ユーザー満足度
年2.9%~17.8% 最大800万円 71.6点

ORIX MONEY(オリックスマネー)

ORIX MONEY(オリックスマネー)

実質年率 2.9%~17.8%
限度額 10万円~800万円
審査時間 最短60分
  • 最短60分融資も可能
  • 申し込みから借り入れまでWeb完結
  • オリックスグループのサービスが優待価格になる
今日中に借りたいなら
あと 00時間0000

ドコモユーザーは金利優遇されるdスマホローン

dスマホローンにはドコモユーザーの金利優遇 dスマホローンにはドコモユーザーの金利優遇

dスマホローンとは、NTTドコモが提供する、最短即日融資も可能なローンサービスです。

最大の特徴は、ドコモが提供するその他のサービスの利用状況に応じて、最大で年3.0%の優遇金利が適用されること。

優遇金利が適用される条件は以下のとおりです。

優遇条件 優遇金利
dカードゴールドと契約 年1.5%
dカードと契約 年0.5%
ドコモ回線と契約 年1.0%
スマー簿でdスマホローン登録口座を連携している 年0.5%

※優遇金利は毎月月末の情報に基づき判定し、翌月1日より適用
※スマー簿とはNTTドコモが提供する家計簿アプリ

たとえばdカードゴールドと契約しているドコモ回線ユーザーが、dスマホローンの登録口座をスマー簿と連携した場合、上限金利は年14.9%になります。

ドコモユーザーなら銀行カードローンなみの金利で利用可能

dスマホローンの優遇金利適用時の上限金利は、銀行カードローンと比較しても引けをとらない金利設定です。

カードローン名 適用金利(実質年率)
dスマホローン 年0.9%~14.9%※
プロミス 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%
アコム 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
レイク 年4.5%~18.0%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%

※dカードゴールドと契約しているドコモ回線ユーザーが、dスマホローンの登録口座をスマー簿と連携した場合の優遇金利

ドコモ回線を利用している方なら、dスマホローンがおすすめですよ。

dスマホローンバナー_ドコモユーザーは金利優遇

審査スピード 融資スピード 審査対応時間 在籍確認の方法
最短即日 最短即日 平日・土日祝 9時~21時 原則として電話連絡
自宅郵送物 即日融資 保証会社の審査 無利息期間サービス
なし なし
金利(実質年率) 借入限度額 WEB完結 ユーザー満足度
基準金利 年3.9%~17.9%
優遇金利 年0.9%~
最大300万円 なし

最適なカードローンを選ぶポイント

カードローンを選ぶときは、自分の要望に合わせて、最適なカードローンを選ぶ必要があります。

カードローンの特徴は会社によって違うため、選び方を間違えると、思いもよらないトラブルに発展するケースがあるからです。

たとえば「誰にもバレずに借りたい」と思っていたのに、勤務先に電話連絡するカードローンを選んでしまうと、会社の人に借り入れがバレる可能性があります。

ここからは以下の要望に合わせたおすすめカードローンと、カードローン選びのポイントを解説します。

最短即日融資できるカードローンと選び方のポイント

即日融資を希望する方におすすめしたいカードローンは、以下の3つです。

おすすめカードローン アイフル_ロゴ プロミスロゴ 三井住友カード カードローンロゴ
融資スピード Web申込なら最短25分融資 最短25分融資 最短5分※
必要書類※ 本人確認書類のみ 本人確認書類のみ
  • 本人確認書類
  • 返済用口座のキャッシュカードまたは通帳
審査対応時間 平日・土日祝 9時~21時 平日・土日祝 9時~21時 平日・土日祝 9時~19時30分※最短5分の会員番号発行は上記時間帯のみ受付

