事業資金をスピーディに借りれるビジネスローンとは?

更新日:2018/06/30

中小企業経営者や個人事業主にとって、融資による資金調達方法は一般的です。
特に小規模事業者ほど地元の信用金庫や地方銀行を、資金調達先として利用していることでしょう。

しかし、ノンバンク系のビジネスローンを活用しているという事業者はそれほど多くないかもしれません。
利用していない理由としてはやはり高金利であるということが大きいでしょう。

しかし高金利のビジネスローンでも使い方によっては、金利負担なく利用することも可能です。
まずは、「ビジネスローンとは何か」ということから学んで、ビジネスローンの賢い活用方法を学んでいきましょう。

ビジネスローンが敬遠される理由

それではまず、なぜビジネスローンが敬遠されているのかその理由を探ってみましょう。
同時にその理由にあまり根拠がないものであることも解説しましょう。

消費者金融業者のイメージ

kibisii_man

ノンバンクには消費者金融会社以外に信販会社やクレジットカード会社、リース会社も含まれますが、最もイメージが強いのは消費者金融会社です。

以前はサラリーマン金融と呼ばれていて、サラリーマンを対象として高金利の貸付をする金融業者というイメージがありました。

また中小企業の経営者を対象とした商工ローンが社会問題となったこともあります。
実際、消費者金融会社やクレジットカードのキャッシングが原因で、多重債務者が増えて貸金業法の改正に結びついたことは事実です。
その時のイメージがまだ残っていてノンバンクを避けるという気持ちはわかります。

しかし、貸金業法が改正されてからは多重債務となるほどの貸付は禁止され、強硬な取り立ても禁止されています。
また貸付の上限金利も引き下げられた今がノンバンクを利用するには最適な時期といえます。
過去のイメージは忘れて客観的にビジネスローンを評価してみましょう。

高金利のローン

ノンバンクは貸金業者として貸金業法で規制を受けています。
規制の中には貸付金利の上限も定められていて、最高でも年20.0%の貸付金利に制限されています。

融資金額によって上限金利は違うので、事業資金として利用することが多い100万円以上では年15.0%が上限です。
それでも変動金利ですが年2.0~3.0%の銀行融資と比較すると、かなりの高金利であることは否定できません。

しかしビジネスローンの実際の金利設定には幅があります。
例えば「プロミス自営者カードローン」の金利は実質年率6.3%~17.8%と幅のある設定となっています。
※プロミスの個人向けカードローンは年率4.5%~17.8%

lady_suit_ol

貸金業法の上限金利はあくまで最大の金利であって、それを超えてはいけないという目安です。
実際のビジネスローンでは利用実績やカード限度額によっては、上限金利よりもかなり低い金利で利用することができます。

もちろん、はじめての利用では最高金利が適用される可能性が高いですが、それでも何度も利用して実績を積み重ねることで低金利が適用されるようになります。

高金利であることは事実ですが、比較的、低金利で利用できる可能性もあるのがビジネスローンです。

融資額が低い

ノンバンク系の融資はどうしても消費者を対象にしているケースが多いので、融資の上限金額はそれほど大きくありません。
そのため事業性資金向けの融資としてはあまり使いみちがないというイメージがあります。

実際に創業資金や設備資金といった高額となる事業用資金にビジネスローンは使うことはできません。

しかし、資金使途を少額のつなぎ資金に限れば、ビジネスローンは充分に活用できる資金調達方法となります。

businexttop_pc

一般的なビジネスローンでは300万円~500万円が最大融資額ですが、ビジネクストのビジネスローンのように最大1,000万円まで可能というケースがあります。

使いみちにあっている最大融資額のビジネスローンを選ぶことで事業融資として十分活用できます。

 

ビジネスローンの活用法

ビジネスローンにはデメリットもありますが、それを踏まえても充分に活用できる使い方があります。
またメリットを活かした使い方もご紹介しましょう。

高金利は短期利用でカバー

金利負担は融資額の大きさ、金利の高さと融資期間の長さに比例して大きくなります。

ビジネスローンは銀行融資と比較して高金利なので、金利負担を減らすには返済期間を短くして少額利用をすればいいことになります。

1,000万円を年1%で借入すると年間の金利負担は10万円です。
これは100万円を年10%で借入したときの金利負担と同じということです。

書類を見てイイネする中年男性

さらに1,000万円を3年で返済するのと、100万円を6ヶ月で返済するのとでは金利負担は大きく差が出ます。
低金利でも長期返済になるほど金利負担は大きくなるので、高金利でも少額・短期返済を徹底すれば、金利負担はむしろ少なくなります。

