キャバ嬢ってカードローン組めるの?審査に受かるコツとオススメ2社

更新日:2018/08/02

キャバクラ嬢は、化粧品やドレス、アクセサリーに、出勤前のヘアセットなどなど、自分への投資に何かとお金がかかるもの。
たくさん稼げる職業ではあるものの、出費がかさむがゆえに時にはお金が足らなくなることだってあるでしょう。

「でも、キャバ嬢だから金融機関からお金を借りるなんてできないし…」

と肩を落としているそこのあなた。
カードローンならキャバ嬢でもお金を借りやすいって知っていましたか?

「キャバ嬢はローンが組めない」なんてウソ!

キャバ嬢は金融機関からお金を借りることができないという噂があるようですが、それはウソ。
キャバ嬢の方でもローン審査に対策さえすればお金を借りることはできます!

ではなぜ、キャバ嬢だとお金が借りられないなんていう噂が流れるのでしょうか?
その理由は、キャバ嬢の収入の不安定さにあります。

キャバ嬢は会社員のように月給が確保されているわけではなく、時給と歩合によって収入を得ています。
個人事業主扱いなので有給休暇制度もありませんから、お客の入りやご自身の頑張りに収入が左右されやすいです。
お店によってはノルマを達成できなかったり欠勤したりすると罰金が課せられる場合もあります。
そのため、収入面で社会的信用が得られにくいのです。

また、「若さ」が一番の武器となるキャバ嬢は、歳を重ねるとともに収入が減りやすい職業です。
一般的な会社員は、若い内は20万円前後の月収しかありませんが、会社でスキルを積むことで将来的に職位や給料が上がっていくもの。
中堅的立ち位置になれれば毎月40万円~50万円の収入を確保できるようになるため、歳を重ねるに連れて安定性が増します。
しかし、キャバ嬢の場合は逆で、一般的にガツガツ稼げるのは20代のうちだけ。
30代に入ると引退する人が大半で、引退後は収入が減ることが予想されるので「将来性が弱い」と判断されやすいわけです。

金融機関のローン審査では、「申込者に継続した安定収入があるか」ということが第一にチェックされます。
このことから、収入面での社会的信用が弱いキャバ嬢はローンを組むことができないと噂されているのですね。
世間では、おなじ理由でタレントやコンパニオンなどの芸能関係や建設現場で働く方などもローンに通りにくいとされています。

確かに、住宅ローンや美容整形のための医療ローンなどは借入額が数百万円~数千万円とかなり高額なため、キャバ嬢がローンを組むのは職業の関係上難しいでしょう。

しかし、キャッシングなら話は別。

手軽に現金を借りるために作られたキャッシングは少額融資に特化したローンなので、キャバ嬢でも審査通過が望めるんです!

キャッシングの代表的な商品は「カードローン」と「クレジットカードのキャッシング機能」の2つ。
その中でも今回は比較的まとまったお金が借りやすいキャッシング専用のカードローンについて掘り下げていきます!

カードローンで借りれるお金はどのくらい?

少額融資に特化したカードローンといえども、実際にはほとんどの商品では「500万円」とか「800万円」という高額が融資額として設定されています。

プロミス 最大500万円
アコム 最大800万円
SMBCモビット 最大800万円
みずほ銀行カードローン 最大800万円
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 最大500万円

しかし、現実的に借りられるのは200万円以内が一般的。
そのなかでもカードローンはほとんどの場合で1万円~50万円以下の借り入れに利用されるケースがほとんどです。

カードローン利用者の借入額内訳データ

カードローンでは審査通過さえすれば50万円以上の融資を受けることもできますが、希望額が「一般例」から外れてしまうと審査が厳し目になってしまいます。
そのため、キャバ嬢がカードローンを利用するなら50万円前後が借入額の限度だと考えておくのがベストです。

なお、プロミスやアコムに代表されるような消費者金融のカードローンでお金を借りるときには、「総量規制」という法律上、年収の1/3を超えるお金は借りられません。
現在他の消費者金融から借り入れがある人、およびクレジットカードのキャッシング機能を利用している人が消費者金融カードローンを利用する場合は、年収の1/3からカードローンやクレジットカードでの借入総額を引いた金額しかキャッシングできないので注意してくださいね。

