カードローンは担保なしで借りられる。その理由とは?

更新日:2018/07/12

カードローンは借入使途が自由な無担保ローンです。

ほとんどのカードローンは無担保・保証人なしで申し込みできるのが特徴のひとつです。

一方で有担保ローンと呼ばれている融資商品の代表として住宅ローンがあります。

なぜ同じ消費者向け融資商品の中で、担保が必要なものと不要なものがあるのでしょうか?

今回はカードローンを「担保なし」という視点で、有担保ローンと比較しながら解説します。

担保が必要なケースと不要なケースの違いは?

なぜ担保が必要となるケースがあるのかを、はじめに「担保とは何か」ということから説明します。

融資を申し込みする場合に担保を要求されることがありますが、この担保は貸付側の保全のために必要なものです。
簡単に言えば融資の利用者が返済困難となったときに、担保を処分してお金に換えて借入残高に充当するというのが担保が持つ役割です。

担保を差し入れることで金融機関は貸し倒れになるリスクがほとんどなくなり、借入側は高額な融資を長期間の返済で利用することが可能になります。

住宅ローンのように不動産を担保とすることが貸付条件となるケースもありますが、融資の実行条件として担保を要求されることもあります。
高額な融資の場合ほど担保を要求される可能性が高くなります。

担保として認められているのは不動産の他に、株式や有価証券等金銭に換えることができる債権、また定期預金など金銭そのものも担保となります。

不動産や証券、定期預金などの担保を「物的担保」、これに対して連帯保証人を「人的担保」と呼ぶ

こともあります。

いずれの場合も主債務者の支払いが困難になったときに、担保を処分したり連帯保証人に請求したりすることで未払いの回収を図ることができます。

担保が必要のない融資

銀行などの金融機関が担保を必要とするのは、高額で長期返済となる融資です。
融資審査を通過するためには返済能力があることが必要ですが、返済期間が10年以上となるので、将来にわたった返済能力はだれも保証することはできません。
そのため物的担保や人的担保が必要となるのですが、反対に考えると融資金額が少なく短期の返済ほど担保なしでも貸付できるということになります。

カードローンをはじめとする無担保ローンは、融資限度額の上限が決められているので、無担保で取扱ができるのです

しかし、カードローンの利用限度額を見ると最大で800万円となっている場合があります。

個人の借入金額としては十分に高額と言えますが、なぜ無担保で貸付が可能なのでしょうか?

これは融資商品として最大800万円まで貸付が可能というだけで、実際にはだれにでも800万円の利用枠が与えられるわけではありません

消費者金融会社は総量規制があり、年収の1/3までしか貸付できないので、800万の利用枠は最低でも年収2,400万円なければ適用されることはありません。

銀行カードローンも年収の1/2までの利用枠設定だとしても、最低でも年収1,600万円が必要です。

つまり最大の借入限度額が適用されることは、現実的に考えてほとんどありません。

平均年収が400万円代といわれる現代では、カードローンの利用枠は50万円~130万円、多くても200万円もあれば十分だと言えます。
無担保・保証人なしでも貸付が成立するのには、そうした背景もあるのではないでしょうか。

くわえてカードローンが担保不要な理由は、貸付利率にもあります。

カードローンに担保が不要な理由は金利にあり!?

融資額が最終的に全額回収できなくなることを「焦げ付き」や「貸し倒れ」と呼んでいます

担保を必要とするのは貸し倒れのリスクをなくすためとなりますが、貸付金利も担保の有無には大きな影響があります。

融資の金利は下記の3つの要素で構成されています。

・資金調達コスト
・回収コスト
・利益

資金調達コストとは、融資に使用するお金を調達するためにかかるコストのことです。

消費者金融カードローンは主に金融機関からの借り入れによって資金を調達し、一方で銀行カードローンは預金を集めて調達しています。
消費者金融と違い、みずから資金を調達できる銀行は、そこまで大きなコストはかかりません。
銀行カードローンと消費者金融のカードローンの金利には、このような調達コストの違いも関係しています。

また回収コストは一定の貸し倒れを見込んだコストも含んでいるため、貸し倒れリスクが高いほど回収コストが高くなり借入利率も上がります

つまり、金利はコストに利益率を加えて最終的に決定するため、全体的に消費者金融の金利が高くなってしまうということです。

万が一の際、担保を処理して融資を改修する有担保ローンと違い、リスクを踏まえた金利設定があるからこそ無担保融資を可能にしていると言えます。

無担保ローンと有担保ローンの審査に違いはある?

