フリーランスがカードローン申込時に注意すべき3ポイント

更新日:2018/06/20

昨今、ライター・漫画家・デザイナーなどのように、企業と雇用契約を結ばずに仕事を請け負っているフリーランスが増えてきました。
「収入が安定していない」「事業実態が不透明」などの理由で金融機関から融資を断られやすいというイメージをもっている方もいるはずです。

では、フリーランスがお金を借りたいときには、どうすれば良いのでしょうか。
この記事では、「フリーランスでもカードローンは使えるの?」「開業資金としてお金を借りられるの?」などの疑問にお答えします。

フリーランスへの融資はナゼ難しい?

フリーランスが金融機関からお金を借りるのが難しい理由を、次の3つに分けてご説明します。

【1】収入の継続性が危ういから

フリーランスや自営業者の方には、会社勤めをしている人以上に収入がある方も少なくないでしょう。
しかし、それは今現在の話であって、今の所得が来年・再来年と続く保証はありませんよね。

会社勤めであれば、解雇されたり会社が倒産したりしない限りは収入が途絶える恐れはありません。
ところが、フリーランスの場合は自分の営業力とスキルしだいで収入が決まりますから、パート・アルバイトと比べても収入の安定性が弱く、金融機関からの社会的信用を得にくいといえるのです。

【2】返済ルールを破る可能性があるから

カードローンなどのローン商品では、決められた金額を月に一度返済するのがルールです。
月に一度の返済ルールを守るためには、とうぜん毎月の一定収入が欠かせません。
しかし、フリーランスは企業と契約せずに単発で仕事を請け負っているので、今月仕事があったからといって来月も継続して仕事があるとは限りません
つまり、仕事がなくて返済できないという危険性があるのです。

【3】有給休暇がないから

急な用事で仕事ができなくなったり、病気で休暇をとらなければならなくなったりしても、会社勤めであれば有給休暇を行使して収入を得ることができます。

しかし、フリーランスには有給休暇がないため、ケガや病気、災害などにあったときには収入がゼロになってしまいます。

収入が途絶えれば、継続した返済が難しくなることもあるでしょう。

こういったリスクを考えると、金融機関が融資するためにはフリーランスという職業は信用力不足ととられててしまうのです。

上記に挙げた理由の共通点は、「返済能力がない」と金融機関に判断されてしまうことです。

金融機関は個人の返済能力をみて審査結果や契約条件を決めるので、「収入が不安定である」と判断されやすいフリーランスがお金を借りることは簡単ではないのです。

業歴1年以上なら融資の可能性が高まる

では、フリーランスでもお金を貸してもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

お金を貸してもらえる可能性を上げるためには、業歴を1年以上にすることが大切です。
その理由は2つあります。

1】業歴が長ければ実績が証明できるから

金融機関は融資をするかどうかを決めるために審査をおこないます。
その際、どのくらい同じ場所で仕事をしているのかが審査基準の1つになりますので、会社勤めの方であれば勤続年数が大切になってきます。
つまり、フリーランスの方もフリーランスをしている期間が長い方が「安定して仕事がもらえている」「信用できる」と金融機関に判断してもらいやすく、融資の可能性も上がるわけです。

2】確定申告書が提出できるから

金融機関からお金を借りるときには、本人確認書類と収入証明書を提出しなければなりません。
収入証明書に関しては、借入希望額が10万円や30万円と少額の場合には提出する必要がないケースもありますが、こういったケースでも収入証明書を自主的に提出することで金融機関に信用してもらいやすくなります

会社勤めの方が提出する収入証明書は、会社が発行する源泉徴収票や給与明細数ヶ月分で対応できます。

一方で、フリーランスは会社に属していないため、確定申告書などの公的な収入証明書を提出しなければなりません。

確定申告書を発行するためには、1年以上の業歴が必要です。
つまり、確定申告書を提出できない業歴1年未満のフリーランスの方は、契約どころか審査申し込みさえできない場合があるのです。

業歴が1年以上あると、フリーランスでも金融機関から信用を得やすく、必要な提出書類も用意できるので、申し込みできる金融機関の選択肢が広がります。
ただし、上記2点をクリアしていても収入や実績が安定していなければ融資は難しいでしょう。
収入・実績・業歴の3点が伴っているとなお良いですね。

業歴1年未満にオススメの3商品

業歴1年以上でないと金融機関からの融資が難しいのであれば、フリーランスをはじめようと思っている方やフリーランスをはじめて間もない方はどうすればお金を借りられるのでしょうか?

