オリックス銀行カードローンの金利は高い?申込条件や手続方法も解説

更新日:2019/10/29

オリックス銀行のカードローンをご存じでしょうか?

オリックス銀行はオリックスグループに属している「ネット銀行」です。

一般的な都市銀行や地方銀行と違い、インターネット上での取引を中心とし、対面の店舗を持たないため、カードローンの申込みも自宅でWEB完結できます。

また、店舗などでの人件費がかからない分、振込やATM手数料が安く、好金利商品も数多く取り扱っています。

ただ、ネットでオリックス銀行カードローンを検索すると「金利が高い」というワードが出てくることで「金利が高いなら利用したくないな」と思われている方もいるかもしれません。

ところが!オリックス銀行カードローンをよく調べてみると、一定の融資額を超えれば金利が低くなることが分かりました。

どうすればオリックス銀行カードローンの金利を抑えることができるのか、この記事では他の銀行カードローン表を使って比較しながら説明したいと思います。

また、オリックス銀行カードローンの申し込み方法などの手続についてもお伝えしていきます。

この記事の執筆
アトムくん編集長:田中 宏一郎 氏
中学3年生のときに父親の借金が原因で家庭崩壊・・・。
その後、母の働く医療法人の奨学金制度で4年制大学へ。
奨学金は毎月5万円ずつ返済中。借金の酸いも甘いも知るオトコ!
アトムくんの編集長であり3級FP技能士。

オリックス銀行カードローンの金利は本当に高いのか?

オリックス銀行カードローンの金利が本当に高いのかどうかを明確にする前に、まずは申込条件などを確認します。

オリックス銀行カードローンのスペック

申し込み条件

・20歳~69歳未満の方で毎月安定収入がある方
・専業主婦不可 

・公的年金収入のみ可

・パートアルバイト可

金利 年率1.7%~年率17.8%
利用限度額 800万円(事業資金不可)
約定返済額 借入残高30万円以下:7,000円から
担保、保証人 ともに不要
保証会社 オリックス・クレジット株式会社
新生フィナンシャル株式会社
その他の特徴 提携ATM利用手数料ゼロ
利用可能なATM全国約100,000台(2019年3月現在)
HP上に返済シミュレーターあり

 

上限金利をみると年率17.8%と消費者金融並みの設定。これがオリックス銀行カードローンの金利が高いといわれる理由ではないでしょうか。

銀行カードローンでは融資限度額によって金利枠がすでに決まっていて、審査によりその枠内で金利が決まります。
オリックス銀行カードローンでも、利用限度額ごとの利率を公開しています。

コース 利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超
800万円以下
1.7%~4.8%
700万円コース 600万円超
700万円以下
3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超
600万円以下
500万円コース 400万円超
500万円以下
4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超
400万円以下
300万円コース 200万円超
300万円以下
5.0%~12.8%
200万円コース 150万円超
200万円以下
150万円コース 100万円超
150万円以下
6.0%~14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満 コース 100万円未満 12.0%~17.8%

各コースで必ずしも上限金利が適用されるとは限りませんが、オリックス銀行に限らずカードローンを利用する際には必ず審査があり、「信用性」「返済能力」を判断して金融会社が金利を決定します。

金融会社にとって信用性と返済能力が高い人には下限金利を適用する可能性がありますが、はじめての利用者には返済実績などがないため、金融会社としては貸したお金が返ってこないリスクを考慮。

その際、限金利を適用することで、万が一貸し倒れが発生してもある程度貸したお金を回収できるようにしています。

高額融資希望ならダントツで金利が低い!

