女性専用のおすすめレディースローンで安心キャッシング

更新日:2017/03/25

woman_nayamu1

カードローンは金融機関が発行する専用カードを利用すれば、いつでも自分のタイミングで融資を受ける事が出来る仕組みです。

一度審査に通ってしまえば年齢制限や規則外の使い方をしない限りは契約も自動更新となります。

カードローンは利用限度額の範囲内であれば自由に借入が出来るので、融資を受ける度に申し込みする必要もない便利なサービスだと言えます。

そんなカードローンですが、原則、契約者に安定収入があれば多くの人が利用できますが、金融商品の中にはレディースローンと呼ばれるものも存在しています。

レディースと付いているので女性向けなのだろうという事は名称からも分かりますが、普通のカードローンと何が違うのかよく分からないと言う人も少なくありません。

ここではレディースローンについて紹介していきます。


レディースローンと一般ローンの違い


レディースローンとはその名の通り女性専用のローンサービスであり、金融機関の担当者となるオペレーターが全て女性専用スタッフが対応してくれるサービスです。

電話とはいえ、男性が対応すると緊張してしまったり、女性ならではの相談はやりにくいケースもあります。

しかし、レディースローンは女性専用窓口となっているので男性が対応することもないので安心して利用する事が出来ます。

昨今では消費者金融だけでなく銀行でも女性専用商品としてサービスを行っている所も少なくありません。

サービス名 金利 限度額
プロミスレディース
(プロミス)
年率4.5%~17.8% 500万円
レディースレイク
(レイク)
年率4.5%~18.0% 500万円
SuLaLi
(アイフル)
年率18.0% 10万円
みずほMyWing
みずほ銀行
年率12.0%~14.0% 10万~100万円

勿論レディースローンと言っても対応する人が女性であるだけで、金融機関の上側で働く人の中には男性スタッフも在籍しています。

ただ、利用者の側からは男性の存在を感じる事は無く、直接やり取りするのも全て女性スタッフなので安心して利用する事が出来るサービスと言って良いでしょう。

一昔前までは男性よりも女性の利用者を多くしたいと言う所から、レディースローンの方が通常のカードローンに比べて金利が少し低く設定されていた事もありました。

例えば、みずほ銀行カードローンとMyWing(みずほ銀行)を比較してみると完全に商品を分けられていることからスペックにも違いはあります。

しかし、プロミスやレイクが提供するレディースローンは通常商品との名称が違うだけでスペックに違いはなく、関わる人が全て女性になるというだけと考えて良いでしょう。

一般カードローンとレディースローンは基本スペックは同じ

勿論、設定される限度額などは審査を通じて申込者の収入や過去の利用状況によって変わるのはレディースローンも同じことです。

一般的には初めてカードローンを利用する場合、限度額は最少額、金利は上限金利が適用される事がほとんどで、利用実績が増えてくれば借入限度額をアップしてくるのも通常のカードローンと同じです。

まずは契約時のルールに従って借入・返済をする事、さらに滞納などを絶対にしない様にレディースローンを利用し、金融機関から自分が優良顧客になると判断してもらう事が重要です。