ここでは、そんな業歴1年未満のフリーランスの方でも融資が比較的受けやすい金融機関をご紹介します!

1】消費者金融のカードローン

カードローンで借りたお金を事業性のある資金使途に使うことは、原則禁止されています。
しかし、消費者金融カードローンに限っていえば、例外として個人事業主がお金を借りる場合に限っては、生活費および事業費に利用してもOKとされています。
※情報元:プロミスアコムSMBCモビット公式HP

ただし、SMBCモビットに関しては、借りたお金を事業性資金に使うためには事業計画や収支見込みを記載した「営業状況確認書類」を用意しなければなりませんので、あらかじめ用意しておきましょう。

フリーランスでも活用しやすい消費者金融カードローンなら、「即日融資が可能」「無担保無保証人」「30日間無利息サービス」などの借り手にうれしいサービスが充実しています。

総量規制の対象とはなるものの、フリーランスにとってはもっとも利用しやすいカードローンといえるでしょう。

消費者金融カードローンの借入額は年収の1/3までに法律で制限されている

総量規制が適用されるカードローンから高額の事業用資金を借りることは、そう簡単ではありません。

事業資金に年収の1/3を超えた金額が必要なのであれば、次の方法を検討しましょう。

2】業歴1年未満でも申し込めるビジネスローン

ビジネスローンとは、中小企業や個人事業主向けのローン商品です。

なかでも業歴1年未満の方に特にオススメなのは、株式会社エムアールエフ(以下、MRF)とプロミスのビジネスローンです。

ビジネスローンのMRF

MRFは、20183月末時点での融資残高は236億円という実績を持つ、西日本を中心に展開している事業金融会社です。

ローン商品は6つのプランに分かれており、事業主のニーズにあわせたプランを担当者が一緒に選んでくれます。

本来、MRFも業歴1年以上でないと申し込みはできません。

しかし、HPで「開業資金OK」「運転資金OK」とうたっており、月次収支表などの書類を提出できれば業歴1年未満であっても柔軟に対応してくれます。

ただし、融資までには数日かかるため消費者金融のカードローンのような即日融資はできませんし、借り入れにあたっては担保が必要です。
MRFの各プランの詳細はMRFの公式HPで紹介されているので、利用にあたっては申込条件を確認しておきましょう。

プロミスの自営者カードローン

プロミスは総量規制対象の消費者金融ですが、自営者ローンに関しては例外的に総量規制対象外なので、年収を気にせずに利用できます。

「当日融資も可能」「無担保無保証人」「確定申告書がなくても融資できる可能性アリ」なので、一度相談されてみてはいかがでしょうか。
関連:プロミスの自営者カードローンについて

フリーランスの方がお金を借りる方法には、ご紹介した2つの方法以外にも、国が運営している「日本政策金融公庫」や、自治体が運営している「中小企業制度融資」という公的融資を利用する方法があります。

ただし、こういった公的融資にはたくさん書類を用意する必要があったり審査に1ヶ月以上かかったりする可能性があるというデメリットがあるため、時間に余裕のある方はトライしても良いですが、比較的早いタイミングで融資を希望している方には向いていません。

業歴1年以上ならビジネスローンを検討

業歴が1年以上あれば、借入先の選択肢は広がります。
ここでは、業歴1年以上のフリーランスの方にオススメのビジネスローンをご紹介しましょう。

ビジネクスト

ビジネクストとは、アイフルグループの事業ノウハウを結集してつくられた、個人事業主および中小企業をサポートするためのローン会社です。

ビジネクストの事業者ローンはビジネスローンとカードローンの2タイプが用意されています。
どちらのローンも融資の資金使途は事業性資金のみ。
もしもカードローンを利用するのであれば、セブン銀行・アイフル・東京スター銀行のATMが使えるので、借り入れ・返済に便利です。

ビジネクストの事業者ローンは、原則として無担保無保証です。
申し込みから融資まで3日程度なので、「来月ちょっと厳しいな」というときの一時的なつなぎ資金としてもオススメですよ。
※関連:ビジネクスト公式HP