※契約額50万円以上、または審査の内容によって収入証明書類の提出が必要な場合があります

最短即日融資できるカードローンを探している方は、カードローン選びの際、以下3つのポイントに着目してください。

  • 融資スピードの早さ
  • 必要書類の少なさ
  • 審査対応時間の長さ

上記に絞ってカードローンを選べば、即日融資できる可能性が格段にアップしますよ。

即日融資を希望するなら融資スピードの速いカードローンを選ぶ

即日融資を希望する方がまず確認するべきポイントは、カードローンの融資スピードです。

カードローン各社が、公式サイトで公表している融資スピードをチェックしておきましょう。

公表している融資スピードが早いカードローンは、融資までのスピードを売りにしているため、即日融資できる可能性が高いです。

即日融資を希望するなら必要書類の少ないカードローンを選ぶ

即日融資を希望するなら、申し込みに必要な書類が少ないカードローンを選びましょう。

必要書類が多いカードローンは、書類のチェックに時間がかかるからです。

いっぽう本人確認書類のみで申し込めるカードローンなら、申込情報と書類を照らし合わせるだけなので、審査に時間がかかりません

即日融資を希望するなら審査対応時間の長いカードローンを選ぶ

即日融資を希望するなら、審査対応時間の確認もしておいてください。

申込受付時間と審査対応時間は異なるため、申し込んだタイミング次第では、融資が翌日以降になる場合もあるからです。

たとえば夕方の17時にカードローンに申し込む場合、審査対応時間が18時までのカードローンと21時までのカードローンでは、後者の方が即日融資できる確率が高いです。

カードローンの審査は原則、申し込み順に審査が行われるため、余裕をもって申し込めるカードローンを選びましょう。

バレないカードローンと選び方のポイント

誰にもバレずに借りたい人におすすめのカードローンは、以下の3つです。

おすすめカードローン アイフル_ロゴ プロミスロゴ アコムロゴ
在籍確認の方法 原則として電話連絡なし 原則として電話連絡なし 原則として電話連絡なし※
WEB完結申込
専用アプリ

誰にもバレないカードローンを探している方は、以下の3つのポイントを確認して、カードローンを選んでください。

  • 勤務先に電話連絡しない
  • 専用アプリで利用できる
  • WEB完結申込に対応している

上記のすべてを満たすカードローンなら、誰にもバレずにお金を借りられるはずです。

誰にもバレたくないなら勤務先に電話連絡しないカードローンを選ぶ

カードローンに申し込んだことが他人にバレる可能性が高いのは、カードローン審査で行われる在籍確認の電話連絡です。

つまり「勤務先に電話連絡しない」と明言しているカードローンを選べば、カードローンに申し込んだことがバレることがほぼありません

誰にもバレたくないならWEB完結申込できるカードローンを選ぶ

カードローンの利用がバレたくないなら、WEB完結申込できるカードローンを選んでください。

WEB完結申込なら、自宅にカードローンの契約書やカード本体が送られてきません

カードローン会社からの郵送物を見られて、カードローンがバレる心配をせずに済みます。

誰にもバレたくないなら専用アプリで利用できるカードローンを選ぶ

カードローンの利用がバレたくないなら、ローン専用のカードを発行せず、専用アプリを使うようにしましょう。

ローン専用カードを見られると、カードローンを利用していることがバレてしまうからです。

いっぽう専用アプリは、アイコンからカードローンのアプリだとわからないようになっているものが多いです。

なおカードローンのアプリでは、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMを使った借り入れ・返済のほか、振込融資の依頼もできますよ。

審査に通過しやすいカードローンと選び方のポイント

審査通過しやすいカードローンを探している方におすすめのカードローンは、以下の2つです。

おすすめカードローン アコムロゴ プロミスロゴ
審査通過率 43.6% 38.8%
金利(実質年率) 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8%
保証会社の審査 なし なし

