無人契約機での契約なら誰にもバレずに借りれる

更新日:2018/08/03

man_kangae

お金関係の話というのはデリケートなものであり、時には家族にも知られたくない場合があるものです。
特にキャッシングなどを行う場合、親や兄弟に知られないよう、契約したいという方も多いでしょう。
よく、「誰にもバレずに無人契約」といったキャッチコピーなどもありますが、実際のところ、店舗での契約も無人契約機での契約も、それほど大きな違いはないと言えます。

大手消費者金融や銀行では、全国各地に無人契約機を設置しています。
業者によって無人契約機は呼び名が異なり、自動契約機やローン申込機などとも呼ばれていますが、基本的に呼び名が違うだけで機能・役割は同じであり、カードローン申込からカード発行まで行うことができる契約機のことを指します。
無人契約機の歴史は、1993年7月(平成5年)にアコムが設置した「むじんくん」が第一号とされています。

アコムの無人契約機は全国に1,000台以上

それまで店舗で対面しての契約が当然だったものが、無人の契約機で誰にも会わずに契約手続きができるようになったことは業界の流れを大きく変えました。
キャッシングは便利なものですが、お金の貸し借りの契約なので借りる側も貸付する側も慎重な姿勢をとってきました。
しかし、無人契約機の登場によって、本当はキャッシングしたいけど抵抗があったユーザーもカンタンに契約できるようになったのです。

無人契約機の設置によるメリット

・契約可能な時間が改善
・即日融資の実現が向上
・契約書類/ローンカードの郵送なし
・プライバシーの保護
・契約時の提出書類が簡略化

昨今では、インターネット環境も改善されてきたこともあり、「急ぎで借りたい」「早く借りたい」など即日融資できる確率も随分と高くなりました。
その即日融資の実現をサポートしているのが無人契約機でもあります。

キャッシングがバレるポイント

キャッシング利用が、家族や知人に知られてしまうキッカケの一つとして、まず「申込書」の郵送が挙げられます。
しかし、これは、インターネット上から審査に申し込みをすることで、事前に回避が可能です。

sinsa_hayai

最近では、ほとんどの会社で24時間365日インターネット申し込みを受け付けていますから、それを利用すれば申込書をわざわざ郵送で受け取る必要もありません。
パソコン、スマートフォンなどからごく簡単に、ネット上から審査申し込みを完了することができます。
ここで大切なのは、申し込みの際に記入する連絡先を、自分個人の携帯番号など直通の電話番号にしておくことです。
間違えて家の電話番号を記入してしまうと、家族に知られてしまう可能性が高くなります。
最近では即日に借り入れ可能なキャッシング会社もあり、ますます便利な世の中となっています。
借り入れ完了までの期間もとても短いものですから、申込時の要所に気をつけていれば家族に気づかれる心配はないでしょう。

申込後は職場への在籍確認が行われる

また、カードローン利用においては家族だけではなく、お勤め先の職場にもばれずに手続きしたいところです。
金融機関による審査の際、避けて通ることができないのが在籍確認です。

woman_office_tel

在籍確認では、通常、申込書(入力フォーム)に記載した勤務先への在籍を確認すべく電話問い合わせが行われます。
会社に電話がかかってくると会社の人にお金を借りていることが知られてしまうのでは、と心配になる方もいるでしょう。
しかし、通常在籍確認の電話では、カード会社側が社名を名乗ることはありません
あくまで、「その会社に本当に在籍しているかどうか」を確認する審査の一環であり、それ以上のものではないのです。
この電話によって、個人的なことを周囲の人に知られる、という心配はないと言えます。
この確認が行われるのは審査のほぼ最終段階といわれていますので、その後すぐに通過の連絡がくるかもしれません。
家族の前で携帯電話が鳴った場合に備えて、心の準備をしておくと良いでしょう。

平日15時以降・土日も営業

銀行の店頭窓口が平日15時で閉まることもあり、夕方や夜には振込融資を受けることができません。
しかし、無人契約機を活用することで、平日15時以降でもローンカードを受取れば、ATMからキャッシングすることができます。
無人契約機の大きな魅力の1つでもある営業時間が、夜の契約手続きも可能としました。

無人契約機の営業時間

プロミス 9:00-22:00
アコム 8:00-22:00
SMBCモビット 9:00-21:00
アイフル 8:00-22:00
バンクイック 9:00-20:00(平日)
10:00-18:00(土祝)
10:00-17:00(日曜)
レイクALSA 8:45-24:00(平日、土曜)
8:45-22:00(日祝)
8:45-19:00(第3日曜)