アコムのビズネスサポートカードローン

消費者金融のアコムにも、ビジネスローン商品があります。
「当日融資も可能」「無担保無保証人」なので、「長期プロジェクトが突然終わってしまった・・・。今月からどうしよう・・・。」など、急ぎで融資が必要なときの助け舟になります。
※関連:アコムのビジネスローンカードローン公式HP

業歴1年以上であれば、金融機関から求められる書類をキチンと用意することが可能でしょうし、フリーランスを1年以上続けられているということは、収入も業績も安定している方が多いと思いますので、融資をしてもらえる可能性は上がると思います。

フリーランスが申込時に気をつけたい3つのポイント

業歴の長さに関わらず、フリーランスがローンに申し込む際に気をつけるべきことが3つありますので、ご紹介します。

1】信用情報をクリーンに保つ

信用情報機関の保管情報のイメージ

信用情報とは、カードローンやキャッシングなどを利用したときの借り入れ・返済・債務整理の履歴や本人の属性などの情報で、3つの信用情報機関(CICJICC・全銀協)が管理しています。

金融機関は審査の際に必ず信用情報を確認するので、融資をしてもらえるかどうかに大きく影響しますし、もしもウソの申告をしてもすぐにバレます
つまり、過去に返済遅延があったり、債務整理をして間もなかったりという事故情報があると、「この人にお金を貸してもちゃんと返済してもらえないかもしれない」と金融機関に不審に思われ、借り入れが難しくなってしまうのです。

フリーランスは収入が不安定だと思われやすいですから、特に信用情報をクリーンに保っておきたいですね。

2】固定電話を引いておく

金融機関は、申込者が自己申告した勤務先情報の事実確認をするために、審査のなかで在籍確認をおこないます。

在籍確認の方法は、申込者から申告のあった職場の固定電話番号あてに電話連絡をするというもの。
しかし、フリーランスの場合には事務所を持たずに自宅やカフェでお仕事をなさる方が少なくありませんから、仕事には携帯電話のみを活用し、仕事用固定電話はお持ちでない方も大勢いらっしゃるでしょう。

住所特定ができない携帯電話では、在籍確認を済ませることは原則として不可能です。

在籍確認が済ませられなければカードローン審査には通過できませんから、審査通過率を上げるためには仕事用に固定電話を引いておくことが大切です。

固定電話を引いておけば、業務の実態を証明できるだけでなく、「固定電話を引くだけの金銭的余裕がある」と金融機関にアピールでき、信用と返済能力の評価をより高められますよ。

3】希望額は必要最低限にしておく

金融機関に伝える融資希望額は、必要最低限におさえてください。
というのも、金融機関は収入と融資額のバランスが大事だと考えるため、事業計画や収入に見合わない希望額を提示されると融資をためらってしまうからです。

カードローンの限度額は6ヶ月以上の利用実績を積んでから増額することもできますから、審査に自信のない方はまず初回の融資審査をパスすることを最優先に考えましょう!
※関連:カードローンの増額審査をパスするために知っておきたいこと

 

以上3点が、フリーランスが申込時に気をつけたいポイントです。
お金を貸してもらうということがどういうことなのかを考えれば、どれも難しい注意点ではないはずです。
もちろん、お伝えした3つのポイントをクリアすれば絶対に融資してもらえる訳ではありませんが、心に留めておいて損はないでしょう。

まとめ

フリーランスが金融機関でお金を借りるためにはどうしたら良いのかをご紹介しました。

  • 収入の安定をどう証明するかが大切
  • 業歴が1年以上あるかないかで申込先が変わる
  • 固定電話の有無は審査上、大きな影響を与える可能性アリ

フリーランスとしてお仕事をしようと決断されたこと、フリーランスとして頑張っていらっしゃることはとても素晴らしいことです。
しかし、やりたい気持ちだけではどうにもならないシビアなお金の問題は出てくるでしょう。
せっかくご自身で決めた道ですから、ビジネスチャンスを逃さないためにも、カードローンやビジネスローンを無理のない範囲で計画的にうまく活用して、ご活躍されることを願っております。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応
    瞬フリで即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置のむじんくん
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三井住友銀行グループ SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 10秒簡易審査
※ネット申込の場合
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • ローン申込機なら最短即日でカード発行
  • 電話・郵送なしのWEB完結
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加