みずほ銀行カードローン

mizuho_0404_120
実質年率 3.0%~14.0%※住宅ローン利用
限度額 最高1,000万円
審査時間 最短即日
  • 総量規制の対象外
  • お試し診断
  • おまとめ・借り換え
  • 即日融資も可能
  • 土日祝も対応
  • スマホ対応
  • 収入証明が不要
  • 審査が不安な方
今すぐスマホで申込む

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント

来店不要のWEB完結で即日融資

みずほ銀行カードローンへの申込段階で当行の口座を持っていれば最短即日融資が可能となります。

本人確認書類や収入証明書の提出はカメラやスキャンでデータ化したものをインターネットからアップロードできるので、みずほ銀行との郵送のやりとりも不要。
WEB完結で契約を完了させることができて便利です。

mizuho_bank

一方で、カードローンの申し込み段階でみずほ銀行の普通預金口座をお持ちでない方は、残念ながら即日融資不可となります。

みずほ銀行口座をお持ちでない方は、カードローンの申し込み後新たにみずほ銀行口座の開設手続きをし、みずほ銀行の口座開設手続きが完了しだいカードローンが利用可能となるので、この点を注意しましょう。

200万円以下は収入証明書の提出不要

銀行法に基づく、みずほ銀行カードローンなら利用限度額200万円以下は収入証明書なしで契約できます。

%e5%8f%8e%e5%85%a5%e8%a8%bc%e6%98%8e

銀行法が適用される銀行は、貸金業法での収入証明書の取得義務がありません。
そのため、収入証明書の提出基準を自社で定められるのが銀行カードローンの大きな魅力。

みずほダイレクトの利用、または手元に通帳をご用意の方は、別途本人確認書類などのネット登録も不要。

利用には当行口座が必須なみずほ銀行カードローンですが、日頃からみずほ銀行を活用されている方であればスムーズな手続きが実現します。

2つの低金利プラン

みずほ銀行カードローンには「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」の2つのプランがあります。

利用限度額が200万円~の契約となる「エグゼクティブプラン」は、みずほ銀行住宅ローンとの併用で年率3.0%~の低金利で借入可能。

エグゼクティブプラン
利用限度額 基準金利 引き下げ後の金利
200万円以上300万円未満 年7.0% 年6.5%
300万円以上400万円未満 年6.0% 年5.5%
400万円以上500万円未満 年5.5% 年5.0%
500万円以上600万円未満 年5.0% 年4.5%
600万円以上800万円未満 年4.5% 年4.0%
800万円以上1,000万円以下 年3.5% 年3.0%
コンフォートプラン
利用限度額 基準金利 引き下げ後の金利
10万円以上100万円未満 年14.0% 年13.5%
100万円以上200万円未満 年12.0% 年11.5%
200万円以上300万円未満 年9.0% 年8.5%
300万円以上400万円未満 年7.0% 年6.5%
400万円以上500万円未満 年6.0% 年5.5%
500万円以上600万円未満 年5.0% 年4.5%
600万円以上800万円未満 年4.5% 年4.0%
800万円以上1,000万円以下 年4.0% 年3.5%

2つのプランは審査によって自動で振り分けられるので申込者が自由に選べるわけではありませんが、ベーシックな「コンフォートプラン」が適用されても金利は年率4.0%~14.0%と他行と比べても十分低金利。

こちらの場合でも、みずほ銀行住宅ローンとの併用で金利を引き下げることができます。

※申込者のプラン選択は不可

業界トップクラス最大1,000万円の融資

適用プランに関わらず、みずほ銀行カードローンの融資額限度額は1,000万円。
最大1,000万円という限度額は、カードローンでのキャッシング業界でいえば最高水準です。

