プロミスの自営者カードローンについて

更新日:2018/06/01

プロミスで借りた資金は、生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)として幅広く利用することができます。
しかし、ただひとつ、事業資金にだけは使うことができません。

そこで生まれたのがこのプロミス自営者カードローン。
プロミス自営者カードローンでは、個人事業者が事業資金として融資を受けることができます。

さらに、このプロミス自営者カードローンは個人事業者向けの貸付けなので総量規制対象外になります。
ですので、プロミスのフリーキャッシングとは違い、貸付限度が利用者の年収の3分の1以上に縛られません。

例えば、Aさんの年収が200万円だとして、プロミスのフリーキャッシングの場合だと、Aさんは200÷3=66万円以下の額しか借り入れることができません。
※1万円以下は切り捨ててお考え下さい。
しかし、自営者カードローンの場合ですと、201万円以上の額でも借り入れることができるんです。

promise_jieisha01

加えてプロミス自営者カードローンのポイントは、事業資金に余ったお金を生活費にも回すことができるということです。
借りたお金を事業資金に使うことも、生活費に使うことも、利用者の自由となっています。

ただし、プロミス自営者カードローンの融資限度額は300万円と設定されており、融資限度額が500万円のフリーキャッシングと比べると、最大融資額は多くありません。

さらに、実際の融資額は利用者の年収や事業の将来性などをプロミス側が審査して決定するので、希望借入額通りの融資が受けられない場合もあります。

ですので、生活費としての借入れも十分に行いたいという方にとっては、プロミス自営者ローンの利用だけでは頼りないかもしれません。
そのような場合には、生活費専用のカードローンを別に用意しておく必要があるでしょう。

プロミス新規ユーザーは30日間無利息

プロミスでは、新規ユーザーに限り30日間利息が0円になるというサービスがあります。
この時の30日間というのは、初回借入の翌日からカウントが始まります。

例えば、3月1日に初回借入を行った場合、3月31日まで無利息期間が続くということになります。
その間に返済を終えられれば、利息は一切かからずに完済できるという嬉しいサービスです。

ただし、このサービスを受けるには2点の条件を満たす必要があります。

・プロミスにEメールアドレスを登録する
・明細にはWEB明細を利用する

の2点です。
30日間無利息サービスを受けるには、申込みの際にこの2点の登録を忘れないようにしましょう。

素早い審査で事業資金も最短即日融資

プロミス公式サイト

※プロミスの公式サイトの年率4.5%~17.8%の表記はフリーキャッシングで、自営者カードローンの金利は年率6.3%~17.8%です

プロミス自営者カードローンでは即日融資が可能です。
プロミスフリーキャッシングと同じく、審査が比較的早いからです。

銀行で融資を受けると、融資限度額が多いところがメリットですが、その分審査に時間がかかってしまいます。
早急に資金を調達したい場合には、やはり審査が早いに越したことはありません。
その点、プロミス自営者カードローンでは最短即日で融資が受けられるので便利です。

ただし、プロミスフリーキャッシングと比較すると自営者カードローンは審査に時間がかかる傾向にあるようです。
利用者の希望融資額が多いと、数日かかってしまう場合もあります。

ですので、なるべく審査を早く済ませたいという方は、希望融資額を低めに申請することがおすすめです。

申込み・契約は無人契約機が便利

プロミス自営者カードローンでは、申込み方法が5種類用意されています。

  • インターネット
  • 無人契約機
  • お電話(プロミスコール)
  • 店頭窓口(プロミスお客様サービスプラザ)
  • 郵送

の5つになります。

申込み・契約の基本的な流れは

①申込み
②審査
③審査結果報告
④契約手続き

となっていて、インターネット、無人契約機、お電話、店頭窓口、郵送でのそれぞれの流れは以下の通りです。

promise_jieisha02

図をご覧になればお分かりかと思いますが、審査結果報告後の契約手続きの手段は

・無人契約機
・店頭窓口(プロミスお客様サービスプラザ)

のいずれかのみになります。
ですので、申し込みから契約手続き完了まで手間をかけずに終わらせたいという場合には、無人契約機を利用すると、申込みも契約も契約機内で完結できるのでオススメです。

promise_tenpogaiken

必要書類は早めの用意を

申込みの際の必要書類は以下の三点です。

・本人確認書類
・収入証明書
・プロミスが事業実態を把握するための書類

の3点です。
収入証明書には給与明細書や課税証明書、確定申告書などを用意してください。
給与明細書の場合には2ヶ月分を、課税証明書や確定申告書には前年度分をご用意ください。
なお、例外として、希望借入額が50万円以下の場合には収入証明書が不要になるケースもあります。

