無人契約機で受ける審査の注意点

更新日:2017/11/01

スタッフ不在でも無人契約機ではカードローンの申し込み、契約、カード発行まで全ての手続きを行うことができます。

文字通り、無人契約機は無人ということもあり、誰にも会わずに簡単に借入ができると考えがちです。

しかし、無人だからといって審査を回避できる訳ではありません

あくまで借入をするには審査通過が条件となります。

無人契約機で契約手続きを行う際にも審査は必ず行われているため、申込者としては不備がないようにシッカリ準備をしてから契約機に立ち寄ることが重要です。

ここでは無人契約機での審査について紹介していきます。


スタッフ不在でも審査は必須


冒頭でも述べたようにカードローン申込した際、申込方法に限らず審査は必ず行われることになります。

無人契約機で申し込みをしても、インターネットから申し込みをしても契約方法が異なるからと言って審査基準が変わるというものではありません。

ご存知かと思いますが、カードローンやキャッシングでは貸金業者などの金融機関から一時的にお金を貸してもらえる信用取引です。

申込者のことをよく知らない状態でお金を貸付してくれるとは思いませんし、逆に自分自身もよく知らない人に大事なお金を貸す事はありませんよね。

man_kangae

ただ、審査基準は各々の金融機関で定められているため、○○○の銀行カードローンの審査に落ちたけど、消費者金融の○○○の審査には通過したというケースもありえます。

銀行は消費者金融と比較しても低金利での融資を行っている銀行が多いので、どうしても審査ハードルも厳しくなると言われています。

とはいえ、審査では申込者にどれだけの信用力があるのかという点に注視されるのは、消費者金融でも銀行でも大きな差はないと言えるでしょう。


無人契約機で審査を受けられる業者


カードローンを提供している全ての業者が無人契約機を設置している訳ではありません。

主に大手消費者金融と一部の銀行が設置しています。

・プロミス
・アコム
・モビット
・アイフル
・三菱東京UFJ銀行カードローン
・新生銀行カードローンレイク

貸金業を専業とする消費者金融だけでなく銀行カードローンも無人契約機で申し込むことができるようになっているのです。

代表的な貸金業者でもあるプロミスやアコムの無人契約機の設置数が多いこともあり、街中や駅前などで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

無人契約機に関して共通しているのは営業時間内であれば申し込み手続きを行うことができ、審査対応の時間内であればその場で審査回答をもらうこともできます。

実は無人契約機の営業時間と審査対応時間の違いには注意が必要です。

審査回答時間

営業時間 審査回答時間
プロミス 9時~22時
※店舗で異なる
9時~21時
アコム 8時~22時
※店舗で異なる
9時~21時
モビット 9時~21時 9時~21時
アイフル 9時~22時 9時~21時
三菱東京UFJ銀行カードローン 9時~20時(平日)
10時~18時(土・祝)
10時~17時(日)
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
9時~21時
※土日祝は9時~17時
新生銀行カードローンレイク 8時45分~24時(平日・土)
8時45分~22時(日・祝)
※第3日曜のみ19時まで
9時~21時
※年末年始など営業時間の変更あり

基本的に無人契約機は21時~22時まで営業していることが多いですが、審査連絡は21時までとしている業者が多いのが現状です。
無人契約機で審査を受ける場合は、営業時間と審査時間に注意して手続きを開始することが必須となります。

無人契約機に立ち寄る前に

無人契約機から審査申し込みするよりも、まずインターネットから仮審査に申し込みしておくことをおすすめします。

テレビCMなどでも「最短30分審査」などの広告もありますが、申込状況や審査状況によっても審査時間は変わります。

もし、審査が混み合っている場合などは、無人契約機内で1時間以上も滞在することも考えられます。

スマートフォン操作

時間に余裕があればドリンクでも飲みながら待っていれば良いのですが、事前にネット申し込みすることによって個人情報や勤務先情報の送信を済ませておくことで、無人契約機での手続き時間を30分程度で終わらせることができます

無人契約機の使い方は、タッチパネル方式と操作方法は簡単ですが、申込者情報など細かい情報入力に時間を取られることになります。

インターネットで公式サイトから使い慣れたパソコンやスマートフォンからの申し込み・入力の方がスムーズに手続きができるでしょう。


審査で見られるポイント


無人契約機での審査であっても申込者の信用力を重視されることに変わりはないと説明しましたが、具体的にはどういうポイントを重視して見られているのかを紹介しておきます。

審査基準は公に発表されているものではありませんが、下記のポイントは必ずチェックされることになるので自身の状況も含めて確認されることをおすすめします。

  • 返済能力(安定収入)
  • 個人信用情報
  • 現在の借入状況

カードローン利用の大前提ともなるのが返済能力の有無と言えるでしょう。

言うまでもなく、収入のない方にお金を貸しても返済するお金をどこから調達してくるのかという話になります。

また、年収は多ければ多いほど審査に有利な要素となりますが、どちらかというと額面よりも安定した継続収入を見込めることも重要となります。

これは今の年収が高くても契約後にスグに転職して給与が下がったりすることもあるからであり、カードローンはパート・アルバイトなどの勤務形態でも利用できますが、安定所得という意味では勤続年数が長い正社員である方が審査に有利と言えるでしょう。

