5万円を無利息で借りるカードローンベスト4

更新日:2019/05/31

給料日前なのに急な飲み会がある、友達の結婚式が続いた、うっかり忘れていた買い物の引き落としが今月だった……なんて、少しだけお金が足りないことは誰にでもあります。

クレジットカードのキャッシングを利用するという手もありますが、例えば5万円だけという場合や、短期間だけ借りたいという時に便利なのが、消費者金融会社で利息無料キャンペーンを利用し、カードローンでキャッシングをする方法です。

この無利息サービスを上手に利用すれば、利息を1円も払うことなく、必要なお金を借り入れることができます。

ただし、利用する際の条件として初回キャッシングであることなどがあります。

ここでは、その方法を詳しく紹介していきますので、キャッシングを検討中の方はぜひ参考にしてください。

無利息サービスを実施している大手消費者金融会社は4社

カードローンを行っている消費者金融や銀行は数多くありますが、無利息(無金利)サービスを実施している大手カードローン会社でおすすめは4社です。

金融業者名 金利(年率) 無利息期間 条件
プロミス 年4.5%~17.8% 初回借入日の翌日から30日 初回のみ
アコム 年3.0%~18.0% 契約日の翌日から30日 初回のみ
レイクALSA 年4.5%~18.0% 契約日の翌日から30日 初回のみ
契約額が1~500万円の人が対象
180日無利息との併用は不可
契約日の翌日から180日 初回のみ
借入金額のうちの5万円まで
極度額1~200万円の人が対象
アイフル 年3.0%~18.0% 契約日の翌日から30日 初回のみ

上記の表で注目してほしいのが、「初回のみ」という条件と「無利息期間」です。

「初回のみ」というのは、その消費者金融のカードローン商品を利用するのが初めての人という意味ですので、他社の金融会社や銀行などで融資を受けたことがあってもかまいません。

「無利息期間」は契約日の翌日から無利息期間が始まる場合と、初回借入日の翌日から無利息期間が始まる場合の2パターンがあります。

無利息サービスのルールは会社ごとに異なるため、基本的なルールを説明します。

無利息サービスの基本的な内容をチェック

消費者金融カードローンの利息無料キャンペーンについてネット検索すると、「利息無料だと思って借りたのに利息を払うはめになった」「無利息サービスは半分罠みたいなものだ」という口コミをいくつも見つけました。

しかし、詳しく調べていくと、そうした不満の多くは、無利息サービスのルールをしっかりと把握していなかったことで生まれているのだと分かります。

絶対に損をしないようにするためには、基本的なサービス内容をしっかりと把握することが大切です。

無利息サービスには2タイプがある

無利息サービスには、大きく分けると2タイプあります。

  1. 契約日の翌日から無利息期間がはじまる
  2. 初回借入日の翌日から無利息期間がはじまる

契約日の翌日から無利息期間がはじまるタイプは、契約完了をした翌日から、日ごとに減っていきます。

すぐに借りないからといって、無利息期間は延長されません。

極端に言えば、契約日から29日後に借り入れた場合、次の日の1日のみが無利息期間になります。

一方、初回借入日の翌日から無利息期間が始まるタイプであれば、契約後数日、もしくは数か月経過していたとしても、その翌日から無利息期間が始まるため、30日間まるまる無利息期間として利用することができます。

初回利用以外の条件に注意

無利息サービスを利用できるのは、どの金融機関も初回利用(新規契約)に限られます。

しかし、それ以外の条件は会社ごとに異なります。

金融業者名 無利息サービス適用条件(初回以外)
アコム 返済日を『35日ごと』で指定する
プロミス

メールアドレスを登録する明細を『WEB明細』に設定する

※契約時にどちらも設定する必要あり

レイクALSA 30日間無利息は利用限度額が200万円を超える人の借入全額
180日間無利息は、利用限度額が200万円以下対象の人の5万円のみ
アイフル

通常のカードローンのみ

※「おまとめMAX」「かりかえMAX」は対象外

レイクALSAだけは、審査の結果次第で無利息サービスを受けられない状況になってしまう可能性もありますが、他は、こちらが忘れずに対応するかどうかです。

例えばプロミス の場合、契約時に「メールアドレスの登録」と「WEB明細の設定」を行うことで無利息サービスが適用されます。

契約後に同サービスを利用したいと思っても、契約手続き完了までに適用条件をクリアしておかないと、無利息で融資を受けることができません。

条件をしっかりと確認し、忘れないよう確実に行ってください。

無利息期間中でも返済日がある

約定返済日とは、返済用普通預金口座から約定返済額を自動引き落としで返済する日のことです。

消費者金融会社により約定返済日は異なり、選択肢のなかから選ぶ場合や、35日ごとにしている場合などの返済方法があります。

金融業者名 約定返済日
アコム 毎月6日(※口座振替のみ)
35日ごと、もしくは任意の指定日
プロミス 5・15・25・末日より選択
レイクALSA 任意の指定日
アイフル 35日ごと、もしくは任意の指定日