  • カードローンで高額融資を借りたい人は…

カードローンの初回契約時点で50万円以上の融資を受けるためには、安定性ある職業に就いていなければなりません。
そのため、残念ながらキャバ嬢が初めからカードローンで高額融資を借りることは難しいのが現状です。

しかし、カードローンにはキャッシングの利用実績に応じて利用限度額を増やしてもらえる「増額審査」というシステムがあります。
増額審査は返済を遅延することなくカードローンを定期利用していれば成功できる可能性が高いので、「50万円の融資じゃ足りない!」という人はチャレンジしてみてくださいね。

  • 借金返済のためのカードローン利用は危険!

キャバ嬢をしている方の中には、元々すでに大きな借金があり、借金返済のためにキャバ嬢をはじめた方もいるかもしれません。
しかし、そういう方がキャッシングに手を出すのは多重債務にあたる危険な行為です。
もし既存の借金返済に困っているのであれば、新たにキャッシングでお金を借りる道ではなく、「おまとめローン」や「借り換えローン」で返済を楽にするか、「債務整理」をして借金を減額する、あるいはなくすという道を検討されることをオススメします。
※関連:借金で債務整理(個人生成・任意整理)した体験談

キャバ嬢にいえる6つの審査通過ポイント

カードローン審査では年収、勤続年数、家族構成、居住形態、他社借入件数などのあらゆる情報が金融機関によって評価されます。
これらの審査基準を考慮して十分な返済能力が認められたら、貸付利率と利用限度額が設定され、必要書類を提出し、カードローンが利用できるようになります。

カードローン審査に通過するためのキーワードは、できるだけ返済能力を金融機関にアピールすること。
そのためにキャバ嬢がおさえておきたいポイントを6つピックアップしました!

1]派遣やアルバイトではなくレギュラーキャストになる

勤務日数と勤務年数は多いほうが金融機関の信用を得やすくなります。
ですから、最低でも週34回は出勤して、同じお店で半年以上~1年ほどは継続して働く実績を持っておいたほうが安心です。

キャバ嬢のなかには派遣キャストや短期アルバイトとして働く方もいらっしゃるでしょう。

しかし、派遣キャバ嬢や短期アルバイトでは継続した安定収入があると金融機関に思ってもらうのは難しいため、レギュラー勤務を目指しましょう。

2]収入証明書は自発的に提出する

カードローンでお金を借りるためには「本人確認書類」と「収入証明書」の2点を提出しなければなりません。
ところが、借入希望額が一定額よりも少ない場合には収入証明書なしでも契約できるケースがあります。
これは、カードローンの申し込み手続きを楽にするための金融機関の配慮のひとつです。

しかし、給与明細書や確定申告書などはあなたの収入を証明してくれる書類ですから、金融機関から提出を求められなくても自発的に提出することが理想的です。

収入証明書の例

「収入が安定しているからきちんと返済できます」とアピールするためにも、収入証明書は自発的に提出しておきましょう。

3]転職・就職して間もないときに申し込まない
  • 水商売を始めたばかりのタイミングや、新しいお店に移ってすぐにタイミングで申し込むと、勤務実績が弱いばっかりに金融機関は「すぐに離職してしまうのではないか?」と考えて融資を渋ります。
    そのため、就職、転職直後申し込みは控えて、少なくとも半年以上の勤務実績を上げてからカードローンに申し込むようにしましょう。
  • 4]仕事を掛け持ちしている人は両方申告
  • キャバ嬢のお仕事だけでなく、昼間に違うお仕事をされているのなら両方申告しましょう。
    収入源が2つある方が返済能力ありと金融機関に判断してもらいやすいですから、審査に有利にはたらくと考えられます。

ただ、インターネットや店頭で申し込むときは最初に1社分の勤務先情報しか申告できないケースがあります。
こういう場合には収入が多い方の勤務先情報をまず申告し、申し込み後に金融機関のスタッフに掛け持ちしているお仕事の情報を連絡しておきましょう。

