プロミスで3万円借りる時のポイントを伝授!賢い使い方はコレだ

更新日:2018/09/27

まだ消費者金融を利用したことがない人は、高金利というイメージがあり利用をためらっているのではないでしょうか?

しかし、消費者金融は少額の利用をするのに適した金融商品を提供しています。
消費者金融を活用するのであれば、安心して利用できる大手消費者金融の中でも、プロミスがおすすめです。
今回は3万円をプロミスから借りた場合の手順や利息負担、注意する点などを詳しく解説します。

プロミスって、どんな会社?

プロミスをおすすめする理由のひとつは、消費者金融の老舗会社ということと、三井住友銀行グループの一員で安心して利用できるという点があります。

消費者金融は貸金業法の改正によって、上限金利の引き下げが行われ貸付金額の上限も定められました。

そのため、法改正前に比べて利益が大幅に減少し、大手消費者金融でも存続するのが難しいと言われています。

ほとんどの大手消費者金融では銀行グループの傘下に入り、経営の健全化ならびに資金調達の不安を解消する動きがありました

プロミスも同様に三井住友フィナンシャルグループの一員となったことで、経営の不安がなくなり安定した事業運営を継続しています。

銀行グループの一員となるということは資金調達の不安がなくなるだけでなく、銀行グループとしてコンプライアンスを重視した経営が求められることになります。

貸金業法を遵守しているという点でも、プロミスが安心して利用できるポイントです

プロミスの商品概要

プロミスでは基本的に無担保、保証人なしの資金使途自由なフリーローンを提供しています。

自営者向けローンや目的ローン、女性向けローンも提供していますが、今回は最も一般的なフリーキャッシング(カードローン)をご紹介します。

プロミスのカードローンの商品概要は以下のとおりです。

融資額 500万円まで
契約額 申込者指定の契約額(利用限度額)の範囲内で、プロミスが決定した金額
借入利率 4.5%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の返済日から選択
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済は、返済期日は5日のみ
返済期間、返済回数 最終借入後原則最長6年9か月、1~80回
申込資格 年齢20歳以上、69歳以下で本人に安定した収入がある
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入があれば申込可
資金使途 生計費に限る。
※ただし、個人事業主は、生計費および事業費に限る
担保、保証人 ともに不要

基本的なスペックは上記のとおりですが、申込資格からプロミスの審査基準を推測してみましょう。

プロミスの審査基準

今回は3万円という少額で借りる場合を例に紹介していきます。

3万円を借りる際のカードローン利用枠は最低上限額の10万円となります。
審査が甘くなるということは少ないですが、基本的には以下の項目に該当しない限り審査は通過するのではないでしょうか。

プロミスの審査で却下されるケース
・過去にクレジットやローンで支払遅延や未払いがある
・個人信用情報機関に事故記録がある
・他社の借入残高が多い
・無職
・専業主婦(主夫)
・極端に低い年収

専業主婦(主夫)の場合はほとんどの大手消費者金融では申込対象外となっています。

しかし、パート・アルバイトであれば主婦(主夫)はもちろん、学生でも審査の対象となります。

また、消費者金融会社は貸金業者として貸金業法の規制を受け、その中に総量規制があります。

総量規制とは年収の1/3を超える貸付はできないため、他社利用があってすでに年収の1/3を超える貸付を受けている場合も新規申し込みはできません。

年収はどれくらいあればいいのかというのは、カードローンの利用枠によって違います。

100万円の利用枠を希望する場合は最低でも300万円以上の年収が必要です。

しかし、3万円を借りるために申し込むのであれば。10万円の利用枠でいいので計算上は30万円の年収で足りることになります

ところが、そうは言っても実際には生活費や家賃なども年収に含まれると考えるので、年間の生活費や家賃などに加えて30万円以上の年収が必要と思われます。

生活費や家賃に毎月10万円かかるのであれば、最低でも150万円以上の年収が必要でしょう。

もちろん家族構成によってはさらに生活費は大きくなるので、自分の年収から生活に必要なお金を差し引いて30万円以上余裕があるかどうかを確かめるのが大切です。

プロミスで3万円を借りるには?

