教育ローンも銀行から。三菱UFJ銀行の「ネットDE教育ローン」の魅力に迫る

更新日:2018/09/13

子どもの将来を左右する重要なことの1つに「教育」を挙げる人が多いことと思います。
早い人であれば、子どもが生まれてすぐに貯金や学資保険を開始しますが、いよいよ入学するとなった際、入学金や授業料が予想以上に高くビックリしてしまった人もいるのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが、銀行が提供する教育ローンです。
教育ローンには銀行などが提供する民間ローンと、国が提供する公的ローンがありますが、民間ローンのほうが条件が国よりも厳しくなく、融資限度額も大きいため、使い勝手がよりよくなっています。

今回は銀行発行の教育ローンの中でも、低金利かつ融資開始までの速さに定評のある三菱UFJ銀行の「ネットDE教育ローン」を紹介します。

ネットDE教育ローンの融資条件は?

三菱UFJ銀行の教育ローン「ネットDE教育ローン」は、インターネットから申込みができる教育ローンのため、ネットで完結する来店不要の教育ローンです。

ただし、来店不要となるのは三菱UFJ銀行に口座を持っている人で、もしも口座がないということであれば、三菱UFJ銀行に口座を開設するため行く必要があります。

すでに口座を持っている人であれば、PCやスマホから事前審査を申し込めば、最短即日でメールで回答してもらえます。

入学金や授業料の振込み時期が短い学校もあるので、すばやい回答をしてくれるのはメリットの1つではないでしょうか。

ネットDE教育ローンの利用条件と、ローン詳細は以下のとおりです。

利用条件 ・就学予定者の保護者、または本人(社会人に限る)
・申込み時に満20歳以上、満70歳の誕生日までに完済
・三菱UFJ銀行の保証会社 ジャックスから保証が受けられる
・前年度の税込年収が200万円以上
 ※事業所得者は申告所得
・勤続年数が1年以上
 ※事業者は営業年数
・Eメールアドレスを持っている
・永住許可を取得している外国人
借入金額 ・30万円~500万円(1万円単位)
借入期間 ・6か月~10年(1か月単位)
・在学中、元金返済の措置期間として設定可能
借入利率 ・変動利率 3.975%(2018年9月時点)
※変動利率のため、借入した日の利率を適用
手数料(消費税込) ・繰上返済時(一部返済、一括完済)、手数料5,400円
・ネットバンキング利用なら無料
資金使途 ・教育に関わること全般
 ※塾や専門学校などの入学金、授業料にも利用可能

三菱UFJ銀行のネットDE教育ローンは、幼稚園から大学院までの授業料だけでなく、塾や専門学校の入学金や授業料など幅広く使うことができます。
それに加え、学校へ支払う金額が確定する前や支払い済み(2か月以内)であっても申込みすることができます。

医学部や6年制大学ではさらにゆとりある融資限度額

最近では医学部の学費も随分と下がってきたものの、初年度に500万円以上かかるということはザラにあります。

その場合、借入可能な金額が500万円だった場合、やや心もとないかもしれません。
三菱UFJ銀行のネットDE教育ローンは、医学部や6年制大学、さらにはパイロット養成など、多額の授業料がかかるものに対し、最大1,000万円、最長16年までOKなプランも用意。
金利も通常の教育ローンと同じ年率となっているので、ゆとりある資金をゆったりとしたプランで返済することができます。

ネットDE教育ローンの申込み方法と必要書類

三菱UFJ銀行のネットDE教育ローンは申込みから融資までわずか4ステップです。

まずインターネットの事前審査申込みをすると最短即日で回答してくれます。

回答を受け取ったら、そこに指定された書類をWEB、または郵送やFAXで提出してください。

ちなみに返信メールにはアップロード専用URLが書かれているので、WEB提出を考えているかたはこちらからスマホカメラなどで撮影した画像を、スマホやPCなどからアップロードください。

画像データによる書類提出で注意したいのは、光の反射や撮影角度によって文字が正しくよめなかったり、ピントがずれて全体がボヤけてしまうことです。
仮にこの状態で写真をアップロードしたとしても、再提出を求められることになるでしょう。
また反射だけでなく、影ができて文字が潰れてしまったとしても同様なので、送信前に画像はしっかりとチェックしてからアップロードするようにしてください。

書類提出後に審査は開始されますが、内容確認のために電話がかかってくることもあるようです。

申込みから最短8日で契約手続きを開始!

