キャッシングはWEB完結が便利!対応する消費者金融、銀行カードローンは?

更新日:2018/10/26

キャッシングの申込方法には店頭窓口や郵送、自動契約機などいろいろありますが、最もおすすめの方法はインターネットを利用したWEB申込です。

特にWEBだけで申込から契約手続きまで完了するWEB完結のシステムを採用しているキャッシングは、融資までにかかる時間も短く便利です。

今回はWEB完結の仕組みやWEB完結ができるキャッシングサービスについて紹介します。

なお、ここでご紹介するキャッシングサービスはカードローンと呼ばれている金融商品と同じものです。

WEB完結でキャッシングをする手順はどうなっている?

WEB完結の申込は具体的にどのように行うのでしょうか?

まずは申込みから手続き方法について確認します。

WEB完結の申込はPCやスマホから

WEB完結の申込はインターネットを利用しているのでPCやスマホから申込みます。

一般的なWEB申しこみの流れは以下のとおりです。

PCまたはスマホでキャッシング会社のホームページから申込む(24時間365日可能)

入力フォームに必要事項を入力して送信する

本人確認の電話を受ける

本人確認書類や収入証明書を画像でファイル送信

審査結果は電子メールまたは電話で連絡

契約手続きもWEBで完了

自動契約機があるキャッシング会社の場合は、契約手続きとキャッシングカード(ローンカード)の受け取りは自動契約機からもできます。

しかし、カードを郵送で受け取るつもりであっても、振込融資によって申込当日でもお金をかりることが可能です。

ただし銀行カードローンの場合は即日融資ができないので、契約完了が申込当日でも融資は翌日以降になります。

もちろん、WEB完結以外にキャッシングの申込方法はあります。

WEB完結の申込方法のメリットとデメリット

キャッシング申込方法には、WEB申込以外に店頭窓口・自動契約機、郵送、電話などがありますが、それぞれと比較した場合のWEB完結のメリット・デメリットは以下のとおりです。

店頭窓口、自動契約機
WEB申込では24時間365日申込が可能ですが、店頭窓口・自動契約機は利用できない日や時間があります。
しかし、窓口申込では申込や契約手続き、契約内容などを確認しながら申込ができます。
WEB申込の場合は直接相談ができないという点がデメリットになります。
郵送申込
相談しながら申込ができないという点は郵送申込も同じです。
しかし郵送申込は郵送時間がかかるという大きなデメリットがありますが、WEB完結では反対に郵送時間が不要で審査開始までの時間が早いというメリットがあります。
電話申込
電話申込は相談しながら申込できますが、申込受付は24時間365日の対応はできません。
WEB完結では相談はできませんが、いつでも申込が可能です。
また、電話申込では近くに自動契約機がない場合、書類やカードの受け取りは郵送となるため、時間がかかるというデメリットがあります。

WEB完結のメリットとデメリットをまとめると、相談しながら申込ができないというデメリットがありますが、それ以外の点を比較すると他よりメリットが大きくなっています。

ネットに慣れていない人には不向きですが、日常的にネットを使っている人には、WEB完結はおすすめのキャッシング申込み方法だと言えます。

WEBからキャッシング申込可能な発行会社

WEB完結できる事業者はどれくらいあるのでしょうか?

現在対応している金融機関を系列別にまとめてみました。

消費者金融・信販会社
J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」 
SMBCモビット「SMBCモビット」
アイフル「キャッシングローン」
アコム「アコムのカードローン」
オリエントコーポレーション「カードローンCREST(クレスト)」
プロミス「プロミスカードローン」
レイクALSA「カードローン・キャッシング」
銀行

住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」
みずほ銀行「みずほ銀行カードローン」
オリックス銀行「オリックス銀行カードローン」
楽天銀行「楽天銀行スーパーローン」

 

スマホの普及率が上昇している背景があるため、各社ともにWEBから申込ができる体制を整えてきています。

キャッシング会社側から考えると若い客層を増やすためには、利便性の高いWEBを使ったサービスが不可欠なのでしょう。

また、キャッシング会社同士の競合も激しくなっているため、WEBサービスが使えないというだけで多くの顧客を逃すことに繋がるという考えも見え隠れしています。

全体の割合からするまだ少ないですが、消費者金融が年々、自動契約機を減らしていっていることや、スマホ、IoTビジネスの広がりを考えると、この傾向は更に加速していくことでしょう。

さらに、WEBから利用や融資、返済の手続きができるだけでなく、完全カードレスで利用できるWEB完結サービスを提供する消費者金融もあります。

カードレス利用可能なカードローン会社
プロミス
SMBCモビット
レイクアルサ
J.Score(ジェイスコア)
・アイフル

これらの消費者金融はカードレスで利用でき、またWEBから明細もチェックできるので、文字通りすべてが「WEB完結」するサービスです。

ゆっくりとした速度ではあるものの、カードレス化も進んできています。
「カードを利用しないと、出金や振込み、借入れに返済といったものができない時代があったんだってね」と話す日もそう遠くない未来に起こるのではないでしょうか。

