三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
  • 来店は不要
  • お試し診断
  • おまとめ・借り換え
  • 即日融資も可能
  • 土日祝も対応
  • スマホ対応
  • 収入証明が不要
  • 審査が不安な方
今すぐカンタン申込み

アコムのおすすめポイント

全国各地に設置の自動契約機(むじんくん)

アコムの自動契約機(むじんくん)は全国各地に多数設置されており、お住まいの近くの店舗を見つけやすく、急な借入にも大変便利です。

駅周辺のビルの中にある契約機ではアクセスに困ることなく、一度入ってしまえば外部から見られる心配もありません。

また、中心部では少ないですが、主要道路沿いにある契約機では駐車場を設けている店舗もあるのでパーキングなどを利用する必要もありません。

アコムむじんくん

自動契約機(むじんくん)の営業時間も朝は8時から夜は22時まで(年中無休、年末年始は除く)と日中にまとまった時間を取れない方も問題なく利用できます。

自動契約機(むじんくん)なら土日祝日も手続き可能

殆どの有人店舗が営業時間を平日のみとしているところ、アコムの自動契約機(むじんくん)であれば、土日祝日でも利用可能。

スタッフ不在の無人契約機での手続きを不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、契約機にはスピーカーが内蔵されており、手続き中はスタッフとマイクを通じて会話ができるので、気軽に質問や相談ができて安心です。

ただ、最初から契約機で手続きするのではなく、事前にネット申込を済ませておくことが効率的な手続きのポイントです。

申し込み内容や混雑状況によって審査時間は変わるため、ネットで事前に申し込みしておけば、契約機内での手続き時間を半時間ほどに短縮することができます。

必要書類をスキャンで読み込ませて審査を完了させ、契約内容の確認を済ませれば、その場でカード発行してもらえます。

WEB申込
→最短30分の審査回答

来店時間が確保できない場合もアコムならネットだけで申込~契約完了までできるWeb契約があります。

申込後、最短30分の審査回答とスピーディーな手続きで、平日14:00までに必要書類を提出、アコムで確認が済めば即日振込融資にも対応してくれます。

ネット契約後のはじめて振込融資の利用の場合、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行の3行への当日振込は平日18時まで受付対応で、19時までに振込反映してもらえる延長サービスもあります。

しかし、初回の振込時間の延長サービスは平日のみとなっており、週末の振込融資には対応していません。

そこでアコムを利用を考えている方には、ぜひ楽天銀行の口座開設をしていただきたいと思います。

アコム振込キャッシング

アコムから楽天銀行口座への融資はなんと24時間対応であり、土日祝も深夜もずっと手数料無料で即時振り込みを受けることができます。

楽天銀行の口座をお持ちの方はもちろん、お持ちでない方も口座を作成してアコムを便利に活用しましょう。

最大30日間が金利0円

アコムの利用が初めてなら最大30日間、金利0円(無利息)で借入することが可能です。

利用条件も返済期日を「35日ごと」にするだけなので、初めてのカードローンで金利のことが不安でも無利息なら安心して借りることができます。

アコムの無利息

アコムの無利息期間は契約日の翌日から30日間が対象となるので、契約後の借入が早ければ早いほどお得です。

即日融資を希望する方やスグにお金を借りたい方にはアコムはオススメです。

即日でなく自分のタイミングで無利息で借りたいという方

その場合、同じ初回30日間無利息のあるプロミスの利用を検討されてはいかがでしょうか?

30日間無利息で同じじゃないか!と思われるかも知れませんが、無利息が適用される対象期間に大きな違いがあります。

アコムは契約日の翌日から自動的に無利息期間に入ってしまうので使わなければ無駄に消費してしまいますが、プロミスでは初めてキャッシングを利用した翌日から30日間が無利息対象となります。

つまり、プロミスなら契約後に慌てて利用しなくても、無利息期間をキープできるので自分のタイミングでの初回借入が無利息となります。

月々3,000円~のゆとり返済

借入したら終わりでなく、その後の金利や返済総額を含めた返済プランもシッカリと考えておくことが重要です。

借りたお金は早めに返しておきたい気持ちも分かりますが、月々発生するものなので、できれば余裕をもって返済したいところ。

スマホで申込

アコムでは月々3,000円~の返済プランがあります。

▼10万円借入した場合の月々の最低返済額

アコム 3,000円~
プロミス 4,000円~
三菱UFJ銀行カードローン 2,000円~
※借入利率 年8.1%超の場合
みずほ銀行カードローン 10,000円~
オリックス銀行カードローン 7,000円~

他社と比較してもアコムなら返済負担が少ないことが分かりますね。

もちろん、返済するために生活費用を削って苦しい思いをする必要はありませんが、支払い回数が増えると利息も増えてしまう点も考慮し、計画的な返済プランを立てることが重要です。

