じぶん銀行カードローンは即日融資不可!1日でも早く借りる3つの条件

更新日:2018/10/15

「急ぎでお金が借りたい。自分はau利用者だから、とりあえずau限定割があるじぶん銀行カードローンに申し込むか」
こんな感じでじぶん銀行に申し込んでしまうと、後悔するかもしれません。
じぶん銀行カードローンは即日融資に非対応なので、急ぎの借り入れには向かないからです。

申し込んではみたものの、審査結果がなかなか来なくて希望日までに借り入れができなかった。なんて後悔する方が増えないように、今回はじぶん銀行カードローンの融資スピードについてまとめました。
今日中に借りたい方には絶対に役立つ内容なので、ぜひ目を通してみてください!

じぶん銀行カードローンは即日融資不可

じぶん銀行カードローンでは即日融資ができません。
というのも、2017年にカードローンの自己破産者が2年連続で増加した問題を受けて、20181月以降、国内のすべての銀行カードローンはカードローンによる即日融資を自主規制しはじめたのです。

ネット上には「じぶん銀行カードローンは即日融資可」とする情報がチラホラ残っていますが、それらはすべて2017年以前の古い情報です。
鵜呑みにして申し込まないよう気をつけてくださいね。

じぶん銀行カードローンは最短翌日融資

審査と契約手続きがスムーズに進んでも、じぶん銀行カードローンの融資には最短で丸1日はかかります。
一般的には融資までに34日かかるケースも少なくありません。
そのため、融資を緊急で必要とする方にじぶん銀行カードローンは不向きです。

即日希望者にオススメは消費者金融

とにかく11秒でも早く借りたい。そんな方へのオススメは、プロミスアコムなどの大手消費者金融カードローンです。
大手消費者金融なら審査時間は最短30分。土日祝日でも最短即日融資に対応しているのでサクッとキャッシングできます。

消費者金融と聞くと、金利面で不安に思う方も少なくないかも知れません。
でも、大手消費者金融の金利はじぶん銀行カードローンと大して変わりませんし、大手消費者金融には「無利息期間」の用意もあるので、じぶん銀行カードローンで借りる場合と利息額はあまり変わりません。

特に最大手のプロミスなら、「au限定割※」を考慮してもじぶん銀行カードローンとたった年0.3%程度の金利差でキャッシングできます。
※au限定割…auユーザーだけに適応されるじぶん銀行カードローンの金利優遇サービスのこと
年0.3%の金利差であれば、10万円を半年間借りる場合でも利息差は100円程度ですみます。

プロミス 年17.8%以下
最短即日融資
じぶん銀行カードローン 年17.5%以下
じぶん銀行カードローン
(au限定割)
年17.4%以下

1日でも早く借りる3つの条件

急ぎで借りたいけど、じぶん銀行カードローンにも拘りたい。そんな方は次の3点を心掛けて申し込みしてください。

  1. 勤務先の営業時間内に申し込む
  2. 融資は銀行振込で借りる
  3. 契約手続きは平日の午前中に済ませる

この3点を意識しておけば、じぶん銀行カードローンの融資時間が少しでも早められます。

[1]勤務先の営業時間内に申し込む

じぶん銀行カードローンに申し込むと、間もなくあなたの勤務先に在籍確認※が実施されます。
※在籍確認…申込者の勤務実態を確認するために金融機関が職場へ電話連絡を入れること

カードローンでは、なりすまし対策のため、在籍確認に対応できない申込者には融資してくれません。
もし在籍確認が完了できないと、審査が一時中断されて融資が遅れてしまいます。

ですから、在籍確認に対応できない時間帯、たとえば勤務先の就業後や休業日などに申し込むのはなるべく避けるのが理想的です。
急ぐのなら申し込みは勤務先の営業時間内に済ませておきましょう。

[2]融資は銀行振込で借りる

じぶん銀行カードローンの借入方法は「銀行振込」と「ATM」の2種類です。
このうち、ATMでの借り入れには専用のローンカードが必要です。
じぶん銀行のローンカードは郵送配達ですから、契約後すぐ借り入れたいなら銀行振込でキャッシングしましょう。

申し込み段階でカードローンの審査担当者に急ぐ旨を伝えておけば、契約完了後すぐに融資が振り込まれます。
審査担当者への連絡は、申し込み後以下の番号に問い合わせてください。

じぶん銀行ローンカードセンター
電話番号 0120-926-800
営業時間 平日9時~20時
土日祝9時~17時
※年末年始除く
急ぎの時に伝える内容
  1. 急ぎで借りたい旨
  2. 振込希望額
  3. 振込融資の指定口座
[3]契約手続きは平日の午前中に済ませる

急ぎで借りたいなら、振込融資は契約日当日中にもらえたら嬉しいですよね。
振込融資の即日反映は銀行の営業時間内でないと対応できませんから、契約日中に借りたいなら、平日の午前中には契約手続きを終わらせておくのが理想的です。

