バンクイックの毎月の最低返済額を調べてみた

更新日:2018/11/02

「借りたものはきちんと返しましょう。」これは小さい頃からよく耳にしてきた言葉でもあり、何に対してでも言えることです。

特にお金に関してはより重要性が増します。
夫婦喧嘩のほとんどもお金が原因だと言われており、誰もがお金の貸し借りやトラブルには関わらずに生活を送りたいと考えています。

しかし、どうしても予測のできない出費は発生するもの。
支払いの回避が難しい治療費や事故の修理費などに関しては手元に資金がない場合は借入をして対応するしかありません。

そこで銀行をはじめとする金融機関などから借入れをするわけですが、返済には借入残高から計算された利息がプラスされます。

正直、「ローン」や「利息」と聞くとまずは返済の支払いがどうなるのか気になるところ。
ここではメガバンクでもある三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの返済に関して紹介していきます。

三菱UFJ銀行カードローンは低金利

貸金業者では大きく分けると銀行カードローンと消費者金融に分かれます。
三菱UFJ銀行はメガバンクなので、当然ながら銀行カードローンになります。

主な特徴

消費者金融・・・金利が高め・審査から融資までスピード対応
銀行系カードローン・・・金利は低め・手続きに時間がかかる

銀行カードローンは特徴として低金利なメリットがありますが、だからと言って消費者金融の金利が高利息というものではありません。

貸金業法

過去には高金利、過度な取立てなどで社会問題にもなった消費者金融ですが、現在では2010年の貸金業法の改正で法律によって上限金利が定められているので安心して借り入れできます。

誰だって安く・早く借り入れできる方が嬉しいに決まっていますが、それ以上にお金に関することなので信頼性や安心感も金融機関を選ぶ際の重要ポイントではないでしょうか?

その点では三菱UFJ銀行は誰もが知っているメガバンクの信頼性。
銀行口座をお持ちの方も多いと思いますし、日頃から利用したり、街中で目にすることも多いのではないかと思います。

三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%
レイクALSA 4.5%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

金利に関しては法律により大手消費者金融でも上限金利18%程度に設けているところがほとんど。

しかし、そんな中で三菱UFJ銀行カードローンは法律で定められた上限金利はもちろん、消費者金融の金利も更に下回る年1.8%~14.6%の金利設定です。
たったの数パーセントと思うかも知れませんが、借り入れした際の返済負担には大きく影響してきます。
金利は低い方が良いのは当たり前のことです。

年率18.0%で10万円を30日借りた場合

 100,000円×18.0%÷365×30日=1,479円

年率14.6%で10万円を30日借りた場合

 100,000円×14.6%÷365×30日=1,200円

1ヵ月の借り入れで279円の差がありますし、借入額が高ければ高いほど、借入期間が長ければ長いほど、どんどん金額の差はでてきます。

また、借入れ・返済には提携ATM などのATM利用が便利。
事前に利息と合わせて、ATM利用手数料も比較しておくことが大切です。

三菱UFJ銀行カードローンならATMの手数料無料

上記の金利差の比較に加えて、別途、ATM利用手数料で108円や216円が必要になると金利差はますます広がります。
バンクイックなら余分な手数料のことを考える必要がありませんし、なによりも低金利で借りれるのが三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックならの大きな特徴となります。
バンクイックは誰もが認める低金利でスピード対応のハイスペック銀行カードローンです。

詳しい情報を見る

バンクックの返済方法は3つ

借り入れしたら返済をしましょう。
三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは返済方法が3つ用意されています。

  • 自動支払い(口座振替)
  • ATM
  • 振込

定番とも言えるこの3種類の返済方法ですが、ご自身の性格やライフスタイルに合った返済方法を選択するようにしましょう。

また、返済期日は「毎月指定日返済」「35日ごとのご返済」の2つから選ぶことができます。

毎月指定日返済

自身が設定した指定日が毎月の返済期日となり、返済期日の14日前から入金が可能。
30日を指定日としている場合には毎月16日~30日の間に入金可能。

35日ごとのご返済

初回は借入日の翌日から35日以内、以降は直近返済日の翌日から35日以内に返済。

それでは改めてバンクイックの3つの返済方法を1つずつ紹介していきます。

自動支払い(口座振替)

指定口座からの自動引き落としは三菱UFJ銀行の普通預金口座の必要があります。
口座がなくてもバンクイックへの利用は可能ですが、銀行引き落としで返済を行いたい場合には三菱UFJ銀行の口座を開設しておく必要があります。

