無人契約機での契約に必要な物とは

更新日:2017/01/23

無人契約機はスタッフ在中の店頭窓口とは異なるものの、まるで有人店舗にいるかのようにカードローンの契約手続きをすることができます。

完全個室での契約となる無人契約機ですが、マイク(受話器)を活用してオペレーターと相談しながら手続きを進めることができるので、契約内容や操作面でも心配する必要はありません。

また、無人契約機で無事に審査完了・契約まで終わらせることができれば、その場でカード発行までしてもらうことができるので、誰にも会わずに即日融資の実現ができます。

もちろん、基本的には有人店舗であっても無人契約機であっても契約手順に変わりはありませんが、無人契約機で手続きをするにあたって持ち物として忘れてはならない物があります。

ここでは無人契約機での契約において必要な物を紹介しましょう。


カードローン契約に必須となる本人確認書類


無人契約機での手続きとはいえ、カードローン、いわばお金の貸し借りの契約となる以上、契約者の本人確認だけは欠かす事はできません。

これは消費者金融だけでなく、銀行カードローンも同じですが、身分証明書がなければカードローンの契約手続きをすることはできないと考えられます。

カードローン契約において使える主な身分証明証としては以下のようなものがあります。

・運転免許証
・健康保険証+1点(例:住民票)
・パスポート
※外国籍の方は在留カードや特別永住者証明書(有効となる外国人登録証明書)

運転免許証

大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)では、運転免許証を本人確認の書類として優先されているようですが、免許証の交付を受けていない方もいることは当然ながら配慮されており、パスポートなど顔写真で確認できる書類があればカードローン契約することができます。

ただ、本人確認書類で注意しなければならないのは記載されている住所です。

申込時に申請した住所と本確認書類に記載されている住所が異なっている場合には、別途、資料が必要になります。

・公共料金の領収書
・社会保険料の領収書
・地方税や国税の領収書
・納税証明証

引越しして間もない時期や免許証の更新時期のタイミングで住所にズレがあることは仕方ないことですが、どこに住んでいるか分からない状態など金融機関としても音信不通などのリスクは回避しなくてはならないのです。

そこで申告住所と本人確認書類との住所のズレがある場合には、公共料金(電気、ガス、水道など)の請求先の住所と現住所は同じはずなので、これらの領収書を一緒に提出することで申込者の住所確認とすることができるのです。

また補足にはなりますが、あくまで本人と住所の確認が目的となるため、個人番号(マイナンバー)や本籍地などの申告は特に必要がなく、記載されている書類を提出する場合は不要な情報として該当する部分を塗りつぶして提出するなどの作業が発生する場合もあります。
※業者によって条件が異なるため申込時に要確認

man_mushimegane

あくまでカードローンは金融機関と申込者ご本人との信用取引となるため、本人が申告する申込者情報と個人信用情報は重要な審査ポイントとなります。

カードローンの一番の魅力は、本人確認書類を提出すれば、無担保・保証人も不要でお金を借りられる利便性の高さです。

だからこそ貸金業者としても申込者への貸付は、過去のクレジットやローンの取引実績や現状の借入状況を管理している信用情報機関への情報照会によって慎重に審査されます。

事実と異なるような申告は信用力の低下にしか繋がりませんので絶対にやめましょう。


契約額に応じて必要になる収入証明書類


実際、カードローンには本人確認書類があれば契約できますが、契約内容によっては収入証明書類の提出も必要になります。

消費者金融などの貸金業者を対象とする法律(貸金業法)には、1社から50万円以上の借入、複数社から借入総額100万円を超える契約の場合には、収入証明書の取得義務が設けられています。

初めてのカードローン契約で利用限度額50万円以下での契約であれば、本人確認書類だけで良いのですが、50万円を超えたり、審査状況によって貸金業者から収入証明書の提出を依頼された場合には収入証明書の提出が必要となります。

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(賞与があれば賞与明細書1年分)