銀行の営業時間は平日9時~15時までです。

平日15時以降や土日祝日にじぶん銀行カードローンとの契約を完了する場合は、振込融資の反映は銀行の翌営業日となってしまいます。

急ぎなら契約手続きはなるはやで終わらせましょう。

ローンカードは7日~8日で届く

じぶん銀行カードローンFAQキャプチャ

画像はじぶん銀行公式サイトより引用

じぶん銀行カードローンのローンカードは契約完了後1週間ほどで自宅または勤務先に郵送されます。
カード受け取りまでの申し込みの流れは以下のとおりです。

インターネットで審査申込
直後にスマホ・PCで書類提出

審査開始
審査は平日・土日祝ともに実施

Eメール・電話で結果報告と契約手続き

契約完了メールが届く
その後ローンカード発送
振込融資はこの時点で対応可能

自宅・勤務先にカード到着
ここまで最短7日~8日

ローンカードを受け取ったら、銀行振込だけでなく、コンビニや銀行の提携ATMでも1,000円単位でキャッシングできるようになります。

じぶん銀行カードローンの提携ATM

キャッシングに使える提携ATMは以下の5つです。

  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • E-net(イーネット)ATM
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行ATM

すべての提携ATMはATM利用手数料無料です。
コンビニATMは原則として24時間365日利用できますが、夜間の定期システムメンテナンス時間帯はサービスが休止します。

■提携ATMの定期メンテナンス
毎週月曜1:00~5:00
毎月第2土曜21:00~翌7:00

仮審査と本審査の審査基準

じぶん銀行カードローンの審査は「仮審査」と「本審査」の2段階あります。
大手口コミサイトによれば、審査回答は仮審査、本審査ともに最短翌日です。
しかし、申込者の条件や審査状況によっては審査が長引くケースもあるので、急ぐ方は最低限の審査内容を知っておくとより安心です。

保証会社による仮審査の内容

じぶん銀行カードローンの仮審査は保証会社※のアコムが担当しています。
※保証会社…銀行カードローンの保証事業をおこなう会社。利用者が返済不能に陥ったときは、保証会社が代わって銀行に元金を返済する。

アコムによる仮審査では、主に「信用情報の確認」と「在籍確認」がおこなわれます。
信用情報に事故情報がある方や、在籍確認に対応できない方は仮審査が長引く可能性が大きいのでご注意ください。

事故情報とは?

事故情報とは、信用情報に登録された延滞や強制解約、自己破産などのマイナス情報です。

私たちがクレジットカードやカードローンを利用したり、金融取引に関する法的整理(自己破産など)をしたりすると、それらの履歴が今後のローン審査やクレジット審査の材料にするために専門機関によって信用情報として保管されます。
ここに保管されるマイナス情報が事故情報です。

事故情報が多いとブラックになり、ローンやクレジットが利用できなくなってしまいます。
利用できたとしても審査が長期化する場合が少なくないので、急ぎの融資は難しくなります。

ちなみに、仮審査で不備が起きるとじぶん銀行から「現在、以下の理由によりじぶんローンのお申込手続きが中断しております。【理由】申込内容に確認事項あり」というメールが届きます。

このメールが届くと審査が中断してしまうので要注意です。

もしメールが届いたときは、すぐにじぶん銀行ローンカードセンターに問い合わせて手続き再開のための指示を仰ぎましょう。

じぶん銀行による本審査の内容

仮審査に通過すると、次にじぶん銀行による本審査が始まります。

本審査では「必要書類の確認作業」がおこなわれます。
必要書類に不備がなければ、本人確認と収入証明書の確認が無事終了して本審査が終わります。

審査通過ができれば、適用金利と利用限度額などの契約条件とあわせて審査結果がEメールまたは電話で届きます。
審査結果は以下の時間帯に届くので、すぐに契約手続きに移れるようスタンバイしておきましょう。

■審査結果の報告時間
平日9時~21時
土日祝日9時~17時

契約手続きを終えたら、いよいよじぶん銀行カードローンが利用できるようになります。
銀行振込や提携ATMを使って資金調達しましょう。

じぶんローンの必要書類

じぶん銀行カードローンの必要書類は「本人確認資料」および「収入証明書」です。
収入証明書に関しては希望額によっては提出しなくても良いケースがあります。

本人確認書類

本人確認に有効な書類は以下のいずれか1点のコピーです。

・運転免許証(運転経歴証明書も可)
・各種保険証
・日本国発行のパスポート
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
・在留カード
・特別永住者証明書

審査内容によっては2点以上の書類をセットで提出するよう求められるケースがあります。
運転免許証であれば単体で本人確認できる可能性が高いので、お持ちの方は運転免許証を優先的に提出しましょう。

外国籍の方が申し込む場合は、在留カードまたは特別永住者証明書のいずれかを必ず提出してください。

収入証明書

希望限度額が50万円を超える方は、収入証明書も提出しなければなりません。
収入証明書には以下のいずれか1点のコピーをご準備ください。

・源泉徴収票(前年度分)
・住民税決定通知書(前年度分)
・地方公共団体発行の所得証明書
・地方公共団体発行の課税証明書
・確定申告書(税務署受付印ありの書類のみ)

