オリックス銀行カードローンの申込方法と融資までの流れ・審査について

更新日:2019/05/16

銀行カードローンは消費者金融会社のカードローンに比べると低金利であり、銀行という安心感から人気です。

日本にはメガバンクから都市銀、地方銀、さらにネットバンクなども合わせると数多くの銀行がカードローンを扱っているのですが、オリックス銀行のカードローンの人気が高まっています。

今回は、オリックス銀行カードローンへの申込方法を中心に、オリックス銀行カードローンの魅力を紹介します。

オリックス銀行カードローンとは

オリックス銀行はオリックスグループに属している「ネット銀行」です。

一般的な都市銀行や地方銀行と違い、インターネット上での取引を中心とし、対面の店舗を持たないため、カードローンの申込みも自宅でWEB完結できます。

また、店舗などでの人件費がかからない分、振込やATM手数料が安く、好金利商品も数多く取り扱っています。

まずはオリックス銀行カードローンの基本スペックを確認します。

オリックス銀行カードローンの商品概要
申込対象 ・申込時の年齢が満20歳以上69歳未満
・原則、毎月安定した収入がある
・日本国内に在住(外国籍は永住者、特別永住者に限る)
・オリックス・クレジット株式会社、または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる
資金使途 自由(事業性資金除く)
契約期間 1年単位の自動更新(審査あり)
利用限度額 最高800万円(10万円単位)
借入利率 年1.7%~年17.8%
担保・保証人 不要
借入方法 振込融資、提携ATM
返済方法 口座引落、指定口座への振込返済、提携ATM返済
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済日 毎月10日または末日
必要書類 本人確認書類(下記のいずれか)
・運転免許証または運転経歴証明書
・各種健康保険証
・個人番号カード
・日本政府発行のパスポート
・在留カードまたは特別永住者証明書
所得証明書類の写し(50万円以上の場合)
預金口座振替依頼書(返済方法が口座引落の場合)

オリックス銀行カードローンの最高金利は年17.8%で、消費者金融の標準金利年18.0%と比較しても決して低い料率ではありません。

一見メリットがないように見えますが、カードローン金利はカード利用枠と連動して低くなります。金利についてさらに解説していきます。

オリックス銀行カードローンの金利

カードローンの金利には幅があり、カード利用枠が大きくなるほど金利も低くなる仕組みです。

オリックス銀行カードローンの金利は以下になります。

利用限度額 借入利率(実質年率)
100万円未満 12.0%~17.8%
100万円 6.0%~14.8%
100万円超150万円以下
150万円超200万円以下 5.0%~12.8%
200万円超300万円以下
300万円超400万円以下 4.5%~8.8%
400万円超500万円以下
500万円超600万円以下 3.5%~5.8%
600万円超700万円以下
700万円超800万円以下 1.7%~4.8%

オリックス銀行カードローンで100万円未満の金額を借り入れる場合、借り入れ利率は消費者金融カードローンとそれほど大差はありません。

しかし、100万円を超える借入額となると、上限金利が年14.8%になります。年3.0%の金利差は、例えば10万円を借りた場合には、年間3,000円の利息差となります。

利用限度額は自分の希望金額がそのまま通るのではなく、審査により決定されます。

契約の際、希望金額より利用限度額を多く伝えられた場合、なるべく高額で契約をすると金利負担が減ると覚えておきましょう。

オリックス銀行カードローンの申込方法

オリックス銀行は店舗がありません。そのため、口座開設やカードローンなどの申込はインターネットで行います。

では、インターネットからの申込み手続きの流れを説明します。

オリックス銀行カードローン申込の流れ


公式サイトによると、4つのステップで完了としています。実際にはもう少し細かな工程がありますので、そちらを詳しく説明します。

公式サイトで申込

申込時に登録したEメールアドレスに「Eメールアドレス確認用URL」が届く(本人確認)

審査開始(仮審査)
在籍確認の電話が勤務先に入る

審査結果の電話がかかってくる

本人確認書類を「必要書類アップロード用URL」で送信
審査開始(本審査)

