アコムから即日振込で融資を受ける方法

更新日:2017/07/24

数ある金融サービスの中で、アコムは即日振込での融資を受けやすいカードローンです。

昨今、インターネット環境が整い、外出先からでも様々なサービス利用ができますが、平日14時以降になると銀行の営業時間の兼ね合いで即日振込が受けられません。

しかし、アコムでは初回なら振込対応の延長サービスや24時間対応の即時振込サービスがあります。

急ぎでお金を借りたい場合、まずアコムにインターネットから審査申し込みをしておきましょう。


即日振込には平日14時までに手続きを完了


銀行窓口の営業時間は平日15時までとなるため、14時までに各種手続きを終了させておくことが即日振込の条件となってきます。

アコムの審査時間は最短30分ですが、申し込み状況や審査状況も考慮すると、遅くても13時ぐらいには申し込みは済ませておくべきでしょう。

アコムへの申し込み方法は、電話かインターネットからの手続きがおすすめ。
各種サービスの利用時間帯はバラバラですが、インターネット申し込みに関しては24時間365日の対応です。

審査回答時間 9時~21時
むじんくん 8時~22時(一部店舗は異なる・年中無休・年末年始除く)
店頭窓口 9時30分~18時(土日祝日は休業・19時まで延長の店舗もあり)

まず審査通過がキャッシングの大前提となるので少しでも早くインターネット申し込みを済ませておくことがポイントとなります。

また契約時にはローンカードや契約書類の受取方法を選択することができ、後日、有人店舗か無人契約機で受け取るようにしておけば、自宅への郵送物もなしに契約完了させることができます。

インターネットが使えないならFAXでの契約も可能

パソコンやスマートフォンがない、または操作が苦手という方は、FAXを活用してアコムに契約することもできます。

平日14時までに必要書類(本人確認書類・収入証明書類など)、必要事項を書き込んだFAX契約専用書類一式をアコムに提出するだけのカンタン契約です。

しかし、課題となるのがFAX契約専用書類をどのように手にするかです。

  • アコム公式サイトから書類一式をダウンロード
  • セブンイレブンのマルチコピー機から出力

アコム公式サイトかセブンイレブンにてFAX契約専用書類を手に入れることはできますが、正直なところ利便性が高いかというと怪しいところです。

アコムの公式サイトからFAX用紙ダウンロード→印刷→必要事項の書き込み→アコムにFAXでは手間が多いと思いませんか?

woman_nayamu1

そもそもアコムの公式サイトにアクセスできるのであれば、インターネットから申し込みした方がペーパーレスでスムーズに契約手続きができます。

セブンイレブンの店舗が街中に多くありますが、印刷するためには費用がかかりますし、アコムのFAX契約専用書類は全部で9枚もあります。

  • FAX契約専用書類のご利用について
  • ご案内書類のFAX送信について
  • 契約事前説明書
  • AC会員規約(抄)(1枚目~3枚目)
  • 個人情報取扱同意書
  • 申込受付票

これだけの資料を印刷してから手続きを始めることになるので、FAX契約は急ぎには不向きな契約方法だと言えます。


平日14時以降も振込融資に対応するアコム


カードローン会社は多数ありますが、平日14時が即日振込のボーターとなるのがほとんどです。

しかし、アコムでは、はじめて借入する方に限って即日振込の延長サービスを設けています。

銀行窓口が閉店する平日15時以降であっても振込してもらうことができます。

ただ、振込実施時間の延長サービスが受けられるのは下記の3口座のみとなっています。

初回振込延長サービスの申込時間

金融機関 融資受付 振込実施時間
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
平日18時 平日19時まで

いずれかの銀行口座を持っていること、17時頃には契約手続きが完了していること、そしてインターネット契約後にはじめて借入するケースにのみ延長サービスを利用することができます。

ただ、気をつけておかなくてはならないのは、会員ページなどからの通常の振込融資依頼では振込延長サービスが受けられない点です。

アコムの通常振込時間

アコム 振込対応時間

延長サービスを利用する場合は、アコムのフリーコールに電話して直接申し込みする必要があるので手順を間違えないように気をつけておきましょう。

また受付時間が長い楽天銀行への口座振込については次の章で紹介します。

アコムプッシュホンサービス(音声自動応答)