※曜日、支店により異なります

業者によって異なりますが、無人契約機は8時~9時ぐらいから夜は21時~22時ぐらいまで週末も営業しています。
しかし、メンテナンスや曜日、契約機の場所によっても営業時間は異なるので、立ち寄る前には公式サイトから最新の店舗情報を確認しておくことが重要です。
また、無人契約機に向かう前に、事前にインターネット申込を済ませておくことをおすすめします。
申込者の混み状況によって審査時間がどれぐらいかかるか分からないため、インターネットで先に審査を受けておけば無人契約機での手続きも大幅に短縮することができます。

プロミス公式サイト

実際に私がプロミスに申し込みした際には、30分弱で契約完了することができました。
ただし、注意点としては、無人契約機の営業時間だけに捕らわれないようにしなければなりません。
インターネット申込は、24時間365日受付している業者がほとんどですが、審査回答時間は、9時から21時としているところが多くあります。
つまり、無人契約機が22時まで営業しているからと言って、21時前後に審査申込したところで即日審査回答を受けられない場合も考えられます
結果として即日融資を受けられないということになります。
少しでも早くインターネット申込を済ませて、審査を開始することが重要です。

無人契約機は本当に無人なのか

審査を通過した後、カードを受け取る必要がありますが、店舗または無人契約機での受け取りを選びましょう。
自宅への郵送物がなければ、家族に気づかれる心配はありません。
近くに店舗などが無い場合でも、内緒で借りたいのであれば手間かもしれませんが、自宅での郵送受け取りは避けて無人契約機を利用した方が無難だと言えます。
無人契約機は、各地域の駅前などに多くありますから、それほど自宅から遠くないケースがほとんどです。

無人契約機でカード発行すれば郵送物なしのイメージ

とても便利な無人契約機ですが、利用中、全く誰からも見られていないというわけではありません
お金や大事な書類などを扱う場所ですから、誰も見ていない状況では、むしろセキュリティ上問題といえます。
万が一危険な人物などが押し入ってきた際、「誰も見ていなかった」では済まされないからです。
また、無人契約機を使用して何らかの不法行為をはたらこうとする場合というのも、考えられます。会社側だけでなく、利用者の安全ためにも、ある程度の「人の目による監視」は、絶対に必要といえるでしょう。

とはいえ、無人契約機と呼ばれるだけあり、契約機内には自分以外には誰もいません。
貸付業者としても、スタッフが在中していないからこそ、人件費を節約できるので、遅くまで営業することができているのでしょう。

アコム無人契約機
※アコムの契約機内の様子

無人契約機には誰もいないのに監視されていると言うのは矛盾ではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。
実は、契約機にはカメラとマイク(または電話)が設置されており、室内での行動はオペレーターから丸見えなのです。
必要な監視はきちんと行われており、利用している人の姿もカメラに映っています。
また、オペレーターとマイクを通じてやり取りなどを行いますが、このオペレーター側からも、無人契約機内部の状況は確認が可能です。

無人契約機内での余計な行動は控える

これは体験談ページでも紹介していますが、私が知人と一緒に手続きを進めていると、「一緒におられる方は退席を~」と実際に注意を受けました。
書類での審査はもちろん、契約中の行動次第では信用できる人かどうかを疑われかねないので、契約手続き中は怪しい行動は控えておいた方がよいと考えられます。

ただし、仕切りなどもありますから、カード会社とセキュリティ以外の人間から、見られる心配はありません。
プライバシー保護の観点から言えば、やはり非常に有用な施設といえます。
また、無人契約機を利用することで、自宅への郵送物をなくすることができますから、やはり利用者にとって便利でメリットの大きいシステムだといえます。
逆に言えば、契約機内に入ってしまえばプライバシーは保護されるということです。
これが無人契約機の活用の大きなメリットの1つでもあります。
もちろん、建物の外からは見られる心配もありません。

ただし、内緒で契約したい場合には、注意として建物に入る瞬間を誰にもばれないように気をつけることが重要となります。
無人契約機は、国道沿いやスーパーなどの敷地内、主要な駅前など街中でよく見かけます。

SMBCモビット ローン申込機
※国道沿いのSMBCモビットのローン契約機

外が少し暗くなってから、またはビルの建物内にある契約機を使うなどで誰かに会う確率も大きく下げることができます
有人店舗とは異なり、設置数が豊富な無人契約機からお近くにある契約機を検索しましょう。

