楽天銀行カードローンの保証会社や審査の通りやすさを検証

更新日:2019/07/23

保証人や担保なども不要で手軽に融資が受けられる人気のカードローンですが、銀行のカードローンは、大手消費者金融のカードローンに比べて審査に時間が掛かると言われています。

時間が掛かってしまう理由として、保証会社のほか、銀行独自の審査が行われているからです。

しかし、楽天銀行カードローンは、銀行カードローンでありながら審査回答を「最短翌日」としており、審査スピードが早い点が特徴です。

ここでは「楽天銀行カードローンの審査はどこで行っているのか?」「審査は厳しいのか?」など、保証会社や審査について詳しく調べてみました。

楽天銀行カードローンの保証会社は2つ

銀行と保証会社の関係性

通常、銀行はカードローンの融資をする際に、独自の審査のほか、保証会社によるダブルチェックをしています。

楽天銀行カードローンが利用している保証会社は「楽天カード株式会社」と「株式会社セディナ」の2社です。

楽天カード株式会社が保証会社を務めているのは、下記の自社サービスです。

楽天カード株式会社が保証審査を行っているサービス

  • 楽天銀行スーパーローン
  • 楽天銀行 教育ローン
  • 楽天銀行 目的別ローントラベル
  • 楽天銀行 目的別ローンブライダル

一方、株式会社セディナは、三井住友フィナンシャルグループの大手クレジットカード事業・信販事業を行っている会社です。

セディナでは、下記のようなカードを発行しています。

株式会社セディナが発行しているクレジットカード

  • エディオンカード
  • JR東海エクスプレス・カード
  • ジャパネットカード

楽天銀行カードローンの保証会社の役割とは

はてなマークの金田くんとアトムくんのイメージ

銀行だけでなく、消費者金融会社のカードローンでも、利用条件として「保証会社の保証を受けられる人」という項目が必ず記載されています。

カードローンの保証会社の役割は「審査」と「債務保証」です。

審査では、個人信用情報機関に登録されている取引履歴に加えて、蓄積された豊富な審査ノウハウをもとに、「十分な収入や返済能力があるのか?」「信頼に値するのか?」などを調査します。

債務保証は、万が一の場合に、保証会社が利用者に代わって銀行に債務を返済する役割を担うことを言います。

カードローンの利用者のなかには、自己破産などの理由で返済ができなくなる人もいます。利用者が返済不能に陥ると、銀行にとっては顧客の返済額がそのまま損失になってしまいます。

だからこそ、保証会社がしっかりと保証をするという太鼓判を押された人だけが、審査に通過し、融資を受けられるというワケです。

楽天銀行カードローンの審査は厳しくない可能性が高い

ポイントのイメージ

楽天銀行カードローンに関するネットの口コミなどを見ると、他社の審査に落ちた人でも通りやすいという評判を良く目にします。

実際にはどうなのか?単純に甘いとは言い切れませんが、他社に比べて厳しくない可能性は高いと考えられます。

その理由として2つが挙げられます。

  1. 審査結果を最短翌日にしている
  2. 保証会社を2社にしている

理由1. 審査結果を「最短翌日」としている

銀行カードローンは、基本的に保証会社への審査依頼と独自の審査のため、審査結果が出るまでに2~3日を必要とするケースが少なくありません。

しかし、楽天銀行カードローンは最短で翌日には結果が分かることから、金融事故など信用情報などにキズがない限り、ローン審査を通しているのではないかと推測されます。

理由2. 保証会社を2社にしている

保証会社が1社だけの場合、その保証会社の審査に落ちてしまえば、カードローンの審査にも同時に落ちてしまいます。

しかし、楽天銀行カードローンでは保証会社が2社あるので、どちらかの会社の審査に通過すれば融資を受けられるのです。

保証会社の数が多ければ、それだけ審査に通る可能性も高くなります。

銀行カードローンは保証会社の把握も審査通過のカギ

審査をするカードローンスタッフ

カードローンを選ぶ際には、ローン会社だけでなく保証会社にも注目してください。というのも、どの保証会社と提携しているかによって、審査結果が異なる可能性があるからです。

