みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
実質年率 年2.0%~14.0%
限度額 最高800万円
審査時間 -
  • 来店は不要
  • お試し診断
  • おまとめ・借り換え
  • 即日融資も可能
  • 土日祝も対応
  • スマホ対応
  • 収入証明が不要
  • 審査が不安な方
今すぐスマホで申込む

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント

来店不要のWEB完結申込

みずほ銀行カードローンへの申込段階で当行の口座を持っていれば来店不要のWEB完結申込が可能となります。

本人確認書類や収入証明書の提出はカメラやスキャンでデータ化したものをインターネットからアップロードできるので、みずほ銀行との郵送のやりとりも不要です。
WEBだけで契約完了ができるから隙間時間などに手続きを進められて便利ですよね。

mizuho_bank

一方で、カードローンの申し込み段階でみずほ銀行の普通預金口座をお持ちでない方は、残念ながら口座開設が必須になるので、どうしても急ぎの場合は、口座不要でお金を借りれるカードローンを検討する必要があります。

みずほ銀行の口座をお持ちでない方は、カードローンの申し込み時に口座開設を同時申し込みすると、利用までの手続きがスムーズに進められます。

みずほ銀行の口座開設手続きが完了しだい、カードローンが利用できるようになります。口座開設には約1~4週間かかりますので、急ぎの場合は銀行窓口に来店して申し込みましょう。

業界トップクラスの限度額・低金利

みずほ銀行カードローンの融資限度額は800万円に設定されています。
最大800万円という限度額は、銀行カードローンでもトップクラスです。

また、金利は年2.0~14.0%。
銀行だからこそ実現できる、安心の低金利です。

限度額と金利の両面で評価の高いみずほ銀行カードローンなら、大口融資も安心して利用できます。
資金力のあるメガバンクならではのサービス力といえるでしょう。

選べる二つのカードタイプ

みずほ銀行カードローンでは、キャッシュカードにカードローン機能を追加する「キャッシュカード兼用型」と、新たにカードを発行する「カードローン専用型」のどちらかを選ぶことができます。

それぞれで利用できるサービスが少し異なるため、申込み時には違いを理解しておくといいですね。

キャッシュカード兼用型のサービス

自動貸越機能

普通預金からお金を下ろす際に残高が不足していれば、カードローンの利用限度額内で不足額を自動的に貸越(借入)し、希望額を引き出せるようにする機能です。

預金口座からお金を下ろしたあと、足りない分をカードローン口座から別途借入…というめんどうな手順を踏まなくても、一度の操作で引き出しと借入をすることができます。

スイングサービス

・自動振替サービス

カードローン口座の入金残高がプラスとなる(借入残高よりも多く返済した)場合、その分を自動的に銀行口座へ移動させてくれるサービスです。

自動振替サービスを使えば百円単位での返済も可能になるため、完済もスムーズにできそうですね!
※みずほ銀行ATM・コンビニATM(イーネット・ローソン)のみ利用可能

・自動融資サービス(申し込みにより追加)

公共料金の引き落としなどで預金口座が残高不足になった場合、借入限度額内で不足額を自動的に補ってくれるサービスです。
自動融資サービスは、別途申し込みで追加することができます。

ポイントカードやクレジットカードなどで何かとかさばる財布にうんざりしている人も多いと思いますが、1枚2役のカードローン兼用型キャッシュカードを利用すれば新たにローンカードを作る必要もありません。

credit_temoti

口座開設必須のカードローンは面倒で不便と思われがちですが、このようにカード枚数を節約できるというメリットもあり、利用者にとっては便利です。

もちろん、普通預金のキャッシュカードと別に、カードローン専用型カードを発行することも可能です。

カードローン専用型のサービス

【スイングサービス】(申し込みにより追加)

カードローン専用型でも、別途申し込みをすればスイングサービスが利用できます。

ただし、自動振替サービスと自動融資サービスの二つセットのみの申し込みになっているため、どちらか一つの追加はできません。
また、カードローン専用型では自動貸越機能の利用はできません。