アコムでは返済シミュレーションのサービスを設けており、返済回数から月々の返済金額の算出、逆に月々の返済金額から返済回数を算出することができるので事前に返済イメージを持っておきましょう。

金利の計算方法って?実際に支払う金額を算出

アコムの貸付金利は契約極度額によってある程度きめられています。
また、利率の計算方法もあわせて公開しているので、どれくらいになるのかが事前にわかります。

契約極度額 適用金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

ややざっくりとした印象はあるかもしれませんが、遅延や延滞をしない限り上限金利以上の利息はつかないということだけでも覚えておくといいかと思います。
また、他社の多くが100万円超の貸付で適用金利上限が年15.0%になるのに対し、アコムでは100万円からというのもポイント。極端な話ですが、「100万円以下」まで上限金利がかかるとなっている場合、100万円も含んでいます。そのため、貸付額が100万円の場合には上限金利で利息計算される可能性もあります。
アコムでは100万円以上は確実に上限金利は15.0%になるということが、この表からもわかります。

なお、利息計算については以下のとおりです。

借入残高×借入利率÷365日×利用日数=利息

例えば10万円を借りた場合、30日分の利息は以下のように算出します。

10万円×0.18÷365日×30日=1,479円

また、返済額についてアコムは定率リボルビング方式で返済金額を計算しています。

これは最後に借入れたときの借入残高に一定の割合をかけ、そこではじき出された数値を最小返済額として定める方法です。

その計算に使われる一定の割合というのは、金額によって異なっています。

契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入残高の3.0%以上
借入残高の2.5%以上
借入残高の2.0%以上
借入残高の1.5%以上

返済期間と返済回数も返済金額と割合によってかわります。

返済期間、返済回数 返済金額と一定の割合
最長3年0か月、1~31回 30万円以下(借入残高の4.2%以上)
最長4年11か月、1~51回 30万円超、100万円以下(借入残高の3.0%以上)
最長5年9か月、1~60回 100万円超(借入残高の2.5%以上)
最長8年7か月、1~89回 100万円超(借入残高の2.0%以上)
最長9年7か月、1~100回 100万円超(借入残高の1.5%以上)

目安としての計算式ですので、実際に借入れた際には様々な要因によって適用金利はかわってきます。

また、アコムでは適用利率によって返済金額と返済期間がおよそどれくらいになるのかを示した表を公開しています。
そちらの表を参考に10万円、20万円、30万円、40万円、50万円を上限金利で借りた場合、最低返済額だとどのくらいの期間かかるのかをまとめてみました。

借入金額 想定上限金利 毎月の約定返済額 返済回数(年数) 返済金額合計
10万円 年18.0% 5,000円 25回(2年1か月) 123,709円
20万円 9,000円 29回(2年5か月) 254,432円
30万円 13,000円 30回(2年6か月) 385,972円
40万円 12,000円 51回(4年3か月) 600,544円
50万円 15,000円 51回(4年3か月) 750,686円

アコムだけでなくカードローン全般に言えることですが、借りた期間が長くなるとそれだけ返済総額が高くなります。
そのため、余裕のあるときはできるだけ随意返済や約定返済額よりも多めの金額を返し、なるべく早く返済を終えることを心がけてください。

収入証明書なしで借りれるアコム

50万円以上など高額融資を希望しなければ、アコムにも収入証明書なしで契約ができます。

しかし、逆に50万円を超える借入、または他社とアコムの借入合計が100万円を超えるような契約の場合には、収入証明書の提出が貸金業法の法律でも義務付けられています。

アコムで使える収入証明書
源泉徴収票 最新版
給与明細書 直近1か月分
※住民税の記載がなければ直近2ケ月分
※直近1年分の賞与明細書
市民税
税額決定通知書
所得証明書
最新年度のもの

しかし、初回の申込から50万円以上の与信(キャッシング枠の設定)が受けられる可能性は高くありません。

理由として、申込者の返済実績が未知数であることが挙げられます。

頻繁にキャッシングを利用していれば、信用情報機関から取引履歴の確認を行うことができますが、はじめての申込の場合、貸金業者としても過去データの参照ができません。

まずは小額融資から利用実績を積み、後に限度額の増額をしてもらうのが一般的な流れと考えておいてよいでしょう。

収入証明書類

高額な貸付であればあるほど慎重な審査が必要になるため、審査ハードルを下げるためにも、審査が不安な場合、最初は希望額を抑えて申し込むことをおすすめします。

収入証明書の提出が不要であれば、本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)だけで契約手続きができるのは急ぎで借りたい場合にも助かります。

