アコムの店舗ATMは全国各地で24時間営業

更新日:2017/06/20

acom-tenpo_header

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの大手消費者金融であり、定評のある審査スピードで申し込みから融資までも最短1時間で可能とします。

その申込方法は様々で、インターネット(パソコン・携帯)、電話、店舗、むじんくん(無人契約機)、郵送の中から自由に選択することができます。

アコムに申込みする時間帯、生活エリアとなるお住まいや勤務先の場所などの都合によっても、どの契約方法が一番良いのかは変わってきます。

ここでは、安心して契約手続きができる来店契約としてアコムの店舗・ATMの活用についてピックアップします。

アコムの無人契約機は全国に1,000台以上

契約手続きに重要な要素となる営業時間も、通常、銀行の営業窓口であれば平日15時で閉まってしまいますが、アコムの店舗であれば平日18時まで営業しています。

この数時間の営業時間の差でも、当日中にキャッシングしたい方にとっては大きな助けとなると考えられます。


店頭窓口ならスタッフに直接相談できる


初めてカードローン申込をする場合、または家族や知人に相談しにくいお金の借入理由など、お金を借りることに何かしら不安に思うことも沢山あると思います。

そんな方には金融のプロが在中している店頭窓口での契約がおすすめ。

アコムの店舗にもスタッフが在中しているため、お金を借りることに対する心配事や返済プランなど直接相談しながら手続きを進めることができます。

何よりスタッフとお互いに顔を合わせて話ができるので、信憑性や安心感も違います。

無人契約機には二人で入れないから、一人で契約するのが不安な方にも店頭窓口はおすすめ!

契約機の操作をしなくて良いメリットもあります。

また、アコムなどの貸金業者を対象とする貸金業法には、営業所には国家資格でもある貸金業務取扱主任者を置くも義務付けされていることからも利用者にとっては安心できる要素。

なお、アコムの店舗では初回の契約申込はもちろん、契約後のカード再発行や登録内容・契約内容変更などの手続きも行うことができるので憶えておくと良いでしょう。

woman_smile

しかし、アコムの有人店舗の設置数の少なさと営業日が大きなデメリットになります。

店舗の設置数が少ないため、お住まいの近場に店舗がないなど、誰もが気軽に立ち寄ることができる環境でないことは否めません。

また、店舗によって異なりますが、アコムの有人店舗は平日のみの営業としているところが多く、土・日・祝日休業となるため、週末は有人店舗での契約ができないことがほとんどです。

例え、近くにあったとしても平日18時以降や土日祝日では、有人店舗を利用することができない可能性が高いと考えておかなければなりません。

アコムの店頭窓口は全国に22箇所

実際、アコムの店舗は全国に22店舗しかなく、日本全国において店舗がない都道府県も当然ながらあります。

消費者金融の有人店舗の設置数

アコム 22F店舗
プロミス 18店舗
(お客様サービスプラザ)
モビット 有人店舗の設置なし
アイフル 25店舗

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの有人店舗は18店舗、モビットでは有人店舗がありません。

アコムの22店舗が多いか少ないかは別にしても、消費者金融業者の中では一番の設置数です。

スタッフや他の利用者に会うのにも抵抗がなく、お近くに店舗があるのであれば契約書の内容を確認しながら手続きを行える店頭窓口での契約がおすすめですが、近場に店舗がないと結局は利用することができません。

また、契約の際にはアコムのスタッフとは言え、誰にも会わずに内緒で契約したい方もいらっしゃいます。

こういった設置数や人に会うという課題もあり、事実上、アコムに新規契約される多くの方が利用しているのが無人契約機のむじんくんです。

acom_tenpo


無人契約機なら近くに設置されている


アコムの無人契約機むじんくんは、誰にも会わずに申込からカード発行まで一人で契約できる自動契約機のことです。

むじんくんは全国各地に設置
年中無休の8:00~22:00の営業
 ※店舗による

全国にあるむじんくんコーナーには、その呼び名の通り、スタッフ不在の無人なので受付スタッフも在中していません。

また、有人店舗と比較しても無人契約機の営業時間や設置数が優れている点から利用者の幅が広いのが特徴です。

acom_tenpo2

※2017年4月末時点

上記でも説明したように有人店舗の支店が近くにあったとしても、平日のみの営業だったりするので利用できる人が限られています。

その点、無人契約機なら土日祝日も営業しているので、平日は仕事をされている方も仕事帰りや週末での契約手続きが可能となるのです。

何よりも無人契約機の利用で誰にも会わずに契約ができる点は利用者にとって大きなメリットと言えます。

また、アコムの無人契約機を利用する際には、まずインターネットからアコムに申込しておくことがポイント。

事前にインターネット申込をしておくことで、無人契約機までの移動時間や審査回答待ちの時間を無駄にせず、結果的には無人契約機内での手続き時間の短縮にも繋がります。
アコムは本人収入がなければ利用できない