銀行カードローンのほとんどが融資限度額によってあらかじめ金利枠を設定しています。ただし、どの銀行も同じような金利しているわけではありません。具体的にどれくらい金利枠が違うのか比較してみます。

銀行カードローン 限度額ごとの利率

オリックス銀行カードローンと同じくネット銀行が提供する楽天銀行カードローン、そしてメガバンクの三菱UFJ銀行が提供するカードローンバンクイックの金利を比較してみました。

項目名 オリックス銀行
カードローン
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
楽天銀行
スーパーローン
100万円未満 年12.0%~17.8% 年13.6%~14.6% 年14.5%
100万円超200万円以下 年6.0%~14.8% 年10.6%~13.6% 年9.6%~14.5%
200万円超300万円以下 年5.0%~12.8% 年7.6%~10.6% 年6.9%~14.5%
300万円超400万円以下 年4.5%~8.8% 年6.1%~7.6% 年4.9%~12.5%
400万円超500万円以下 年4.5%~8.8% 年1.8%~6.1% 年4.9%~8.9%
500万円超600万円以下 年3.5%~5.8% 年4.5%~7.8%

100万円未満の融資であれば、オリックス銀行カードローンの金利は他のカードローンよりも高く設定されているようです。

ところが融資限度額が100万円を超えると上限金利が年率14.8%になり、銀行カードローンの平均的な金利に。

融資限度額が500万円以上になるとオリックス銀行カードローンの上限金利が年率5.8%と一番低くなります。

オリックス銀行カードローンは100万円以上利用するときに申込みするのが、最も有効的な活用法だと言えるのではないでしょうか。

申し込みから借り入れまでの手続方法

オリックス銀行カードローンで申し込み手続きはどうなっているのでしょうか。
ここで流れを確認してみます。

申し込み

24時間WEB完結可能
※WEB完結とはパソコンやスマホだけで、申し込みから借入返済までをWEBで完了する方法

受付メール受信
※申し込み時にEメールアドレスを登録

ローン審査開始
<
仮審査通過
※登録したEメールアドレスに結果が届く

在籍確認、本人確認
申込内容の確認
※在籍確認とは勤務先として申告した連絡先に電話をかけ、在籍しているかを確認する審査

ローンカード発行準備
簡易書留で郵送
必要書類の提出
・本人確認書類と必要に応じて所得証明書類を提出
・在籍確認等が完了すると必要書類アップロード用URLがメールで届く

利用開始
銀行振込or提携ATMより借り入れ

ローンカード発行準備の時点で契約が完了したわけではありません。
必要書類を確認したときに不備があると、審査通過できなくなってしまいます。

必要書類の画像

例えば、申し込み内容との不一致や、必要書類自体を用意できなかった場合です。

なお、オリックス銀行カードローンで利用できる本人確認書類には、以下のようなものがあります。

本人確認書類(いずれか一点)
・運転免許証または運転経歴証明書
※以下は運転免許を持っていない場合
・各種健康保険証
・個人番号カード(表面のみ)
・日本政府発行のパスポート(顔写真入りのページと所持人記入欄、氏名と住所の記載ページ)
・在留カードまたは特別永住者証明書

また、本人確認書類以外にも収入証明書類の提出が求められます。

・利用希望額が50万円以上
・審査の結果、50万円以下でも所得証明書類の提出が必要と判断した場合

上記いずれかに該当すると提出しなくてはなりませんので、以下のいずれかを用意する必要があります。

所得証明書類
◆お勤めの方
 ・源泉徴収票
 ・住民税決定通知書または課税証明書
 ・納税証明書(その2
 ・確定申告書(付表ふくむ)
 ※税務署の受領印のあるもの
◆個人事業主や会社経営の方
 ・住民税決定通知書または課税証明書
 ・納税証明書(その2
 ・確定申告書(付表ふくむ)
 ※税務署の受領印のあるもの

オリックス銀行カードローンの審査は甘い?


申込み方法や必要書類のあと、やはり気になるのは「審査」が厳しいのか、通りやすいのかだと思います。

もちろん、どの銀行や消費者金融会社でも、審査の内容に関しては公表されていません。あくまでも「アトムくん」としての推察ですが、審査に関してはさほど厳しくはないと考えます。

なぜなら、オリックス銀行カードローンの申込基準を見ると保証会社は「オリックス・クレジット株式会社」と「新生フィナンシャル株式会社」の2社が記載されています。

これはどちらかを選択するのではなく、オリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャルで審査を行い、どちらか一方でも審査を通過すれば、融資可能になるということです。

1社で審査するよりもより幅広い層が利用できる可能性が高いと言えます。

銀行カードローンは即日融資ができない

オリックス銀行カードローンは残念ながら申し込んですぐに審査結果を知ることはできません。

居住確認のためにローンカードを郵送し、利用者の手元に届いてからでないと融資を受けることができない仕組みになっているからです。
そのため融資は申し込みから1週間ほど経ってから利用開始となるので、余裕をもった手続きをおすすめします。