それでは具体的にプロミスから3万円を借りる手順をご紹介します。

プロミスの申込方法

プロミスカードローンの申込方法は全部で4つ。
それぞれの方法と特徴は以下のとおりです。

WEBで申込 ・PC、スマホなどで24時間365日申込が可能
・ローンカードの発行なしにすると契約手続きもWEBで完了
・カード発行する場合は店頭で契約するか、書類を郵送する
電話(プロミスコール)で申込 ・受付時間に制限がある
・カード発行や契約書類は店頭または郵送
郵送で申込 ・手続きはすべて郵送となるので時間がかかる
来店(無人店or有人店)で申込 ・相談しながら申込や契約ができる
・受付時間に制限がある
・自動契約機も利用できる

 

ポイント
どの申込み方法にもメリットやデメリットがあるね。
自分にあった方法を選ぶのが一番だけど、最も手軽で時間に左右されにくいWEB申込みがオススメ。
PC、スマホ、そしてアプリから申込みができ、振込依頼や返済まで全部WEBで完了させられるからとっても便利だよ!

プロミスの借入方法と返済方法は複数ある!

プロミスの借入方法は2つあります。

ひとつはPC、スマホ、携帯電話から振込キャッシングを依頼する方法。
一般的な銀行への振込キャッシングでは、14:50を過ぎると翌日の振込となりますが、プロミスでは9:00~14:50までに振込依頼をすると10秒程度で指定口座に振り込まれます。
さらに、三井住友銀行とジャパンネット銀行であれば24時間いつでも10秒で振込が完了します。

もうひとつの借入方法は店頭またはATMを利用する方法です。

店頭での借入は時間制限があるのでATMでの借入をおすすめします。
プロミスATMと三井住友銀行ATMATM手数料が無料ですが、それ以外の提携ATMは以下の手数料がかかるので注意しましょう。

ATM手数料
1万円以下:108
1万円超:216

また提携ATMの場合借入だけでなく返済でも手数料がかかります。

 

プロミスの返済方法も複数用意されています。

・店頭、ATM
・口座振替
・インターネット返済

インターネット返済は、以下の銀行でネットバンキングを利用している場合のみ可能です。

・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・ジャパンネット銀行
・みずほ銀行
・楽天銀行

なお返済では、提携ATMを除き振込手数料はかかりません。

プロミスは30日間無利息サービスあり!

プロミスで3万円借りた場合、いくら利息負担が発生するのでしょうか?

返済期間のパターン別に、かかる利息額を計算し解説します。

プロミスで3万円借りた場合の利息

プロミスの金利には幅があり、年4.5%~17.8%となっていますが、新規申込で10万円の利用枠であれば年17.8%が適用されます。

この年利でいくら利息がかかるのかを計算します。

なお、プロミスを初めて利用する場合は30日間無利息サービスが利用できるので、30日間無利息として計算します。

3万円を30日後に一括返済
・返済総額:30,000
・利息0
3万円を毎月1万円のリボ払いで返済
1回目~3回目:10,000
4回目:456
・返済総額:30,456
・利息総額:456円(30日間無利息適用後)
3万円を毎月5,000円のリボ払いで返済
1回目~6回目:5,000
7回目:1,174円(30日間無利息適用)
・返済総額:31,174
・利息総額:1,174円(30日間無利息適用)

プロミスの30日間無利息サービスを利用すると、上記のように3万円という小口融資では、年17.8%の金利でも最大で1,174円という利息負担ですみます。

もちろん30日以内に返済すれば、利息はゼロなのでまったく負担はありません。

 

プロミスの30日間無利息サービスには3つの条件があるよ!
・プロミスを初めて利用する
・メールアドレスを登録する
・WEB明細を利用する

また、30日間の無利息サービスは、初回出金の翌日から30日間となっています。

契約の翌日から30日間という消費者金融もありますが、プロミスの場合初めて借り入れした日の翌日から適用。

つまりカードローンを先に作っておいて、数カ月後に急な出費に対応する場合でも30日間の無利息サービスを受けられます。

無利息期間終了後の使い方

30日間無利息サービスを利用すると利息負担が軽減できることがわかりましたが、無利息期間が終了しても使い方しだいで利息を軽減できます。

プロミスの利用で利息を軽減するには以下の2つを意識ください。

・少額利用を徹底する
・返済期間を短くする

少額の利用をして給料日には一括返済をするという使い方がいいでしょう。

高額の利用を長期返済する場合は、もっと低金利の融資を利用するのがおすすめです。

プロミスは標準的な消費者金融の金利体系なので最良の選択ではないかもしれません。
しかし、即日融資が可能という点や無利息サービスがあるという点で、少額融資に限っては銀行カードローンよりも利用者にメリットがあるので、賢く付き合っていくのが大切です。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    504銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加