カードローンでリボ払いの負担を軽く。ポイントは金利にあり!!

更新日:2018/07/04

貸金業法の改正によってカードローンやキャッシングの貸付制限が行われているので、以前に比べると多重債務者になる可能性は低くなっています。

しかし、クレジットカードのショッピング利用に関しては、貸金業法の規制対象外となっているので、リボ払いを多用していると返済が苦しくなる可能性があります。

こんなときは早めに低金利の銀行カードローンに切り替えると、返済も楽になり多重債務の可能性もなくなります。

今回はリボ払いで苦しんでいる人向けに、銀行カードローンでの借り換えについてご紹介しましょう。

甘い誘惑に注意。リボ払いのリスクとは?

リボ払いは追加利用をしても支払額に変化がない、一定額で返済できることが最大のメリットです。

当たり前ですがクレジットカードを複数店舗の支払いに使っていると、翌月の支払い額が大きくなることもあります。
しかし、リボ払いを利用することで、その月の支出を抑えることができます。

1枚のカードを利用していればリボ払いはメリットを感じることができますが、数のカードでリボ払いを利用すると、毎月の支払いに加え利息が大きくのしかかることもあります。

そのため複数のクレジットカードやカードローンをリボ払いで利用しないことが、多重債務者になるリスクをなくすことになります。

クレジットカードはカードの枚数を増やして利用枠を大きくするのではなく、メインカードを枚決めて利用し、しっかりと返済することで信用をあげで利用可能枠を増やしながら付き合うことが大切。

自分の返済能力に見合った使いかたをするのが重要なんだね。
メインカード以外にサブカードを1枚持ちたくなったら、リボ払いや分割払いは使わず、一括払専用にするのがおすすめだよ!

リボ払いは手数料負担が大きくなる

リボ払いは返済金額が一定額になる定額返済方法ですが、何度も利用すると支払残高がなかなか減らないことがあり、金利手数料が大きく膨れ上がることもあります。

リボ払いの返済方式は2つあり、その内容は以下のように変わってきます。

元金均等払方式
 毎月の返済元金を指定する方式で、元金に加えて利息手数料を支払う方式。
元利均等払い方式(残高スライド方式)
毎月の返済金額は元金に利息手数料を加えた金額を指定する方式。
(残高に応じた最低支払金額が決められている残高スライド方式も含まれます)

これ以外にも残高によって一定の率をかけて返済金額を決定する定率方式という方法もありますが、手数料負担を軽くするためには、元金の返済額が大きい元金均等払い方式がおすすめです。

なぜなら、支払い金額は同じでもしっかりと元金が減らすことができ、総支払額が少なくて済むからです。

リボ払いの利息手数料はどれくらい?

リボ払いはカードの種類や発行元の違いによって、手数料や金利の利率に違いがあります。

クレジットカードのショッピングリボ手数料率(カードでの買い物)
・クレジットカードのショッピング手数料:年率15.0% 
・クレジットカードのキャッシングリボ手数料:年率18.0%
・ノンバンクのカードローン金利上限金利:年率18.0%(100万円以上は年率15.0%)
・銀行カードローンのカードローン金利上限金利:年率14.0%~14.5

クレジットカードをショッピングだけでなく、キャッシングにも利用している場合、銀行カードローンで借り換えすると金利面でメリットがあることがわかります。

しかし、クレジットカードによっては年率15.0%未満のリボ手数料の場合もあるので、借り換えをする前に自分が使っているクレジットカードの金利や手数料を確認することが必要です。

特にグレードの高いゴールドカード以上のクレジットカードでは、ショッピングリボ手数料も優遇されていることが多くなっています。

クレジットカードのリボ払いを借り換えするタイミングはあるの?

クレジットカードの利用に限らず借り換えをするときは、低金利のローンを選択することが大原則です。

返済期間を延長して先送りするだけでは、総支払が大きくなるだけになってしまいます。

ですので、この大原則を念頭に置いて借り換え先を検討してください。

金利差が大きいほどメリットがある

クレジットカードのリボ払いを年率15.0%で利用しているなら、例えばみずほ銀行のカードローンは年率14.0%が上限金利なので年率1.0%も安くなるメリットがあります。

借り換え先を見つけるポイントとしては、金利差が年率1%以上の差があるカードローンを選択することが大切です。

もしも、借り換え先に利用できるカードローンの金利差が、いま使っているクレジットカードよりも、年率に差がなかったらどうしたらいいの?
その場合は、現在使用しているクレジットカードの信用度をあげてグレードのアップを目指したほうが、低金利で利用ができる可能性が高くなることもあるよ!
ただ、この解決方法はまだまだ余裕のある人ができる方法だから、自分はいまどういう状態にあるかをしっかりと判断するのが大事なんだよ。