返済に指定した日により、無利息期間中に返済日がくることもあります。

この時に支払いが滞ると、無利息サービスは終了します。さらに、返済を滞納したことで遅延損害金を請求されてしまうこともあります。

遅延損害金は、いずれの会社も20.0%です。通常の金利より高く設定されていますので、返済を忘れないように注意しましょう。

なお、無利息期間中に返済した金額は、すべて元金の返済にあてられます。

最終日の返済時間にも注意

無利息サービス期間が終了する30日目に返済を行う場合、返済時間を誤ると翌日扱いになってしまい、利息が発生してしまいます。

銀行振り込みの場合は、当日の振り込み時間内に返済を行うようにしましょう。提携銀行ATMを利用する場合も、当日の最終稼働時間までに振り込みを行う必要があります。

例えばアコム の場合、返済に対応しているアコム専用のATMは、24時間対応もあれば、20時までで終了してしまうものもあります。

また、ローソンATMやイーネットATMなどのコンビニATMは、23時45分から翌0時5分までは取り扱い時間外です。

さらに、月の最終日が土日祝にあたる場合も振り込み対応時間が異なるので注意が必要です。

無利息サービスで得する金額

無利息サービスを利用すると、返済額は元金だけで利息は0円です。

そこで、サービスを利用しない場合と比べてどのくらい得なのかを計算してみました。

なお、借入額は5万円、計算に用いた金利は各金融業者の上限金利としています。

金融業者名 金利(実質年率) 無利息を適用しなかった場合の5万円の利息
プロミス 年4.5%~17.8% 731円
アコム 年3.0%~18.0% 739円
レイクALSA 年4.5%~18.0% 739円
アイフル 年3.0%~18.0% 739円

5万円を30日以内に一括返済した場合、節約できる金額は740円未満です。しかし、一括返済ではなく、毎月少しずつ返済をしていきたいという人も少なくありません。

そこで次は、毎月1万円ずつ返済した場合と、最低返済額(約定返済額)で返済した場合を、それぞれ計算しました。

こちらも、借入額は5万円、計算に用いた金利は各金融業者の上限金利としています。

毎月1万円ずつ返済(返済回数は6回)
金融業者名 支払総額
(無利息適用ナシ)
支払総額
(無利息適用)
節約金額
プロミス 5万2,345円 5万1,604円 741円
アコム 5万2,375円 5万1,625円 750円
レイクALSA 5万2,375円 30日無利息:5万1,625円 750円
5万2,375円 180日無利息:5万円 2,375円
アイフル 5万2,345円 5万1,604円 741円

銀行カードローンと異なり、消費者金融の最低返済額(約定返済額)は決まっていません。

最低返済額で返済した場合

「最後に借入されたときの借入残高」に「一定の割合」を掛けた金額を、最低返済金額と定めています。

金融業者名 最低返済額 支払回数 支払総額(無利息適用)
プロミス 2,000円 32回 6万2,182円
アコム 3,000円 20回 5万7,210円
レイクALSA 4,000円 14回 30日無利息:5万5,038円
180日無利息:5万2,027円
アイフル 4,000円(約定日)
5,000円(35日ごと)
14回
11回
5万5,038円
5万3,826円

ここで言う「一定の割合」とは、アコムの場合、契約極度額が30万円以下の場合は借入残高の4.2%以上、アイフルの場合は3.61%以上です。

ただし、1,000円未満は切り上げとなるので、アコムは本来であれば最低返済額は2,100円ですが、実際は3,000円となります。

上記の表を見ると、プロミス、アコム、アイフルの場合、30日間無利息をフルで利用すると、740円近くの節約が可能だということが分かります。

例外としてレイクALSAは30日間のほかに、180日間の無利息キャンペーンも設けているため、最高で3,700円程度の節約が可能です。

まとめ

クレジットカードのキャッシングに比べて金利が安く、簡単な手続きで融資を受けられるのが消費者金融カードローンです。

プロミスアコムレイクALSAアイフルの4社は、一定期間内であれば無利息で借り入れが可能であり、最短即日融資もできます。

5万円を借りて一括で返済する予定であれば、30日間の無利息サービスを利用しての節約額に大差はありません。

少しずつ返済したいがなるべく余計なお金を払いたくない人は、レイクALSA180日無利息サービスがお得です。

5万円をすべて無利息にならなくてもいいから、少しずつ返済したい人は、最低返済額が2,000円のプロミスを選ぶのがおすすめです。

また、無利息キャンペーンを利用する際も、金融会社による審査はあります。

5万円の少額融資を希望するのであれば、基本的に必要書類は本人確認書類だけで済みます。

契約完了までの手続きや、ローンカード発行は無人契約機(自動契約機)で行うこともできるので、ネットに詳しくない人でも安心して契約を行うことができますよ。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    504銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置の自動契約機(むじんくん)
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円

新生フィナンシャル レイクALSA(レイクアルサ)

実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短即日審査
  • レイクALSAの金利は年4.5%~18.0%
  • 2つの選べる無利息期間サービス
  • 24時間振込み融資可能※対応銀行のみ