カードローン専用型カードの表面には「カードローン」と記載があるため、万が一他人に見られたらカードローン利用を勘付かれる可能性も。

他人に黙ってお金を借りたい人や自動貸越機能を活用したい方には、キャッシュカード兼用型の利用がおすすめです。

みずほダイレクトでも取引OK

みずほダイレクトとは、1つの契約でインターネットバンキング・モバイルバンキング。
テレホンバンキングが利用できるサービスで、別途申し込みにより利用できるようになります。

みずほダイレクトからの借入は、月~金曜日の0時~15時に利用可能。
土日祝日は利用できないので気をつけましょう。

返済は24時間利用可能ですが、曜日や時間帯によっては翌日扱いになることも。

また、土曜日22時~翌日曜日8時、第1・4土曜日の3~5時はシステム調整のため利用できませんので注意してください。
※テレホンバンキングは利用時間が異なるため、公式ホームページの確認を

住宅ローンの利用で金利引き下げ

みずほ銀行の住宅ローン利用で、カードローンの金利を基準から年0.5%引き下げてもらうことができます。

住宅ローン繰り上げ返済

カードローンを利用するなら、少しでもおトクに借りられる方法を選びたいですよね。

みずほ銀行ですでに住宅ローンを利用している方は、みずほ銀行の店頭で申し出れば引き下げ後の金利をカードローンに適用してもらえます。

長期固定金利住宅ローン「フラット35」の、みずほ銀行の取扱金額はなんと銀行No.1!(2015年時点)

さらに多くのパートナー企業と提携しているため、さまざまな特典を受けられるのも嬉しいポイントです。

みずほ銀行は日本の3大メガバンクの1社でもある信頼性の高い銀行。

そのみずほ銀行が展開するカードローンは、800万円の限度額と、年率2.0%~14.0%の業界トップクラスの低金利の両立を実現。

大口融資を低金利で借りられるという高スペックはもちろん、みずほ銀行のキャッシュカードでカードローンの利用ができるのも嬉しいポイントですよね。

みずほ銀行カードローン

上限金利は年14.0%、銀行ならではの低金利だから安心して利用することができますね。

みずほ銀行カードローンは、メインバンクとしての信頼の高さと高いスペックで多くのカードローン利用者から支持されています。

今すぐスマホで申込む

みずほ銀行カードローンのクチコミ

男性 40歳
偶然、みずほ銀行の住宅ローンを使っていたので、カードローンもみずほにしています。

元々、みずほの口座をメインで使っていたこともあり、長い付き合いになっています。

さすがのメガバンクだけあって金利が安いのが魅力。

ただ、土日とか週末の振込融資ができない点は残念であり、サービス改善してほしいところです。

おそらく消費者金融でないと難しいのでしょうけどね。
男性 38歳
即日融資が出来なかった点は素直にデメリットとしか言えませんが、他社と比較しても低金利なのでチャラだと思います。

今は年率14.0%と上限金利が適用されているけど安い方だし、今後の増額も視野に入れると銀行カードローンの方が後々お得になるのではと考えています。

みずほ銀行カードローンの詳細

基本情報

カード名 みずほ銀行カードローン
実質年率 年2.0%~14.0%
借入限度額 最高800万円
審査時間 -
融資スピード -
お試し診断 -
対応コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート サンクス

申込条件

申込資格 ・満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続収入のある方
・保証会社の保証が受けられる方
※外国人は永住許可がある方
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書類
・印鑑(すでに返済用の口座がある方は届け印)
担保・保証人 不要

利用方法

借入方法 銀行振込、ATM
返済方式 残高スライド方式
返済日 毎月10日
返済方法 口座引落し、口座振込、ATM

会社概要

会社名 株式会社みずほ銀行
設立 2013年7月1日
所在地 東京都千代田区大手町1–5–5(大手町タワー)
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加