レディースローンと付いていると女性であれば誰でも利用する事が出来ると思う人もいるかもしれませんが、返済能力を含めた信用力が必要なことは忘れてはなりません。


レディースローンの選び方と利用条件


まず一つ、消費者金融は利用対象者が限られており、利用する為には安定した収入がなければなりません。

これは消費者金融の場合は総量規制(貸金業法)と言う規制が有り、この制度によって年収の3分の1までしか借りる事が出来ない事になっています。

つまり、年収が450万円の人の場合であれば150万円までしか借りる事が出来ないと言う事です。

総量規制の例外となる配偶者貸付と呼ばれる制度もありますが、大手消費者金融では対応していません。

例えば、消費者金融会社の商品となるプロミスレディースを利用するには、必ず申込者ご本人に所得がなければいけません。

つまり、専業主婦や無職の女性は消費者金融からのキャッシングを利用する事が出来ないことになります。

従って、レディースローンと言う名前がついていても、金融機関によっては専業主婦の利用は不可能だと言う事もあるので十分気を付ける必要があります。

スマホで申込

ただ、総量規制対象外となるローン商品も存在しており、それは最も身近な金融機関でもある銀行系が提供するカードローンです。

総量規制は貸金業法の下にある制度なので、その下で管理されている金融機関、例えば消費者金融やクレジット会社などの信販会社に関しては総量規制の対象となります。

しかし、銀行に関しては銀行法によって管理されている金融機関となるので総量規制対象外となるのです。

日常における生活費などお金の管理を工面している専業主婦であっても、配偶者に安定収入が認められれば、銀行カードローンなら利用する事が出来ます

収入の有無によって、消費者金融系・銀行系のカードローンの使い分けることが重要です。


申し込み時の必要書類は通常商品と同じ


貸付条件のクリアは必須として、契約手続きをする際には提出すべき必要書類を用意しなければなりません。

基本的にカードローン申し込みでは、本人確認書類と収入証明書類の2点を提出する必要があります。
ただ、収入証明書に関しては提出条件が業者によって異なります。

収入証明書類

そもそも、収入のない専業主婦の場合、勤務先がないので収入証明書そのものが手元にないといったケースもあるはずです。

配偶者(旦那さま)の収入が基盤となる専業主婦の方は、配偶者の勤務先への在籍確認や同意書が必要だと不安になりがちですが、配偶者に関わる手続きは一切不要です。

専業主婦への貸付にも対応してもらえる三菱東京UFJ銀行カードローン新生銀行カードローン レイクみずほ銀行カードローンでは申告情報のみで審査をしてもらえるのです。

つまり、言葉が正しいかはわかりませんが、配偶者にも内緒で借入が可能なカードローンとなります。

誰にもばれない契約方法

大手の消費者金融や銀行では無人契約機があるので当日中のカード発行もできます。

今日では、インターネット上での契約が盛んで、レディースローンでもスマートフォンやパソコンからWEB契約することができます。

ただ、WEB契約の場合、融資方法は銀行振込となるので平日14時までに手続きを済ませなければ当日中での振込実施はできない点がデメリット。

ですが、誰にもばれずに契約・融資ができる点は女性だけでなく、多くのカードローン利用者の大きなメリットとなります。


女性におすすめのレディースローン


女性オペレーターが対応してくれる女性専用ダイヤルは嬉しい選択肢の一つですが、それだけではなく金利面やサービス面からも検討が重要となります。

ここでは、当サイトがおすすめする2つのレディースローンを紹介します。

収入ある女性であればプロミスレディース

promise_ladytop

自身で働かれて所得を得ている女性と聞くと警戒してしまいそうですが、正社員でなくてもプロミスレディースであれば、パート・アルバイトをしている女性や主婦、学生であっても借りることができます

プロミスには同じ三井住友フィナンシャルグループの三井住友銀行ローン契約機でも契約も可能で、最短30分の審査スピードで給料日前の生活費や急な交際費の融資にも最短即日で対応してくれます。

初回30日間無利息サービスもあり、初めてのキャッシングにも安心の大手金融機関です。

ポイント
プロミスでは、WEB契約において口座振替(口フリ)での返済を選択すればカード発行なし(郵送物なし)のWEB完結契約にも対応可能です。

借入も24時間・土日祝も対応の瞬時振込「瞬フリ」を使えば、インターネット上で借入・返済を完結させることができます。
※瞬フリは三井住友銀行・ジャパンネット銀行に対応

専業主婦ならレディースレイク

lakelady2

自身に収入のない専業主婦の方なら新生銀行のレディースレイクがおすすめです。

配偶者の収入証明書や在籍確認なしで審査申込みが可能で、無人契約機を使って即日ローンカードの受取もできます。

レイクATMや提携ATMも手数料無料で利用でき、何より嬉しいのはプロミスレディースを上回る無利息期間の長さがあります。

はじめてレイクを利用で、なんと180日間(借入額5万円まで)が無利息になるので返済額を抑えることが可能。

どうしても今ショッピングで買いたいものがある、少しだけ生活費を補填したい、そんな一時的な借り入れもレイクの無利息サービスと銀行という安心感が支えてくれます。


女性ならレディースローンが絶対安心

woman_smile

レディースローンと言う名前のついている物を利用すれば、窓口対応や審査などで対応する人は女性スタッフ対応となります。

この様に、レディースローンと普通のカードローンに関しては対応する人が違うと言うのが大きな違いとなるので、その点を理解しておきましょう。

また、各金融機関によってはレディースローンと普通のカードローンの内容に違いがある場合もあります。

従って実際にキャッシングを利用しようと思っている金融機関では、どのような商品を扱っており、どのようなスペックに違いがあるかを調べておく事が重要です。

さらに全ての金融機関でレディースローンを扱っているわけではないので、その点にも注意しておく必要があります。

異性と接するのはどうしても緊張してしまう、男性には相談しにくことがあると言う人は予めレディースローンを扱っている金融機関を調べて申し込むようにしましょう。

プロミス レディースキャッシング

プロミス レディースキャッシング
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 最短30分のスピード審査
  • アルバイト・パートの方も借りれる
  • 簡単3秒で借入診断
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

新生銀行カードローン レディースレイク

lake125
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 最高500万円
審査時間 申込後、画面に表示
  • 安心の最大180日間無利息
  • 誰にも会わない無人契約機
  • 女性専用のキャッシングサービス
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

このエントリーをはてなブックマークに追加