本審査通過の連絡
銀行からはローンカードが発送される

カードが届かなくても「メンバーズナビ」から振込キャッシングで融資可能

申込から審査の結果が出るまでに、銀行カードローンは最短で翌日、一般的には2~3日かかると言われています。

ただし振込キャッシングであれば、ローンカード到着前に融資金額を受け取ることができるのがうれしいポイントです。

オリックス銀行カードローンの申込みに必要な書類

必要書類の画像
オリックス銀行カードローンの申し込みに必要な書類は、基本的には本人確認書類です。

本人確認書類は、本人の名前、住所以下の中から基本的には1つで構いません。ただし、顔写真のない健康保険証の場合には、追加で収入証明書などの提出を求められることがあります。

本人確認書類
・運転免許証
・健康保険証
・個人番号カード
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書

いずれも有効期限内で「名前」、「現住所」、「生年月日」が申込内容と一致している必要があります。

住所変更の記載がある場合は、その部分も分かるようにして提出しましょう。

50万円以上の融資を希望する場合には、下記の収入証明書(所得証明書)の提出も必須です。

収入証明書(所得証明書類)
・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書その2
・確定申告書

オリックス銀行カードローンの申込みのための収入証明書の提出は、消費者金融カードローンのように、他社残高を含めて100万円以上になる場合は提出というような条件はありません。

オリックス銀行カードローンの審査について


申込み方法や必要書類のあと、やはり気になるのは「審査」が厳しいのか、通りやすいのかだと思います。

もちろん、どの銀行や消費者金融会社でも、審査の内容に関しては公表されていません。あくまでも「アトムくん」としての推察ですが、審査に関してはさほど厳しくはないと考えます。

なぜなら、オリックス銀行カードローンの申込基準を見ると保証会社は「オリックス・クレジット株式会社」と「新生フィナンシャル株式会社」の2社が記載されています。

これはどちらかを選択するのではなく、オリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャルで審査を行い、どちらか一方でも審査を通過すれば、融資可能になるということです。

1社で審査するよりもより幅広い層が利用できる可能性が高いと言えます。

オリックス銀行カードローンの活用方法

オリックス銀行カードローンは少額の利用から、ある程度高額な利用まで幅広く利用することができます。

カードローンの賢い活用方法としては、短い返済期間で利息負担を少なくするのが原則です。低金利で長期返済をする場合でも、最低返済額(約定返済額)のままずっと利用するのは避けたほうが賢明です。

ボーナス月など金銭的に余裕があるときには、コンビニATMなどを利用して随時返済することで、スピーディに返済し、金利負担も軽減することができます。

オリックス銀行カードローンの提携コンビニATMや提携金融機関ATMは、借入・返済ともに手数料無料なので金利以外の出費はありません。

また、借入は1,000円単位で可能です。一般的な銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングなどでは、1万円単位の引き出し額なので、1万1,000円が必要な時には、2万円を引き出さなくてはなりません。

こうしたムダを省くことができるのも、オリックス銀行カードローンのメリットです。

まとめ

オリックス銀行カードローンは、カードローンへの申込がWEBで完結し、普通預金口座を開設しなくても指定口座に振込キャッシングが可能という、ネットバンクならではの便利さで人気です。

50万円以下を希望額とするなら、本人確認書類の提出のみでOKです。また、高額融資を希望する際も、源泉徴収票など会社から渡される書類で対応可能ですので、負担なく申請することができます。

銀行カードローンなので、即日融資はできません。申込から早ければ翌日、多くは2~3日後に審査結果が知らされ、キャッシングが可能になります。

また、本人に安定した収入があることが条件ですので、専業主婦や年金受給者(年金以外に収入がない人)は申し込むことはできません。

利用限度額は最高800万円という融資額の高さと、年1.7%~17.8%という金利も魅力です。

ただし、初回申込時で最低金利を適用してもらえることは多くありません。最高金利でスタートすると考えておいてください。

オリックス銀行カードローン

実質年率 1.7%~17.8%
限度額 最高800万円
審査時間 -
  • 下限金利は業界トップクラスの低さ!
  • 最大限度額800万円
    大口融資向きカードローン
  • 来店不要!申し込みはネットからでOK