無人契約機の中は内蔵カメラで確認されている

更新日:2018/08/03

カードローンへの申し込み手続きは、インターネット申し込み・電話申し込み・来店申し込みなど様々な方法で行うことができます。
流れとしてはカードローン申し込み後にカード受け取りをしなくてはなりません。

また、WEB契約であれば指定する銀行口座への振込キャッシングを希望することもできます。
しかし、WEB契約による振込融資では、銀行の営業日にも左右されることになります。

土日祝日などの振込融資に対応していないなど不便なところもあり、更に後日、自宅へ契約書やカードが郵送されてくるので家族にも隠すことが難しくなるのです。
その点、無人契約機を活用すれば即日ローンカード発行もしてもらえるカードローンもあります。

有人店舗よりも設置数が多い無人契約機では誰かと対面することもないので、自由気ままに契約できると考える方も多いでしょう。

しかし、設置する業者にもよりますが無人契約機は個室となっており、利用する店舗によっては狭く、意外に緊張するという印象が自身のカードローン申し込みの体験談としてもあります。

また、スタッフ不在の無人店舗での手続きも、実はちゃんと審査担当者から見られています。
無人契約機内には確かに人は在中していませんが、利用者の様子が見えるようにカメラが内蔵されているのです。

keiyakuki_kanshicamera

そのため、無人契約機だからと言って、手続きや審査において有人店舗と何か大きく異なるというようなことはありません。

審査基準は属性だけではない

カードローンの審査は申込者の属性や信用情報などから総合的に貸付可否の判断をされることになります。

属性とは年収などの所得、勤続年数や雇用形態も含めた職業、現在の借入状況や借入件数をチェックされることになります。

man_mushimegane

安定収入を重視するカードローン審査ですから、正社員、職業としては公務員など安定所得が見込めるのは審査でも有利な材料となることが考えられます。

在職の有無を確認すべく、在籍確認として審査担当者の個人名で勤務先の会社へ電話確認が入ることになります。
また、借入状況も大きな審査要素とされ、過去の返済をキチンと行えているか、延滞・滞納などはしていないかで信用力を調べられることになります。

しかし、これらは個人情報と勤務先情報、そしてクレジットカードやローンの利用実績だけでしかありません。

もちろん、審査の重要ポイントに変わりはありませんが、申し込み者の信用力は返済実績だけでは判断しきれないところもあるのです。

手続きの姿勢・態度もポイント

冒頭でも説明しましたが無人契約機にはカメラが内蔵されているため、手続き中の態度や行動も全て見られています。

審査担当者も人間ですから、契約手続きの態度、オペレーターとの通話時の口調や話しぶりなどのやり取りも申込者を審査する上での印象付けがされることは間違いありません。

例えば、一定の収入を見込むことができたとしても、喧嘩ごしに話していたり、待ち時間に挙動不審な行動をしている方には積極的に貸付を行う気にはなれない可能性があります。

アコムむじんくん

カメラが内蔵されていることから他人へのなりすましもできません

提出書類でもある本人確認書類で運転免許証を提出すれば顔までバッチリ写っているため、本人かどうかはオペレーターもスグに確認することができます。

また、申込用紙などを記入する際に、本来なら自分自身に関わる情報ばかりなのにスマートフォンや手帳など、何かを見ながら写しているようでは怪しく見られることも頷けます。

契約途中ではオペレーターとの直接やりとりで話をすることもありますが、本人確認も含めて本人にまつわる質問内容も投げかけてくることもあります。

同じように即答できなければ印象は悪くなる可能性がありますし、その回答の口調などを含めた態度も重要な審査ポイントと言えるでしょう。

man_shinjin

事実に基づいた正しい情報でカードローンに申し込みをし、無人契約機内では怪しまれるような挙動不審な行動はしないように気をつけなければなりません。

でなければ、結果として審査落ちになってしまったり、契約できたとしても利用限度額を低めに設定されるということも考えられます。

個人信用情報や過去の取引実績にもマイナス要因がないのに、態度や話し方で評価を下げてしまうのは勿体ないの一言です。

無人契約機には30分程度滞在

インターネットが普及していることから、消費者金融だけでなく、銀行カードローンも今日ではネット申込が一般化しています。

24時間365日いつでも申し込みできるので借入をする際には、まずネット申込からすることをおすすめします。

というのも、ネット申込によって事前に審査を受け取っておけば、無人契約機に滞在する時間を30分程度に短縮することができるのです。

もちろん、審査対応の時間帯であることが条件になりますが、個人の携帯電話番号で申し込みしておけば申込確認の電話だけでなく、審査回答も電話・メールで連絡をくれます。

審査待ち時間や店舗までの移動時間を有効的に活用することができるのです。

スマートフォン操作

そもそも最短30分の審査回答を打ち出す大手金融機関も利用状況や審査状況によって長引くこともあるため、早く借りたいのであれば少しでも早めに審査を始めてもらうことが重要になります。

無人契約機で審査待ちする時間も勿体ないですし、細かい個人情報の入力も画面をタッチして操作するタッチパネル式の契約機で行うより、スマートフォンやパソコンなど使い慣れた端末からした方がスムーズに入力できるのではと思います。

pro_naikan1

無人契約機には必要書類の提出(スキャン)など最低限の手続きだけに抑えて本審査に挑むと時間の節約にも繋がります。

改めてお伝えしますが、事実とは異なる虚偽情報での申し込みや契約態度には十分に気をつけておきましょう。

カードローン審査では信用力を得られることができなければ利用できません。
今一度、自身の信用情報も含めて確認し、節度ある態度で審査に申し込みしましょう。

無人契約機・店舗受け取りなしのWEB完結

いくつかあるカードローンへの申込方法の中でも特殊なのが「WEB完結申込」です。
大手消費者金融では、SMBCモビットとプロミスが提供しているサービスであり、郵送物不要のカードレスでの契約が可能となります。

SMBCモビットのWEB完結では身分証明証や健康保険証(社会保険証または組合保険証)、収入証明書の提出以外に三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの普通預金口座を持っていることが条件になります。

SMBCモビットのWEB完結の場合は郵送物なしだけでなく、電話連絡もないことから申し込み時に申告した内容と提出書類が審査合否のポイントになります。

プロミスweb完結の流れ

一方、プロミスのWEB完結は、カードレス契約すれば在籍確認の電話連絡はあるものの、郵送物なしで契約することができます。

また、ネット申込み後に担当オペレーターに電話での在籍確認に意見がある場合は、事前に相談することも可能です。

WEB完結申込もWEB契約と同じように無人契約機や店舗への来店不要のため、カメラで本人の顔など容姿確認が行われることもありません。

ただ、契約態度としては電話での受け答えによる態度などは十分、審査に含まれることも考えられるため注意しておきましょう。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
  • 年中無休の無人契約機
    9~22時(一部21:00)まで営業
  • 24時間対応
    瞬フリで即日キャッシング!
  • アルバイト・パートもOK
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 全国各地に設置のむじんくん
  • WEB申込
    →最短30分の審査回答
  • 最大30日間が金利0円
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

三井住友銀行グループ SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 10秒簡易審査
※ネット申込の場合
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • ローン申込機なら最短即日でカード発行
  • 電話・郵送なしのWEB完結
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加