本人収入が条件
パート・アルバイトも借りれる

woman_smile

アコムでは本人のお勤めで安定収入があれば、パートやアルバイトの方でも申込みすることができます。

総量規制対象であるアコムでは、収入のない専業主婦の契約はできませんが、正社員でなくても安定収入があれば学生でも申込みが可能。

在籍確認を書類で済ませることも可能

・健康保険証
・社名の入った給与明細書

もし、職場への在籍確認が不安であれば、申し込み時にオペレーターに在職が証明できる書類を提出して認めてもらえるか相談してみることもおすすめです。
※希望に添わない場合あり

給与明細書を持参すれば、収入証明書としての役割にもなります。

業界唯一のクレジットカード発行

今なお、消費者金融業界ではアコムだけが唯一クレジットカード「アコムマスターカード」を発行しています。

アコムカードとACマスターカード

ポイント還元なし・リボ払いのみ、とデメリットが多いように感じるクレジットカードですが甘く見てはいけません。

消費者金融の審査基準であること、そして即日発行もできる点は大きな魅力となります。

リボ払いも20日締めの6日払いなので、その間に返済すれば利息はかかりません。

また、クレジットカードは審査や手続きなどで2週間近くはかかるのが一般的ですが、アコムマスターカード発行機に対応した自動契約機(むじんくん)を活用すれば、その場で最短即日で発行されます。

だったらポイント還元はどうなの?というところですが、リボ払いとキャッシングの金利をチェック。

アコムマスターカードの実質年率は、年率10.0%~14.6%(※ショッピング利用時)となります。

一般的な流通系や信販系の年率は15.0%~18.0%とされていることからも、ポイント還元率以上にお得になることもあります。

アコムの自動契約機(むじんくん)は全国各地に設置されています。

むじんくん外観

パート、アルバイトの方でも利用することができ、融資まで最短1時間の即日融資も可能とするスピード対応。

メガバンクのグループ企業であり、三菱UFJ銀行カードローンの保証会社も務めるなど、CMでもお馴染みのアコムなら安心して利用できます。

各所に設置する自動契約機(むじんくん)は、毎日22時まで営業(年中無休、年末年始を除く)しており、日中お忙しい方でも手続きがしやすく、その場でカード発行も可能。

また、楽天銀行口座をお持ちの方であれば24時間365日、口座振込サービスが受けられます。

今すぐカンタン申込み
アコムの無人契約機を徹底的に調べてみた

無人契約機の時間

平日 8:00~22:00
土曜 8:00~22:00
日曜 8:00~22:00
祝日 8:00~22:00

※一部、営業時間が異なります

無人契約機を探す

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコムのクチコミ

男性 37歳
消費者金融はよく分からないけど、自動契約機(むじんくん)は知っていたのでアコムに申込みしました。
一応、他にも消費者金融ではプロミス、銀行系ではレイクにも問い合わせをしてみましたが、偶然なのか、3社とも対応がスゴく丁寧な対応で(女性オペレーター)本当に悩みました。
ただ、有名な自動契約機(むじんくん)があるのと、電話対応でも好印象だったアコムに決めました。
振り返れば手続き完了までは早かったというのが正直な印象ですが、審査は30分ではなく、1時間ほどかかっていたような気がします。
昼間だったので問題ありませんでしたが、混み具合の影響もあるかと思いつつ、夜の手続きだったとすれば、当日中にカード受取できなかったと思うと焦りますね。
女性 34歳
子育てが落ち着きパートをしていますが、勤務ローテーションの関係で今月は給与が少なめでした。
旦那さんの稼ぎがあるので生活費での緊急性ではないのですが、個人的に欲しいもの(バック)があって悩んでいました。
たまたまテレビで金利0円のアコムを見て、早速インターネットから申込みをすることにしました。
変な意味ではないですが、私物のための借入なので旦那さんには内緒にしようと自動契約機(むじんくん)でカードを受け取ってきました。
契約後にATMも横にあったので、そのままお目当てのものを買いに行くことができました。
ちゃんと金利0円の間に返済するように計画を立てています。

アコムの詳細

基本情報

商品名 アコム
実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
お試し審査 あり
対応コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート サンクス

申込条件

申込資格 20歳以上の安定した収入と返済能力のある方で、アコム株式会社が設定した基準を満たす方。
必要書類 運転免許証 ※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
担保・保証人 不要

利用方法

借入方法 銀行振込、ATM、提携ATM
返済方式 定率リボルビング方式
返済日 1回の支払につき35日以内・毎月払いから選択
返済方法 ATM、提携ATM、自動口座引落とし

会社概要

会社名 アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)
設立 1978年10月23日
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
今すぐカンタン申込み
このエントリーをはてなブックマークに追加