年収額に応じて利用限度額が決められる

カードローンでの借入額は収入額に応じて変動することになります。

貸金業法という法律に含まれている総量規制が関与しており、消費者金融などの貸金業者は契約者ご本人の年収1/3以上の貸付は行ってはいけません。

つまり、所得が少ないということは希望するお金を借りたくても借りれないケースもあることになります。

返済滞納などの事故情報がない信用力

最も重要な信用力を示しているのが個人信用情報になります。

信用情報機関が保有している情報には、申込者情報だけでなく、ローンやクレジットの取引履歴が含まれており、「今どれぐらいの借金があるのか」「キチンと返済しているか」を確認されることになります。

借入件数や借入残高が多いとなると、これ以上の貸付は危険だという判断にも繋がります。

3件を超えるような多重債務者の審査は慎重に行われることは否めません。

man_mushimegane

もちろん、返済滞納・延滞を繰り返したり、過去に債務整理(任意整理・自己破産)などを行っている場合、新たなローンやクレジットカードの発行は難しくなります

これらのマイナスな履歴は事故情報(ブラック情報)として5年から10年は残されるため、新規申し込みの際はネガティブな履歴が消えたのを確認してからにしましょう。

日本には3つの信用情報機関があり、1,000円ほどの手数料が必要になりますが、申告すれば本人の信用情報を開示してもらうことが可能です。

・日本信用情報機構(JICC
・株式会社シー・アイ・シー(CIC
・全国銀行個人信用情報センター(全国銀行協会


提出書類の不備に要注意


カードローンへの契約には必要書類があり、無人契約機での契約でも必要になり、もちろん、郵送ではなくスキャナー機能で読み込ませての提出となります。

提出書類を事前に確認してから忘れないようにして無人契約機に向かわなければならず、もし書類を忘れてしまったり、不備があると審査完了まで手続きができません。

・本人確認書類
・収入証明書類

運転免許証

最低限必要になるのが、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認ができる書類です。

基本は顔写真のある運転免許証の提出を優先している業者も多い印象があります。

というのも、契約機にはカメラが内蔵されており、室内にいる契約者の顔がオペレーターから丸見えとなっています。

acom_mujin01

実際、アコムのむじんくんでの契約体験談として、30秒ほどの顔確認が行われました。

おそらく、運転免許証と同一人物であるのか確認していると思われます。

もちろん、免許証の交付を受けていない人も健康保険証などを提出して本人確認とすることは可能なので安心してください。

ただ、カメラがあるという点は重要なポイントです。

あまり挙動不審な行動をしていたり、契約態度が悪いと審査担当者からの印象が悪くなってしまう恐れがあるのです。

返済能力や信用力が重要な審査要素ですが、申込者自身の態度や人格も審査に影響があると考えておく方が望ましいでしょう。

収入証明書類が必要な場合は最新版を用意

貸金業法では1社から50万円以上、複数社から100万円以上を借入する場合には収入証明書の提出が義務付けされています。

収入証明書類

上記の条件外であっても収入証明書の提出要求されるケースもあります。

この最新版というところが重要であり、何年も前の源泉徴収票や確定申告書があっても効力はないと見なされます。

あくまで審査のタイミングで現状の所得が分かる書類を提出する必要があります。

給料明細書では直近2ヶ月分を用意するケースもあり、明細書に関しては会社から毎月貰っているはずなので古いものを提出する必要はないはずなのです。

例え、数か月前のものを提出したとしても、「先月は給料がなかったのか」「今は仕事しているのか」など、審査担当者にネガティブな印象を与えかねません。

さらに無人契約機での審査中には、申告した勤務先に申込者が所属しているかの在籍確認の電話連絡が入ります。

在職中かどうかは、この在籍確認を持って確認され、もし、電話確認が取れなかった場合、申し込み時に申告した勤務先情報の内容に偽りがあるということになります。

その場合、申込者の信用力を大きく損なうことになり、審査落ちの原因の一つとなる可能性が高いでしょう。

woman_office_tel

無人契約機ではスタッフと面と向かって審査をされる訳ではありませんが、提出書類・信用情報・在籍確認などからシッカリと信用力を調べられています。

実際に無人契約機では申込者が注意することは提出書類の不備を無くすことと、手続きに対する態度だけかも知れませんが、申込フォーム(申込書)の誤字脱字など、申込時から既に審査は始まっているものと認識して、正直な情報で望むことが重要です。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

promise125
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応
    瞬フリで即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

screativeref-1100l17934
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置のむじんくん
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

新生銀行カードローン レイク

lake120
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 最高500万円
審査時間 申込後、画面に表示
  • ATMの利用手数料0円
  • 選べる2つの無利息ローン
  • 最短で即日融資も可能
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

このエントリーをはてなブックマークに追加