プロミス即日融資の5つの条件 これをしないと融資が遅れる!

更新日:2018/11/15

プロミスは最短1時間で借りられるスピード重視の大手消費者金融カードローンです。
しかし、申込時間や審査状況によっては、融資が遅れてしまうことも…
確実に即日融資がほしいなら、今回お話する5つの条件は最低限抑えておきましょう!

即日融資の5つの条件

プロミスから即日融資をもらうために必要なこと。それは、次の5つの条件を最低限満たしておくことです!
申し込みの方法や時間帯を間違えると翌日まで借り入れできない可能性があるので、急ぎの方は絶対に抑えておかねばなりません。

  1. 21時までに申し込む
  2. 必要書類は漏れなく提出
  3. 在籍確認は当日中に終える
  4. インターネットで申し込む
  5. カード発行はお近くの契約機で

[1]21時までに申し込む

プロミスの審査回答は朝9時~22時※までです。
22時が過ぎると審査回答は翌日に持ち越されてしまいます。
即日融資を目指すなら、申し込みは審査回答時間内に間に合わせましょう!
※プロミスの審査回答時間は公式サイト上では夜21時までとされていますが、電話取材によると、実際には22時まで対応可能とのことでした。

プロミスの審査時間は最短30分です。
逆算すると、2130分までに申し込みを終えれば、当日中に審査回答がもらえる計算になります。
しかし、申し込みが混雑するリスクを考慮すれば、余裕を持って21時00分には遅くとも申し込みを完了させておくのが理想的です。

ポイント
申し込み時間は早ければ早いほど即日融資の可能性が高まるよ。
日中お忙しい方も、仕事の休み時間や家事の合間をみて、できるかぎり日の沈まないうちに申し込みを終えるように心掛けてね。

[2]必要書類は漏れなく提出

プロミスに申し込むと、必要書類の案内がメールか電話で間もなく届きます。
必要書類は漏れなく用意し、速やかに提出しましょう。
もし書類提出が遅れたり、書類に不備があったりすると、再提出するまで審査回答がもらえなくなります。

プロミスの必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。
原則としては本人確認書類だけで契約できますが、場合によっては収入証明書類の提出も求められるので、2つともあらかじめ用意しておくと安心です。

本人確認書類

本人確認書類には、以下の書類が有効です。

プロミスで使える本人確認書類
単体で有効なもの 運転免許証
パスポート
2点セットで有効なもの 健康保険証+ほか1点(住民票など)

※いずれも有効期限に注意!

単体で本人確認がとれる書類は、運転免許証とパスポートだけです。
いずれもお持ちでない方は、健康保険証とその他の身分証明書を必ず2点セットで提出してください。

■健康保険証とセットで提出できる書類の例
・住民票
・マイナンバーカード
・年金手帳
・戸籍謄本
・身体障害者手帳
・運転免許証以外の免許証
など

なお、運転免許証、パスポート、健康保険証の住所変更がお済みでない方は、現住所の記載がある以下のいずれかの書類のうち、直近6か月以内に発行されたもののコピーもあわせて提出しなければなりません。

・国税または地方税の領収書
・国税または地方税の納税証明書
・社会保険料の領収書
・電気会社、水道局、ガス会社、NHKのいずれかが発行した公共料金の領収書
・住民票
・住民票の記載事項説明書

外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」を上記の本人確認書類とあわせて提出してください。

収入証明書類

プロミスでは、原則として本人確認書類だけでも融資してもえもらえます。
ただし、

  • プロミスの希望限度額が50万円を超える
  • プロミスの希望限度額と他社借入総額との合計が100万円を超える

のいずれかに該当する方、または審査状況によりプロミス側から必要だと判断された方は、収入証明書類も提出しなければなりません。

余裕のある方は、提出要請を受けた場合に備えて、次のいずれか1点がいつでも提出できるように準備しておくと安心です。

確認事項
給与明細書 以下の書類を直近2か月分用意
・本人氏名の記載がある
・現在の勤務先名の記載がある
・「支給総額」の記載がある
源泉徴収票

・本人氏名の記載がある
・現在の勤務先名の記載がある
・年収の記載がある
・証明年度が前年度分のものである

確定申告書 ・本人氏名の記載がある
・「収入額」と「所得額」の記載がある
・証明年度が前年度分のものである
税額通知書 ・本人氏名の記載がある
・「収入額」と「所得額」の記載がある
・市区町村の発行印がある
・証明年度が前年度分のものである
所得証明書
課税証明書
・本人氏名の記載がある
・「収入額」と「所得額」の記載がある
・市区町村の発行印がある
・証明年度が前年度分のものである

収入証明書類のマイナンバーは必ず隠す!