消費者金融からキャッシングを行うには本人に収入があることが条件となります。

もちろん、アコムも例外ではありません。

アコムの利用条件

安定収入のある20歳~69歳までの方
※アルバイト・パート・派遣社員の方もOK

申し込みに本人収入が必要というのは、2010年の貸金業法の改正によって定めらた総量規制の影響があります。

総量規制は、本人の年収1/3までしか借入できない規制

これは、複数の貸付業者からの借入などで借入残高が膨らみ、返済不能となる多重債務者の発生を未然に防ぐために設けられたものです。

利用者からすると一定の収入がなければアコムからお金を借りることができない訳ですが、借りた後の返済能力を考えると当然ながら本人に収入源があることは必須の条件だと言えます。

とはいえ、アコムでは会社員などの正社員でなければ借りることができない訳ではありません。

年齢条件を満たす主婦や学生の方であっても、アルバイトやパートで本人収入があれば審査の上でアコムから借入することができます。

店舗、無人契約機のどちらを活用するにせよ、申込みには必要書類として本人確認書類と収入証明書類が必要になります。

本人確認書類 運転免許証
※免許証がない場合は健康保険証など
収入証明書類 源泉徴収票
給与明細書
税額決定通知書
所得証明書

ただし、収入証明書に関しては提出条件があるので、それに満たなければ提出する必要はありません。

収入証明書が必要な場合

・アコムでの借入額が50万円超
・アコムと他社の借入総額が100万円超

提出書類は契約機内のカメラスキャン機能を使って簡単に読み込ませて提出することができます。

無人契約機では契約書、カード発行まで全ての手続きが行えることから、契約後は自宅への郵送物などは一切ありません。

例えば、主人・奥さんなど家族に内緒でお金を借りたい場合の対策としても無人契約機は大変便利です。

zaiseki_acom

審査では在籍確認として勤務先に電話がかかってきますが、アコムの担当者の個人名で連絡が入ります。

上司や同僚にもばれることはありませんが、心配であるならば「クレジットカードの審査で電話が入る」など事前に言っておけば怪しまれることもありません。

また、アコムでは会社への在籍が証明できる書類を提出して在籍確認とすることができるケースもあります。

どうしても電話を避けたい場合は、一度、ネット申し込み後にコールセンターに相談されると良いでしょう。

ただし、電話での在籍確認を回避できるかどうかは審査状況によって対応してもらえるかどうか分からない点は理解しておきましょう。

アコムでは、カードの年会費や発行手数料は無料なので、審査にさえクリアすれば誰でも無料でカード利用することができます。

アコムカードとACマスターカード

アコムではローンカードと同様に最短即日で発行できるクレジットカード「ACマスターカード」も用意されています。

契約申し込み後にどちらのカードにするか選ぶことができるのですが、一点だけ注意しておくことがあります。

それはローンカード発行をメインとする無人契約機(むじんくん)なので、クレジットカードの発行機として対応している契約機は限られているという点。

全てのむじんくんでクレジットカード発行ができるという訳ではないので、急ぎでカードが欲しいという場合には、特に立ち寄る契約機選びに注意が必要です。


ほぼ24時間利用できる提携ATM


店舗やむじんくんコーナーに併設されているアコムATM(※一部店舗は設置なし)なら24時間・年中無休、利用料も無料で利用することができます。

アコムATMは24時間利用可能(毎週月曜1時~5時除く)

ATMの設置箇所も全国のむじんくんに併設しており、そのうち947箇所は24時間営業のATMとなっています。

ざっと全体の88%以上のATMが24時間営業していることになりますね。

アコムATMを利用すれば深夜でもキャッシングが必要になった場合も手数料無料で借入れすることができます。
(2015年10月現在※アトムくん調べ)