みずほ銀行は総量規制対象外(年収1/3以上の借入可能)なので、申込者の年収に左右されずに大口融資を低金利で借りることが可能。

限度額と金利の両面で評価の高いみずほ銀行カードローンなら、大口融資も安心して利用できます。
資金力のあるメガバンクならではのサービス力といえるでしょう。

キャッシュカードで借りれる

みずほ銀行カードローンでは普通預金で利用できるキャッシュカードを、そのままローンカードとして利用できます。

ポイントカードやクレジットカードなどで何かとかさばる財布にうんざりしている人も多いと思いますが、1枚2役のカードローン兼用型キャッシュカードを利用すれば新たにローンカードを作る必要もありません。

credit_temoti

口座開設必須のカードローンは面倒で不便と思われがちですが、このようにカード枚数を節約できるというメリットもあり、利用者にとっては便利です。

もちろん普通預金のキャッシュカードと別に、カードローン専用型カードの発行も可能。

ただし、カードローン兼用型キャッシュカードと違い、カードローン専用型カードの表面には「カードローン」と記載があるため、万が一他人に見られたらカードローン利用を勘付かれる可能性も。

他人に黙ってお金を借りたい人には、カードローン兼用型キャッシュカードの利用がおすすめです。

専業主婦でも借りれる銀行

総量規制対象外のみずほ銀行カードローンであれば、本人所得がない専業主婦でも審査の上でキャッシング可能

ただし、配偶者に安定収入があることを前提に、限度額の上限も30万円までと定められています。

専業主婦 家事

しかし、金利は最大でも年率14.0%なので生活費のサポートとしては十分なスペックを誇っています。

また、オリックス銀行カードローンなど、一部の銀行カードローンでは総量規制の適用外ながらも専業主婦への貸付は行っていません

その点みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行新生銀行(レイク)は専業主婦でも申し込み可能なカードローンを提供しており、銀行の中でも柔軟な対応力を備えています。

みずほ銀行は日本の3大メガバンクの1社でもある信頼性の高い銀行。

そのみずほ銀行が展開するカードローンは、業界最高水準である1,000万円の限度額と、年率3.5%~14.0%の業界トップクラスの低金利の両立を実現。

大口融資を低金利で借りられるという高スペックはもちろん、総量規制対象外であることから専業主婦も限度額30万円まで借入できる柔軟性は本人収入のない主婦にとっても嬉しいポイント。

みずほ銀行カードローン

適用金利は利用限度額に関連して2つのプラン(エグゼクティブプランorコンフォートプラン)から自動的に振り分けられ、限度額200万円~のエグゼクティブプランなら住宅ローンとの併用で上限金利6.5%の低金利。

コンフォートプランでも上限金利は14.0%なので安心して利用可能。

みずほ銀行カードローンは、メインバンクとしての信頼の高さと高いスペックで多くのカードローン利用者から指示されています。

今すぐスマホで申込む

みずほ銀行カードローンのクチコミ

男性 40歳
偶然、みずほ銀行の住宅ローンを使っていたので、カードローンもみずほにしています。

元々、みずほの口座をメインで使っていたこともあり、長い付き合いになっています。

さすがのメガバンクだけあって金利が安いのが魅力。

ただ、土日とか週末の振込融資ができない点は残念であり、サービス改善してほしいところです。

おそらく消費者金融でないと難しいのでしょうけどね。
男性 38歳
即日融資が出来なかった点は素直にデメリットとしか言えませんが、他社と比較しても低金利なのでチャラだと思います。

今は年率14.0%と上限金利が適用されているけど安い方だし、今後の増額も視野に入れると銀行カードローンの方が後々お得になるのではと考えています。

みずほ銀行カードローンの詳細

基本情報

カード名 みずほ銀行カードローン
実質年率 3.0%~14.0%※住宅ローン利用
借入限度額 最高1,000万円
審査時間 最短即日
融資スピード 最短即日
お試し診断 -
対応コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート サンクス

申込条件

申込資格 ・満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続収入のある方
・保証会社の保証が受けられる方
※本人収入の無い方も配偶者に収入あれば上限30万円まで申込可能
※外国人は永住許可がある方
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書類
・印鑑(すでに返済用の口座がある方は届け印)
担保・保証人 不要

利用方法

借入方法 銀行振込、ATM
返済方式 残高スライド方式
返済日 毎月10日
返済方法 口座引落し、口座振込、ATM

会社概要

会社名 株式会社みずほ銀行
設立 2013年7月1日
所在地 東京都千代田区大手町1–5–5(大手町タワー)
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加