アコムの無人契約機を活用すれば即日カード発行・即日融資が可能

更新日:2017/10/20

CMでもおなじみのアコムむじんくんなら安心

カードローン申込の方法は一つではなく様々な方法がありますが、実際、どんな契約方法があるかご存知でしょうか?

既に他社のカードローンに契約しており、お金の借入やローンには慣れているから大丈夫!と言う方も少ないと思います。

そもそも借入していること自体、あまり他人に話すようなことではありませんし、家族や知人、会社の人などにも出来れば内緒で借りたいものですよね。
過去には貸金業者の設置店舗まで出向いて窓口での契約が一般的でした。

しかし、アコムが消費者金融業界でも初となる無人契約機(自動契約機)を設置したことで契約のしやすさが格段に飛躍しました。

ここでは、大手消費者金融の三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムの無人契約機(むじんくん)と多種多様な契約方法について紹介していきます。


アコムへの申込は無人契約機がおすすめ


アコムが業界初となる無人契約機を設置したことにより、どこかネガティブな印象もある借入への後ろめたさが緩和され、カードローン申し込みに拍車をかけることになりました。

また、インターネット環境の普及によって、昨今ではスマートフォンからもカードローン契約ができるようになっています。
アコムへの無人契約機を活用した契約以外の方法も以下で紹介しておきます。

アコムの申込方法

インターネット申込 24時間365日
電話申し込み 24時間365日
店舗窓口 9:30~18:00土日祝除く
※一部19:00まで
無人契約機むじんくん 8:00~22:00/年中無休(年末年始は除く)
※一部店舗は異なります
郵送 電話で申込24時間365日

見出しにもあるようにアコムへの申し込みは無人契約機の利用がおすすめです。
無人契約機とは、契約に伴う内容確認が済めば、カード受け取りまで自分一人で手続きができる自動契約機のことです。

全ての手続きを完結させることができるため、自宅への郵送物なども一切なく契約手続きを完了させることができるメリットがあります。

無人の店舗内は個室になっており、ATMのような契約機を使って手続きを行います。

無人契約機内にはアコムのスタッフは在中しておらず、担当オペレーターとは通話を通じてやり取りを行うので対面することはありません。

土日祝も含めた長い営業時間や誰にも会わずに契約できる点が無人契約機での契約をおすすめする理由です。

アコム無人契約機

アコムの契約機は「むじんくん」とも呼ばれ、CMやお住まいの付近でも名前や看板でご存知の方も多いのではないでしょうか?

アコムはメガバンクのグループ企業でもあるので、初めてのキャッシングを利用される方にもおすすめの金融機関です。


無人契約機なら土日祝も即日融資が可能


契約方法によってローンカードの受け取りタイミングや当日の融資方法も異なるので、自分の都合やニーズにあった契約方法を選ぶことが重要です。

まず、申し込み方法を選ぶ際、事前に確認しておきたいのが即日融資を希望するかどうかです。

即日融資とは申し込みした当日中にお金の借入をすることであり、単純に考えていただければ分かることですが、例えば郵送契約では契約書類の郵送に時間がかかってしまいます。

そのため、即日融資を受けることは難しいことは誰でも容易に想像できると思います。

つまり、即日融資を希望する場合は、どのような借入方法でお金を借りるかを前もって把握しておくことが重要です。

・指定する銀行口座への口座振込でのキャッシング
・ローンカードを活用して提携ATMで引き出し

上記がアコムからの主な借入方法となります。
いずれもメリット・デメリットがありますが、口座振込での融資の場合、銀行窓口の対応時間の問題が挙げられます。

ご存知の通り、銀行窓口は平日15時までしか営業していないこともあり、当日中に振込融資を受けたい場合、アコムを含む多くのカードローン会社では14時までに契約内容の確認まで済ませておく必要があります。

man_tokei

しかし、アコムでは初めての契約直後の振込融資に限って、振込実施時間を延長してもらえる金融機関があります。

インターネット上で契約し、下記の金融機関の銀行口座(ご本人名義のみ)へ振込融資に関しては平日18時まで受付してもらえます。

金融機関 融資受付 振込実施時間
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
平日18時 平日19時まで