大半の銀行系カードローンは、アコムやプロミスのような大手消費者金融に保証会社を依頼しています。そのため、違うカードローンを申し込んだにもかかわらず、保証会社は同じというケースも少なくありません。

例えば、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の保証会社はアコムです。アコムは三菱UFJ銀行だけでなく、ソニー銀行やじぶん銀行の保証も請け負っています。

保証会社が同じ場合、審査の内容もほぼ同じなので、違う銀行カードローンに申し込んでも両方落ちる可能性が高くなります。

楽天銀行カードローンは先述の通り、楽天カード株式会社、株式会社セディナの2社を保証会社に採用しています。

そして、この2社と保証会社の提携を結んでいるカードローン会社や銀行はほとんどないため、カードローンの審査で他社と被る心配は低いと言えます。

ただし、楽天カードを使用した際の支払い延滞などのトラブルは、楽天銀行カードローンの審査にも悪影響を及ぼすため、あらかじめそのようなトラブルはないようにしておきましょう。

楽天ユーザーはやはりメリットが大きい

メリットのイメージ

楽天銀行カードローンに申し込む場合は、あらかじめ楽天会員になっておくと便利です。

楽天会員であれば、主に以下の4つのメリットがあります。

  • 申込の手間が軽減
  • 会員ランクに応じた審査の優遇
  • ハッピープログラムの会員ステージアップ
  • 入会と利用額に応じて楽天スーパーポイントがもらえる

それぞれのメリットに関して、以下に詳しくご紹介します。

申込の手間が軽減

楽天銀行カードローンの申し込み時に、申込情報を入力する手間を省くことができます。

一般的なカードローンの場合、初回申し込みの際、必要事項の記入に15分程度かかります。その時間が省力できるのは嬉しいポイントです。

会員ランクに応じた審査の優遇

楽天会員は買い物状況などにより、会員ランクがダイヤモンド、プラチナ、ゴールド、シルバーに分かれています。

楽天銀行カードローンを利用する場合、楽天会員は会員ランクに応じて審査や金利が優遇される可能性があると、公式サイトにも記載されています。

ただし、どの程度の金利が優遇されるのかは審査次第となります。

ハッピープログラムの会員ステージアップ

ハッピープログラムには「ベーシック」「アドバンスト」「プレミアム」「VIP」「スーパーVIP」の5種類の会員ステージが設けられており、それぞれに特典があります。

例えば「スーパーVIP」なら、ATM手数料が月7回分無料、他行への振込手数料が月3回分無料、楽天スーパーポイントの獲得倍率が3倍などの特典を受けられます。

会員ステージは「毎月25日終了時点のお預かり資産残高」もしくは「前月26日~毎月25日の対象商品・サービスのお取引件数」で決定されます。

ローン関連商品の借入れがあり、返済口座を楽天銀行に設定すると、それだけで会員ステージが1ステージアップとなります。

入会と利用額に応じて楽天スーパーポイントがもらえる

楽天カードローンに入会するだけで、楽天スーパーポイントを1,000ポイントプレゼント、利用残高によっては最大3万ポイントプレゼントされる特典も受けられます。

楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として楽天のさまざまなサービスで利用することが可能なポイントです。

仮に3万ポイントプレゼントされた場合、3万円分のサービスが利用できるということになり大変お得です。

まとめ

急にお金が必要になったときや、必要な額を用立てたいというとき、カードローンはとても便利な存在です。ですが、会社によっては審査が厳しく、なかなか通らないというケースも少なくありません。

楽天銀行カードローンは、複数の保証会社に保証を依頼することで、他社に比べて審査を比較的簡易化しています。

そのため、他社では審査落ちしてしまっても、楽天銀行カードローンであれば審査に通る可能性が少なくありません。

また、楽天会員であれば、個人事業主などであっても、有利に審査を通過できる可能性があります。

お金を借りたいけれど、どこで借りればいいのか分からない人や、いつも利用しているクレジットカードで特典のあるカードローンを利用しという人は、ぜひ楽天銀行カードローンをチェックしてください。

楽天銀行カードローン

実質年率 1.9%~14.5%
限度額 最高800万円
審査時間 最短翌日
  • 楽天銀行カードローンなら口座開設の必要なし
  • 年率1.9%~14.5%だから借りやすい
  • コンビニATMの手数料無料