ちなみに銀行カードローンはオリックス銀行カードローンだけでなく、他の金融商品でも即日審査や即日融資できません。もしも急ぐという場合には、消費者金融カードローンを利用したほうがいいでしょう。

オリックス銀行カードローンの借入・返済

なお、ローンカードが届くと、提携ATMからすぐにお金を引き出すことができますし、振込融資を希望する場合は、メンバーズナビもしくは電話0120-890-699(平日9時~18時)から依頼することが可能です。

メンバーズナビとは、オリックス銀行カードローン利用者の専用サイト。
振込可能時間は以下の通りです。

・指定口座がジャパンネット銀行なら2350まで即日振込可能
・指定口座がジャパンネット銀行以外なら15時までなら即日振込可

毎月の返済方法は「自動引落」「提携ATM返済」「振込返済」の3つから選ぶことができます。

振込返済時にだけ手数料が必要になりますので、できれば自動引落or提携ATM返済を利用したいですね。

なお、返済日は毎月10日と月末を選ぶことができます。

※自動引落を利用する場合はあらかじめ預金口座振替依頼書の提出が必要です
※随時返済も可能

オリックス銀行カードローンの活用方法

オリックス銀行カードローンは少額の利用から、ある程度高額な利用まで幅広く利用することができます。

カードローンの賢い活用方法は、短い返済期間で利息負担を少なくするのが原則
低金利で長期返済をする場合でも、最低返済額(約定返済額)のままずっと利用するのは避けたほうが賢明です。

ボーナス月など金銭的に余裕があるときには、コンビニATMなどを利用して随時返済することで、スピーディに返済し、金利負担も軽減することができます。

オリックス銀行カードローンの提携コンビニATMや提携金融機関ATMは、借入・返済ともに手数料無料なので金利以外の出費はありません。

また、借入は1,000円単位で可能です。一般的な銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングなどでは、1万円単位の引き出し額なので、1万1,000円が必要な時には、2万円を引き出さなくてはなりません。

こうしたムダを省くことができるのも、オリックス銀行カードローンのメリットです。

まとめ

オリックス銀行カードローンの金利が高いかどうか、また手続き方法についてご紹介しました。

オリックス銀行カードローンは100万円を超えると金利が低くなるので高額融資を希望したほうが、同カードローンの持つ特徴を活かすことができます。

急な引っ越しや家族の入院など、高額な費用が必要になったときに利用したいカードローンメニューといえるのではないでしょうか。

しかし100万円以下の場合、消費者金融に近い上限金利となってしまうので、銀行カードローンのメリットをあまり感じ取れないかもしれませんし、また、利用開始まで時間がかかってしまうので、あまりおすすめもできません。

ただ、そうでないという時には高額利用時に大幅な低金利となるオリックス銀行カードローンは、大変有用性が高く、非常に大きな助けとなってくれることでしょう。

銀行カードローン利用時には、借り入れたい金額の金利部分にもしっかりと着目し、申込みすることをおすすめします。

執筆者からのコメント

田中宏一郎

オリックス銀行カードローンは、カードローンへの申込がWEBで完結し、普通預金口座を開設しなくても指定口座に振込キャッシングが可能という、ネットバンクならではの便利さで人気です。

50万円以下を希望額とするなら、本人確認書類の提出のみでOKです。
また、高額融資を希望する際も、源泉徴収票など会社から渡される書類で対応可能ですので、負担なく申請することができます。

ただ、100万円以下の借入れだと、銀行カードローンのメリットである返済しやすい金利設定だとは言えないのが実際です。
少額の借入を希望するなら、即日融資に対応した大手消費者金融のカードローンも合わせて検討しておいてください。

オリックス銀行カードローン

実質年率 1.7%~17.8%
限度額 最高800万円
審査時間 土日祝を除く最短翌営業日
  • 下限金利は業界トップクラスの低さ!
  • 最大限度額800万円
    大口融資向きカードローン
  • 来店不要!申し込みはネットからでOK