クレジットカードの現金化はグレーゾーン行為

更新日:2017/06/01

クレジットカードと現金

どうしても手持ち資金がなく、現金を用意するために色々調べていると「クレジットカードの現金化」という言葉を見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化とは名前の通り、クレジットカードを使って現金を手に入れるというものです。

本来、クレジットカードには二つの枠を設定することができます。

ショッピング枠 支払い時に現金なしで買い物が出来る
キャッシング枠 現金をATMから引き出す

「クレジットカードの現金化ってキャッシング枠を使うのか!」と思いますが、実はクレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れるテクニックです。

テクニックと格好良く書いているものの注意していただきたいのは、クレジットカードの現金化は限りなく違法に近いグレーゾーン行為であるということです。

ここでは、クレジットカードの現金化について紹介していきます。


そもそもクレジットカードの現金化とは

man_kangae

現金が必要な時、クレジットカードのキャッシング枠を使うことができればそれで良いのですが、枠がない場合や既に限度枠を使い果たしている場合など事情は様々。

クレジットカードの現金化とは、簡単に言えば、クレジットカードのショッピング枠を活用して商品購入した物を購入代金より低い金額で換金業者などに買取してもらうことです。

例えば、購入した100,000円分の商品を90,000円で買い取ってもらうイメージです。

この1万円の差が買取業者の手数料として利益になり、利用者は現金9万円を手に入れることができます。

どうしても現金が必要な利用者にとっては良いかもしれませんが、カード利用者は結果的に1万円マイナスになっています。

クレジットカードのショッピング枠での買い物は、支払いが翌月以降になるのが基本なのでそれまでに返済のメドを立てる必要性が出てきます。


グレーゾーン行為のクレジットカード現金化


返済額の確保も重要ですが、現金化することで発生するリスクがあります。

それがクレジットカードの利用停止処分です。

クレジットは信用という意味も含まれており、クレジットカードの利用は信用取引がベースにあります。

クレジットカードで決済すると、その場で現金を支払わなくて済みますが、これはカード会社が自分の代わりに一時的に立て替え支払いをしてくれているだけなのです。

つまり、カード利用者が支払いを完了させるまで購入商品の所有権はカード会社にあります。

返済前に、しかも最初から換金目的とするショッピングでのクレジットカード利用は利用規約違反になる恐れ
があります。

また、現金化業者も公安委員会から古物商の営業許可を得ているところもあれば、無許可で営業しているいわゆる悪徳業者に近しき業者も存在していると言われています。

あまりに換金率の高い広告などでは十分な注意が必要になります。

なかなかバレにくいクレジットカード現金化業者の存在

しかし、実際にはクレジットカード現金化の業者を利用してもばれにくいと言われています。

その理由の一つに決済代行会社の存在があります。

カード加盟店でない現金化業者ではクレジット決済ができませんが、「決済代行会社」を挟むことで決済を可能としているのです。

このあたりもグレーな行為といえ、もし、クレジットカード会社に現金化を目的として決済しているとバレると「決済代行会社」も取引をできなくされてしまうリスクがあるのです。