5]他社借入を見直す

現在他社からもお金を借りている方は、心証を良くするためにも他社借入額はなるべく減らしておくか、可能であれば完済したほうが良いです。
他社借入額が減額できればその分新たに利用するカードローンで借りたお金を返済する金銭的余裕が生まれますから、信用力アップに繋がるのです。

もしも他社での借金が完済できたなら、完済証明書を発行し、その金融機関は解約してください。
完済していても登録が残っていると、またすぐに借りるかもしれない可能性が審査に影響することがあるからです。
※関連:カードローンの解約方法と完済証明書の発行方法9社まとめ

一般に、他社借入件数が4社以上ある場合は審査落ちする可能性が高いとされています。
心当たりのある方はカードローンの審査通過はまず難しいので、おまとめローンで既存の借金をまとめてからカードローン利用を検討しましょう。

また、他社借入が何社もあるということはすでに総量規制オーバーしている可能性が高いです。
総量規制を超過していると新たにカードローンを利用することはできませんから、借金総額を今一度確認しておきましょう。

6]在籍確認の相談をする

在籍確認とは、申込者がウソの勤務先情報を申告していないかを確かめるために金融機関がおこなう職場への電話連絡のことです。
金融機関から「(申込者の名前)様はいらっしゃるでしょうか?」と電話がかかってくるので、お店の人か本人が電話に対応できれば在籍確認は完了します。
※在籍確認は基本的にスタッフ個人名でおこなわれるため、キャッシング利用がお店の人にバレる心配はありません。

在籍確認で注意したいのは2つ。
1つは確認電話の時間です。
お店のオープンしているときでないと在籍確認ができないため、昼間に電話がかかってきても意味がありません。
ですから、「何時以降に電話がほしい」などの相談を事前に金融機関の担当者にしておく必要があります。

2つ目は確認電話の「呼び出し名」です。
カードローンの在籍確認は基本的にあなたの本名あてに掛かってきます。
ところが、キャバ嬢の場合はお店で源氏名を使っていることが多いので、本名あてに電話が掛かってきても「そんな人お店にはいません」とお店のスタッフに対応されて在籍確認ができない可能性があります。
この問題を防ぐためにも、在籍確認の呼び出し名は源氏名にしてもらえないかどうかを金融機関の担当者に必ず相談しておきましょう。
その上で、申込者本人、あるいは申込者の本名を知るお店のスタッフ(店長など)に電話を引き継いでもらうようにして、本名の確認をとってもらいましょう。
※源氏名だけでは在籍確認は認められません。在籍確認では最終的に本名の確認がとれるように準備しておきましょう。

なお、在籍確認に関する相談はカードローンの審査申し込みを終えた後から受け付けてもらえます。
インターネットなどから申し込みを済ませたら、すぐに金融機関に連絡して在籍確認の相談をしておきましょう。

在籍確認で相談に乗ってもらえること

  1. 日時指定
  2. 呼び出し名
  3. 担当者の性別
  4. 審査担当者の名乗り(個人名か金融機関名か)

キャバ嬢がお金を借りるなら消費者金融

キャバ嬢がカードローンでお金を借りるなら、オススメは断然消費者金融カードローンです。
というのも、銀行は審査が厳しいため契約できる可能性が低いうえに、契約できたとしても10万円前後の少額融資しかもらえないケースが多いからです。
その点、消費者金融は銀行に比べて金利設定が高めですが、その分審査通過率が高かったり、即日融資が受けられたり、在籍確認を書類で対応してもらえたりとキャバ嬢には嬉しいメリットがたくさんあります。

数ある消費者金融のなかでも今回特にオススメしたいのはプロミスとアコムの2社。
大手消費者金融は有名タレントを起用したCMを流していますので馴染みがあり、はじめて消費者金融を利用するという方も安心して利用できるのではないでしょうか?