平日18時まで融資の受付をしてくれているのは嬉しいサービスですね。

ただ、デメリットとしては対応口座を持っていることが条件になること、更に平日のみのサービスとなることが課題です。

むじんくんは8:00~22:00まで営業
(年中無休※一部営業時間異なる)

年中無休で営業しているアコムの無人契約機むじんくんを使えば、土日・祝日や平日18時以降でも手続きをすることが可能となります。

カード発行まで手続きを済ませることができれば、ATMを活用して即日キャッシングができるようになります。

アコム無人契約機 むじんくん

営業時間の利点から自分のタイミングで無人契約機に立ち寄り、審査対応してもらえる時間内に審査クリアすれば即日カード発行してもらうことができます。

もちろん、カード発行後はATMコーナーや提携ATMを利用すれば、限度額の範囲内でいつでもキャッシングできるようになります。


スムーズな借入を実現するにはネット申込から


もともと融資スピードの早さで人気の高いアコムですが、公式サイトでも審査時間は最短30分と告知されています。

しかし、審査時間は他の申込者の込み具合や審査状況の内容によって、それ以上の時間がかかることもあります。

実際に私がアコムに申し込みした体験談としても、審査回答を貰えるまでは1時間以上の時間がかかっていました。

さすがに無人契約機の中でいつ審査回答が貰えるか分からない状況で待機しているのは時間が勿体なく、また、審査結果として融資不可の判断がされた時のことを考えると無人契約機にてアコムに申し込みするのは少し気が引けます。

スマートフォン操作

アコムへの申込はインターネットから

無人契約機での契約ではカード発行を済まさなければ、いつまで経ってもキャッシングを利用することができません。

無人契約機からでも申し込み手続きは当然できますが、上記のように外的要因によって審査時間や手続きが延びてしまうと、時間帯によっては即日カード発行・融資が受けられなくなってしまう可能性もあります。

そこで、融資が必要になった場合には、最初にネット申込をしておき、電話・メールにて仮審査の回答を受けておくことをおすすめします。

アコムで一番早く借入できる流れとしては

まずはネット申し込みをして

無人契約機でカード発行

お近くのATMでキャッシング

事前にネット申込にて仮審査を済ませておけば、無人契約機での手続きもスムーズになり、約30分程度でカード発行まで行うことができます。

無人契約機での審査結果を待ちの時間や移動時間も無駄にすることもありません。

sinsa_hayai

昨今ではスマートフォン用のサイトもキレイに作成されているので、見やすさ、使いやすさも改善されているので外出先からでもアコムへの申込手続きはやりやすくなっています。

キャッシングが必要になった場合、まずはインターネット申し込みをすることがポイントです。


無人であっても虚偽申告は必ずバレる


アコムの無人契約機で手続きをすれば、スタッフと対面することはありません。
しかし、だからと言って虚偽情報や不審な行動をしていると、それだけで審査に落とされる可能性があります。

