振込融資での振込人名義でバレずに借りる方法

更新日:2018/06/04

どうしても今すぐお金が必要という方に便利なのがカードローン。

カードローンにはみずほ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローンに代表される銀行カードローンと、消費者金融系のカードローンがあります。

契約するには電話による在籍確認など一定の手続きを経たうえで、きちんと返済されると認められた人に対して貸し付けられます。

審査という面から言うと、銀行系のほうが厳しく、申し込みから回答までにやや時間が掛かると言われています。
その点、消費者金融系のほうが利用しやすいという声があります。

man_shinjin

さて、カードローンだと手軽にお金を借りられるのが最大のメリットです。

借りられる利用限度額までは必要な額をローンカードを活用して提携ATMから出金するか、自分が普段利用している普通預金口座などの指定口座(登録口座)に振り込んでもらうことができます。
普通預金通帳や銀行カードがあれば、振り込まれたお金は自由に下ろして使えるわけですから、口座振り込みは便利な方法です。

口座振込での借入で家族に知られたくない

woman_nayamu1

ただ借入をしていることを知られたくないという人にとって、振込みでの借入は不安があるかもしれません。
それは銀行口座通帳に入金の履歴が残るからであり、通帳を見られることで、振込人の名義から融資がバレる可能性があるのです。

振込人名義が誰でも知っている金融会社の名前であれば通帳を見られることで、一発でキャッシングをしていることがバレてしまいます。

一人暮らしをしている人や独身者なら特に問題はないでしょうが、家族に通帳を見られたりする可能性のある人はこれは大きな問題と言えます。

ここでは振込み融資を受けた際の振込人名義がどのようになっているかを説明しています。

振込人名義に配慮してもらえる金融機関

キャッシングでお金を借りていることを家族に知られたくないというお客の要望に応えて、実はカードローン会社も振込人名義には配慮しています。

特に消費者金融の場合は、社名が有名であるため、振込み名には気を使っていることが多いのです。

man_kangae

例えば、通帳に記載されている振込人を見ても、一見したところ金融会社から借りたとわからないようにしているケースが多くみられます。

ただ、振込人名義については各金融会社ごとに対応は違っています。
以下、代表的な大手消費者金融会社が実際にはどういう名義で振り込んでいるかを見てみましょう。

プロミス

プロミスの場合は「プロミス」という振込み名以外に「パルセンター」という名義にすることが可能です。

大手金融会社であるプロミスの場合、振込人にプロミスと書かれていると一見してキャッシングで借り入れていることがバレてしまいますが、「パルセンター」だとキャッシングの借入だとすぐにはわからないでしょう。

アコム

同じく大手のアコムの場合はどうしているかというと、「ACセンター」という名義で振り込まれています。

アコムも一見したところ、消費者金融からの融資だとはわからないように配慮されています。

ただし、プロミスにも同じことが言えますが、家族が「パルセンター?」「ACセンターって何だろう?」と疑問に思い、インターネットで検索されてしまうとキャッシングしていることがバレる可能性が高まります。

ですから、金融機関名とは別の名称でカモフラージュされていても深く調べられる可能性もあるので自分専用の銀行口座を持っておくことがポイントです。

SMBCモビット

SMBCモビットの場合は振込み名義が「SMBCモビット」となるようです。

家族に通帳を見られる人で、借りていることを知られたくないという人には「SMBCモビット」という名義は問題があるかもしれません。
通帳にSMBCモビットから借りた痕跡がはっきりと示されるからです。

しかし、SMBCモビットから郵送で書類などが送られる場合には「MCセンター」という名称になり、すぐには金融業者とはわからないようになっています。

アイフル

一方、アイフルはどうかというと、さらに配慮が行き届いています。
アイフルも社名で振り込まれることも出来るのですが、債務者の側が希望すれば個人の名前で振り込んでもらえます。

個人名だとまさか貸金業者から借りたとは思わないでしょう。

man_goodjob

もし、家族に聞かれた場合、「貸していたお金を友人に返してもらった」とか「飲み会で建て替えておいた分の金額を振り込んできた」とでも言っておけば大丈夫です。
そういう意味では、個人名が振込人名義になっているというのは、家族に対して理由付けがしやすいと言えます。

通帳を家族と共有している人などバレる確率が高い人は個人名の振込であるアイフルが適しているかもしれません。

誰にもバレずに振込融資を受ける方法

以上、代表的な消費者金融系の振込人名義について記載してきました。

口座振り込みで融資を受ける場合、いずれにしても、名義をどのように変えるにしても振込の痕跡が残るのは仕方がありません。
もし、それを避けたいのであれば、専用口座を作るなどの対策を取るべきでしょう。

ネットバンクでバレずに振込融資

プロミス公式サイト

誰にもバレずにキャッシングしたい場合の対策として、カードレスで契約できる来店不要のWEB契約です。
来店契約では無人契約機に立ち寄る手間も発生し、ローンカードの管理も心配になります。

口座振込をメインに活用するのであればWEB完結にも対応可能なプロミスがおすすめ。
一番の魅力はプロミスからジャパンネット銀行口座への振込は24時間対応の即時反映「瞬フリ」が利用できます
※瞬フリは三井住友銀行口座にも対応

ジャパンネット銀行はネットバンクなので会員サービスも全てオンラインで完結させることができます。
通帳もないので、取引明細書もインターネットからパスワードでログインしなければ確認することができません。

まさに自分だけの口座であり、明細書の対策も同時にできるおすすめの借入方法です。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    504銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置の自動契約機(むじんくん)
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加