ネット銀行カードローンの審査は甘いか厳しいか?都銀、地銀との違い

更新日:2019/02/28

メガバンクや地方銀行のカードローンに続いて、最近勢いを増してきているネット銀行カードローン。
そんなネット銀行カードローンの審査については、これまであまり掘り下げられることがありませんでした。

「審査基準は何?」
「どんな流れで審査が進むの?」
「都市銀行や地方銀行に比べて何が違うの?」

今回はこのように疑問に答えるべく、ネット銀行カードローンの審査について徹底解剖していきたいと思います!

ネット銀行カードローンの審査基準

ネット銀行カードローンの審査では、次の2つの基準を踏まえてあなたの返済能力が評価されます。 

継続した安定収入はあるか

カードローンは借りたお金を毎月の約定返済日に最低返済額ずつ返済していくローン商品です。
最低返済額は数千円程度と少額なので、安定収入さえ証明できれば、年収が多くなくても返済能力は高く評価してもらえます。

以下のような条件に該当する方は、自信を持って申し込みましょう。

  • 毎月、毎年の収入が一定している
  • 転職回数が少ない
  • 上場企業に勤めている
  • 管理職である
  • 社会保険に加入している
  • 有給休暇がある
社会的信用力のある人間か

カードローンは信用取引です。
そのため、審査通過には一定の社会的信用力が求められます。

申込者の社会的信用力は、信用情報機関に登録されている「信用情報」をもとにして評価されます。
事故情報がなく、優良なクレジットヒストリーを積んでいれば、信用力も認めてもらいやすくなりますよ。

  • キャッシングの計画的な利用経験がある
  • クレジットカードや携帯電話の滞納歴がない
  • 他社カードローンを利用していない
  • カードの強制解約歴がない
  • 債務整理の経験がない

これらに該当する方は、審査通過が審査が有利に進みます。

 

ネット銀行は審査が甘い?

都市銀行や地方銀行に比べて、ネット銀行のカードローン審査は基準が甘いと思われがちです。
これにはネットの口コミが大きく影響していますが、審査難易度に対する体感は利用者の性格や条件によってさまざまなので、鵜呑みにするのは良くありません。

そもそも、都銀、地銀、ネット銀行に関わらず、銀行カードローンの審査は「保証会社」が代行しているので、ネット銀行を選んだからといって審査基準が甘くなることはないでしょう。

 

審査基準を決めるのは「借入先」ではなく「金利」と「限度額」

ネット銀行だからといって、都銀や地銀よりも審査が甘くなることはありません。
しかし、カードローンの審査基準は金利が下がるにつれて厳しくなる傾向にあるので、金利設定が高めのカードローンに申し込む場合は、低金利なカードローンに申し込むよりも審査通過率がアップするケースがあります。

人気のネット銀行カードローンの金利
オリックス銀行カードローン 年17.8%
じぶん銀行カードローン 年17.5%
住信SBIネット銀行カードローン 年14.79%
楽天銀行カードローン 年14.5%
イオン銀行カードローン 年13.8%
ソニー銀行カードローン 年13.8%

上記の表でいえば、ソニー銀行よりもオリックス銀行のほうが柔軟に審査を進めてもらえる可能性があります。

また、カードローン審査では、利用限度額が高くなるほどハイレベルな返済能力が要求されます。
「もしもの時のためにちょっと多めの借入希望限度額を申告しておこう」なんて思わずに、審査が不安な方は必要最少限の希望額で申し込むように心掛けましょう。 

あわせて検討したい消費者金融

金利の高いネット銀行カードローンを選ぶときには、大手消費者金融カードローンの利用も視野に入れてみてください。
というのも、大手消費者金融カードローンなら初回契約者限定の無利息サービスが用意されているので、ネット銀行カードローンよりも少ない利息で借り入れできる可能性が高いからです。

消費者金融のなかでもネット銀行での借り入れを検討中の方にオススメのカードローンは、最大手のアコムプロミスです。
この2社はメガバンクのグループ会社なので、消費者金融に抵抗にある方でも利用しやすいですよ。

ネット銀行カードローンの審査の流れ

ネット銀行が都銀や地銀と大きく異なる点は、「実店舗がない」という点です。
そのため、ネット銀行カードローンの審査は主にインターネットを通して進められます。

「インターネットが苦手」
「スタッフと対面しながら手続きを進めたい」
「電話・郵送で申し込みたい」
といった要望のある方には、従来の銀行カードローンの利用をおすすめします。

インターネットで申し込み

ネット銀行カードローンの申込方法はインターネットのみです。
スマホやPC、タブレット、モバイル(携帯電話)などで公式シアとへアクセスしたら、申し込みフォームの必要事項を埋めて送信しましょう。

以下は楽天銀行カードローンの申し込みフォームです。

楽天銀行カードローン申し込みフォーム

入力項目は簡単に答えられる内容ばかりなので、10分もあれば申し込みできます。 

保証会社による仮審査

銀行と保証会社の関係性

申し込みが終わると、すぐに保証会社による仮審査が進められます。
仮審査といっても、申込情報と信用情報をもとに申込者の安定収入と信用力がきっちり評価されます。
そのため、仮審査に通過できたらほぼ確実にカードが作れると思って問題ありません。

なお、保証会社による仮審査は、ネット銀行の営業日のみ実施されます。
ネット銀行の多くは従来の銀行とおなじく平日しか営業していないので、申し込みが土日祝日と重なった場合は、銀行の翌営業日まで審査を進めてもらえません。

融資を急ぐ方はこの点を必ず頭に入れておきましょう! 