審査に通過しやすいカードローンを探している方は、以下のポイントに着目して、カードローン選びをしてください。

  • 公表している審査通過率が高い
  • 金利が高い
  • 保証会社の審査がない

上記を満たすカードローンを選べば、審査通過の可能性が高くなります。

審査通過の可能性を上げたいなら審査通過率の高いカードローンを選ぶ

審査に通過できる可能性を少しでも上げたいなら、審査通過率の高いカードローンを選びましょう。

審査通過率とは文字通り、新規申込者のうち、審査に通過した人の割合を表す数字です。

なので審査通過率が高いカードローンのほうが、相対的に、審査に通過できる可能性が高いといえます。

ちなみに日本貸金業協会が公表している、貸金業全体の審査通過率は、2022年9月時点で35.5%。

上記の審査通過率を超えているカードローンが、アコムとプロミスです。

審査通過の可能性を上げたいなら金利の高いカードローンを選ぶ

審査に通過できる可能性を上げたいなら、金利が高めなカードローンを選んでください。

金利が高めなカードローンには、「短期間の利用でもいいので、多くの人に利用してもらって利益を出したい」というカードローン会社の狙いがあるからです。

いっぽう金利が低めなカードローンには、「利用人数を絞ってでも、長期間利用してもらうことで利益を出したい」という狙いがあり、厳しく審査を行っています

審査に通りやすいカードローンを探しているなら、金利が高めなカードローンを選択してください。

審査通過の可能性を上げたいなら保証会社の審査がないカードローンを選ぶ

審査に通過できる可能性を高めるためには、自社の審査システムのみでカードローン審査を行っているカードローンを選ぶべきです。

たとえば銀行カードローンを利用するためには、銀行独自のカードローン審査と、保証会社の保証審査を通過しなければなりません。

2つの会社が審査を行うことで、審査の網目が細かくなるイメージです。

いっぽう消費者金融カードローンなら、消費者金融独自のカードローン審査に通過できれば、カードローンを利用できます。

審査通過をイチバンに考えているなら、消費者金融カードローンを選択しましょう。

金利が低めなカードローンと選び方のポイント

金利が低めなカードローンを探している方におすすめのカードローンは、以下の3つです。

おすすめカードローン 楽天銀行スーパーローン 三井住友カード カードローン レイク
金利(実質年率) 年1.9%~14.5% 年1.5%~15.0% 年4.5%~18.0%
無利息期間 楽天銀行口座の同時開設で、借入日の翌日から最大30日間無利息 なし※無利息キャンペーンを実施しているタイミングがある 選べる無利息期間サービス※

  • 初回契約日の翌日から最大60日間無利息
  • 初回契約日の翌日から5万円まで最大180日間無利息
  • 初回契約日の翌日から30日間無利息

金利が低めなカードローンを探しているなら、まずは借入金額と返済プランの検討をつけてください

そのうえで、以下のポイントに着目してカードローンを選べば、カードローン選びに失敗しません

借入金額と返済のプラン カードローン選びのポイント
100万円未満の借り入れを長期的に返済
  • 上限金利が15.0%以下かどうか
100万円未満の借り入れを半年以内に完済
  • 上限金利が15.0%以下かどうか
  • 無利息期間があるかどうか
100万円以上の借り入れを長期的に返済
  • 無利息期間があるかどうか

金利が低めなカードローンを希望するなら上限金利を確認してカードローンを選ぶ

金利が低めなカードローンを探しているなら、上限金利を確認してカードローンを選んでください。

カードローンの初回契約では、上限金利ギリギリの金利が適用される可能性が高いからです。

ただし100万円以上の借り入れとなると、利息制限法によって、適用金利が15.0%以下になります。

利息制限法

利用者の皆さまの金利負担の軽減を図るため、法律が改正され2010年6月に上限金利が引き下げられました。お借入れの上限金利は、借入金額に応じて年15%〜20%となっています。

よって100万円未満の借り入れをする方は、上限金利が15.0%以下のカードローンを選ぶほうが、お得にカードローンを利用できます

金利が低めなカードローンを希望するなら無利息期間があるカードローンを選ぶ

金利が低めなカードローンを探しているなら、無利息期間サービスがあるかどうかを必ずチェックしてください。

無利息期間サービスとは、一定期間、カードローンを金利0%で利用できるサービスです。

たとえば10万円を金利15.0%で借り入れ、30日間で完済した場合、支払う利息は約1,233円です。※小数点以下切り上げ

いっぽう10万円を金利18.0%で借り入れたとしても、30日の無利息期間内に完済すれば、支払う利息は0円です。

そのため1ヶ月〜6ヶ月程で完済する計画の方は、無利息期間サービスのあるカードローンのほうが、支払う利息を抑えられる可能性が高いです。

また100万円以上の借り入れを検討している場合、どのカードローンを選んでも適用金利に差がつきにくいため、無利息期間サービスのあるカードローンを選びましょう。

そもそもカードローンとは

カードローンの仕組み

カードローンとは、銀行や消費者金融などが提供する、お金を借りる方法のひとつです。

いちど契約すれば、専用のカードをつかって限度額まで繰り返し利用できることから、カードローンという名称が使われています。

カードローンの特徴は以下のとおりです。

  • 資金使途が自由
  • 無担保・無保証人で利用できる
  • 本人確認書類があれば申し込める
  • 限度額まで繰り返し利用できる
  • コンビニATMで借り入れ・返済できる
  • 契約には審査がある
  • 女性が安心して利用できるサービスがある

順番に特徴を解説します。

※カードローン利用前に必ず知っておいて欲しいことは、『はじめてカードローンを利用する前に必ず知っておきたいこと』の見出しにまとめています。
※「カードローンの基本情報は知っている」という方は、上記から先にご確認ください。