もちろん、自社ATMだけでなく全国の提携ATMネットワークでアコムの利用が可能です。

コンビニエンスストアの他にも提携している提携先金融機関のATMも利用することができるので場所を問わずにATM検索ができます。

主な提携先のATMは以下の通り。

都市銀行
コンビニ
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
イオン銀行
セブン銀行
E-net(ショッピングの入金不可)
ローソンATM(ショッピングの入金不可)
ゼロバンク(愛知県・岐阜県のみ対応)
地方銀行 熊本銀行
親和銀行
第三銀行
東京スター銀行
西日本シティ銀行
八十二銀行(借入のみ)
広島銀行
福岡銀行
北海道銀行
北陸銀行
その他 クレディセゾン

※2015年5月現在

お近くのコンビニATMでもアコムを使えるので便利ですが、借入・返済ともにATM利用手数料が必要になることを忘れてはいけません。

提携ATMの利用手数料

・1万円以下の借入・返済は108円
・1万円超えの借入・返済は216円

小銭ながら月々の返済を提携ATMで行うとなるとATM手数料も膨らんできます。

例えば、毎月2万円をコンビニで10ヶ月(10回)返済を続けたとすると、手数料だけでも216円×10回分で2,160円も無駄に支払っていることになります。

あくまでこれは返済に関わる手数料だけなので、実際には借入も含めると更に手数料が増えている可能性も考えられますね。

なので、もし近くにアコムATMがある場合には、優先的に活用することが望ましいですね。

とはいえ、近くにアコムATMがないという場合もあります。そんな時にオススメなのが楽天銀行の口座を活用した借入・返済です。

ポイント
ほぼ24時間の営業とは言え、メンテナンスの時間などサービスを停止している時間帯は利用することができないので注意が必要です。

ATM利用不可の時間帯

アコムATM・提携ATM 毎週月曜1時~5時は定期点検
セブン銀行ATM 23:50~00:10
イオン銀行 23:45~00:10

もちろん、例外的なATMコーナーのメンテナンスや故障なども考えられるので、最新の営業情報は公式サイトを確認が必要です。

詳しい情報を見る


アコム利用には楽天銀行の口座がおすすめ


実はアコムには手数料の支払いなく借入する方法があります。

それが口座振込でのキャッシングです。

楽天銀行の口座があれば24時間振込キャッシング

アコムからネットバンクでもある楽天銀行への振込キャッシングなら24時間対応(0:10~23:50)しています。

土日祝日でもインターネットから手続きをすれば最短1分で融資可能で、しかも、振込手数料も0円で融資してもらうことができます。

楽天銀行口座をお持ちの方はもちろん、今まだ口座がなくても早めに開設されることで手数料の出費を抑えることができる振込キャッシングはおすすめです。

アコム振込キャッシング

また、初めてアコムを利用される方を対象に、30日間無利息サービスもあります。

契約した翌日から30日間は返済に利息がかかりません。

もし、楽天銀行の口座をお持ちでないのであれば、この無利息期間の間に楽天銀行の口座開設に申込むのもありかも知れませんね。

アコムでは契約日の翌日から30日間金利0円となるため、契約後は少しでも早くキャッシングすればするほど無利息期間を有効に使うことができます。

アコムのキャッシュカード

豊富な無人契約機と、キャッシングに便利なサービスを用意するアコムは、メガバンクの三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社でもあります。

大手の消費者金融として高い信頼性もあるので、ぜひ、安心して急ぎのキャッシングに役立ててください。

どうしても仕事をしていると店舗の営業時間外になってしまって立ち寄れなかったりするんだよね。
確かに有人店舗は数も少ないし、営業日も平日のみとしているところがほとんどだね。
でもスタッフ不在のアコムのむじんくんなら週末も含めて22時まで営業(店舗による)しているから立ち寄りやすいよ!
えっ!?そうなの?
夜間や土曜日でもアコムの契約手続きができるんだ!?
そうだよ!
本審査もクリアして契約完了できれば、その場でローンカード発行までしてもらえるから最短即日融資も可能になるんだよ。
それは助かるね!
ちょうど週末はイベント参加で出費もかさむから即日お金を借りられるのは嬉しいね!
早速金曜の仕事帰りか土曜の朝に立ち寄ることにするよ。
最初からむじんくんに立ち寄る前に24時間受付しているインターネット申込を済ませておけば、契約機内での手続き時間を30分程度に短縮することができるから忘れずにね!

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

screativeref-1100l17934
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置のむじんくん
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

このエントリーをはてなブックマークに追加