またビジネスカードローンではリボ払いが利用できますが、リボ払いを長期返済で利用すると金利負担は大きくなります。
1回払か、リボ払いを利用しても1年以内に一括返済をしましょう。

審査スピードを活かした利用

日本政策金融公庫や銀行などの金融機関は申込みから融資実行までに数週間かかります。
これに対してビジネスローンは早ければ即日融資というケースもあります。

ビジネスローンの審査期間が短い理由はいくつかあります。

  • スコアリングシステムでコンピューター処理ができる
  • 提出書類が少ない
  • 銀行ほど高額利用ではないので審査基準が低い
  • 貸付条件に不動産担保や第三者保証人がない

提出書類に関しては、個人向けのカードローンと同じように、運転免許証などの本人確認書類や所得証明書が必要です。

さらに決算書(個人事業主は確定申告書)、印鑑証明書や所定の計画書の提出も必要ですが、銀行融資と比べてはるかに提出書類は少なく、すぐに提出できものばかりです。

収入証明書類

保証人に関しては法人の場合のみ会社代表者が連帯保証人となりますが、原則保証人は不要となります。

この融資実行までのスピードを活かして、急な資金ショートに対応することができます。

例えば、売掛金の現金化予定が取引先の都合で急に2週間ずれて、仕入れ資金が不足するという場合、銀行融資では間に合わないこともあります。

そうした場合には金額によってはビジネスローンで対応するということも考えられます。

2週間程度の借入期間であれば金利負担もほとんど気になりません。

一度作れば後は審査なしのカードローン

ビジネスローンには何度も繰り返し利用できるカードローン方式のビジネスローンがあります。

一度カードが発行されると利用枠の範囲内で、ATMなどを利用してすぐに資金を引き出すことができる仕組みです。

何度も利用することで金利負担が増えて多重債務につながったというのは過去のことで、金利が下がった今ではカードローンを1枚利用するだけでは多重債務にはなりません。

PCの前で喜ぶ男性

ビジネスカードローンを利用するポイントとしては、1枚のカードを何度も利用して実績を積み重ねることです。
それによってカード利用枠も増枠され、金利も下がります。

ビジネスカードローンはカード利用枠を最大、金利を最低にすることで最大限に活用することができます。
複数のカードローンを利用するのは金利が下がった今でもおすすめできない使い方です。

ビジネスローン利用の注意点

最後にビジネスローンを利用する上での注意点をまとめてみましょう。

  • 高金利であることを忘れず、少額・短期利用を心がける
  • ビジネスカードローンは複数持たず1枚を繰り返し利用する
  • 審査スピードが速いので緊急のつなぎ運転資金などに利用する

定期的に短期のつなぎ資金が必要となる場合は、ビジネスカードローンを利用すると便利です。

同じビジネスカードローンでも比較的低金利なものや、最大融資枠が大きいもの、初回利用は無利息といった特徴がそれぞれあります。

事業にあったビジネスカードローンを選択することが大切です。

また、法人経営者向けや個人事業者向け等事業形態によっても違いがあるので、申込み前によく確認しておきましょう。

まとめ

銀行融資は個人事業主向けの融資商品はほとんどなく、日本政策金融公庫では融資実行までの期間が長いというデメリットがあります。

ノンバンクのビジネスローンは融資金額にも限度があるので、高額融資の必要性の少ない個人事業主向けとして便利に活用できます。

もちろん500万円以上の融資が可能なビジネスローンもあるので、中小企業経営者にも活用できます。

ビジネスローンを賢く利用するにはそのメリットやデメリット、特徴をよく理解してから使いましょう。

このサイトではビジネスローンに関する情報を豊富に提供しているので、ビジネスローンを申し込む前の情報源としてご利用ください。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応
    瞬フリで即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加