プロミスのマイナンバー注意キャプチャ

一部の収入証明書類には、マイナンバー(個人番号)が記載されています。
マイナンバーはカードローン契約には必要ありません。
プロミス側から見えないように、提出前に必ず「付箋で隠す」「黒いマーカーで塗りつぶす」などの加工をしておきましょう!

必要書類の提出方法

必要書類はメールかプロミス公式スマホアプリから簡単に提出できます。
スマホ・携帯電話のカメラで撮影するか、ご自宅のスキャナーで読み取って、プロミスに送信してください。

[3]在籍確認は当日中に終える

プロミスでは、「なりすまし」や「職業の詐称」などの可能性がある申込者には融資してくれません。
そのため、申込日の当日中に在籍確認が終わらなければ、即日融資は厳しくなります。
※在籍確認とは、申込者の勤務実態を確かめるためにプロミスがおこなう勤務先への電話連絡のこと。

プロミスの在籍確認は、申し込み後、早くて20分~30分後に実施されます。
スムーズに在籍確認が終えられるように心積もりしておきましょう! 

申し込みが会社の休業日と重なる場合は…

会社の休業日、または会社の営業時間外と申し込みが重なってしまう方は、残念ながらプロミスでの即日融資は難しいです。
そのため、確実に今日中に借りたいのであれば、職場への在籍確認なしで契約できる他社カードローンに申し込むのが得策です。

プロミスに拘りたい方は、申し込み前に、一度プロミスコールへ問い合わせてみてください。
プロミスでは、止むを得ない事情がある場合、在籍確認に対する電話相談にのってもらえることがあります。

プロミスコール 0120-24-0365
女性専用ダイヤル 0120-86-2634
営業時間
(オペレーター)
平日9時~18

[4]インターネットで申し込む

プロミスの申し込み方法には

  1. インターネット
  2. 無人契約機
  3. 店頭窓口
  4. 電話
  5. 郵送

5つの方法がありますが、店舗や電話で申し込むと、混雑状況によりすぐに手続きが始められない場合があります。
特に、年度末やGW、夏休み明け、平日の昼時、毎週末などは申し込みが混雑しやすいので、即日で借りたいなら待ち時間のないインターネットから申し込みましょう!

プロミスの繁忙期

繁忙期にはインターネット申し込みが早い!

インターネットなら、日中忙しい方でも来店不要で契約できます。
郵送物なしでの契約にも対応しており、周囲に内緒で借りたい方にも最適ですよ。

なお、インターネットの申し込みフォームは、24時間365日稼働しています。
深夜、早朝の申し込みにも対応できるので、思い立ったらなるべく早めに手続きを始めましょう。

インターネットで借り入れる最短の手続き方法は「プロミスは最短1時間融資!最速で借りるための申し込みの流れ」の記事でわかりやすく説明しています。
申し込みの流れがよくわからない方は、こちらを参考にして手続きを進めてみてくださいね。

[5]カード発行はお近くの契約機で

プロミスには「カードあり」と「カードレス」の2種類の契約タイプがあります。
専用のローンカードを作りたい方は「カードあり」を、インターネットだけで借入返済したい方は「カードレス」をそれぞれ選びましょう!
どちらを選んでも、ATMか銀行振込にて24時間365日借入返済が可能です。

カードレス契約のイメージ 

カード発行を希望する方は、郵送ではなく、お近くの無人契約機でカード発行すれば、契約日当日中にローンカードが作れます。
無人契約機は駅前や国道沿いに設置されていて、最長22時まで営業しています。
即日カード発行をご希望の方は、時間内に来店しましょう。

プロミスのカード発行に使える無人契約機
プロミスの自動契約コーナー 9時~22時
※土日祝日も利用可能
三井住友銀行ローン契約機 9時~21時
※土日祝日も利用可能