無担保、有担保に関わらず返済能力があるかどうかが、融資の実行審査では重要です。

まずは有担保ローンの審査で重要なポイントなどについて紹介します。

不動産担保では、担保価値と掛目が重要

有担保ローン利用時に担保を処分し弁済に充当する必要がでた際、肝心の担保の価値が低く、処分が上手くいかないと貸し倒れがの可能性が高くなります。

そのため不動産を担保とした場合は、担保評価と掛目が重要です

不動産の評価額は表面的な価値だけでなく、実際に処分可能かどうかが重要。例えば道路に面していない土地の場合は建物が建てられないので、いくら都心部で地価が高くても買い手がいなければ無価値です。
そのため不動産鑑定士に評価を依頼して、処分可能かどうかも含めて適切な評価をする必要があります

さらに評価額に掛目と呼ばれる係数をかけてから、融資金額を決定します。

例えば1,000万円の評価がある不動産でも、掛目が80%であれば800万円が融資限度額です。

掛目はその不動産の流通性などを考慮して決定します。

不動産を担保とする場合は不動産評価の他に抵当権設定登記などもあり、時間とコストが掛かり融資実行までも時間も長くなります。

無担保ローンの審査は個人の返済能力

これに対して無担保ローンは申込者の返済能力だけを考慮すればいいので、審査時間も短くスピード審査が可能となります。

審査のポイントとなっているのは以下の点です。

・個人信用情報機関で金融事故の有無をチェック
・返済能力、安定かつ継続的な収入はあるか
・申込み内容に虚偽の情報はないか

ほかにも審査のチェックポイントはありますが、申し込み者の返済能力はもちろん、不動産や証券などの価値を評価する有担保ローンと違い、無担保ローンではあなた自身の評価となります。

無担保、有担保、それぞれのメリットとデメリットは?

無担保と有担保の主な違いがわかったところで、それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみます。

  メリット デメリット
有担保ローン 高額融資を長期で返済できる
低金利の融資が可能
融資実行まで時間がかかる
抵当権設定費用など諸費用がかかる
無担保ローン 申込みから融資実行までの時間が短い
担保も保証人も不要
高額融資ができない
金利が高い

上記のメリットとデメリットは、それぞれの特徴を比較したときに相反する内容となっています。

無担保融資と有担保融資は融資の目的が全く違っているので、お互いのメリットとデメリットで比較することにあまり意味がありません。
むしろデメリットの部分は、メリットを享受するために必要な融資の特徴だと割り切ることも大切です。
カードローンで言うと、少額で高金利の無担保融資だからこそ、融資実行までの時間が短く担保も保証人も不要というわけです。

自分の目的に応じた選択をすることが、何よりも大切だと言えるのではないでしょうか

おすすめのカードローン

それでは最後に銀行カードローンと消費者金融のカードローンの中からひとつずつ、おすすめのカードローンをご紹介しましょう。

おすすめの銀行カードローン

正規雇用の給与所得者であれば、低金利な銀行カードローンがいいと思います。

なかでも上限金利が年14.0%と低いみずほ銀行カードローンをオススメします。

初めての申し込みであれば金利は上限金利が適用される可能性が高いため、他の銀行カードローンと比較して上限金利が低いのでお得です。

消費者金融と違い年収1/3に規制を受けず、年収の1/2程度までの利用枠も可能です。

また、カードローンの利用枠は大きいほど金利も低くなります。

みずほカードローンは同じ年収でも消費者金融カードローンよりも、利用枠が大きく低金利となります。
さらに、もしもみずほ銀行の住宅ローンを利用しているのであれば、年0.5%優遇されるのでさらに金利が抑えられ、。

おすすめの消費者金融のカードローン

銀行カードローンの審査を通過しなかった経験がある人やパート・アルバイトといった非正規雇用の人は、消費者金融カードローンがおすすめです。

その中でもおすすめのカードローンは、消費者金融として信用力も高く、上限金利も比較的低い

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスのカードローンです。

初めての利用であれば30日間無利息のサービスがあり、利息負担を軽減できます

また50万円以下の申し込みであれば、必要書類として収入を証明する書類は不要。
本人確認書類だけで契約することもできます。

プロミスの審査は最短30分で、即日融資することもできるので、急な現金が必要というかたに特にオススメです。

まとめ

消費者金融カードローンは貸金業法の規制があり、銀行カードローンも金融庁の1が進んでいます。

カードローンの利用条件はこれ以上厳しくなることはあっても、緩和されることはないと考えておきましょう。

そのため、どちらのカードローンを作るにしても早いほど有利な条件で作れる可能性が高くなっています。

カードローンは過去のように多重債務の原因となる要素は、現在ではほとんどありません。

むしろ緊急な資金不足に対応できるのは、カードローンだけと言ってもいいでしょう。

まだカードローンを持っていない人はこの機会に1枚申込むことをおすすめします。

みずほ銀行カードローン

実質年率 年2.0%~14.0%
限度額 最高800万円
審査時間 -
  • 来店不要のWEB完結申込
  • 業界トップクラスの限度額・低金利
  • 選べる二つのカードタイプ
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応
    瞬フリで即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加