カードローンは資金使途が自由

カードローンは、借りたお金の使い道を指定されないローン商品です。

そのため借りたお金を生活費にあてようが、欲しい商品の購入代金にあてようが、ローン会社からとがめられることはありません。

日本貸金業協会の調査では、趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費として使われるケースが最も多い(36.1%)ようです。

カードローンは無担保・無保証人で利用できる

カードローンは、担保を用意したり保証人を立てたりしなくても利用できます

カードローンが無担保・無保証人で利用できる理由は以下のとおり。

カードローンが無担保・無保証人で借りられる4つの理由

  • 申込者の収入を確認しているから
  • 申込者の信用情報を照会しているから
  • はじめから高い金利でリスクを回避しているから
  • 貸付金額を少なくしてリスクを回避しているから

カードローンは上記の実施により、申込者の信用を担保として、お金を貸し出しています。

カードローンは本人確認書類があれば申し込める

カードローンは、本人確認書類があれば申し込めるローン商品です。

マイカーローンや住宅ローンのように、使い道を記した書類や、担保・保証人を準備する必要はありません。

先の紹介の通り、カードローンは資金使途自由かつ、無担保・無保証人で利用できるからです。

カードローン会社に提出する本人確認書類として、以下の書類を準備しておきましょう。

本人確認書類※いずれか1点
  • 運転免許証
  • 個人番号カード※個人番号を隠して提出する
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住証明書

ただし以下の条件に当てはまる場合、収入証明書類の提出が必要です。

収入証明書の提出条件

  • 契約額50万円超
  • 他社との借入合計額が100万円超

本人確認書類のみでカードローンに申し込みたいなら、借入希望額を50万円以下にして申し込みましょう。

カードローンは限度額まで繰り返し利用できる

カードローンはいちど契約が完了すると、契約時に決められた限度額に達するまで、何度でも繰り返し利用できるローン商品です。

一般的なローン商品は、最初の契約時に1度だけ借り入れ、あとは返済していくだけのパターン(証書貸付方式)がほとんど。

いっぽうカードローン(口座貸越方式)なら、返済期間中であっても、審査なしで追加の借り入れが可能です。

カードローンはコンビニATMで借り入れ・返済できる

カードローンは、コンビニに設置されたATMで借り入れ・返済ができます。

借り入れや返済のために、カードローン会社や銀行に行く必要はありません

また最近では、カードローンの専用カード(ローンカード)を発行しなくても、スマホアプリを使って借り入れ・返済できるようになりました。

カードローン専用アプリをダウンロードすれば、セブン銀行ATMかローソン銀行ATMにて、スマホATM取引が可能です。

カードローンの契約には審査がある

カードローンに審査が必要な理由

カードローンを利用するためには、契約前の審査に通過しなければなりません

なぜなら貸金業法によって、貸金業者は申込者の返済能力を調査しなければならないと決められているからです。

貸金業法第13条

カードローン審査でチェックされるポイントは、主に以下の2つ。

 

  • 安定した収入があるかどうか
  • 信用情報に問題がないかどうか

カードローン審査では上記を確認するため、申込者が提出した申込情報と、指定信用情報機関に記録されている申込者の個人信用情報をチェックしています。

女性が安心して利用できるサービスがある

カードローン会社のなかには、女性が安心してカードローンを利用できるよう、女性専用の窓口を設けている会社があります。

カードローン名 女性向けサービス
プロミス プロミスレディースキャッシング
アイフル SuLaLi
ベルーナノーティス レディースローン

女性専用窓口は担当者がすべて女性なので、女性ならではの悩みに寄り添ってくれます

カードローンの利用に不安がある女性の方も、オペレーターに相談しながら、安心して申し込めますよ。

はじめてカードローンを利用する前に必ず知っておきたいこと

これからはじめてカードローンを利用するというみなさんに、あらかじめ知っておいてもらいたいポイントがあります。

カードローンを利用する前に知っておきたいことは、以下の6つです。

  • 申し込みから借り入れまでの流れ
  • 借りすぎを防ぐための法律(総量規制)がある
  • 毎月の返済には利息が発生する
  • 銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い
  • 審査落ちを防ぐ方法
  • 闇金の見分け方