最短60分融資で女性専用ダイヤルのあるプロミス
年齢 満20歳~満69歳
金利 年4.5%~年17.8%(実質年率)
融資額 500万円まで
無利息期間 初回借り入れの翌日から最大30日間
即日融資
レディースコール

プロミスは三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスが展開する消費者金融カードローンです。

昼夜逆転しがちのキャバ嬢にとって嬉しいのは、プロミスならWEBで24時間365日申し込みできて、平日、土日祝日問わず夜22時まで審査を実施してもらえること。
急ぎでキャッシングしたい人でも今日中に借りやすくて便利です。

しかも、アプリローンというサービスを使えばスマホ1台でATMから融資が引き出せるようになります。
スマホだけでATMや銀行振込が使えるプロミスなら、忙しいキャバ嬢でも昼夜問わず自由に借り入れ返済できます。

また、プロミス利用が初めてなら最大30日間の無利息サービスが使えます。
無利息サービス中は一切利息が発生しないので、30日以内に一括返済できるのであれば利息0円でのキャッシングも可能ですよ。
※無利息サービスの活用にはメールアドレスの登録とWeb明細の利用が必要です。ネットで申し込む場合は申込フォームで忘れずに登録しておきましょう!

さらに、プロミスにはレディースコール(女性専用ダイヤル)が完備されているのも嬉しいポイント。
「男性スタッフとの連絡は緊張する…」という方でも、女性スタッフ相手なら安心して申し込み手続きが進められます。

在籍確認を書類で対応してくれるアコム
年齢 満20歳以上
金利 年3.0%~年18.0%(実質年率)
融資額 800万円まで
無利息期間 初回契約日の翌日から最大30日間
即日融資
レディースコール

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムが展開する消費者金融カードローンです。

キャバ嬢にとって最大のメリットは、アコムなら相談しだいでお店への電話連絡なしでお金が借りられるということ!

「お店に在籍確認されたら周りにキャッシング利用がバレるかもしれない…※」
「お店の人に本名を知られたくないから、在籍確認に対応したくない…」
といった不安がある方にとって、アコムは最適のカードローンなのです。
※消費者金融の在籍確認では消費者金融名が名乗られることはないので、キャッシングがバレる心配は基本的にありません。
※関連:アコムは職場への在籍確認なしで契約できるカードローン

しかも、プロミスと並ぶ消費者金融最大手のアコムならプロミスとおなじく「即日融資」や「最大30日間の無利息サービス」も受けられるから安心。
レディースコールが用意されていないのはプロミスに劣る点ですが、在籍確認に不安がある方にはぜひ検討してほしいカードローンです。

カードローンの申込方法と必要書類

今回ご紹介したアコムとプロミスには、インターネット、電話、店頭窓口、自動契約機、郵送のいずれかで申し込みできます。
このうちキャバ嬢にオススメしたい申込方法はインターネット申込。
インターネット申込ならスマホ1台で昼間でも深夜でも審査申し込みができるので、忙しいキャバ嬢には断トツで便利です。

以下はプロミス申込画面のキャプチャです。
画面の案内に従って氏名や携帯電話番号などの「基本情報」と「自宅情報」「勤務先情報」「他社借入状況」などの欄を埋めれば申し込みは完了。
職業欄には「サービス業」や「風俗業」など、キャバクラに一番近そうなものを選んでくださいね。

プロミスネット申し込み画面

インターネットでの審査申し込みが終わったら、金融機関による審査が随時スタートします。
消費者金融の場合、審査の所要時間は最短30分。
審査結果は携帯電話あてに電話かメールで届きます。

審査に通過できれば、次に必要書類を提出し、契約手続きを済ませましょう。
必要書類は携帯電話で撮影してメール添付、ないし専用アプリへのアップロードで提出できます。

カードローンの申込方法と必要書類

本人確認書類
  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 健康保険証と住民票のセット

のいずれか

収入証明書
  1. 直近数カ月分の給与明細書
  2. 源泉徴収票
  3. 確定申告書

契約手続きが終わればキャッシングに必要な一連の手続きは完了!
あとはATMか銀行振込を活用してお金を借りましょう。

申し込みの手順や必要書類、借入返済方法などは各カードローンの公式ホームページでもチェックすることができますよ。

申込時にやってはいけない5つのこと

ここまでは、キャバ嬢の方がカードローンでお金を借りるために何をすればよいのかをお伝えしてきました。
最後に「カードローンに申し込むにあたってしてはいけないこと」についてもご紹介しておきましょう!