本審査に通過すると、メールで結果が通知されます。
なお、契約申込みには有効期限があるので、この期限内に契約をする必要があるので、十分に注意ください。

三菱UFJ銀行のネット教育ローンの契約方法は3つあります。

それぞれの申込み方法には利用条件があり、その内容は以下のとおりです。

WEB契約 ・三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている人が利用可能
・三菱UFJダイレクトへの契約も必要
・最短8日(6営業日)で契約手続き可能
郵送契約 ・三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている人が利用可能
・契約の必要書類がEメールで送信される
・添付ファイルをプリントアウトし、記入後に郵便で返信
窓口契約 ・本審査の結果通知後、案内された店舗に予約
・必要書類と届出印を持参し、申込者本人がおもむく
・口座を持ってない場合は、ここで口座開設
・土日祝日、12月31日~1月3日は受付休止

申込みから借入までは最短8日で可能です。
借入金については、原則、三菱UFJ銀行が申込者名で支払先の口座などに振込みをするため、申込者自身の手によって振り込む必要がありません。

ただし、振込手数料や印紙代については別途負担する必要があります。
見落としがちになるポイントですので、この点についても注意してくださいね。

必要書類は本人確認書類以外にもある!

ネットDE教育ローンの審査で必要になる書類は以下のとおりです。

本人確認書類
(いずれか1点)
・運転免許証(裏表の両面)
・パスポート(顔写真ページと所持人記入欄)
・在留カード(裏表の両面)
・住民基本台帳カード(顔写真付き、裏表の両面)
・個人番号カード/マイナンバーカード(表面のみ)
資金使途先の確認書類 ・納付書など
(募集要項やパンフレットなど、必要金額を記載した書類)
※支払い済の場合は申込み日から2か月以内の領収書
収入証明書類
(借入金が201万円以上)
・源泉徴収票
・確定申告書(税務署収受印または、受付番号のあるもの)
・住民税決定通知書など

資金使途が自由なカードローンと違い、教育ローンや住宅ローンの目的別ローンと言われるものは、利用先を証明する必要があるので、振込先などが書かれた書類を提出します。
また、こうした書類以外にも追加提出を求められることもあるようです。
どういった内容の書類が必要になるかはわかりませんが、不安があるようなら事前に尋ねてみるものいいかもしれません。

ゆとりの返済ができる安心して借りられる教育ローン

ネットDE教育ローンの返済はゆとりをもってしていけるのも魅力です。

借りたはいいけど、返済が厳しくてにっちもさっちもいかないという状態に陥るのは避けたいところでしょう。

三菱UFJ銀行のネットDE教育ローンの返済が持つ特徴は以下になります。

[1]元金返済据え置き

お子さまの在学時は授業料以外にも、何かと出費がかさんでしまうのではないでしょうか。
ネットDE教育ローンでは、お子さまの在学中は利息のみので支払いで、卒業後に元金の返済を開始することが可能。支出の多い時期に返済金額を抑えられるのは嬉しいポイントです。

[2]借入年数は最長10年

借入年数は最長10年まで可能ということなので、ゆとりある無理のない返済計画を立てることができます。

三菱UFJ銀行 ネットDE教育ローンの公式ページには、返済シミュレーションが設置してあり、ここに借入金額や借入期間などの必要事項を入力すると返済額のシミュレートが可能。借入前に無理のない返済はどれくらいの金額であるかをしっかりと調べることも大切ではないでしょうか。

[3]ボーナス月にはまとめて返済できる!

毎月の返済に加え、1年に2回、ボーナス月返済として月々の返済に加えまとまった金額を返済することもできます。

借入額の50%までをボーナス月に返済することができるため、月々の返済額を抑えることが可能です。

[4]繰上返済もネットなら手数料無料!