アコムには電話申し込みでも振込依頼ができ、事前に口座登録をしておけば、そのまま指定口座に融資してもらうことができます。

もちろん、振込口座の登録も音声案内にしたがっての操作で設定することができます。

アコムプッシュホンサービスの対応時間は、自動音声の強味を生かして0時10分~23時50分とほぼ24時間対応してもらえる特徴があります。

曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 0:10~9:00 当日9:30頃
9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~23:50 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:10~23:50 翌営業日9:30頃

しかし、やはり振込融資に関しては金融機関の営業時間の影響が大きく、即日振込を希望であれば平日14時までに手続きを受付完了させておく必要があります。

アコム担当者による電話受付

音声案内では不安だという場合にもアコムではスタッフと直接電話をしながら手続きを進めることもできます。

曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~18:00 翌営業日9:30頃
土日祝日 9:00~18:00 翌営業日9:30頃

※営業日はアコムの営業日

ただ、やはり営業時間が9時~18時と短い点がデメリットとしてあり、即日振込はプッシュホンサービスと同様に平日14時までに受付を済ませる必要があります。

平日17時以降や週末の手続きの場合

次の章で紹介する楽天銀行の銀行口座を持っていない場合は、夕方以降の申し込みでは即日振込はできなくなります。

しかし、振込融資ではなく、ATMからの出金であれば即日融資の可能性は残されています。

有人店舗か無人契約機まで実際に足を運んでの来店契約にはなりますが、契約内容の確認が済めば、その場でローンカード発行してもらえます。

acom_mujin01

その後は自由にATMから出金することができるので、結果として即日融資を成功させることになります。

全国にあるアコムの店舗ですが、有人店舗は22店舗(2017年5月現在)と少なく、無人契約機「むじんくん」での契約がベースとして考えられます。

週末も含めて営業時間が長いのも無人契約機なので利便性は格段に高いものがありますが、注意点として土日審査の場合、勤務先の会社が休業日だと在籍確認への対策が必要になることも考えられます。


アコムから楽天銀行口座へは即時振込に対応


実店舗を持たないネットバンクは様々な使い道ができますが、キャッシングにも同様のことが言えます。

大手消費者金融でもあるアコムは、楽天銀行と提携することで時間にとらわれない24時間対応の即時融資サービスを実現しています。
※初回契約の場合は18時半までに契約を済ませておく必要があります。

acom_hurikomi

インターネットや電話でも振込融資の依頼はほぼ24時間受付してもらえますが、実際に指定銀行口座に融資反映されるのは平日の日中になります。

しかし、アコムから楽天銀行口座への振込であれば、手続きが24時間受付ではなく、正真正銘、融資実行までもが24時間の即時反映となります。

申し込み完了後から最短1分程度で振込してもらえる驚きのスピード融資。

man_jitensha

例えば、出張や旅行などの外出先でも、ふと買いたいものができた、そのまま遊びに出かけることになった時に手持ち資金や口座残金が少なくてもアコムなら心配無用。
スマートフォンからアコムの会員ページにログインして融資依頼すれば、近くのコンビニなどの提携ATMからスグに引き出すことができます。

アコム以外に即時振込サービスを提供している有名な金融機関でいうと、大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)とネットバンクのオリックス銀行カードローンの3社しかありません。

即時振込サービスで深夜に振込融資をもらう図


まとめ


アコムが即日振込の実現に手厚いサービスを用意していることは理解いただけたでしょうか?

ただ、見落としてはいけないのが振込融資を受けた際には提携ATMからの出金時に利用手数料が必要になるということ。

できるだけ手数料無料のアコムATMでの入出金が望ましいですが、設置箇所が限られており、コンビニなどの提携ATMを利用するケースが多くなりそうです。

細かく何度も出金するのであれば、1万円超えの金額ならまとめて借入するのもおすすめ。

三菱UFJフィナンシャル・グループの信頼性の高いアコムで即日振込を成功させましょう。

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

screativeref-1100l17934
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置のむじんくん
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

このエントリーをはてなブックマークに追加