上記のポイントを知っておけば、安心してカードローンを利用できますよ。

上から順に解説します。

カードローン申込から借り入れまでの流れ

カードローンに申し込んでから、実際にお金を借りるまでの流れは以下のとおりです。

公式サイトから申し込む

本人確認書類を提出する

在籍確認に対応する

審査結果と契約内容を確認する

カードローンは、たった4ステップで借り入れできるのも魅力なローン商品。

それぞれの手順におけるポイントを解説します。

1.公式サイトから申し込む

カードローンへに申し込むなら、公式サイトから申し込みましょう。

カードローンによっては、自動契約機や店頭窓口で申し込める場合もあります。

しかし、もっとも手軽に申し込めて、かつ時間のかからない申込方法は、公式サイトからのWeb申込です。

使い慣れたスマホなら、申込情報の入力もスムーズに完了しますよ。

2.本人確認書類を提出する

カードローンへの申し込みが完了すると、本人確認書類を提出するよう連絡があります。

以下の書類を手元に用意しておき、すぐに本人確認書類が提出できるようにしておいてください。

本人確認書類※いずれか1点
  • 運転免許証
  • 個人番号カード※個人番号を隠して提出する
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住証明書

なおWeb申込の場合、本人確認書類の写真を撮影し、専用サイトにアップロードするだけで提出が完了します。

3.在籍確認に対応する

本人確認書類を提出すると、本審査が行われます。

本審査中に申込者が対応するのは、在籍確認のみ。

カードローン会社によって在籍確認の方法が異なるため、それぞれの在籍確認にあわせた対応方法を確認しておきましょう。

在籍確認の方法 対応方法
電話連絡なし。独自の方法で在籍確認 特になし
申込者の勤務先に電話連絡 勤務先にかかってきた電話に対応する
書類提出で在籍確認 指定された書類(申込者の名前と勤務先名が両方記載されている書類)を提出する

上記の対応をすれば、在籍確認はすぐに完了しますよ。

4.審査結果と契約内容を確認する

在籍確認が完了すると、本審査の結果が送られてきます。

Web申込の場合、審査結果はメールで送られてくるので、誤って迷惑メールに送られていないかチェックしてください。

審査に通過していたら、契約内容を確認していきましょう。

とくに借入方法はよく確認しておいてください。

カードローンの借入方法は、主に以下の3つです。

  • スマホATM取引
  • 振込融資
  • 契約機でカード発行

ただし振込融資や契約機でカード発行して借りる方法は、対応できる時間とできない時間があります。

「どうしてもすぐにお金を借りたい!」という方は、契約の際、即日融資に対応した借入方法を選択するよう気をつけてください。

カードローンには借りすぎを防ぐための法律がある

「カードローンに申し込むと、必要以上のお金を借りてしまって、返済できなくなりそう・・・」

上記のように悩む方も安心してください。

カードローンには、利用者の借りすぎ(カードローン会社の貸しすぎ)を防ぐ法律、総量規制があります。

総量規制とは、カードローン会社が、カードローン利用者の年収3分の1を超える貸付をできないようにするルールです。

総量規制があるおかげで、カードローン利用者は、自分の返済能力を超える借り入れをせずに済みます。

カードローンは毎月の返済に利息が発生する

カードローンを使ってお金を借りたなら、決められた最低返済額を、毎月返済していく必要があります。

そしてカードローンの返済額には、必ず利息が含まれています

たとえば10万円を金利15.0%で借り入れ、30日後に5,000円返済する場合、返済額の内訳は以下のとおりです。

返済金額 元金充当分 利息
5,000円 3,767円 1,233円

上記の場合5,000円返済したつもりでも、利息として1,233円をカードローン会社に支払うので、実際には3,767円しか返済できていません

利息の負担を減らす方法

カードローンでお金を借りたあとで、利息の負担を減らす方法は、毎月の返済額を多めにすることです。

なぜなら毎月の利息は、返済額が決定するタイミングの借入残高に応じて決まるから。

カードローンの利息の計算式は以下のとおりです。

カードローンの利息の計算式

利息 = 借入残高 × 金利 ÷ 365 × 借入日数

つまりカードローンの利息は、借入残高が少なくなるほど、合わせて少なくなっていきます。

またカードローンの返済額を多めにすることで、返済期間も短縮できますよ。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

カードローンからお金を借りようと考えた方のなかには、銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類で迷われる方が多くいらっしゃいます。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは以下のとおりです。