収入証明書類

また、「プロミスが事業実態を把握するための書類」とは、具体的に言うと営業許可証、発注書、受注書、納品書、などのことです。
営業許可証は有効期限内のものを、それ以外の書類は発効日が1年以内のものが有効になります。

ただし、必要書類の提出に際して注意点が1点あります。
それは、マイナンバーが記載されている書類を提出する際には、マイナンバーが見えないように加工して提出するということです。

マイナンバーの箇所を手で隠したり、セロハンテープで紙を貼るなどして、他人にマイナンバーを見られないように工夫しましょう。

3つの借り入れ方法!インターネットは24時間受付手数料無料

プロミス自営者カードローンの借り入れ方法は3種類あります。

①インターネットから口座に融資振込み

インターネットから指定の口座に融資の振込みをお願いすることができます。
このサービスは手数料0円で、24時間いつでも依頼することが可能です。
ただし、口座からお金を引き落とすには、各金融機関の窓口やATMなどを利用する必要がありますので、実際にお金を受け取れる時間は金融機関の営業時間によります。

プロミス振込時間

②電話から口座に融資振込み

こちらは、インターネットから口座に融資を振り込んでもらうのと同じ容量を、電話で行うことができるサービスです。
電話を介して担当者と話しながら融資をうけらるので、融資を受けるに際して何かわからないことがあれば質問もできます。
対応時間は基本的に24時間で通話は無料です。
ただし、毎週月曜日0:00~7:00の間と、元旦はサービスを停止しているので注意しましょう。

③ATM・提携ATM

無人契約機や店舗に隣接して設置されているプロミスATMからも融資を受け取ることができます。
プロミスATMなら手数料は終日0円、営業時間も7:00~24:00と長時間営業なので、ほぼ時間に縛られることなく返済可能です。
提携ATM利用の際には、各銀行指定の手数料がかかります。
また、営業時間も各銀行により違いますので注意してください。
なお、提携ATMの中でも、三井住友銀行のATMを利用する場合には手数料0円になります。
さらに、三井住友銀行以外の金融機関ATMを利用する場合にも、プロミスのポイントサービスを利用すれば、一定期間提携ATMの手数料を0円にすることが可能です。
ただし、このサービスを受けるには、プロミスインターネット会員に登録することが必要になります。

ATMは手数料0円!選べる4つの返済方法

プロミス自営業カードローンでは、返済方法が4種類用意されています。

①インターネットから銀行振込み

インターネットでの振込み返済では、24時間返済することが可能です。
しかも、インターネット返済ですからパソコンや携帯があればどこもいても返済できます。

このサービスに利用にはプロミスインターネット会員に登録する必要がありますが、それ以外の方法でインターネット振込み返済を利用することも可能です。

その方法というのは、銀行のインターネットバンキングを利用して返済する方法です。
以下の銀行のインターネットバンキングを既に利用している人は、わざわざプロミスインターネット会員に登録しなくても、インターネット振込み返済が利用可能です。

・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・ジャパネット銀行
・みずほ銀行
・楽天銀行

このインターネット振込み返済は、金融機関の営業時間外であっても即座に返済が完了されます。

②口座振替(自動引落し)

口座振替で自動引落し返済をすることができます。
自動引落しなので、口座にお金が入っている限り返済をうっかり忘れてしまった、などのミスがありません。

さらに、この自動引落しでは手数料が0円であるのも嬉しいポイントです。

ただし、口座振替を選択する場合に、契約内容の変更が必要になる場合があります。
便利な返済方法ですが、その点で手間がかかる可能性があることをは頭に入れておきましょう。

プロミス 口フリ

③ATM・提携ATMで返済

プロミスATMや、提携ATMで返済をすることも可能です。
利用時間は手数料などは、借り入れの際と同じになります。

④店頭窓口(お客様サービスプラザ)で直接返済

お客様サービスプラザの窓口から返済することも可能です。
この場合には、窓口担当の人に返済についていろいろと質問することもできるので、プロミス新規利用の方にとっては心強いのではないでしょうか。

返済計画には返済シミュレーションを活用

プロミス公式ホームページには、返済シミュレーションを行えるシミュレーターページが用意されています。

希望借入額、借入金利、返済期間または月々の返済金額をキーボードで打ち込むと、後は自動で完済までの返済額や返済回数、返済総額が計算されて表示されます。

promise_hensaikikanshumi

プロミスは残高スライド元利定額返済方式を採用していますが、返済方式は理解するのが難しく、自分の力でいちいち計算するのは大変です。

ですが、この返済シミュレーションを利用すれば、自動的に、一目でわかるように表で表示されるので簡単で便利です。
ぜひこのサービスを活用して、返済計画にお役立てください。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応
    瞬フリで即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加