man_mushimegane

優良業者と悪徳業者の見分け方

「還元率98%」「最短5分」など色々な広告を見かけますが、広告だけでなく実際の業者のホームページや電話での確認をおすすめします。

優良店であれば、ホームページには所在地・電話番号・運営会社などの会社概要が記載されているはずです。

信用度を調べるという意味では電話番号が固定電話であることも重要なポイントです。

携帯電話の番号だけでは万が一、何かあった場合、後に業者特定が難しくなるので信用性に欠けます。

他にもインターネットでクチコミを調べてみたり、直接店舗に電話して返答態度などを調べるのもよいでしょう。

ただ、クチコミも電話も相手の顔が見えないため、やはり、可能な限りホームページの運営者情報を確認したうえで、評判の高い優良企業をピックアップしましょう。


現金化は業者でなくても自分もできる

考える男性

クレジットカードの現金化は買取業者にお願いする以外に、手間はかかりますが自分で現金化する方法もあります。

分かりやすく言えば、自分でゲームソフトをクレジットカードで購入し、ブックオフやゲームショップなどの買取店に持ち込んで現金化するイメージです。

業者にクレジットカードで買った商品を現金で買い取ってもらうのと同じですが、自分で動く労力がかかる上、商品や買取先によっては換金率を大きく下げることにもなります。

何よりも、クレジットカード会社も現金化を認めている訳ではないので、怪しい行為をすると調査されて利用停止の処分を受ける可能性もあります。


様々な方法で現金化が可能になる


現金化にはいくつかの方法があるのでここでも紹介しておきましょう。

要はシンプルに物をお金に換えるという点ですね。

あくまで一部ですが、以下のようなもの使って現金を手に入れる方法があります。

  • ゲームソフト/ゲーム機
  • 商品券/ギフト券/金券
  • ブランドのバック/時計/アクセサリー/洋服
  • ポイントサービス

いずれのものを扱うにしても注意しなければならないのは換金率です。
それでは一つずつ特徴を確認していきます。

ゲームソフト/ゲーム機

小さい頃に経験したことがある方もいるかもしれませんが、テレビゲームなどの機器・ソフトを売ることです。

人気ゲームなどは発売後にスグ売り切れ、中古でもいいからと何件もゲーム屋を探し回った過去が私にもあります。

需要のあるゲームは販売店としても売れる見込みがあるのでチラシでも高価買取の見出しをよく打ち出しています。

しかし、いくら人気ゲームと言っても元々の単価が高いものではないので、換金率も決して高くはありません。

ソフトでは新品でも1万円を切るものがほとんどですし、ゲーム機では数万円するものもありますが、1機しか購入しないのが普通です。

何台ものゲーム機を同時に購入するのもクレジットカード会社から怪しまれる可能性があります。

商品券/ギフト券/金券

街中や駅前で見かける金券ショップで商品券などを現金に換金してもらうのが換金性も高く、最もベターな現金化と言えるかも知れません。

チケット買取業者の中には直接店舗で買い取りしてもらえることはもちろん、時間に余裕があれば郵送で買い取りしてもらえるサービスもあります。

基本的に商品券は金券の扱いになるので換金率も高く、90%を超えるものもあります。

現金が必要になった場合、まずは過去にお祝いや懸賞などでもらった金券がないか確認してみることをおすすめします。

また、手元に金券が残っていないからクレジットカードを使って購入しようとされるかも知れませんが、クレジットカードでは金券購入ができないケースも多いようです。

他にも需要のある区間(東京-大阪)などの新幹線の切符(回数券など)も換金率が高いのですが、クレジットカード会社に怪しまれる可能性が高いようです。

もし、クレジットカードで新幹線の回数券などをまとめて購入した際には「出張で必要になった」などカード会社の調査が入った時でもスムーズな対応ができるように準備しておきましょう。