上記でも説明したように、審査状況によっても収入証明書類の提出を求められるケースも考えられます。

収入証明書類

源泉徴収票や確定申告書はスグに用意しにくいのであれば、無人契約機に向かう前に近況の給与明細書だけでも準備しておくと役に立つ可能性もあります。

カードローン契約には本人確認書類と収入証明書類があれば安心

キャッシング利用者が契約時に用意する書類としては、本人確認書類と契約内容によって必要になる収入証明書類のみとなります。

これらの書類は無人契約機に付随しているスキャン機能を使ってデータ化して送信されます。

当然ながらコピーした書類を郵送などで改めて金融機関に送る必要もありませんので、封筒や切手なども不要です。

意外なところで言えば、カードローン契約には印鑑も不要であり、提出すべき書類だけ無人契約機に持ち込めば問題なく契約完了させることができます。


事前にインターネット申し込みで仮審査


無人契約機には書類提出と本審査・カード受取だけのために立ち寄るものとして、事前に公式ホームページからインターネット申し込みをしておくことをおすすめします。

というのも、ネット申し込みで申込者の個人情報や居住情報、勤務先情報、現在の借入状況などを申し込みフォームから申告しておくことで仮審査を進めてもらえます。

スマートフォン操作

必要な物という表現は変ですが、無人契約機に着いて手続きを開始したものの、申込書(申込用紙)に記載する会社の電話番号や住所が分からないなどの場合、正確な審査を行うことができません。

意外に自宅の住所などは覚えていても、会社の住所や電話番号までは覚えていない方も多いのではないでしょうか?

今でこそ、スマートフォンなどで外部からでも簡単に検索して会社情報などを調べることは可能ですが、強行での申込みなどで誤字や脱字があっては審査落ちの原因などにもなり、時間を無駄にすることになりかねないのです。

また、無人契約機の操作方法は画面に表示される流れに従ってタッチして進める簡単なタッチパネル方式ですが、使い方に慣れない分、入力に時間がかかる可能性もあります。

その点、ネット申し込みでは自分のタイミングでキチンと調べながら申し込みすれば、誤字や脱字も少なくすることができるはずですし、仮審査を受けておけば無人契約機での手続き時間の短縮にも繋がります。

事前にインターネット申し込みをしておけば審査待ちの時間を無駄にせず、無人契約機では書類提出などで契約時間も30分程度で終わらせることができます。


審査回答の受け取りは携帯電話が便利


必要書類ではなく、無人契約機での契約にあった方が良いのが携帯電話です。

申込時に申告する連絡先の電話番号を個人携帯の電話番号にしておくことで、自宅への電話を回避することができますし、審査回答も電話やメールによって受け取りすることができるのです。

スマートフォンであれば携帯用アドレス以外にも、パソコン用のアドレスに送られてきたメールを外出先でも確認することができます。

man_shinjin

私自身、カードローンのネット申込の際、パソコン用のEメールアドレスで申込しましたが、無人契約機に向かっている間にカードローン会社からメールが届き、移動中に内容確認することができて便利でした。

また、実際にアコムのむじんくんでの契約体験談として無人契約機内で連絡先の電話番号確認として携帯電話に電話がありました。
※着信の電話番号を読み上げるだけの調査

自宅の電話番号で申告しているとどうなるかは分かりませんが、少なくても携帯電話を持参していて審査上、リアルタイムに連絡先の確認として役に立ったと考えることができます。

woman_shorui

ただ、注意点として無人契約機での契約でなくても言えることですが、申込時の申告内容と提出書類などにズレがないようにすることを改めてお伝えしておきます。

もし、申告内容と事実にズレがあった場合、審査のマイナス要素となり、全ての手続きを無駄にすることにもなりかねません。

過去の情報での申込や前職の給与明細書などで申込することも当然NGの行為です。

勤務先情報に関しては在籍確認の電話で簡単に嘘がバレますし、雇用形態による所得額の差異もある程度、貸金業者では実績として予測することができます。

数万円程度の誤差であれば疑問を抱かれることはありませんが、あまりに大きな金額差での申込では収入証明書の提出を要求されてしまうと元も子もありません。

契約に必要なものが少ないカードローンだからこそ、申込者の信用力が問われることになるので、正直な情報で申込することが最低限の守るべきルールと言えるでしょう。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

promise125
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応
    瞬フリで即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

screativeref-1100l17934
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置のむじんくん
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

新生銀行カードローン レイク

lake120
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 最高500万円
審査時間 申込後、画面に表示
  • ATMの利用手数料0円
  • 選べる2つの無利息ローン
  • 無人契約機で土日の契約も可能
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

このエントリーをはてなブックマークに追加