カードローンの種類 メリット デメリット
銀行カードローン
  • 上限金利が低めに設定されている
  • 最低返済額は低めに設定されている
  • 提携ATM手数料が無料のカードローンが多い
  • 即日融資ができない
  • 在籍確認は原則電話連絡
  • 銀行独自の審査と保証会社の審査がある
  • 独自のキャンペーンや特典が少ない
消費者金融カードローン
  • 最短即日融資も可能
  • 在籍確認の電話連絡がないカードローンがある
  • 審査通過率の高いカードローンがある
  • 無利息期間サービスがあるカードローンが多い
  • 上限金利が高い
  • 最低返済額が高めに設定されている

銀行カードローンの特徴と注意点

銀行カードローンは、上限金利や最低返済額が低めに設定されているため、長期間の利用に適したカードローンです。

というのも銀行にとってカードローンは、長期間かけて返済してもらうことで、少額の利息を高額にする狙いがある商品です。

つまり金利が低めな銀行カードローンでも、毎月の返済額が少額の場合、完済するころには多額の利息を支払っている可能性があります。

また銀行カードローンは、2016年に日弁連から「過剰な貸付を行っているのではないか」と指摘されたこともあり、審査基準をより厳格にしました。

2017年以降の銀行カードローン審査が厳しいことは、当時の金融庁トップだった麻生太郎氏が「詳細な実態把握を進め、審査の厳格化を徹底する」と語っていることからもわかります。

上記の実態からも、銀行カードローン審査は、消費者金融カードローンよりも厳しい審査を行っていると言えます。

消費者金融カードローンの特徴と注意点

消費者金融カードローンは、最短即日融資も可能で無利息期間サービスもあるなど、短期間の利用に適したカードローンです。

また在籍確認のため勤務先に電話連絡しないカードローンや、審査通過率の高いカードローンがあるので、はじめてのカードローン利用が不安な方におすすめです。

消費者金融にとってカードローンは主力商品。

はじめて利用するときは短期間の利用でも、繰り返し利用してもらうことで、利息収入を増やす狙いがあります。

逆に利用者にとって消費者金融カードローンは、何度も繰り返し利用したり、長期間かけて完済を目指すと損をする商品です。

消費者金融カードローンを利用する場合は、無利息期間のうちに完済を目指しましょう。

カードローンの審査落ちを防ぐ方法

カードローンを利用するためには、審査に通過しなければなりません。

審査落ちを防ぐ方法は以下の8つです。

  • 申込条件を満たす
  • 安定した収入がある
  • 信用情報に傷がない
  • 収入証明書の提出が必要な場合は漏れなく提出する
  • 同時に複数のカードローンに申し込まない
  • 他社借入金額を年収の3分の1未満に抑える
  • 他社借入件数を4件未満に抑える
  • 在籍確認がとれる

順番に解説していきます。

審査落ち対策1.申込条件を満たす

カードローンには、それぞれ申込条件があります。

カードローンが設定している申込条件を満たしていないと、当然ながら審査に落ちてしまいます。

カードローンに申し込む前には、申込条件を満たしているかどうか確認しておいてください。

審査落ち対策2.安定した収入ある

安定した収入とは毎月1回以上の収入が継続している状態

カードローンの申込条件には必ず、安定した収入があることが記載されています。

安定した収入がある状態とは、決まった勤務先から頂いている収入が、1ヶ月以上継続していることを指します。

事実アトムくん編集部の高山と黒木は、入社してから2ヶ月しか経っていないタイミングでも、カードローン審査に通過できました。

高山
アトムくん編集部の高山です。私がプロミスの審査に通過したときは、まだ入社3ヶ月目のアルバイトでした。
黒木
アトムくん編集部の黒木です。私がレイクの審査に通過したときは、入社2ヶ月目で、はじめてのお給料をいただいてすぐのときでした。

そのため、安定した収入=高収入というわけではありません

ただし、

「転職したばかりで、お給料をまだもらっていない・・・」

「仕事を辞めたところなので、現在は無職・・・」

という方は、残念ながらカードローンの審査に通過できません。

審査落ち対策3.信用情報に傷がない

信用情報は審査に大きく影響する

信用情報に傷がある方は、カードローン審査に落ちてしまう可能性が高いです。

信用情報の傷とは、クレジットカードの支払いやローンの返済が遅れたり、債務整理したりした場合に記録される事故情報のことを言います。

具体的な信用情報の傷(事故情報)は以下の通り。

信用情報の傷 内容 信用情報の保存期間
延滞・遅延 期日までに入金されていない記録 延滞が解消されるまで
延滞解消 延滞・遅延が解消された記録 最長1年
債務整理 減額や免除期間の設定などを申請した記録 最長5年
債権回収 強制執行・督促の記録 最長5年~10年