1]違法店舗で働いている

キャバ嬢のなかには法律に違反したお店(たとえば「無許可営業」であったり「18歳未満を働かせている」であったり)で働いている方もいるかもしれません。
しかし、違法店舗での収入は安定収入とは認められないので、該当する方はカードローンでお金を借りることはできません。

2]一度に複数のカードローンに申し込まない

審査通過できるかが不安なため、一度にいくつものカードローンに申し込みをしてしまう…。
こういう行為は一般に「申し込みブラック」と呼ばれ、審査にマイナス影響を与えるとされています。
一度にいくつもの金融会社に申し込みをするということから「かなりお金に困っている人」「返済できないんじゃないか」という印象を金融会社にもたれてしまうからです。
不安な気持ちは分からなくはないですが、一度に申し込むのは1社までにしましょう。

3]収入に釣り合わない希望額での申し込み

金融機関は申込者がきちんと返済できるであろう金額しか貸してくれません。
ですから、希望額は収入とのバランスをよく考えて決めなければなりません。

とにかくたくさん借りようと身の丈に合わない借金をすると、返済が難しくなり、今以上に生活が苦しくなってしまう危険性もあります。
希望額は必要最低限に留めて、必ず返済できる金額を借りましょう。

4]ウソの申告をする

キャバ嬢であることを隠したくて働いていない企業の名前で申告したり、年収を多く申告したりするのはいけません。
嘘の情報で金融取引をするのは「詐欺罪」という犯罪にあたるからです。

金融機関は審査の際に、カードローンやキャッシングの借入履歴・返済履歴や住所や年収などの属性情報がすべて含まれた「信用情報」を必ずチェックします。
信用情報はCIC・JICC・JBAの3つの信用情報機関でしっかりと管理されていますので、ウソは必ずバレてしまいます。

5]アリバイ会社を利用する

事実とは異なる会社にあたかも勤務しているように見せかけるために、ペーパーカンパニーを用意して給与明細などの書類作成や在籍確認への対応を担ってくれる会社をアリバイ会社と呼びます。
アリバイ会社はプライベートで利用する分には自由ですが、金融取引のために利用してしまうと「詐欺罪」にあたってしまいます。

仮に申し込みのときにはバレなくても、後々バレてカードローンの利用停止や一括返済を求められることもあります。
詐欺罪は刑事事件に発展すると罰金や懲役が課せられることもありますから、絶対にアリバイ会社は利用してはいけません。

まとめ

キャバ嬢の方が金融機関でお金を借りるためにはどうすれば良いのかをご紹介してきました。
整理すると以下のようになります。

  • キャバ嬢でもお金を借りることができる
  • レギュラー勤務で勤務日数と勤務年数を上げる
  • 在籍確認について事前相談が必要
  • 申し込むなら銀行よりも消費者金融
  • スマホATM利用がおすすめ
  • ウソをつかずに誠実な申し込みをしよう

貸金業者のなかには「無審査で融資します」とか「ブラックでも融資します」などの甘い声で申し込みを誘ってくる業者があります。
こういった業者はいわゆる「闇金融」なので、絶対に利用してはいけません。

正規の金融機関からお金を借りるためには必ず審査が必要なので「ちょっとハードルが高いな」と思うこともあるでしょう。
でも、今回ご紹介したプロミスやアコムならキャバ嬢にも柔軟な審査をしてくれますから、思い切ってチャンレジしてみてくださいね。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応の「瞬フリ」で
    504銀行に即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置の自動契約機(むじんくん)
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

プロミス レディースキャッシング

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 最短30分のスピード審査
  • アルバイト・パートの方も借りれる
  • 簡単3秒で借入診断
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加