複数枚のカードで利用しているなら借り換えを検討

複数のカードを利用していて、返済が厳しいと感じるようであれば借り換えを検討しましょう。

例えば3枚のクレジットカードを利用していた場合、単純に返済金額が1枚利用時の3倍となるので、銀行カードローンで一本化すると金利面でも返済金額の面でもメリットがあります。

まず現在の借入れ残高と返済金額の合計をチェックし、借り換え先の返済額が下回ることでメリットが生まれるので、借り換えまえにしっかりとシミュレートをおこなうようにしてください。

クレジットカードのリボ払いは法律で規制がおこなわれている

割賦販売法では年収に応じてリボ払が利用できるカード利用枠の上限を定めています。

そのためこの上限を超えたリボ払いの利用はできないので、その上限に達したときが借り換えのひとつの目安となります。
貸金業法では年収の1/3までの貸付制限(総量規制)がありますが、銀行カードローンにはそうした法的な規制はありません

ただし、銀行カードローンも無制限に借りられるわけではなく、最大で年収の1/2がひとつの目安となります。
銀行も自主規制が進んでいるため、年収の半分も借りれる人は僅かで、多くの人は1/3程度であると考えていて差し支えないかと思います

なお、割賦販売法の規制によるカード利用枠を計算するには、年収や他社利用の年間請求予定額、生活維持費などから「支払可能見込額」を算出して、その90%がリボ払い可能な利用枠の上限です。

三井住友カードの公式ページに計算方法が記載されているので、一度自分の利用枠の限度額を調べておきましょう。

クレジットカードの利用分を借り換えるときの注意点

借り換えを利用する際、誰でも利用できるというものではありません。

通常の銀行カードローン申込みと同じ手順で審査がおこなわれるので、この時に申込みをした銀行の基準に満たないと借り換えをすることはできません。

では、そうならないために気をつけたいポイントには何があるでしょうか。

支払の遅延はダメ絶対!

クレジットカードの利用に限らず借り換えする場合、借り換え対象のクレジットやローンに支払遅延や未払いがあると借り換えの審査を通過しません

延滞するほど返済が苦しくなる前に借り換えを検討することが必要です。

もし長期にわたる延滞をしているのなら、借り換えよりも弁護士や司法書士といった専門家に相談し、債務整理を検討してください。

仮に遅延してしまい、延滞記録に載った場合でも3ヶ月未満の遅れであれば2年で記録が抹消される可能性があります。

ところが、3ヶ月以上や61日以上の延滞は事故情報として完済するまで5年間記録が保存されるので、審査に通る可能性が大変低くなってしまいます。

2年近く前に延滞したおぼえがあるなら、個人信用情報機関に情報公開を申請して正確な延滞月を確認しましょう

借り換え後は、対象のカードを使用しない

借り換え元のクレジットカードやローンカードは残金を一括するだけでなく解約をすることが大切です。

せっかく借り換えをしても借り換え元のカードを使ってしまっては、借り換える前よりも債務金額が増えてしまうから。

借り換えしたローンの残高がなくなるまでは、クレジットカードやカードローンを利用しないという強い意思が重要になってきます。
なぜかと言うと多重債務者になる原因として、借り換え後のローンやカードを再利用して返済不能となるケースがあるからです。

ポイント
借り換えの融資が終了するまで他社の利用をしないということに自信がない場合は、個人信用情報機関に本人申告コメントを登録することもできます。
本人申告コメントで自分に対する貸付を禁止すれば、5年間は個人信用情報機関に登録されるので、その間はどこからも借りることはできません。
5年経過すれば借り換え後の融資が完済しているか、残高がかなり減少しているので、あらたにローンを組むにはちょうどいい頃合いとなっているのではないでしょうか。

まとめ

借り換えするときに最も大切なのは返済計画をしっかりすることです。

返済利息や返済金額のチェックはもちろんですが、借り換え融資以外の利用や追加融資をしないということも重要です。
借り換え後は約定返済以外にも余裕があるときに随時返済をして、なるべく早く完済しましょう。

借金返済を最後まで行うというのは強い意思が必要となることなので、借り換えをしたからといって安心せずに完済を目指しましょう。

みずほ銀行カードローン

実質年率 年2.0%~14.0%
限度額 最高800万円
審査時間 -
  • 来店不要のWEB完結申込
  • 業界トップクラスの限度額・低金利
  • 選べる二つのカードタイプ
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

楽天銀行カードローン

実質年率 1.9%~14.5%
限度額 最高800万円
審査時間 最短翌日
  • 楽天銀行カードローンなら口座開設の必要なし
  • 年率1.9%~14.5%だから借りやすい
  • コンビニATMの手数料無料
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

J.Score(ジェイスコア)

実質年率 年0.8%~12.0%
限度額 最高1,000万円
審査時間 仮審査最短30秒
  • 新しい融資のかたち-AIスコア・レンディング
  • AIスコアを受ければ申込前に契約内容がわかる!
  • 増額、金利引き下げはスコアアップ次第!
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加