属性情報や収入状況がよくても、信用情報に上記の履歴があると、「お金を貸しても返してもらえなさそう」と判断されてしまいます。

なお自分の信用情報は、指定信用情報機関に問い合わせれば確認できますよ。

個人信用情報を確認する方法は、以下の記事で解説しています。

審査落ち対策4.収入証明書の提出が求められたら漏れなく提出する

カードローン審査では、申込者の安定した収入を確かめるために、収入証明書類の提出を求められる場合があります。

収入証明書類の提出を求められた際に、指定された収入証明書類の提出ができなければ、カードローン審査に通過できません。

安定した収入がないと判断されてしまうからです。

収入証明書類の提出を求められた場合に備えて、以下の書類を用意しておきましょう。

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 給与明細書の写し
  • 確定申告書の写し

審査落ち対策5.同時に複数のカードローンに申し込まない

申込ブラック

カードローンに申し込んだタイミングと同時期に、複数のカードローンに申し込んだ場合、申込ブラック状態となり審査に落ちる可能性が高いです。

信用情報には、カードローンに申し込んだ情報が、6ヶ月の間記録されるからです。

カードローンの審査担当者が申込者の信用情報を確認した時、複数のカードローンに申し込んだことがわかると、「手当たり次第にお金を借りようとしている」「返済計画が立てられない人物なのでは?」と疑われてしまいます。

カードローンに申し込むときは、審査結果がわかるまで他のカードローンに申し込まないようにしてください。

審査落ち対策6.他社借入金額を年収の3分の1未満に抑える

カードローンに申し込んだ際、すでに他社からの借入金額が年収の3分の1以上ある場合は、審査通過できません。

カードローン会社は総量規制により、利用者の年収3分の1を超える貸付を禁止されているからです。

また銀行も総量規制に準ずるルールを設けて、年収による限度額の制限を実施していることが、全国銀行協会の調査で公表されています。

カードローン審査に通過するために、他社借入金額は年収3分の1未満に抑えておきましょう。

審査落ち対策7.他社借入件数を4件未満に抑える

カードローンに申し込んだ際、すでに他4社以上からの借り入れがあると、審査に落ちる可能性が高いです。

金融庁では、5件以上の借り入れがある人を多重債務者としている傾向にあるためです。

すでに他者借入が4件以上ある人が、さらに別のカードローンから借り入れると、多重債務者の基準である5社以上からの借り入れに達してしまいます。

とくに銀行カードローンは以前、多重債務者を増やす原因になっていると指摘されたこともあるため、すでに4社以上の借り入れがある方の審査通過は難しいでしょう。

審査落ち対策8.在籍確認に対応する

カードローンの審査では、在籍確認が必ず行われます。

そのため在籍確認が取れない場合、カードローン審査に通過できません。

在籍確認の方法は以下の3パターンがあります。

在籍確認の方法 在籍確認が完了するケース
電話連絡なし。独自の方法で在籍確認
  • 申込情報と信用情報に記録された勤務先名、勤務先電話番号が一致している
申込者の勤務先に電話連絡
  • 申込者本人が電話連絡に対応した
  • 申込者以外の人から、申込者が在籍確認しているとわかる返答があった
書類提出で在籍確認
  • 申込者の名前と勤務先名が両方記載されている書類が提出できる
  • 申込情報と提出書類に記載された勤務先名が一致している