少しで早く返すことができれば利息は軽減されるので、余裕があるときには返済をしたいと考える人は多いことと思います。

しかし、繰上返済をするには手数料として5,400円かかるため、残りを一括返済するというように大幅な返済をするときでないと利用することがためらわれるのではないでしょうか。

ところが、ネットバンキングであれば手数料無料で繰上返済することができるので、毎月少しづつの追加というのも気軽にすることができます。

ただし、繰上返済は据置期間中は一部繰上返済が利用できず、また、そうでなくとも繰上返済日に指定できない日というのも存在しています。

繰上返済をする場合は、各種条件を再度確認してみることをおすすめします。

 

申込み前の注意点と審査のポイント

教育に関することであれば幅広く利用でき、ゆとりある返済プランを立てられる三菱UFJ銀行のネットDE教育ローンですが、注意したいポイントもいくつかあります。

三菱UFJ銀行 ネットDE教育ローンの注意点
・年金収入のみでは申し込めない
・1回の申込みで利用できる金額は1年度分が限度、4年分まとめてはできない
・入学金や授業料以外は個別検討のため、電話での相談が必要
・学校への納付日が同じなら2人まとめて借入可能。別の日ではそれぞれで申込み
・借入希望日までに日数がない、必要書類に不備、外国への送金といった場合は来店要請あり

特に注意したいのが「4年分まとめて借入れできない」という点ではないでしょうか。
年度ごとに申込みすることはできますが、実際に借入れできるかどうかというのは分からないため、どういった対応をとるのがいいかを、初めて申込み時に相談するのがおすすめです。

ネットDE教育ローンの審査で注意したいことは?

金利が安く長期にわたる返済計画を立てられるネットDE教育ローンは、進学を控えた子どもを持ったご家庭であれば非常に魅力的に映ることでしょう。
しかし、利用するには審査にパスしないと利用することができません。
審査に通過しないかもしれない内容には、以下のような理由が挙げられます。

・年収や勤続年数の条件をギリギリ満たしていた場合
・複数のローン(カードローン含む)を利用している
・過去に自己破産などの金融事故を起こしている
・短期間に複数の申込みを行っている(申し込みブラック)

このなかで最も気をつけたいのが、自己破産などの金融事故を起こしている場合です。
金融事故とは延滞や債務整理、代位弁済など、金融機関からお金を借りているのに返済することができず、長期間滞ったり返済できなくなったりした場合に起こります。
金融事故の情報は各金融機関が審査時に問い合わせをする信用情報機関で保管されており、事故内容に応じて一定期間、その情報を保持しています。

信用情報機関への問い合わせは、ローンの種別に関わらずおこなわれるので、ネットDE教育ローンの申込み時も確実にチェックされています。

ローンの返済を滞させるのは、まさに百害あって一利なしです。
カードローンやマイカーローンなど、利用することは悪いことではないですし、生活の助けや将来の夢を叶えるために必要な資金源の1つです。
夢の道筋や明日への扉を閉じさせないためにも、返済計画をしっかりと立てて、うまく付き合っていくことがとても大切です。

まとめ

三菱UFJ銀行が発行する教育ローン「ネットDE教育ローン」を紹介してきました。
改めて本金融商品の特徴をまとめると以下のポイントがあります。

・来店不要。ネットから申込み~契約手続きまで完了
・事前審査は最短即日担当
・利息は変動年率3.975%(保証料込)と低金利
・幼稚園~大学院までの授業料、塾や専門学校の入学金、授業料まで利用可能
・医学部などの6年制大学向けプラン有り
・借入れ実施まで申込みから最短8日間(6営業日)
・返済機関は最長10年
・元金返済据え置き期間もあり
・ネットなら繰上返済の手数料が無料

もちろん奨学金や国の教育ローンなどとの併用も可能です。
お子さんの将来の夢や目標を叶えるためにも、三菱UFJ銀行の教育ローンを活用してみてはいかがでしょうか。

なお、教育ローンよりも少額かつ、より緊急性が高い時には三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」がおすすめです。
銀行カードローンなので即日融資とはいきませんが、消費者金融よりも低金利で借りられるので、お子さんの受験費用などに活用することができそうです。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

実質年率 1.8%~14.6%
限度額 最高500万円
審査時間 -
  • テレビ窓口から申込み
  • 銀行トップクラスの低金利
  • 三菱UFJ銀行の口座不要
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加