即日融資の借入方法

プロミスと即日契約ができたら、ATMか振込融資にて平日、土日祝日ともに24時間キャッシングできます。
お好きな方法で即日融資をもらってくださいね。 

ATMキャッシング

ローンカードをお持ちの方は、プロミスの自社ATM、および全国の提携ATMからいつでも借り入れできます。
プロミスの主な提携ATMは以下のとおり。
周囲に内緒でキャッシングしたい方は、コンビニか金融機関のATMがオススメです。

■プロミスの主な提携ATM
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・E-netATM
・三井住友銀行ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・イオン銀行ATM

ただし、一部を除いて、ATMの利用にはATM利用手数料が発生します。
お得にキャッシングしたい方は、手数料0円のプロミスATM、または三井住友銀行ATMを積極的に活用しましょう。

ATM利用手数料
プロミスATM 0円
三井住友銀行ATM
その他提携ATM 取引額1万円以下:108円
取引額1万円超:216円
スマホATM取引でキャッシング

スマホATMのイメージ

スマートフォンにプロミス公式アプリをダウンロードすれば、セブン銀行ATMからローンカードを使わずに融資が引き出せます。

カードレスで契約した方がATMで借り入れるには、この方法を利用しましょう!

振込キャッシング(瞬フリ)

即時振込サービスの解説画像

プロミスでは、全国504行の銀行口座に対して、平日・土日祝日を問わずに24時間融資の即時振り込みを実施しています。
融資を口座振込してもらいたいときは、この方法での借り入れが便利です。

審査回答を早める3つのコツ

即日融資を受けるには、審査回答をなるべく早くもらうことがポイントです。
最後に、プロミスの審査を最短でもらうコツをお話しておきましょう! 

1)希望額は15万円以下にする

借入額が多ければ多いほど、カードローン審査は慎重になります。
最短で借りたいなら希望額は最小限に抑えましょう。
一般的に、カードローンの初回融資額は1015万円程度が相場といわれています。
これを基準にいえば、希望額は多くても15万円以内に留めることがベストです。

また、プロミスは総量規制対象のカードローンです。
そのため、年収の3分の1を超えた借り入れは法律上受けられません。
他社に借金がある方や、低所得層の方は、この点も考慮して希望額を申請してくださいね。

 

21か月以内に3社以上申し込まない

短期間で複数のカードローンに申し込みをすると、社会的信用力が下がってしまいます。
理由は、「他社で融資を断られた」「金銭的によほど余裕がない」などの印象を金融機関に与えてしまうからです。
プロミスに不安材料を与えないためにも、直近1か月の申し込み件数は多くても3件までに留めましょう。

3)信用情報はクリーンに保つ
  • 携帯電話・クレジットカードに滞納歴がある
  • 多重債務者である
  • 直近5年以内に債務整理をした
  • 虚偽の申告でローンに申し込んだ
  • スーパーホワイト※である

信用情報にこのような事故情報があると、信用力が下がります。
過去の債務整理や多重債務は昨日今日でどうにかできる問題ではありませんが、「携帯電話やクレジットカードの滞納」「虚偽の申告でプロミスに申し込まない」などは心掛けてくださいね。
※スーパーホワイトとは、信用情報にクレジットやキャッシングの利用歴が一切ない状態のこと。現金主義社に多い。

まとめ

最短1時間融資のスピード対応を誇るプロミスは、即日融資にもってこいのカードローンです。
とはいえ、時と場合によっては即日融資が受けられないこともありますから、即日融資を目指すなら今回ご紹介した5つの条件を抑えておきましょう!

ただし、急ぎの借り入れでも「計画性」は大切です。
まずは公式サイトの「返済シミュレーション」を試し、返済計画を立ててから申し込みを始めてくださいね。

なお、プロミスでは、初回利用者のうち、申し込みフォームにて「Eメールアドレス」と「WEB明細の利用」を登録した方対して、最大30日間の無利息サービスを用意しています。
無利息期間内に完済すれば利息0円でのキャッシングも可能!
プロミスは銀行カードローンに比べて金利設定が高めなので、無利息サービスを活用して少しでもお得にキャッシングしましょう。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    504銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加