まず、セキュリティ面のこともあり、無人契約機の中の様子は内蔵カメラにてオペレーターから監視されています。

怪しい動きを繰り返したりしていると信用力が疑われることになり、注意・警告を受けるだけで済めば良いですが、最悪のケースでは審査結果に影響することも考えられます。

無人契約機と言っても店頭窓口と同じ審査が行われているという認識を持っておくことが大事です。

審査の重要ポイントは信用情報

アコムに限らず、貸付業者の審査では申込者の信用情報を重要視しています。

個人信用情報として、過去のクレジットやカードローンの取引履歴を参照して、この人に貸付してキチンと返済してもらえるかなどの返済能力を審査していきます。

返済能力には、年収(収入)はもちろん、勤務先や雇用形態も確認されます。

例えば、正社員とアルバイト・パートを比較すると安定収入という面では、正社員の方が上というのはお分かりいただけるのではないでしょうか。

また、取引した履歴が記載されているので、あまり借金がないように見せようとして、他社借入額や借入残高などを偽って申込してもスグにばれてしまいます。

man_batsu

あくまで、あなたの信用情報を審査しているので「正直に」がポイントです。

補足ですが、債務整理や自己破産などの事故情報(金融事故)が記載されているとなると、新規申込のクレジットカードやローンの審査はかなり厳しくなります。

事故情報は、一定期間(5年程度)は情報が残ってしまうため、履歴が消えてから申込むなどの対策が必要です。

もし、信用情報に不安があれば、千円ほどの費用がかかりますが、申請すれば個人の信用情報の情報開示もできるので確認してみると良いでしょう。

アコムからの審査回答は、電話もしくはメールで受け取ることができます。

実際に私がアコムに申込みした時は、申込完了から1時間ほど経って女性スタッフから「用意ができているのでお近くの無人契約機にお越しください」と電話がかかってきました。

丁寧な対応で住所から近くのむじんくんの場所を案内してくれました。

理由として「急なメンテナンスで使えない場合はご迷惑がかかるので」ということもあったようです。

さすがは大手・・・細かい配慮に関心しました。


忘れてはいけない必要書類(身分証明書)


審査が終わって、近くの無人契約機に向かう時に提出しなければならない必要書類があります。

これを忘れてしまうと契約完了させることができないので、必ず忘れないようにしなければなりません。

万が一、忘れてしまうと時間帯によっては即日融資ができなくなる恐れもあります。

必要書類

本人確認書類
(運転免許証 → 運転免許証がない場合は健康保険証・パスポート)

収入証明書
(源泉徴収票・税額決定通知書・所得証明書・給与明細書)
※借入総額が100万円を超える場合、またはアコムで利用限度額50万円以上を希望する場合は収入証明書類の提出が必要です。