いずれの方法でも在籍確認がとれなかった場合、カードローン審査に通過できなくなります。

闇金の見分け方を知っておくと安心

闇金とは、国や自治体の貸金業者登録を行っておらず、法外な金利でお金を貸し付ける違法業者です。

たとえば「絶対に即日借りられます!」とうたう業者は闇金です。

正規のカードローン会社は、公式サイトに記載された審査スピードや融資スピードに、「最短」の2文字が必ずついています

金融庁から、利用者に誤解を与えるような宣伝文句を使わないように、厳しく指導されているからです。

なお当サイトで紹介しているカードローンは、すべて正規の貸金業者が提供しているカードローンなので、安心してください。

以下のサイトで、利用しようとしている貸金業者が闇金かどうか調べられますので、普段名前を聞かない貸金業者を利用する時は、必ず確認しておきましょう。

個人間融資は利用しないこと

個人間融資ダメ

個人間融資を利用して、即日お金をを借りようとするのは危険です。

個人間融資とは、掲示板やSNSを介しておこなわれる個人同士のお金の貸し借りです。

個人間融資には以下3つのリスクがあるため、決して利用しないでください。

  • 闇金や詐欺業者が紛れ込んでいる
  • トラブルがあっても警察が介入できない場合がある
  • 法外な金利の取引が横行している

個人情報を奪われたり、苛烈な取り立てにあうなどの被害も相次いでいます。

SNSを通じて「即日融資できますよ?」と誘われても、絶対に相手にしないようにしましょう。

個人間融資について詳しくは以下の記事でも解説しています。

まとめ

アトムくん編集部が作成した、カードローンおすすめランキングは以下のとおりです。

「どのカードローンを選べばいいかわからない!」という方は、上記のランキング結果をもとにカードローンを選んでみてください。

また自分にとって最適なカードローンは、みなさんの要望によって変わってきます。

この記事で解説した、以下の要望に対するカードローンの選び方も参考にしてもらえると嬉しいです。

みなさんにとって最適なカードローンが見つかり、お金のピンチから脱出されることを願っています。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短25分
  • 原則として勤務先に電話連絡なし

  • 最短25分融資で借りられる
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    約200の銀行に即日キャッシング!
  • 初回契約なら借入から30日間無利息
    契約だけでも無利息期間が無駄にならない

  • 事前審査回答は最短15秒

    ※事前審査結果ご確認後、本審査が必要です。
    ※最短15秒事前審査による新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。
今日中に借りたいなら
あと 00時間0000
※お申し込み時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須です。
※高校生(定時制高校生含む)はお申し込みできません。
※18、19歳の方は契約にいたりづらい可能性があります。

アイフル

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
審査時間 WEB申込なら最短25分
  • 職場に電話連絡しないと明言

  • WEB申込なら最短25分融資も可能
  • はじめての方なら最大30日間利息0円
  • 24時間365日最短10秒即時振込
今日中に借りたいなら
あと 00時間0000

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 原則として勤務先に電話連絡なし

  • 申込から最短30分で審査回答
  • 全国各地に設置された自動契約機(むじんくん)で契約OK
  • 初回契約から最大30日間無利息
    ※過去にアコムを使ったことがある方は、無利息サービスが適用されません。
  • 楽天銀行口座に24時間365日最短1分の振込融資
今日中に借りたいなら
あと 00時間0000
※18歳、19歳の方は契約にいたりづらい可能性があります。また収入証明書の提出準備をお願いいたします。

三井住友カードカードローン

実質年率 1.5%~15.0%
限度額 最大900万円
審査時間 最短5分
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30
  • 最短5分※で希望額を振込
    ※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。
    ※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30
  • 返済実績で年々金利が引き下がる
  • 上限金利が15.0%とお得な金利設定
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

SMBCグループ SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 10秒簡易審査
※ネット申込の場合
  • WEB完結申込なら郵送物・電話連絡なし!
    だから誰にも内緒で借入できる!

  • WEB申込なら10秒簡易審査
  • カードローンとクレジットカードとTカード
    3つが1つになったTカードプラス!
  • ローン申込機なら最短即日でカード発行
  • 安心のSMBCグループのカードローン会社
今日中に借りたいなら
あと 00時間0000
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

楽天銀行スーパーローン

実質年率 年1.9%~14.5%
限度額 最高800万円
審査時間 最短翌日
  • 楽天会員だけの4つのメリット
  • 年率1.9%~14.5%だから借りやすい
  • 借入方法は2種類

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

実質年率 1.8%~14.6%
限度額 最高500万円
審査時間 最短翌日
  • バンクイックの利用条件からわかる審査の傾向
  • 日本最大級の大手銀行が発行する安心感
  • 年利1.8%~14.6%と低めの金利設定
  • 三菱UFJ銀行の口座がなくても利用可能
  • 返済額は毎月1,000円~
    ※借入残高と適応金利による

みずほ銀行カードローン

実質年率 年2.0%~14.0%
限度額 最高800万円
審査時間 -
  • 来店不要のWEB完結申込
  • 業界トップクラスの限度額・低金利
  • 選べる二つのカードタイプ

三井住友銀行カードローン

実質年率 年1.5~14.5%
限度額 10万円~800万円
審査時間
  • 申込時、三井住友銀行の口座開設は不要
  • 提携コンビニならATM手数料0円
  • 来店不要で24時間申込可能