例えば、日常忙しくて返済日の管理などが苦手な方におすすめの返済方法です。
希望した毎月の指定日が返済期日となり、期日の19時までに入金を済ませておけば滞納などの心配はありません。

注意点は自動支払いには別途で申込みが必要な点。
自動支払依頼書に必要事項(名前・生年月日・届出印・店名・店番・普通預金の口座番号)を記入して第二リテールアカウント支店まで郵送する必要があります。
依頼書はバンクイックの公式ホームページからダウンロードでき、手続きは1週間程度の時間もかかるので自動支払いを希望する場合は早めに郵送しましょう。
※返済日の当日19時以降の返済になる場合は「バンクイックカード(ローンカード)」でATMからご返済

ATMから返済

バンクイックカードを使って三菱UFJ銀行ATM、または提携コンビニATMから返済することができます。
メンテナンスの時間を除く、ほぼ24時間利用できるので多忙な方でも利用しやすい返済方法です。

ATM対応時間
 0:10~23:50
 ※毎週月曜01:00~05:00、毎月第二土曜21:00~翌07:00を除く

提携ATMからの返済のメリットは対応時間に加えて、ATM利用手数料が0円であることです。
セブン銀行ATM、ローソンATM、E-net主要なコンビニATMから返済しても手数料が不要なので余分な出費を抑えることができます。

振込返済

三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)を活用することで指定口座に振込で返済することができます。
手数料無料ですが、会員ページからの操作が必要になり、もし入金が15時以降になると翌営業日(平日)の扱いとなるので操作時間や振込時間には注意が必要です。

借入の前に確認すべき返済プラン

返済に関しては実際にいくらの返済額なのか、利息はどうなのか、色々と不安になって考えることが多いかもしれません。

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら最少返済額は1,000円~/月
毎月の返済額は無理のないように設定しなければなりませんが、あまり返済額が少ないと返済期間も長くなって利息の支払い分も増えてしまうので計画的に利用することが大切です。

ただし、借入利率によって最低返済額が変わります。

借入利率 年8.1%超の方

借入残高 返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 10,000円
50万円超 借入残高が10万円増すごとに
2,000円ずつ追加

借入利率 年8.1%以下の方

借入残高 返済額
10万円以下 1,000円
10万円超~20万円以下 2,000円
20万円超~30万円以下 3,000円
30万円超~40万円以下 4,000円
40万円超~50万円以下 5,000円
50万円超 借入残高が10万円増すごとに
1,000円ずつ追加

借入額が10万円単位で返済額も変わってくるので借り入れするタイミングでは返済額もシミュレーションしておくことが重要です。

ポイント
支払期日を過ぎてしまった場合、支払額は返済額+遅延損害金の金額で返済しなければいけません。

また、三菱UFJ銀行カードローンではEメールサービスとして返済期日が近づいてくるとメールでお知らせ。
返済を忘れてしまった場合も返済期日の翌営業日に入金依頼のメールが届きます。
申込時にEメールサービスを「希望する」を選択しておきましょう。

すでにバンクイックに契約済みの方も会員ページから登録できます。

安心の大手銀行カードローン

過去のイメージはともかく、今日の消費者金融は自社での企業努力によって、無利息期間など銀行にはない様々なサービスを展開して利用者のキャッシングを助けています。

それでも借り入れに何か不安があるという方には三菱UFJ銀行カードローン。
サービス面では消費者金融に劣る部分もありますが、低金利で、何よりメガバンクの高い信頼性が一番の利用メリットです。

三菱UFJ銀行カードローンなら土日祝も申込可能

基本的に銀行では平日15時で窓口の営業は終わります。
当然、土日は店頭窓口が閉まっているので各種手続きは通常ならばできません。

しかし、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックならテレビ窓口を使って週末でもカードローン申込みが可能です。(店舗により異なる)

テレビ窓口

テレビ窓口は三菱UFJ銀行のATMコーナーなどに併設されている無人契約機で、全国627箇所に設置されています。
(※2016年12月 アトムくん調べ)

銀行ながら週末でも申込手続きができる幅広い利用ユーザーの受付が「三菱UFJ銀行カードローン」の高い人気の秘密です。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

実質年率 1.8%~14.6%
限度額 最高500万円
審査時間 -
  • テレビ窓口から申込み
  • 銀行トップクラスの低金利
  • 三菱UFJ銀行の口座不要
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加