これらの提出書類は、無人契約機に付属しているカメラでスキャンして提出することができます。

また、運転免許証などの身分証明書は安易に用意できそうですが、収入証明書類に関してはスグに用意することが難しいかも知れません。

しかし、一般的に初めてカードローンに契約する際には最初から50万円以上の借入限度額を提示してもらえるケースは少なく、収入証明書はあまり気にしなくて良さそうです。

もちろん、50万円以上の借入額を希望する場合には提出が必要です。

比較的、毎月もらえる直近の給与明細書が用意しやすいのではないでしょうか。

また、気をつけておかなければいけないのが、消費者金融のアコムは、総量規制の対象になるということ。

総量規制は申込者ご本人の年収1/3までしか借入できなくなった貸金業法の制度です。

利用者に安定した収入がなければアコムに申込することはできませんが、そこは大手の消費者金融のアコム。

正社員でなくても、アルバイト・パート、もちろん自営業者でも安定収入があれば、審査の上でキャッシングすることができます。


お近くのむじんくんを検索して契約へ

アコムの無人契約機は全国に1,000台以上

アコムの店頭窓口の店舗数は全国39店舗しかありませんが、無人契約機は1,000台を超える設置数を誇ります。

これは業界一の契約機数を誇るプロミスに次ぐ2番目の設置数となります。

お近くのむじんくんの設置場所はホームページで簡単に検索することができます。

契約の手続きを開始する時間によって異なりますが、当日ローンカードを受け取ることができない場合は、銀行振込(口座振込)でしか借り入れすることはできません。

銀行の店頭窓口も平日15時以降は閉まるので土日・祝日や夕方から手続きを開始される方は即日融資を受けることができなくなります。

なので、平日15時以降や週末であっても、早く借りたい場合には少しでも早くインターネットから申し込みをして無人契約機でカードを受け取れるように心がけましょう。

事前にネット申込しておくことで、むじんくんでの手続きも30分程度で済ませることができます。

勤務先への在籍確認は本人不在もOK

私がアコムに申込みした時も、審査の一つとして勤務先の会社に在籍確認らしき確認電話があったようです。

アコムでは、無人契約機での手続き中に、在籍確認を行うようですね。

zaiseki_acom

契約機のディスプレイ画面にも表示されているように、担当者の個人名で連絡をくれていたようで「女性の方から電話がありました。」とだけ伝言メモが残されていました。

対応してくれたスタッフには、カードローンの審査だと気付いていないようで、ホッとしたのを覚えています。


誰にもばれずに契約できる無人契約機

アコム無人契約機 むじんくん

無人契約機の使い方は、画面のガイダンスに従ってタッチパネル式での簡単操作。

約30分ほどの手続きでカード発行が行えます。

もし、事前にネット申込をしていないとなると、手続きには更に時間がかかることになります。

改めてお伝えしておきますが、審査時間は審査状況の影響も受けるので先にインターネットからの申込みをしておきましょう。

shorui_acom

無人契約機内の設置書類

・AC会員ご入会の手引き
・AC会員規約
・こんな手口にご注意ください
・借換え専用ローン契約条項(FR)
・封筒(ACサービスセンター行き)

無人契約機での手続きでは、契約機についているスピーカーを通じてオペレーターと話をする場面もあります。

また、スタッフと会話する都度、質問内容に答えて本人確認を行うことになります。

本人確認と言っても、名前や生年月日なので構える必要はありません。

もちろん、操作方法やカードローンの利用方法で分からないことも気軽に質問することができるので安心です。

提出書類をスキャンさせ、契約内容まで確認できればカード発行されます。

注意としては、もし、即日融資を希望するのであれば、無人契約機の営業時間ギリギリに行くのはやめておいた方が良いでしょう。

例えば、手続きが長引いてしまったり、別の人が先に手続きをしていたりすると、その日の内に契約完了できないケースも考えられます。

最低でも無人契約機の営業時間の1時間から2時間前には出向いて手続きを開始しておきたいところです。

アコムの無人契約機は、8時から22時(店舗で異なる)まで営業していますが、審査の連絡時間は9時~21時までとなっていることもあるので、早めに審査を済ませましょう。

カード発行後は近くのATMでキャッシングが可能。

三菱東京UFJ銀行やセブン銀行など銀行ATM・コンビニATMを利用すれば夜でも借入・返済ができます。

ただし、提携ATMの利用には利用手数料が必要になります。
※2015年5月現在

・1万円以下の借入・返済なら108円
・1万円超えの借入・返済なら216円

お近くのアコムATMであれば手数料も無料で使えるのでおすすめです。

最後に当たり前のことですが、即日融資を希望するにせよ、しないにせよ、スムーズな契約には申込書の内容や登録情報に嘘や偽りがないようにすることが最低限の心得です。

アコムの無人契約機を活用すれば、誰にも会わず契約し、即日で借りることが可能です。

せっかくのスピード対応を、手続きで不備があると余計に時間ロスしてしまうことにもなりかねません。

誤字脱字の確認も含め、入力情報の確認はシッカリと行うようにしましょう。

アコムのお試し診断

また、どうしても審査が不安な場合はコールセンターに相談したり、アコムの公式サイトにある「3秒診断」(簡易診断)を受けてみるなりして現状を把握することから始めましょう。

消費者金融は、銀行カードローンと比較すると金利面や印象で劣るところがありますが、同グループでもある三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社も実はアコムが請け負っています。

メガバンクグループのアコムは、消費者金融業者の中でも高い信頼性があると言えます。

豊富な貸付実績を誇るアコムのキャッシングなら安心して利用することができるはずです。

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

screativeref-1100l17934
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置のむじんくん
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

このエントリーをはてなブックマークに追加