ブランドのバック/時計/アクセサリー/洋服
woman_shoping

金券と並んでお金に変えやすいのが人気のあるブランド品です。

商品としては定番のバックや時計などがありますが、ネックレスなどの装飾品や洋服まで幅広く買取してもらえます。

現金化という視点では換金率の高さを重視したいため、高価だけどマイナーブランドより世間的に人気の高いブランドが好まれるようです。

質屋などもニーズの高いブランドの方が高く売れるので高く買い取ってもらえる可能性があります。

例えば、時計といえば「ロレックス」という方も多いでしょうし、バックでも「ルイ・ヴィトン」「プラダ」「コーチ」など認知度が高いイメージがありますよね。

ポイントサービス

また、大金は見込めないかもしれませんが、貯まったポイントを現金に換える方法もあります。

特に日頃からポイント還元率の高いクレジットカードを活用しているのであれば、ポイントも知らない間に貯まっているかもしれません。

貯まったポイントを現金代わりに活用できるものもあり、洋服やバックを購入することもできます。

結果的に無料で手に入れた商品を売却することで現金が手に入るのです。

また、チャージ済みの電子マネーも同じで、他のポイントに交換してから物などを購入するという方法もあります。

ただ、これらは手間がかかる上、差ほど大きな金額にはならないことから現金化という意味では優先順位は下がると考えられます。

アマゾン

ポイントとはいうよりも金券に近いのですが、現金化しやすいのが「Amazonギフト券」です。

金券と同じように過去にもらったものや、自己購入ながら残金が利用できます。

また、ギフト券がない場合にもEメールタイプ・印刷タイプ・チャージタイプなどの様々なタイプの中から好きなものをクレジットカードで購入することが可能です。

あとは、豊富な商品を揃えるAmazonサイトを利用して換金しやすい商品を購入していきます。

人気かつ発売直後の品薄になりそうなゲームソフトなどもアマゾンのプライム会員であれば即日届く場合もあり、その商品を近くの中古ショップなどで現金にすることができます。

前述したようにゲームは単価的にも決して高くはないので複数のソフト(同じものは回避)をまとめて購入したり、買取価格が少しでも高い買取業者を探すなどの工夫が必要です。


結局ショッピング枠の現金化は犯罪になるのか

man_odoroki

2011年8月にはクレジットカード現金化業者が逮捕される事件がありました。

ショッピング枠で購入した商品の現金化ですが、現金を貸付する金融業者と認定したことで貸金業法と出資法違反として懲役3年と執行猶予5年の判決が下されたのです。

前述でも説明しているようにクレジットカードのショッピング枠で購入した商品の所有権は返済が終わるまでクレジット会社にあります。

未だ利用者の逮捕の事件は聞いたことがありませんが、返済前に現金に換えてしまうのは、現金化を行った業者だけでなく、利用者にとっても横領罪や詐欺罪などの違法性が疑われます。

グレーゾーン行為ということもあり、不自然なショッピング枠の使い方などによってカード会社が調査に踏みこまなければ把握しにくいのも事実ですが、違法性が疑われるのであれば避けることをおすすめします。

どうしても現金が必要ならカードローンを検討

クレジットカードを活用しての現金化には色々リスクがあることを説明してきましたが、基本的にクレジットカードはショッピング枠をメインとしており、キャッシング枠の付与は大きくなく、個人的な印象でも周囲の人を見ていると、クレジットカードでキャッシング枠を使っている方は少ないと感じます。

そこで銀行や消費者金融が提供しているカードローンの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードとは異なり、カードローンはキャッシング専用となるので、利用限度額の範囲内であれば自由に現金の借入ができます。

「既に限度額を使い切っているから困っている」という場合もあるかもしれませんが、消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシング枠は貸金業法に基づいているため、年収1/3以上のキャッシングはできません。

しかし、総量規制対象外の銀行カードローンであれば所得額に左右されず枠を付与してもらえる可能性もあるので検討してみる余地ありです。

銀行でも消費者金融でもキャッシングは内緒にしたい

ネガティブなイメージがある金融機関からの借入ですが、今日では無人契約機やWEB契約などを活用することでカードローンの利用を誰にもばれないようにできます。

特に大手消費者金融ではメガバンクを中心とする銀行グループの傘下企業になっているので、コンプライアンスの見直しも含めて健全な貸金業を営んでいると考えてよいでしょう。

新生銀行カードローン レイク

lake125
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 最高500万円
審査時間 申込後、画面に表示
  • ATMの利用手数料0円
  • 選べる2つの無利息ローン
  • 最短で即日融資も可能
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
実質年率 年2.0%~14.0%
限度額 最高800万円
審査時間 -
  • 来店不要のWEB完結申込
  • 業界トップクラスの限度額・低金利
  • 選べる二つのカードタイプ
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
実質年率 1.7%~17.8%
限度額 最高800万円
審査時間 最短即日
  • 下限金利は業界トップクラスの低さ!
  • 最大限度額800万円
    大口融資向きカードローン
  • 来店不要!申し込みはネットからでOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

このエントリーをはてなブックマークに追加