WEB完結ができるおすすめのキャッシングサービス

WEB完結ができるキャッシングにはいろいろありますが、その中からWEB完結以外でもメリットがあるキャッシングサービスを3つご紹介しましょう。

ジェイスコア

ジェイスコア(J.Score)はソフトバンクとみずほ銀行が共同で設立した消費者金融です。

おすすめのポイントは安心して利用できる点と、特徴的な審査方法です。

一般的な消費者金融では審査にスコアリング方式を採用して、審査項目を点数化することで審査スピードをアップしています。
しかし、そのスコアは公開しないのが今までの常識でしたが、ジェイスコアの「AIスコア・レンディング」ではAIとビッグデータを元に申込前にスコアを公開する「AIスコア診断」を提供しています。
このAI診断を受けたら必ず申込するようにはなっていないので、診断の結果、申込みが見いだせない場合や、結果に納得がいかなかったときは時期を置いて申し込むことができます。

特に若い人で審査に不安がある場合は、クレヒスを積むために他社の利用をしなくても、定期的にAIスコア診断をすることで審査通過の可能性を図れるのでおすすめです。

AIスコア・レンディング
・金利:0.8%~12.0
・契約極度額:10万円~1,000万円
・年齢制限:20歳~70
・みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo!Japanとの情報連携でそれぞれ各 年0.1%、最大で合計 年0.3%金利下げが可能
・返済方法:口座振替、ペイジー、銀行振込
・返済日:毎月の返済日を指定
・返済方式:残高スライドリボルビング方式

申込方法はPCやスマホを利用したWEB完結の申込だけとなっています。

申込はAI診断から申込する流れとなり、書類提出・契約手続きもすべてWEBで完結します。

審査を通過した場合、融資実行も即日融資が可能ですが、カードローンを発行しないため振込融資となります。
そのため、申込み時間によっては翌営業日の入金となるので、この点のみ注意する必要があります。

楽天銀行

楽天銀行は銀行カードローンのなかでも審査が通りやすいキャッシングサービスを提供しています。

商品名は「楽天銀行スーパーローン」です。

まずは楽天銀行スーパーローンの基本スペックからご紹介しましょう・

楽天銀行スーパーローン
・金利:1.9%~14.5
・最大融資額:800万円
・年齢制限:20歳~62歳(パート・アルバイト、専業主婦は60歳まで)
・コンビニATMの手数料無料
・楽天銀行の口座不要
・返済方法:口座振替、提携ATM、銀行振込、インターネット返済
・返済日:1122027日から選択可能
・返済方式:残高スライドリボルビング方式

楽天銀行スーパーローンでは、楽天カード株式会社または信販会社のセディナが保証会社として審査を行います。

大手消費者金融では専業主婦は申込対象外ですが、楽天銀行では申込が可能です。

もちろんパート・アルバイトでも安定した収入があれば、申込ができます。

申込可能な年齢の上限は他社よりも低い設定なので、若い年齢層向けのカードローンと言えます。
なお、楽天銀行カードローンはWEBからの利用が可能ですが、カードローン用のローンカードが後日送られてきます。
しかし、名義人は楽天銀行ですので、郵送されても特に怪しまれることはないかと思います。

SMBCモビット

最後にご紹介するのはSMBCモビットです。

三井住友銀行グループの消費者金融なので安心して利用することができるカードローン専業の消費者金融となります。

SMBCモビットカードローンの商品概要
・金利:3.0%~18.0
・利用限度額:800万円
・年齢制限:20歳~69
・返済方法:ATM返済、振込返済ならびに口座振替
・返済日: 5日、15日、25日、末日から選択可能
・返済方式:残高スライド元利定額返済方式

オリコンの2018年度ノンバンクカードローン満足度ランキングSMBCモビットは総合で第1位という評価を獲得しています。

評価の内訳は以下のとおりです。

金利:45.82点
借入条件:65.06点
借り入れのしやすさ:68.93点
申込み手続き:67.23点
審査対応:68.72点
返済のしやすさ:66.19点
返済サポート:58.59点

総合1位になったのはトータルバランスがいいということですが、特に審査対応での点数の高さが目立ちます。

スムーズな審査対応が期待できるSMBCモビットは、審査に不安がある人にもおすすめです。

まとめ

スマホの普及とともにWEBで申込が完結できるカードローンも増えてきました。

金利や貸付金額には制約があるので、カードローン会社はそれ以外のサービスで顧客を取り込むということが必要になっています。

利用者側としても金利や審査基準に大きな違いがないことから、自分が使いやすいサービスでカードローンを選んでみましょう。

新生フィナンシャル レイクALSA(レイクアルサ)

実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短即日審査
  • レイクアルサとは?レイクとの違い
  • レイクアルサの4つの利用条件
  • レイクアルサの金利は年4.5%~18.0%
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

楽天銀行カードローン

実質年率 1.9%~14.5%
限度額 最高800万円
審査時間 最短翌日
  • 楽天銀行カードローンなら口座開設の必要なし
  • 年率1.9%~14.5%だから借りやすい
  • コンビニATMの手数料無料
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三井住友銀行グループ SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 10秒簡易審査
※ネット申込の場合
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • ローン申込機なら最短即日でカード発行
  • 電話・郵送なしのWEB完結
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加