もし上記のいずれか1点が用意できない場合は、直近1か月分の給与明細書でも対応してもらえる場合があります。
ただし、給与明細書しか提出できない場合は審査が長引く可能性があるので、急ぎならなるべく上記のいずれかの書類を提出されたほうが安心です。

なお、審査内容によっては、希望限度額50万円以下の方も収入証明書を提出しなければならない場合があります。
提出要請を受けた方はすみやかに対応しましょう。

じぶん銀行カードローンの返済方法

じぶん銀行カードローンの返済方法は「ATM」と「自動支払い」の2種類です。
焦って借りて後で返済に困ることがないように、余裕がある方は返済方法についても事前に確認しておきましょう。

ATM返済の方法

ATM返済はじぶん銀行カードローンの提携ATMから現金でおこなう返済方法です。
ATMなので、返済は1,000円単位でおこないます。

ATM手数料は無料ですが、毎回の返済には利息がかかるので、ATMに投入した額から利息を差し引いた額が実際の返済額となります。

自動支払いの方法

自動支払いは毎月の返済期日に口座から自動引き落としでおこなう返済方法です。
口座振替なので、毎月の最低返済額が自動で引き落とされます。

返済にはじぶん銀行の普通預金口座のみが利用できます。
そのため、自動支払い返済をするには事前にじぶん銀行で口座開設しておかなければなりません。

じぶん銀行の口座開設はカードローンの申し込みページからはじめられます。
まだ口座をお持ちでない方は、申し込みとあわせて口座開設すると便利です。

自動支払いとATM返済の上手な活用法

じぶん銀行カードローンの約定返済※にはATMと自動支払いの両方が利用できます。
※約定返済…じぶん銀行と契約した返済期日・最低返済額にもづいておこなう返済のこと
しかし、約定返済を遅延してしまうと信用情報に事故情報が残るので、遅延回避のためにも約定返済には「自動支払い」を活用するのがおすすめです。

一方のATM返済は、追加返済や一括返済に最適です。
追加返済・一括返済で返済期間を一日でも短くすれば、利息総額の削減につながります。
カードローンでは繰り上げ返済手数料や一括返済手数料はかからないので、お財布に余裕ができたら積極的にATMで返済していきましょう。

約定返済の返済サイクル

じぶん銀行カードローンの約定返済サイクルは「35日ごと」と「期日指定」の2種類から選べます。どちらを理由するかは申込フォームで選択できます。

35日ごと返済

前回の返済日の翌日から数えて35日目が毎回の返済期日となる返済サイクルです。
途中で追加返済をした場合、次回の返済期日は追加返済日から35日後に延期されます。

期日指定返済

毎月の指定日が毎回の返済期日となる返済サイクルです。
指定日は申込者が自由に設定することができます。
指定日前15日間に最低返済額以上を追加返済をした場合は、当月の約定返済が免除されます。

なお、約定返済に「自動支払い」を利用する場合は、返済サイクルは自動的に期日指定になります。

毎回の最低返済額

約定返済での最低返済額は「借入利率(金利)」と「返済日時点の借入残高」によって異なります。
借入利率は実際に契約してみないとわかりませんが、はじめての申し込みでは上限金利の年率17.5%(au限定割の場合は年率17.4%)の借入利率での契約になることが一般的です。

年率13%超で借りる方の最低返済額
借入残高 最低返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 1万円
以下、借入残高が10万円増えるごとに2,000円ずつ最低返済額が増額
年率9%超13%以下で借りる方の最低返済額
借入残高 最低返済額
10万円以下 1,500円
10万円超~20万円以下 3,000円
20万円超~30万円以下 4,500円
30万円超~40万円以下 6,000円
40万円超~50万円以下 7,500円
以下、借入残高が10万円増えるごとに1,500円ずつ最低返済額が増額
年率9%以下で借りる方の最低返済額
借入残高 最低返済額
10万円以下 1,000円
10万円超~20万円以下 2,000円
20万円超~30万円以下 3,000円
30万円超~40万円以下 4,000円
40万円超~50万円以下 5,000円
以下、借入残高が10万円増えるごとに1,000円ずつ最低返済額が増額

まとめ

じぶん銀行カードローンは即日融資ができないカードローンです。
なので、「どうしても今日中に借りられなきゃ困る!」という方は即日融資に対応している大手消費者金融を利用しましょう。
大手のなかでも特にプロミスは、じぶん銀行カードローンと大差ない金利で即日融資が受けられるのでおすすめです。

「即日でなくてもいいからじぶん銀行がいい」
そんな方は以下の3点を徹底して、1日でも早く融資をもらいましょう。

  1. 勤務先の営業時間内に申し込む
  2. 融資は銀行振込で借りる
  3. 契約手続きは平日の午前中に済ませる

この3点を心掛ければ、1日でも早い融資が期待できます。
急ぎの相談はローンセンターで受け付けてくれるので、なるはやで借りたいときは申し込み後にフリーコール(0120-926-800)に問い合わせてくださいね!

じぶん銀行カードローン

実質年率 2.2%~17.5%
限度額 800万円
審査時間
  • 申し込みはネットで自宅から
  • じぶん銀行の口座開設は不要
  • 収入証明書は必要?
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加