在籍確認

仮審査が終盤に近づくと、保証会社から勤務先に向けて在籍確認がおこなわれます。
在籍確認はスタッフ個人名、もしくはネット銀行名でおこなわれるので、カードローン利用がバレる恐れはありません。

 

審査回答と書類提出

仮審査が終わると、メールか電話によって審査結果と必要書類が案内されます。

書類の提出方法はインターネットか郵送です。
インターネットで提出できる場合は、スマートフォンのカメラで撮影した画像をメール添付か専用サイトへのアップロードで提出できる場合はほとんど。
郵送で提出する場合は、必要書類のコピーを指定住所へ送ります。

郵送でしか書類提出できないネット銀行カードローンの場合は、融資まで早くても3、4営業日はかかるものと考えておいてください。

■必要書類
審査の必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」です。
有効書類は各金融機関によって異なります。
案内をよく聞いて、間違いないように提出してください。 
本審査

ネット銀行に提出書類が届くと、ネット銀行による本審査が進められます。
本審査の主な内容は本人確認作業のみ。
書類に不備がなければ、本審査によって融資を断れられることは基本的にはありません。 

ローンカード発行

本審査が終わり次第、ローンカードが発送されます。
ローンカードはATMでのキャッシングに必要です。
紛失・盗難に気をつけて大切に保管しましょう。 

借り入れ

ローンカードを受け取ったら、契約完了に必要な契約手続き※をして、契約完了です。
※会員ページへのログインや、契約書類の返送など

借入方法は提携ATMかインターネットのいずれか。
提携ATMのうち、コンビニATMならATM利用手数料無料で使える場合がほとんどです。
インターネットで借り入れる場合は、銀行振込で融資をもらいます。

ネット銀行の審査時間

ネット銀行カードローンの審査時間は最短2日です。
早くても申込日の翌日までは審査回答がもらえないので、即日融資には対応できません。

また、書類提出や契約手続きにあたって郵送手続きが必要なネット銀行カードローンの場合、融資までに最短34営業日はかかるケースも少なくありません。

ネット銀行カードローンを利用するときは、余裕を持って申し込みを始めてくださいね。 

即日融資は消費者金融で!

20181月より、金融庁の方針転換を受けてすべての銀行カードローンでは即日融資が受けられなくなりました。

今日中に借りれたい方は最短1時間融資も可能な大手消費者金融カードローンを活用しましょう!

プロミス 最短1時間融資
アコム 最短即日
レイクALSA(アルサ) 最短即日

スムーズに借りたいなら楽天銀行カードローン

なるべく急ぎで借りたいけど、ネット銀行には拘りたい。
そんな方へのオススメは楽天銀行カードローンです。

通常のネット銀行カードローンでは、本審査が終わったと、郵送でローンカードを受け取り、契約手続きを完結させるまでは借り入れができません。
しかし、楽天銀行カードローンなら本審査完了後すぐに銀行振込で融資してもらえるので、他行よりもスピーディーに借り入れできます! 

ネット銀行でお得に便利にキャッシグしたいなら、楽天銀行カードローンはいちばんオススメのカードローンです。

楽天銀行カードローンは年14.5%!

楽天銀行カードローンの強みは、なんといってもメガバンクに負けない金利設定にあります。
利息負担が軽いので、他行よりもゆとりをもって返済プランが立てられます。

楽天銀行カードローン 年1.9%~年14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~年14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~年14.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~年14.5%
楽天銀行カードローンは最大30日間利息0

金利設定もさることながら、楽天銀行では銀行カードローンとしては唯一の「無利息期間」も用意しています。

楽天銀行カードローンへの申し込みが初めての方なら、初回借入日の翌日から最大30日間は利息ゼロ!
無利息期間内に完済できれば利息負担なしでのキャッシングも可能ですよ。 

申込みだけで楽天スーパーポイントがもらえる

楽天銀行カードローンに申し込むと、楽天スーパーポイントが1000ポイントプレゼントされます!
スーパーポイントは1ポイント1円として楽天のさまざまなサービスで利用できますよ。

アルバイトでも申し込みOK

楽天銀行カードローンでは、正社員はもちろん、パートやアルバイトの申し込みも受け付けています。
利用条件は以下のとおり。
気になった方はぜひ公式サイトで詳細情報をチェックしてみてくださいね。

利用条件 以下の条件を満たす方
1.満20歳~満62歳まで
※パート・アルバイト、専業主婦の方は60歳まで
2.本人もしくは配偶者に安定収入がある方
3.日本国内に居住している方
4.楽天カードローン株式会社または株式会社セディナの保証が受けられる方
担保・保証人 不要
資金使途 基本自由(事業資金は不可)

まとめ

ネット銀行カードローンは、インターネット世代を中心に評判を集めています。

即日融資には利用できないというデメリットはあるものの、「安定収入」と「信用力」が証明できれば来店不要、口座開設不要で借り入れ可能!

パートやアルバイトでも借りられるカードローンですから、自信を持って申し込んでくださいね。

楽天銀行カードローン

実質年率 1.9%~14.5%
限度額 最高800万円
審査時間 最短翌日
  • 楽天銀行カードローンなら口座開設の必要なし
  • 年率1.9%~14.5%だから借りやすい
  • コンビニATMの手数料無料

オリックス銀行カードローン

実質年率 1.7%~17.8%
限度額 最高800万円
審査時間 -
  • 下限金利は業界トップクラスの低さ!
  • 最大限度額800万円
    大口融資向きカードローン
  • 来店不要!申し込みはネットからでOK