無人契約機の設置数

プロミス 940
アコム 1,041
SMBCモビット 362
アイフル 875
バンクイック 628
※18年6月時点(アトムくん調べ)

更にSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)では、同じSMBCグループの三井住友銀行のローン契約機も活用することができます
単体も含めて、業界一の契約機数を誇ります。
当サイトでは、無人契約機の検索サービスを搭載。
地域別からも探すことができるので、ぜひお役立てください。

無人契約機での審査ポイント

上記でおすすめしたインターネット申込は、あくまで仮審査の結果となります。
無人契約機では必要書類の提出などがあり、本審査もこのタイミングで行われています。
無人契約機の使い方は、画面に映し出される手順に沿って画面をタッチするだけのタッチパネル方式。
提出書類も契約機にあるスキャン機能、もしくは併設しているスキャナーから読み込ませて提出することができます。

111
※プロミスの書類スキャンの様子

カンタン操作なので心配になる必要はありませんし、操作で気になることがあれば、オペレーターに相談することもできます。

基本的に消費者金融では、本人確認書類があれば契約できるところがほとんどです。
身分証明書には、運転免許証が基本となり、もし、運転免許証がなければパスポートでも大丈夫です。
外国籍の方も、在留カードまたは特別永住者証明書(外国人登録証明書)があれば申込みできます。
身分証明書以外では、貸金法律でも定められているように、一定以上の借入を希望する場合には、収入証明書類の提出が必要になります。

収入証明書の提出義務

・借入額50万円以上の場合
・複数社の借入総額が100万円を超える場合

収入証明書には、源泉徴収票、給与明細書、納税証明書、所得証明書などが使えます。
いずれも最新のものを提出しなくてはならないため、時期によっては用意するのが大変になるかも知れません。
毎月もらえる給与明細書などが使いやすいと思います。

ホワイトな信用情報で手続き

審査基準は、各社により異なりますが、重要ポイントとして個人情報、信用情報があります。
個人情報は、申込者の情報を元に行われます。
例えば、氏名、住所、年齢、居住形態、年収、勤務先、勤続年数、勤務形態、借入件数、借入額などの属性にスコアリングして点数をつけます。
属性の細かな比重・割合は貸付業者によって定められています。
返済能力が高いと見なされれば、審査を有利に進めることができます。
信用情報では、個人のクレジットやローンの取引履歴・事故情報(滞納・延滞)を元に審査を行います。
これらの情報は、信用情報機関が管理しており、提携している金融機関は照会することができます。

もし、滞納を繰り返したり、債務整理・自己破産なども含めた事故情報が残っていれば、審査通過はかなり厳しいものとなります。

無人契約機を利用する前の最終チェック

無人契約機で本審査と契約内容の確認を済ませば、その場でカード発行されます。
仕事をしている人は、日中なかなか自由に動くことができません。
しかし、インターネット申込と無人契約機を利用することでスムーズな手続きができるようになりました。
改めて、審査を少しでも早く、有利に進めるに下記の3点を必ずチェックしてください。

・貸金業法(総量規制)
・個人信用情報
・嘘・虚偽/誤字・脱字で申込しない

いずれも基本的にどの貸金業者でも審査の際に確認しているポイントなので、今一度、ご自身でも確認してみましょう。

貸金業法(総量規制)

2010年6月の貸金業法の見直しで、総量規制が設けられました。
総量規制は、消費者金融会社を対象としており、契約者ご本人の年収1/3までしか借入できない制度です。
利用限度額を低めに設定することで審査難易度も軽減されます。

個人信用情報

何と言ってもローンは信用取引なので、過去に滞納や延滞を繰り返していては信用力を疑われて当然です。
自分の信用情報は情報開示も可能なので、事前確認しておくのもオススメです。

嘘の情報はNG

申込時の必要事項を間違えたり、嘘の情報で申込みをしては審査には通りません。
連絡先を間違えると本人確認もできませんし、先に説明した信用情報には、個人情報も含まれています。
あなたの信用力を落とす可能性もあるので、本当のことを正直に書いて申込みしましょう。

無人契約機を活用すれば、夜や週末でも契約手続きをすることができ、何より家族や知人など誰にもばれることがありません。
キャッシング会社によって、借入方法・返済方法など用意されているサービスも異なるので、自分にあった借入先を選択するようにしましょう。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応
    瞬フリで即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置の自動契約機(むじんくん)
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三井住友銀行グループ SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 10秒簡易審査
※ネット申込の場合
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • ローン申込機なら最短即日でカード発行
  • 電話・郵送なしのWEB完結
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加